2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

 

« FMV LIFEBOOK WN1/D2のHDDコネクタの調査 | トップページ | 株:買い約定(三菱ケミカルグループ、セブン銀行) »

2024年6月 9日 (日)

日記:父のコロナ肺炎から退院

コロナ肺炎が癒えて、父が退院してきた。

コロナ罹患時には、身体能力の低下が酷く歩くどころかベッドから体を起こせずトイレに行けなかったので大人用おむつや尿瓶を使ったり、認知能力も注意を向けさせれば受け答えができたけど朦朧とした視線で不安になる感じ。
脳のCTスキャンをお医者さんに見せられて、年齢のわりに脳が萎縮しているので認知能力の低下があるだろうと問われていた。こんな状態なので、帰宅した後に介護ができるか不安もあり、お医者さんの勧めもあり介護申請を出した。また、帰宅した後、トイレ移動を楽にできるように1階にベッドを持ってきて、介添え寝ができるようにマットレスや布団を新調した。他にベッドから起こすために介護用ベルトや腰痛にならないように骨盤ベルトも買った。
それよりも、自分達の生活が介護で時間を取られてしまって、共倒れになることを一番心配しており、父の退院後の生活に戦々恐々としていた。

でも、退院したときは全くそんな懸念は不要だった。
体力は少し落ちているようだけれど、普通に歩いてトイレに行けたし階段も問題なく上り下りするし、お風呂(シャワー)にも一人で入れた。認知能力も問題なく冗談を交えて受け答えができているし。
入院前から耳が遠いようなそぶりがあって、質問すると必ず「えっ?」と聞いてくるので耳が聞こえていないように思っていたけれど、どうも質問の意味をすぐに解釈できなくて聞き返しているようである。
あとは、体を動かすのがシンドイと言って運動したがらないとか、(糖尿病の薬を飲んでいるのに)食事の直後にクッキーなどの軽いお菓子を食べようとするとか、一見すると我儘な感じがある。これも脳の萎縮による堪え性の低下があるのかしらん。

なんだかんだいって、普通の生活は遅れそうである。
今は、1階の寝床に移動したけれど歩くのに問題ないしトイレに行くのも独力で出来る。介添え寝は不要であった。(布団が無駄になった)
まだ、介護認定の方はいらしてしないけれど、せいぜい要支援1,2位になるのではないだろうか。

あと、コロナ肺炎で個室に隔離されていて、個室って結構高い。1日7千円位で15日いたので10万超え。
高額医療制度について父がどの分類に当てはまるのかイマイチわからず困惑していたのだけれど、どうやら後期高齢者の場合、申請書が3~4か月に申請書が郵送されてくるとのこと。
こちらは待ちか。

« FMV LIFEBOOK WN1/D2のHDDコネクタの調査 | トップページ | 株:買い約定(三菱ケミカルグループ、セブン銀行) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FMV LIFEBOOK WN1/D2のHDDコネクタの調査 | トップページ | 株:買い約定(三菱ケミカルグループ、セブン銀行) »