2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

 

« 今週届いたもの | トップページ | 株:売り約定(日本たばこ産業) »

2022年5月23日 (月)

2022年第2四半期開始アニメの感想

やべぇ、そろそろ終盤だ。とりあえず今時点の感想を書いてみました。
感想が書けていないものは、後ほど追記していきます。

-良作-
●かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック- https://kaguya.love/
前回からの続き。
白銀と四宮の中が縮まりそうでそうでないようであり、でも、それだけでは話が詰まっちゃうので、サブキャラが絡む話が多くなっている感じ。あ、元からか?
白銀のタイムリミットがあって、それでも四宮に告白させるという意地があってと、焦りと駆け引き辺りも面白い。

●勇者、辞めます https://yuuyame.com/
人類圏に進軍してきた魔王軍を退けた勇者であったが、王国側は勇者の力を怖がり追放。人類に見切りをつけた勇者は、魔王軍が人材募集をしていると聞いて、魔王軍の魔王の人道的な振る舞いを思い出し、ならばと魔王軍に自分を売り込みに行った。当然、魔王エキドナは煮え湯を飲まされた勇者を追い出す。しかし勇者は経験豊かで魔王に内緒で部下たち四天王が抱えている魔王軍の問題点を解決していくことで信頼を勝ち得ていく話。
魔王軍の問題が、組織のあるある的な感じで(優秀な技術者が管理者になったとき、なんでも自分で解決しようとしてしまうとか)、(お話なので解決方法がご都合主義的な感じではあるけれど)ポンポン解決していく様は見ていて楽しい。魔王も人道的で部下に慕われる社長みたいな気のいい奴だし、四天王もそう。勇者は苦労人で、感情移入しやすくて好きなお話である。

●まちカドまぞく 2丁目 https://www.tbs.co.jp/anime/machikado/
前回からの続き。
シャミ子のボロアパートに桃とミカンの二人が入居してきて、食糧事情が改善・・・なのは副産物で、桃の姉 桜の痕跡を辿ることとなる。
相変わらずポンコツで健気なシャミ子やクールで強引だけど思いやりのある桃、お嬢様でどこかぬけていて心配性なミカン達がかわいくて魅力的で絡みが楽しい。謎は追うけど、みんなで仲良くキャッキャうふふな感じがほっこりしていていいよね。

●本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期 http://booklove-anime.jp/
前作の続き。印刷機とインクの作成、貴族への養子縁組の話。
基本は変わらず出来も良い。本作りの部分は余り多くなくて、貴族・神殿での権力闘争が多め。

●SPY×FAMILY https://spy-family.net/ (動画、音声注意)
コミカルな疑似家族もの。
2大国感では冷戦が続きスパイ活動が活発であった。凄腕スパイ”黄昏”は、敵国の上層部で余り表に出てこない重要人物に近づく指令を受け、上流階級の子女の通う学園に重要人物の息子も通う事となっていて、そこから接触していこうと孤児院でエスパーの女の子アーニャを娘に、偶々出会った暗殺者ヨルを妻として、互いに事情を隠しながら疑似家族を作り、アーニャを学園に通わせる。
状況が起きて(心地よい居場所となった疑似家族を守ろうと)互いの素性を明かさず、互いに知らずに対応してそれがハートフルでコミカルなシチュエーションになっているという。
良い出来。

●であいもん https://deaimon.jp/
和菓子屋・和菓子を舞台に和と家族、知り合いとのホンワカした人情噺。
勘当同然で上京したバンドの夢が破れ、京都にある実家の和菓子屋 緑松に戻った 和(なごむ)。
そこには女子小学生の雪平一果が後継ぎとして住み込みで居候していた。(両親は離婚して父親についていたが納野家預けられた)頑なな一果を、和は持ち前の優しさと裏表のなさで家族として扱う。一果は徐々に心を許していく。
ホンワカいい話で安心して見られる。

●Shenmue the Animation https://shenmue-anime.jp/
ゲームはDreamcast版シェンムー1・2を持っているがシェンムー1の途中で止まっていた・・・。
今さらなんでシェンムーなのかと思いつつ、見てみるとあまりの横須賀感に咽び泣いた。
声優さんもゲームと同じで、ゲームを踏襲している。作りは今どきとは言えないかもしれないけれど、横須賀市とコラボレーションしているし、色々手間と人手がかかっていて、本気度を感じられる。

●パリピ孔明 https://paripikoumei-anime.com/
三国志の英雄 孔明は、寿命が尽きるときに平和な世に生まれ変わりたいと願った。
そして、気が付くと現代日本はハロウィーンの渋谷に居た。たまたま一時知り合ったウェイ系に連れられたクラブで、英子の歌に出会い、惹かれた孔明は英子をアーティストとして世に知らしめるために策を弄する。
孔子の知略を使って(戦ではなく)平和な日本で、先を見通した策を弄して、(それが見通せない拙速な我々にはやきもきさせられるが)機を狙って策がドンピシャにハマってというカタルシス。
キャラクタたちも魅力的だし、ピンチをチャンスに変えるという話の面白さもあり、とてもいい。

●盾の勇者の成り上がり Season2 http://shieldhero-anime.jp/
前回からの続き。
女王の助力により、名誉を回復され領地を与えられ領主として<波>に対抗する準備を整える生活が始まった。しかし次の<波>が来る前に、霊亀国で人々の魂を吸い取る霊亀が動き出したことを知らされた尚文達は、連合軍と共に霊亀対峙に参加する。7話では、霊亀を操っていた異世界の勇者の一人 キョウを追って異世界にたどり着き、新たな仲間(?)もLv1から始める事となる。
<波>は(話としては)一旦止まったけれど、異世界の勇者達との因縁というか、異世界の勇者達の方が知識があって暗躍があり、(視聴者と同じ目線になる)尚文達に知識がない故に受け身でしかないという所に繋がり、そこがやきもきする所になると。有り体に言うと、もうちょい進行が早く進んでくれたならなと思う次第です。

●ビルディバイド -#FFFFFF- https://anime.build-divide.com/
前作からの続きで、KUGE が住民を襲う荒れた世の中になってしまった。前作の強敵であった菊花は弱体化し、KUGEに襲われていたところを、(あの頼りなかった)ひより が片手間で敵を倒していく。
ひよりが逞しくなったという驚きも、菊花が弱体化していたところから 照人という思いでで繋がったひより が菊花を励まし、頼もしいバディとなっていくという話は、前作とのつながりからムネアツ。

●境界戦機 https://www.kyoukai-senki.net/
第2クール。
ゴーストとの死闘から8か月、アモウがガイ・シオンたちのもとに帰ってきたが沈んだ様子を見せた。そして、北米軍に攻められ撃退し、敵軍の指揮官を殺すという非情さを見せた。一時身を寄せ居ていた施設で親しくなった人たちを殺された事がアモウの心に深い傷を負わせたのだった。
この作品は、見通しの悪さを感じる。日本を占領する4軍と日本のレジスタンス部隊という背景の設定が多い事と、アモウ達の視点でしか見られないので局地戦しかなく全体の状況があまりわからないという所がよろしくない。確かに説明を多く入れてしまうと尺がとられてしまってテンポが悪くなるけれど、それにしてもという所がある。

●群青のファンファーレ https://fanfare-anime.com/
競馬学校の生徒たちの青春物語。
有名男子アイドルユニットの一人 音無優(有村優)は、仕事で訪れた競馬場で初めて見たレースに魅せられ、アイドルを引退し競馬学校に通うことを決心した。芸能ニュースの記者に追われたり、騎手に憧れるには遅い年齢もあって芸能人の気まぐれのように思われてたりと、疎ましい状況に同級生に迷惑がられたりと、皆との隔たりがあったが、次第に打ち解けていく。
競馬学校の物語って、オイラの観測範囲ではそんなに無い(「じゃじゃ馬グルーミンUP!」くらい)ので目新しい。
主人公の一途さとアイドルであった経験が人馬一体の感覚を掴むのに一役買ったりという点があったり、仲間に天然な天才や、秀才肌で高貴な感じだけど体重増加に苦しむ者、海外から転入してきた秀才肌だけどツンツンして集団になじめずに居た者など、色んな生徒がいて深みを感じる。

-佳作-
●ヒーラー・ガール https://healer-girl.jp/
特殊能力を持った人が歌うことで、病や傷をいやすことができるヒーラーがいる現代日本が舞台。ヒーラーにあこがれる女の子たち3人が、弟子入りして一人前になれるよう切磋琢磨する。
ミュージカル風な救護系お仕事の物語(ときにドタバタ、ときに人情)という感じか。
作品パワーとしてはそんなに強く感じ無いけれど、人を救いたいという願いを込めた歌を聴くと、不思議と涙が出てきて、この作品を見ていてよかったという気持ちになれる良作。

●魔法使い黎明期 https://www.tbs.co.jp/anime/reimeiki/
ラノベ原作。なんで黎明期?
魔法学校の落第生であるセービルは、入学前の記憶が無く自分のいる意味も分からず努力する気力も無かった。そんなある日、魔女狩りのある地域に魔法の有用性を広める実習を言い渡される。クラスメイトと引率の(ロリババアな)黎明の魔女ロー・クリスタと共に旅立った。笑顔を絶やさない優等生ホルトとペアになり、ツンツンしているが正義感が強く律儀なトカゲの≪獣堕ち≫クドーと仲間になり困難に立ち向かう。
主人公があんまり目立たないな・・・。記憶が無くて根っこが無いし自我が強くないので自ら進んで行動することがあまりない。特徴といえば魔力が他の人より多いという所で、ホルトの設定(物語)やクドーの方がキャラクターとしては魅力的である(主人公になるタイプではないけれど)。この二人との仲間という形で何か裏(設定)がある主人公セービルが成り立っているという感じか。でも、そこが目の離せない魅力がある感じ。

●ブラック★★ロックシューター DAWN FALL https://blackrockshooter-dawnfall.com/
前作がかなり前だったので殆ど忘れている。現代日本の少女達と繋がっていたような。
今回はそれは全くない。労働力の自動化を目的としたAIが暴走し人類の排除に動き出した。圧倒的な戦力に、人類は人造人間を作り出し対抗しようとする。その一人であるエンブレス(ブラックロックシューター)は記憶を無くし目覚める。平和構築軍の大佐に連れられ軌道エレベータの攻略に参加するために連れられ行く。途中、かつての仲間であったストレングスに目の敵にされたり、デッドマスターに執着されたり、教育機関からの人間の救出などとイベントが起こる。
終末論的ロードムービー物の流れ。
何というか、今のところじり貧すぎて救いが無いのが気が滅入る。ブラックロックシューターが一回負けている感じの描写もあるし、救いがあるのか?

●ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2期 https://www.lovelive-anime.jp/nijigasaki/ (動画、音声注意)
前作の続き。アイドルスクールフェスティバルを開催して、みんなと仲良くと言う流れ。
メンバーはピンでアイドルをやる方向であるけど、ときにチームで絡んでみたり。
話の根幹がイマイチ掴めないのだけれど、高咲 侑が音楽科に編入しているが、これが何かしたいのか分らんところ(自分は応援すると言いつつスクールアイドルになる?それとも作詞作曲をする方に進む?)とか、スクールアイドルとしてパフォーマンスが高い留学生の鍾 嵐珠が同好会のレベルが低いと因縁(?)をつけて参加しないけど、なんか訳ありじゃねとエマ達とかが絡んだりとあるけど、基本各人のイベントが発生してこなしていくという感じでなんか目新しさを感じない・・・。

●恋は世界征服のあとで https://koiseka-anime.com/
ヒーローチームのレッド(筋肉)不動が、悪の組織の幹部である死神王女 デス美(可愛い)が気になり、告白するとOKを貰えた。敵対する組織にそれぞれ所属しているのに恋仲である事を仲間にバレることを恐れて戦いの場面でコッソリ逢い引きしたり、隠れてデートをしたりと、普通の恋を知らない二人は模索しながら互いの事を知っていく。
言うなればウエストサイドストーリーみたいな?
死に神王女がまあ可愛い。照れたり嬉しそうな顔をしたりと仕草が可愛い。おじさんがニマニマしながら見守りたいという感じになれる作品。でも、悪の組織が(今時な感じで)福利厚生がしっかりとした企業風であるとか、不動やデス美が高校生とかそこら辺の設定ははてなマークがつきますが。

●BIRDIE WING -Golf Girls’ Story- https://birdie-wing.net/ (動画注意)
女子ゴルフもの
「プロゴルファー猿」みたいな、女子賭けゴルファー イヴが、ゴルフ界のサラブレッド(大企業のお嬢様)である天真爛漫な天才 天鷲 葵と出会い、互いにライバルと認め合うも、イヴはスラムの住人で裏社会の手駒にされる立場で、表舞台に立つ事は難しい。果たして二人は、
裏社会の賭けゴルフが話のメインで、デカい施設の中でホールを自動的に生成するシステムとか荒唐無稽な舞台装置とか見せるけど、それ必要?イヴのゴルフも必殺技的な馬鹿力ゴルフという感じだし(木の枝を折ったり、2回目はそのコースを寸分違わず通したりと)、アンマリ技術的な所を見る感じでは無いし。

●阿波連さんははかれない https://aharen-pr.com/
友達百人作る目標を持つ高校生ライドウが、隣席の女子 阿波連さんと離してみると、阿波連さんは人との距離感が分からない(チンマイ)娘で、べったりくっついてきたりして、それを気にしていたりと、でもライドウはそんな阿波連さんを理解して仲良くなっていく。
奇妙な行動を取る(ちんまい)女子を、冷静に分析して対応する男子という、同級生の奇妙な行動解析物(「となりの関くん」とか、ちょっと違うかもだけど「イジらないで、長瀞さん」「宇崎ちゃんは遊びたい」もか)の系列。
もうお前ら付き合っちゃえよという距離の近さにニヤニヤする感じ。

●骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 https://skeleton-knight.com/
MMORPG転生物。何匹目の泥鰌?というわけで、設定に特筆すべき所は余りない。
主人公が聖騎士だけど中身が骸骨、ツレの聖獣さんが途轍もなく役に立っているところ。あ、あと微妙にポンコツなダークエルフさん(黒くないのにダーク?とおっぱい)。
ゲームの延長線上としてプレイをしているにしても、まっとうな正義感で行動している所が好感を持てる。

●理系が恋に落ちたので証明してみた。r=1-sinθ https://rikekoi.com/
前回からの続き。
まあ、大体、恋仲担った感じだけど、まだ不安なので裏付けとして、理学部生体制御学科のバカップルと唾液中のオキシトシン量の比較対決してみたりと。
前回はふたりがくっつくかという話であったけれど、今回はもうちょい仲を進展させるとい方向だと行き着く所しかないので、サブの方にもスポットを当てようという感じか。(前回もそういう方向であったかもだけど)
まあ、ちょっとマンネリ化かな。

●史上最強の大魔王、村人Aに転生する https://murabito-a-anime.com/
愛される統治をした有能・無敵過ぎる魔王が、その強さ故ボッチだったので転生してみてやり直してみる話。転生してみても強さは変わらずで、世界の方は弱体化していたので、無敵状態は変わらず。でも、子供のころに知り合ったイリーナとべったりな感じで、そこは仲睦まじいですねーと。
基本イリーナとジニーの恋のさや当てと、暗躍している者がアードにちょっかいをかけてきて、それを軽くいなすという流れ。イリーナが(忌み嫌われている)邪神の血族という設定もあるけれど、あまり有効活用されていないような。終盤に影響する?
ユルいラノベ物の無敵ラブコメ風な定番系として楽しい。

●乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です https://mobseka.com/
異世界転生でヒール(悪役)物。なんのこっちゃ。
現実世界で妹に(脅迫され)押しつけられた乙女ゲーをぶっ通しでクリアしたら、ヘロヘロで階段から落ちて死んだ。そしたら、そのゲーム世界のモブ(貧乏貴族の三男坊であるリオン)として転生してしまった。そのゲームは、女性が強くて、男はタネを残すだけの存在として邪険に扱われる中世欧州風ファンタジー世界であった。
ゲーム知識を活用してみてもモブは微妙な扱いされ方しかされず学園生活に嫌気が挿した主人公が、ゲーム知識フル活用して無敵状態と金と、なぜか国王たちに気に入れられて地位を与えられたりと、望まないけれど、一部の評価が高くなったり、ヒネクレ煽りスキルで学園の周囲からは蛇蝎のごとく嫌われたりと。
同じく(たぶん主人公の妹で)ゲーム知識を持っているマリエがヒロインから王子達を奪ってハーレムを作ろうとする。そして(王子を愛する余り王子が誑かされているのに我慢が出来ない)悪役令嬢が王子を想う余り周りに強くあたってしまい王子に反発されたところをリオンに救われて改めて自分の立場を見直しリオンに惹かれたり、本来ならゲームの主人公なのにリオンを認め近づいてきたりと、リオン本人はモブと諦めているけれど、好かれている(けど煽りやギャンブル好きな所に引かれたり)所とか。
まあ、(現実にある乙女ゲーとかのあるあるである)緩い設定のゲームのご都合主義な所を笑い飛ばすという方向で面白い。

●極主夫道 パート2
スマホの漫画をそのままアニメにしたと言う形。
10話で終わってしまった。

-及第点-
●処刑少女の生きる道 https://virgin-road.com/
異世界(現代日本)から人為的に召喚された人間(迷い人)に、世界を破滅しかねない特別な能力が付与される。それを求めて違法に召喚する反体制側の者達がいて、その者達と召喚された人間を処刑する教会の尼の組織があった。その処刑人の中で優秀なメノウは、時間を巻き戻せる迷い人 アカリを殺すために旅をする。
脳天気なアカリに振り回される、生真面目なメノウという女子達の旅という百合的面のコミカルば日常と、殺すというシリアスな所、そして殺しても殺せない呪いのような能力のエグさが何とも。
コミカル面がなんともラノベ的だし、エグいと所が作品の色でありながらエグすぎる感じ。

●アオアシ https://aoashi-pr.com/
中学校の弱小サッカー部で、一人突出した能力でチームを価値に導いている青井葦人。ワンマンのように見られていたが、それは葦人がチーム全体を見て最適な解としてチーム全体で納得して作られたチームであった。
Jリーグ有数のクラブの監督に、その能力を見いだされてクラブのユースの入団試験に参加するように誘われる。そこで葦人は荒削りながらも全体を見通す力で、チームメイトとコミュニケーションを取り、ユースチームから点を取る事に成功する。
ビックコミックスピリッツ掲載の漫画が原作。まだ未開花な一芸に秀でてきている少年が、一部の人に見初められるもまだプロには通用しないけれど、努力して成長していって周りに認められていくというスポ根もの。
こういう作品は、成長していく姿が良い。(逆に言うとある程度行ったときマンネリ化する)

●其れ、則ちスケッチ。 https://tecomeno-y.com/soresuke
廃れた町がある無人島に漂着した女子ふたりが、助かる方法を探すために徘徊するところを動画に撮っているという話だけれど、加工した実写の町をブラつく3Dキャラの女子ふたりが漫才を流すというシュールさ。
「gdgd妖精s」系の声優さんに漫談させるという系統のものか。まあユルイ物としてシュールさを楽しむ感じ。

●可愛いだけじゃない式守さん https://shikimori-anime.com/
物が当たったり転けたりとトラブルに直ぐ巻き込まれる運が悪いナヨ男子 和泉が、美人で何でも出来ちゃう優秀な女子 式守さんに告ってカップルになって、式守さんに(結果的に)トラブルから格好良く守って貰って、それが凜々しいという話。
原作漫画は見ていないけど、ちょっとみでは可愛い所と格好いい所の差がギャップとなって良い感じであるけれど、アニメを見ると格好いい造形になっていてメリハリが感じられなかった。ナヨ男子が時々格好いい所を見せようとするけれど、まあ弱々しすぎてイマイチ。

●ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~ https://honeyworks-tvanime.com/
ハニワ物?
田舎から陸上をやるために東京の高校に入学したイモっぽい女子。クラスメイトに人気アイドルデュオの男子二人がいたけど、あまり興味なく。実家の父がぎっくり腰で働けなくなって収入が無くなってしまったので、アルバイトを探すも部活があるので融通が利かずお断りされてばかり。ダメもとで、イベント会社のアルバイトを受けたところ、アイドルデュオと同級生で監視できるという理由で採用された。
イモっぽい主人公が真っすぐな気持ちから、冷たいアイドルデュオの仲も受け持つという所がほっこりさせる。

●デート・ア・ライブIV https://date-a-live4th-anime.com/
このシリーズは1作目の設定が駄目で、ずっと見てなかったが今シリーズは普通に見てられた。

●ラブオールプレー https://love-all-play.com/
バドミントン物

●古見さんは、コミュ症です。 2期 https://komisan-official.com/
前期は、陽キャたちが受け付けられず切ってしまったが、今期は耐えられたので見ていく方向。

-切り-
●このヒーラー、めんどくさい https://kono-healer-anime.com/
RPG世界。レベルの低い戦士に、恩着せがましいダークエルフのひーらが間違って30m離れたら死んでしまう呪いをかけてしまった!
コミカルな所は良いけれど、ウザすぎる所が受け付けられない。

●RPG不動産 https://rpg-rs.jp/
漫画タイムきらら物。
ファンタジー系ゲームっぽい世界感で、許して貰えるだろうという感じで、細かい所が無茶苦茶なのが気になる。
冒頭、内装が高級そうな飛行船なのに、フラットなシートだったり(揺れないのか?)、主人公の名前が日本人だとか。
漫画タイムきらら物らしいフルユワ可愛い出来ではあるけど、設定が緩すぎて受け付けない。切り。

●エスタブライフ グレイトエスケープ https://establife.tokyo/
人口減少を改善するためAIに管理された閉鎖領域の区画群(クラスタ)で人類は暮らしていた。
そのクラスタに適応できない人を別のクラスタに逃がす凄腕の「逃がし屋」5人組(常人・魔族・スライム人間・AI・獣人)が居た。
正直言って設定からして雑。

●くノ一ツバキの胸の内 https://kunoichi-tsubaki.com/
忍びの里で隔離されて修行をするくノ一の学校で、主人公ツバキは皆に優しい優等生であるが、見たこともない男に興味があって”男”と聞くとドキドキして失敗してしまう。それを仲間に悟られないように取り繕うドタバタ劇。
”男”を妄想の様に繰り返すのは、漫画ならそこまで耳につくこともないと思うけど、アニメでは辛い。

●トモダチゲーム https://tomodachi-anime.com/
高校の親友グループ5人組が、攫われて二千万の借金をチャラにするために強制的なゲームをさせられる。
それは、裏切り者が紛れているのではないかという猜疑心を巻き起こすゲームであった。
主人公の斉木は、貧乏ながらも純真であるが、金が絡むゲームでは急速に頭が回り、人間心理を強制的にコントロールする発言で皆を操る。
こういうデスゲーム物はツボではない。

●社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。 https://shachikusan.com/
上司に押し付けられた無茶ぶり仕事を完了させるべく深夜に働いていたら「タチサレ」と恐ろしい声が・・・。突き止めてみると愛らしい幼女の幽霊が!おにぎりをお供え(お昼から持っていかれているだけだけど)してくれるので、休まないと死んじゃうと心配のあまり、帰らせようと脅していたけど、あまりの愛らしさに頑張っちゃうという。
主人公が、女性という所が男だと何かと問題になりそうな感じだから配慮されているという感じ?でもなぁ、幼女の健気で愛らしい所を愛でる作品・・・なのだけれど、あまりに内容が無い。

●キングダム 第4シリーズ https://kingdom-anime.com/
始めのシリーズから切り。こういう英雄が突出して兵隊の大群がぶつかり合うだけの中身がイマイチない物はツボではない。

« 今週届いたもの | トップページ | 株:売り約定(日本たばこ産業) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週届いたもの | トップページ | 株:売り約定(日本たばこ産業) »