2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

 

« 株:売り約定(NISA:日本たばこ産業) | トップページ | 2022年第3四半期終了アニメの感想 »

2022年11月 6日 (日)

今週届いた本

そろそろ前クールアニメの終了、今クールアニメの感想を書いておきたいのだけれど、なかなか面倒臭くて纏められない。
今クールのアニメも、HDDレコーダーの録画枠40個を全て消化してしまっていて、全て見るのはかなり疲れるし土日で消化出来ない。
大物系は、長鋳物が多くて大体は切った。ジョジョ、BLEACHは展開がパターン化されていて退屈。ベルセルクは歴史(と言う程史実では無いけれど)とエログロな所がついて行けない。うる星やつらは、過去の栄光を当てにしたやっつけ仕事で、そもそも高橋留美子物のギャグは(昔はともかく)受け付けない。
ぼっち・ざ・ろっく!、羅小黒戦記、SPY×FAMILY、機動戦士ガンダム 水星の魔女、ゴールデンカムイが良い。ダークホースとしてDo It Yourself!!、4人はそれぞれウソをつくもかなり良い。

(1)ペインフル・ピアノ 上(ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2)ペインフル・ピアノ 下(ハヤカワ・ミステリ文庫)
V.I.ウォーショースキーシリーズ最新刊。
今までのシリーズではウォーショースキーは、現実と同じく歳を取っていて、年齢とともに体が動かない事を嘆いていたけれど、本作は特にそういう所は無くなっている?
現実世界の生活(PCやスマホなど)は取り入れていて、古き良きを貫くより、違和感を無くす方なのかもね。

« 株:売り約定(NISA:日本たばこ産業) | トップページ | 2022年第3四半期終了アニメの感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株:売り約定(NISA:日本たばこ産業) | トップページ | 2022年第3四半期終了アニメの感想 »