2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

 

« 今週届いた物 | トップページ | 株:売り約定(北越コーポレーション) »

2021年8月 9日 (月)

2021年第3四半期開始アニメの感想

今クールは、どっぷり嵌まるレベルの作品は無かったけれど、良作レベルの作品は多い。
やはり転生・転移物が多いけれど、それも粒ぞろいだった。

-良作-
●白い砂のアクアトープ    https://aquatope-anime.com/
沖縄の海をP.A.WORKS独特の色鮮やかに描かれている作品。
女性アイドルグループのメンバであったが、後輩が事情があってトップをとる必要があることを知って、自ら退き結果グループを退団することとなった宮沢風香。夢であったアイドルを諦めた傷心の中、実家に帰って知り合いに囲まれるのが嫌で、衝動的に沖縄へと旅立つ。行く当てもなくフラフラと歩いていた宮沢であったが、観光協会の久高に熱中症のところを助けてもらい、それならばと勧められた観光地の中から がまがま水族館へと赴くと、そこで海の中で魚と戯れる不思議な幻想を見る。
閉館する方向で進んでいる がまがま水族館を立て直そうと館長の孫娘で館長代理の海咲野くくる と出会い、宮沢はアルバイトとして採用され、くくると一緒に働くことになる。
女子たちが奮闘して鄙びた施設を盛り上げようとするというのは、お仕事系の再生請負の「サクラクエスト」のような感じか。「凪のあすから」の海要素もあるけど。
元気印な女の子だけれど水族館閉鎖で焦りのある くくるが仲間の力を借りたり大人たちに支えられるところや、生き物について無知で人に囲まれるトラウマがある宮沢が仲間の気遣いで回復していくところという優しい世界は見ていて落ち着くけれど、水族館閉鎖という厳しい現実がどのように収束するのかが見どころね。

●迷宮ブラックカンパニー    https://meikyubc-anime.com/
コメディ異世界転移物。原作漫画あり。
資金運用で億り人となり念願のセレブニートとなった二ノ宮キンジは、いきなり足元に開いた大穴に飲み込まれて人型モンスターが社会を築いているファンタジー世界にパンツいっちょで転送されてしまった!しかたがなく危険なダンジョンに入って、魔石を発掘するブラック企業「ライザッハ鉱業」の雇われ鉱夫となり3Kな肉体労働に従事することに。そしてモンスターと出会い、悪知恵を働かしてそいつを言いくるめることで危険なダンジョンの奥深くにある価値のある魔石を発掘し業績を上げる。
お仕事系と思わせつつ、実は悪知恵を働かして成り上がる(ダンジョン限定の)冒険者パーティー物。
二ノ宮の反骨精神的な悪知恵と、それに振り回される真面目で勤勉で弱気なワニベ(爬虫類型人類)がいいコンビになっているし、二ノ宮の作戦を救ったりご破算にしたりする腹ペコ美少女モンスター(正体は巨大なドラゴン)のリムや、社畜怪力勇者なシアとか個性的なキャラがいて、ワイワイバタバタが面白い。

●うらみちお兄さん    http://uramichi-anime.com/
幼児向け番組「ママンとトゥギャザー」(お母さんと一緒)に出演している体操のお兄さんが、実はダウナーな性格で、元気な子供達に向けて(TVのブラックな所とか、自分の処遇の悪さ諸々を嘆くとか毒を吐くという、単発ネタの連続。体操のお兄さんだけでなく、歌のお兄さん・お姉さんも腹に一物(これは自分の境遇に対するブラックな感情)を持っていて、それが幼児に向けてちょろっと漏れ出すとか、同僚たちに向けての唾の吐き合いみたいなのを楽しむという・・・。
お仕事は肉体的にきつくないけれど、穢れ無いけれど忖度がない幼児たちに囲まれて精神的にきついお仕事物。外面はニコニコしなければならないけれど、大人ってそんなんじゃ生きていけないよねーという。

●乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X    https://hamehura-anime.com/
破滅を回避するという明確な目標が無くなり、単発的なイベントの羅列的シナリオ消化のようになってしまっているような。
一応、闇魔法を持った者が現れ何かの陰謀が動いているらしい(王族兄弟が裏では仲が良いという)とか、ジオルド王子が仲の進展を進めようとして恋に疎いカタリナが戸惑ったりドキドキしたりという話があるけど、単発の話だとイマイチまとまりが無く微妙な所が。
まあ、前作が本編で、今回がExtend(おまけ)シナリオという感じでやってる?

●月が導く異世界道中    https://tsukimichi.com/
異世界転移+モンスター社会構築もの(転スラ系)。「小説家になろう」から発掘されたラノベ原作。
月夜見様に連れられて異世界へ勇者として召喚された少年 深澄は、その世界の女神に醜いと一蹴されて勇者の資格を与えられずに辺境に飛ばされる。その辺境でオークの姫を危機から助け、色々教えて貰ったり、竜を従者にしたり、豊かな土地の亜空間を餌に様々な種族を従えるようになる。(強大な魔力を持っていて人属からは恐れされてしまっている)
モンスター社会構築物として転スラとか先駆者があり、その亜流で目新しさはあんまりないけど、まだ開拓の余地あるところであり、そこら辺は奮闘しているようで楽しく見られる。

●現実主義勇者の王国再建記    https://genkoku-anime.com/
異世界召喚ファンタジー国家改善物。
資金難で苦しんでいる辺境国エルフリーデン王国に勇者として召喚されたブラック企業の会社員ソーマ・カズヤ。中央国に収める戦費の代わり差し出される事を告げられるも、それよりは王国の財政を立て直すと約束する。いくつもの改革的な政策を打ち出すカズヤを見込んだ王は退位し、カズヤを娘のリーシア(おきゃんピーで騎士)との婚約させ、次の王に即位させる。
異世界転移+"まおゆう"的な現代社会革新物。ま
魔法通信を使って市民向けに公共広告番組を流したり、一芸に秀でる能力を持つ者を市井から募集して起用するとか、今までの異世界召喚国家改善物とはちょっと違った方向も打ち出していて面白い。

●ぼくたちのリメイク    https://bokurema.com/
青春やり直し物。
ゲームディレクター橋場恭也は、会社が倒産し途方にくれていたところ、歩道橋にたたずむ女性が飛び降り自殺すると勘違いしてしまうも謝罪でその女性が進めるゲーム企画に参加させてもらうことに。その仕事は黄金世代と言われたゲームクリエーターたちが10周年を記念して再起動するゲームの開発で、そこでディレクターの能力を発揮するも経営陣の判断で中止させられてしまう。意気消沈のなか、過去に芸大に進まなかったことを後悔して眠りにつくと、そこは大学入学前の10年前であった。
今度は後悔しないと芸大に進みシェアハウス生活で男女4人で暮らすことに。その4人は黄金世代のメンバー?らしく、その4人+一人の親交を深めていく。
甘酸っぱい青春時代で、熱意とエネルギーとライバル達との切磋琢磨と恋愛を、大人の後悔という駆動力で推進させたらという、おっさん落涙な話。

●小林さんちのメイドラゴンS    https://maidragon.jp/2nd/
京アニ再起動。1話は、敵対するドラゴンを許すという、何とも隠喩的にあの犯人について言及(許す方向?)しているような内容。
前期と遜色ない出来。内容的にはキャラクタが増えたけれど、今までのキャラクタ達とドタバタ楽しく暮らしていくという内容。
今まで通りの(ちょっと不思議な)日常系コメディで画も話もクオリティに安定感と安心感がある。

●精霊幻想記    http://seireigensouki.com/
スマホゲーム原作。
幼い頃、母を殺され孤児となったリオは、スラム街で復讐を抱きながらも悪人達の元でクラスしか無かった。しかし、前世の記憶を思い出し、それと共に強力な魔力が覚醒した。その悪人達が王女を誘拐し、別口で暗殺者が襲われてリオがなんとか撃退し、一時は士官に疑われ酷い扱いにされるも、王族に救われ手厚い加護を得て王立学院に入学させて貰うも、貴族ばかり中で冷遇される。しかし王族であり教師であるセリア先生の存在が救いとなる。今は旅に出て、同じく転生者の獣人の少女と旅をして精霊樹の麓までたどり着いたところまで。
礼節を重んじるリオは見ていて好感を覚える。設定が、礼節を重んじ易しい世界(一部の貴族や悪役を除く)でご都合主義的だなとは思うけど。まあ、出来は良い。

●ラブライブ!スーパースター!!    https://www.lovelive-anime.jp/yuigaoka/    (動画・音声注意)
今回は、由緒正しい金満で音楽科が有る学園が舞台。だけど、子供の頃のトラウマで人前で歌うことが怖くてできず、音楽科のテストで歌えずに普通科に入学するしかなかった澁谷かのんが主人公。同じクラスになった唐 可可(たん くぅくぅ)が偶然聞いたかのんの歌声に惚れ込んで一緒にスクールアイドル部を作ろうと強くアプローチをしていく。そして、その熱意に我知らずと歌を歌ってしまう。そしてトラウマは解消され?スクールアイドル部設立に邁進する。
メインである かのん自身が”アイドル部を作りたいという熱量”を持っていない流されるタイプで、珍しい流れか。くぅくぅが可愛い。
でも、まずは生徒会と揉めないとダメなのかしらこのシリーズ。

●天官賜福    https://tgcf-anime.com/
中国製のアニメ
中華ファンタジーの定番として、天界から徳を積むため道士が降りてきて、世に悪を成す怪奇を対峙するという話なのだけれど。
主人公の謝憐は、飄々と暢気な性格で、ガツガツしている周りを抑えて、(法力を封じ込まれていて)冷静に人情的にベストを尽くそうとするその心意気が心地よい。
三郎という謎の少年と仲良くなって、なんとなく腐女子的な需要を満たしている感じでもあり。
画が綺麗だし、動きもとても良い。話のペースはゆったりで、丁寧に作られている感じ?もうちょいテンポを速くしても良いかなとは思うけど日本のアニメとの違いを楽しめるかな。

●ヴァニタスの手記    https://vanitas-anime.com/
スチームパンク風産業革命辺りのイギリス風バンパイヤの物語。
赤月のバンパイアを滅ぼすことが出来る蒼月のバンパイアから「ヴァニタスの書」を受け継いだ人間ヴァニタスと、呪いにより狂った友人を目の前で殺された過去を持つノエ。
ヴァニタスは、直情的でひねくれた性格でありながら「ヴァニタスの書」でバンパイアを救うとする変わり者。その「ヴァニタスの書」を探しに来た天然な性格のノエ。設定先行な所があって鼻につくところがあるけれど、キャラクタも背景も綺麗だし動きも良い。話も深い所が有るようでどのように明かされるか楽しみだ。

-佳作-
●探偵はもう、死んでいる。    https://tanmoshi-anime.jp/    (動画・音声注意)
巻き込まれ体質の少年(当時中学生 君塚君彦が、その日も巻き込まれた挙げ句に国際線ジャンボジェット機に乗っていたら、ハイジャックがおきて、その犯人が戯れに探偵と「飛行機を乗っ取った理由」を推理するゲームを始める。君塚の隣に座っていた美少女シエスタが名探偵であると名乗り、助手として君塚を指定する。犯人がぐうの音も出ない回答をしたあげく、特殊な細胞で暴れ出した犯人を倒した。なんだかんだで、その犯人の所属する≪世界の敵≫を倒す使命を負っているシエスタ(生活破綻者)は君塚と共に暮らし3年後。シエスタは命を落とし高校生3年となった君塚は一人残されてしまった・・・。出会いと別れと、再びの出会いの話。
中学生が世界を股にかけるとか人造人間とか荒唐無稽な設定はともかく、シエスタとの日々が終わり、そして新たな(懐かしい)出会いによって再び探偵の助手として充実した日々を過ごせるようになるという、青春物語でもあり、熱血な探偵(でも推理できてない)と共に、冷静な視点で(何か謎を掴んで裏の問題を解決する力を持つ)助手を務めるという面白み。でも、現代編は、探偵役がアホで役に立たないからなのか、過去編が長くやっているんだけど。死んだ意味が無い。

●NIGHT HEAD 2041    https://nighthead2041.jp/    (動画音声注意)
1992年の深夜帯に放送されたカルト的なTVドラマ。低予算で作られていて暗い雰囲気で超能力や超常現象を扱った内容で、霧原兄弟(豊川悦司、武田真治)が旅をしつつ(?)出来事に巻き込まれるというパターンだったような。基本、霧原弟は人の悪意に当てられて”頭が痛いよ、兄さん”と言って、兄が守ろうとする感じ。
一方、アニメでは世界観を見せてくれていて、桐原兄弟だけでなく、超能力を否定する政府のオカルト懲罰部隊(の中に居る兄弟)の因縁という構図と、懲罰部隊自身も隊員に超能力を目覚めさせるという動きもあったり、霧原兄弟を導こうとしている双海翔子という精神体(?)の動きとか。
TVドラマは含みだけで見せない所が多くてイマイチ良く話がわからなかったけれど、それが良い雰囲気になったりしていた。アニメはそれとは違い色々と見せなくてはいけない(と思い込んでいる所がある?)のでカルト的な雰囲気はないけれど、わかりやすい物語にはなっているか。

●かげきしょうじょ!!    https://kageki-anime.com/
宝塚音楽学校(作品中は紅華歌劇音楽学校と名乗っているけど)を舞台に、新期生として入学した癖のある女の子達が切磋琢磨する青春ストーリー。
父とは母が離婚で分かれ、その母も自分本位で連れてきた男にイタズラされたトラウマに、男の居ない世界を求め女子アイドルグループに何も考えずに入ってしまいファンに塩対応をしたあげく耐えきれずに脱退して、女の園の学校に入った奈良田愛。オスカルに憧れる長身で江戸っ子で天真爛漫でちょっとズレている少女 渡辺さらさをメインに友情、反発、競争などなどの物語が面白い。

●死神坊ちゃんと黒メイド    https://bocchan-anime.com/
魔女の呪いによって触れた物の命を枯らしてしまう貴族の”坊ちゃん”と、それでもからかうように猛アプローチをかける黒メイド アリスのドキドキ すれすれなラブコメ。
過酷な境遇でも知人や家族にも皆に恐れられてひとりぼっちだけれど、人の良い”坊ちゃん”が共感しやすく、愛あふれるアリスの行動にドキドキしたり。

ー及第点ー
●ひぐらしのなく頃に卒    https://higurashianime.com/ 旧シリーズでいったん大円満のルートを達成できたが、新シリーズで再び惨劇の繰り返しが始まった。そして今期はその裏側で沙都子が暗躍していた顛末を描く。
やはり沙都子が梨花を固執する理由が分からない。いくら梨花が誘って女学院に一緒に入学させたあげく、沙都子を放置したあげく学園に酷い扱いを受けたその恨みが有ろうとも。さっさと見切りを付けてしまうべきでは無いのか?
繰り返し同じ物を見せられるのは微妙な感じ。前作で出て来た繰り返しをする者を断ち切る剣(の欠片)で終わらせるんだろうと思うけど。

●ゲッターロボ アーク    https://getterrobot-arc.com/ 大体作品が出て来た頃と、オイラの年齢は重なっているハズだが、ゲッターロボは全然見たこと無い・・・と思う。
まあ、設定はゲッター線頼りで、話回しもキャラクターも古くさいが、まあ、古き良き時代の熱量はある。
んー、見るべき所は、なんだろう。よく分からない。

●Sonny Boy    https://anime.shochiku.co.jp/sonny-boy/ 漂流教室が原作。世界系ジュブナイル物っぽいもの。
夏休みに学校に来ていたら、学校が真っ暗な空間に飲み込まれて、超能力を得られた奴と得られなかった奴がいて、混沌に陥るところを生徒会が秩序を司ろうと権力を笠にたて始めたが、一部のメンバーに反感を買う。
やる気なしな男子が出会った、帰国子女でルールに縛られない女子がその状態を打破する。
なんか、んあにを考えているか分からない青春群像劇で、煮え切らない悪意の衝突があってイライラする感じ。悪意を煽る奴と、その悪意に乗っかる奴らとか。
風変わりな物語だし、絵柄もそうなので、その特異性で見ていくけど、この青春ってこうでしょっていうカオスの見せ方が鼻につくようなら。

●ジャヒー様はくじけない! https://jahysama-anime.com/ 魔界でNo.2であったジャヒーは、乱暴な魔法少女によって魔石を砕かれ人間界に飛ばされたら、力を失い幼女となってしまった。何とか親切な居酒屋のお姉ちゃんに救われてバイトをして、その妹の経営する貧乏アパートで暮らしをするという落ちぶれた生活を強いられてしまった・・・。
ジャヒーの傲慢な性格だけど、ちっちゃいときはそれ相応の我が儘な感じで、(ホンワカボケな)居酒屋店長に何故か逆らえないところとか、店長の妹とは対立するとか、ドタバタなコメディでまあ、定番な感じかな。

●SCARLET NEXUS    https://snx-anime.net/
サンライズ作成。戦闘服とかトゥーンレタリングしているのか、手書きと違和感の無い3Dキャラでスゲーなと関心。(服や装備が精密なのに破綻無く動くのに、顔や動きががポリポリしていない)
近未来な世界。怪異と呼ばれる(魔法少女マギカ・マドカの魔女っぽい)悪夢から出て来たような化け物に退行するため、特殊能力(超脳力)を持ったメンバーで構成されている怪伐軍に新人として、主人公ユイト・シメラギと親友のナギ・カーマインが入隊した。
4話にして話がゴチャってきて、しかもご都合主義と来ている。

●出会って5秒でバトル https://dea5-anime.com/ 自分のWEBサイトで発表した作品を、リメイクしてマンガワンで連載したもの。
人生に飽きていてゲームを攻略するのが得意な高校生白柳啓は、通り魔に襲われるも持ち前のゲーム攻略法で撃退する。しかしマジシャンのような風体の女に殺される。気がつくと特殊能力を与えられ対戦することを強いられる。
バトルロイヤルのシチュエーションという、何の説明も仕組みもない良くあるシチュエーションで、ユニークな所は主人公の能力が「相手の考えている能力」ということで、秘密にする部分やブラフ、はったりといった駆け引きが重要になってくる点がこの作品の特筆すべき所か。

-切り-
●RE-MAIN    https://re-main.net/
中学校で水球のエースであったが、交通事故で3年間の記憶が無くなった少年 清水みなと。小学6年生のころの記憶のまま高校生となり、一から水球部を始めさせられることに?
できは良いが、スポーツ物であり、同時間帯に「不滅のあなたへ」と「月が導く異世界道中」とダブって取捨選択の結果、こちらを切った。

●魔法科高校の優等生    https://mahouka-yuutousei.jp/
あれ?これ再放送?リメイク版?どっち?
初めからやっているようだけど・・・。一度やった話をあえてもう一度見る必要ない。一層「すごおに」臭が強くなっていて臭くてたまらん。

●女神寮の寮母くん。    https://megamiryou.com/
ショタお姉物。エロ方向の物はいらない。

●チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~    https://www.cheat-kusushi.jp/
話的にユルいファンタジーRPG風世界に、ブラック企業の会社員が転生して、薬屋(ドラッグストア)を可愛い人狼と幽霊と一緒に開店してフルユワな生活を送ると。
ドタバタな事件が起こって、それをハーブを使ったナチュラルなドラッグのスゴイ効果で解決して、皆を幸せにする話。
フォーチュンクエストのような、RPGに感化されたジュブナイル系のラノベか。今となっては、ゆるゆるな話過ぎるものはツボではない。

●ピーチボーイリバーサイド    https://peachboyriverside.com/
まだ開始されていないスマホゲーム。桃太郎がベースか。
放逐された姫サリイ(常識知らずだけど)が恩人?を追いかけて旅をしていた所、フルユワ8等親なウサギ亜人フラウに施しをしたら懐かれた。
亜人を怖がる村人達から隠して一夜を過ごしたが、鶏型の鬼に村が襲われて、不思議な感覚に襲われた姫は旺然と立ち尽くすところに亜人が鬼を一撃で倒してしまう。
村人に恐れられ、それを理不尽に思った姫は怒る・・・。
陰謀めいたなんかがあったり、亜人は圧倒的な力を持って恐れられていたのに化け物を倒した姫とかは街を救ったからとかいって仲良くなったりとか、鬼がビームを出して街を消し飛ばしたりとか、そのビームをうった鬼は少女形で力を奪われてか弱くなったから助けたりとか、ご都合主義な話の展開で滅茶苦茶。

●TSUKIPRO THE ANIMATION 2    https://tsukipro-anime.com/
出来は良い。でも、前作を切ってしまったので因果関係が分からんので、なんか思わせぶりな暗躍な感じが訳分からんので、ついて行けなかった。
アイドル物は、まあ、良いかな。

●アイドリッシュセブン Third BEAT!        https://idolish7.com/aninana/
出来は良い。前作は一通り見たんだっけ?

●俺、つしま    https://tsushima-anime.com/
5分物。猫ものではあるが、傍若無人な感じが受け付けない。

●平穏世代の韋駄天達    https://idaten-anime.com/
配色が独特な作品。漫画原作。
1話を見た。パッと思い出したのは「魔神英雄伝ワタル」のようなギャグありなドタバタコミカル英雄ものみたいな感じ。
声優さんもベテランで固めていて、古いアニメのリバイバルのようなキャラとネタ・話回し。ツボではない。

●ぶらどらぶ https://www.ichigo-animation.com/
押井守監督作品。一挙放送で2話から5話を見た。うる星やつらのようなドタバタ喜劇で、中心の人物が意図せず危険な振る舞いをしてしまうのを、周りが愛によってなんとか納めようとするも、結局、ゴチャゴチャな状況になった挙げ句、なんとなく収まってしまうという感じ。

●カノジョも彼女    https://kanokano-anime.com/    (動画・音声注意)
生真面目バカ 向井直也が、幼馴染み佐木咲に告白し続けて高校でやっとOKを貰って、はれて恋人同士に。しかし、努力家で健気な水瀬渚に告白され、凄く気に入ってしまい佐木に頼んで公然と二股をかけさして貰う様にお願いする。なんやかんやで向井は両親不在ということで、3人が共同生活を送る提案をする。
まあ、雑なハーレム物。

« 今週届いた物 | トップページ | 株:売り約定(北越コーポレーション) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週届いた物 | トップページ | 株:売り約定(北越コーポレーション) »