2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

 

« 株:買い約定(みずほファイナンシャルグループ) | トップページ | FMV LIFEBOOK WN1/D2が届きました »

2020年4月19日 (日)

[Powershell]画像サイズ変更ツール imageConverter

githubに上げたものを転載

 

これは何?

このツールは、指定したフォルダ内にある(複数の)画像ファイルに対して、一括してサイズ変更とフォーマットの変更を行います。みんな大好きPowershellです。

ブログに乗せる写真を今までは手作業でチマチマgimpを使ってサイズを変換していたのですが、メンドクサイので一括変換しようと作ってみました。

入力・出力で扱える画像フォーマットは、System.Drawing.Bitmapで読み書きできるモノになります。現状、jpeg,bmp,exif,gif,icon,png,tiff,wmf。

Powershellでの画像の取り扱いについては、Qiita 「PowerShell で画像の回転、リサイズを行う」を参考にしました。@miyamiyaさん、ありがとう!

使い方

PS > .\imgConverter.ps1 -path C:\Users\UserName\Pictures -l 800 -s 600 -mode Jpeg

  • -path 画像ファイルを格納したフォルダパス
  • -l (long side)長辺のPixel数
  • -s (short side)短辺のPixel数[省略可] 省略時は0
  • -imgf (image format)変換する画像フォーマット名 jpeg,bmp,exif,gif,ico,png,tiff,wmf [省略可] 省略時はjpeg

省略可能な引数を省略したとき

PS > .\imgConverter.ps1 -path C:\Users\UserName\Pictures -l 800

仕様

  • -pathについて
    指定したフォルダにある画像ファイルを全て変換します。
    画像として読み込めないファイルがある場合は、"Convert ERROR."とエラー表示して変換しません。
    存在しないパスを指定した場合は、引数エラーになります。
  • -l、-sについて
    サイズ変換は元画像の縦横の長い方を "-l" で指定したPixel数に、短い方を "-s" で指定したPixel数に設定します。例えば "-l 800 -s 400" としたとき、1200 × 900 の画像は 800 × 400 に、900 × 1200の画像は 400 × 800 に変換されます。つまり長いほうが800Pixel、短いほうが400Pixelになります。
    "-l"に0以下の値を指定した場合、引数エラーになります。
  • -sを省略、または0を指定した場合は、元画像のサイズの比率を維持して、長いほうを-lで指定したPixel数に変換します。例えば "-l 800" としたとき、1200 × 900(4:3の比)の画像は 800 × 600 に、900 × 1200(3:4の比)の画像は 600 × 800 に変換されます。
  • -imgfについて
    画像フォーマットを指定します。設定可能な値は、jpeg,bmp,exif,gif,ico,png,tiff,wmfになります。これらの文字列のいずれかを設定してください。
    これら以外の文字列を指定した場合、引数エラーになります。
  • 出力ファイル名は、-pathで指定されたフォルダに、ファイル名<拡張子無し>_.<-imgfで指定した文字列> となります。
    C:\Users\UserName\Pictures\xxx.jpg を bitmapに変換した場合、C:\Users\UserName\Pictures\xxx\_.bmp になります。

実行結果例

PS > .\imagConverter.ps1 -path C:\Users\UserName\Pictures -l 800
C:\Users\UserName\Pictures\xxx_.jpeg:(3264,2448)->(800,600)
C:\Users\UserName\Pictures\yyy_.jpeg:(5184,3888)->(800,600)

プログラム


param(
[parameter(mandatory)][string]$path,
[parameter(mandatory)][int]$l,
[int]$s,
[string]$imgf="jpeg"
)
[void][Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Drawing")

$imgFList
=@{ jpeg=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Jpeg;
bmp=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Bmp;
exif=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Exif;
gif=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Gif;
ico=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Icon;
png=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Png;
tiff=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Tiff;
wmf=[System.Drawing.Imaging.ImageFormat]::Wmf;
}
if (-not (Test-Path $path)) {
write-error "Invalid argment `"path`"."
return
}
if ($l -le 0) {
write-error "Invalid argment `"l`"."
return
}
if (!$imgFList.ContainsKey($imgf)) {
write-error "Invalid argment `"imgf`"."
return
}
$imageFormat=$imgFList[$imgf]

get-childitem $path | ?{!$_.PSIsContainer} | %{
try {
$image = New-Object System.Drawing.Bitmap($_.fullname)
if ($image.Height -lt $image.Width) {
# 縦 < 横 -> 横が長い
$w=$l
if ($s -eq 0) {
$h=[math]::Truncate(($w/$image.Width)*$image.Height+.5)
} else {
$h=$s
}
} else {
$h=$l
if ($s -eq 0) {
$w=[math]::Truncate(($h/$image.Height)*$image.Width+.5)
} else {
$w=$s
}
}
$canvas = New-Object System.Drawing.Bitmap($w, $h)
$graphics = [System.Drawing.Graphics]::FromImage($canvas)
$graphics.DrawImage($image, (New-Object System.Drawing.Rectangle(0, 0, $canvas.Width, $canvas.Height)))
$outname=("{0}\{1}_.{2}" -F $_.DirectoryName, $_.basename, $imgf)
("{0}:({1},{2})->({3},{4}) " -F $outname, $image.Width, $image.Height, $w, $h)
$canvas.Save($outname, $imageFormat)
} catch {
write-error ("Convert ERROR. {0}" -F $_.fullname)
} finally {
if ($graphics -ne $null) { $graphics.Dispose() }
if ($canvas -ne $null) { $canvas.Dispose() }
if ($image -ne $null) { $image.Dispose() }
}
}

« 株:買い約定(みずほファイナンシャルグループ) | トップページ | FMV LIFEBOOK WN1/D2が届きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株:買い約定(みずほファイナンシャルグループ) | トップページ | FMV LIFEBOOK WN1/D2が届きました »