2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« 株:現物売り約定(シチズン時計) | トップページ | 株:現物売り約定(J-オイルミルズ、NSD) »

2018年5月13日 (日)

2018年第2四半期開始アニメの感想

もう6話も放送されている作品もあるなか、やっと、今期開始のアニメの感想を書きあげました。(情報処理技術者試験とか4月にあるので控え気味になってしまうんだよな・・・)
今期は、甲乙つけがたい最優良作が4作もあり、優良作が6作、良作が7作。佳作としたものもそんなに悪くない出来。
正直、本数も莫大で、デジタルレコーダーの予約件数40件では取り切れず、泣く泣く切ってしまった作品も多々あったりして。そして、録画しても溜まっていくばかりで、ゴールデンウィークで消化してもまだまだ見切れていないという状態。
1日、10時間とか見続けると体力が持たないし、目の焦点が合わせられない。なにより他のことが全くできない(ゲームとか本を読むとか)。辛い。
(ならやめろってはなしなのですが・・・)
-最優良作-

●メガロボクス    http://megalobox.com/    (動画音声注意)
荒々しくてカッコいいな。
50周年記念として、「あしたのジョー」をオマージュとしたSF風ボクシング作品。でも、全くあしたのジョーをなぞったものでは無い。
未来の世界では、(なみだ橋の向こうと貧乏人が棲むこちら側みたいに)管理地区と非管理地区に分けられており、非管理地区の地下格闘場で機械(ギア)のアシストを使い闘うボクシング(メガロボクス)が行われていた。そこで八百長をしながらも闘志を捨てていないJUNK DOGが、ただその闘志をぶつける相手を求めメガロボックス世界大会にジョーという名前で出場する。
あしたのジョーと同一ではないが、そのハングリーな闘志や周りの人たちの関わりとかそう行った雰囲気をちゃんと継承されており、じっくり見入ってしまう作品。

●ひそねとまそたん    http://hisomaso.com/    (動画音声注意)
自分が何がしたいのか分からない甘粕ひそねは、何となく高校卒業後に航空自衛隊に入隊。お使いで行った先の格納庫で出会ったドラゴンにぱっくり食われてしまう。過去から日本にいたドラゴンは、現代日本では航空自衛隊でOTFという名前で、極秘裏に航空機に擬態させて管理していた。ドラゴンに飲み込まれて操縦ができるといことから、ひそねはドラゴンのパイロット(Dファイ)に任命される。
頭身はリアルだけど、ホンワカしたキャラ絵。でも、リアルにしようという意気込みが感じられる。吹奏楽的な曲なOPとか色々、違いを出そうとしている工夫が作風にマッチしていて凄く良い。

●STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)    http://steinsgate0-anime.com/    (動画注意)
牧瀬紅莉栖を救えなかった世界線。その世界線では将来、タイムマシンの奪い合いの戦争が起き、日本は荒廃してしまうことを阿万音鈴羽から知らされ、ダルはタイムマシンの開発を急ぐ。岡部倫太郎は、牧瀬紅莉栖を救えなかったこと、世界線の移動での出来事がフラッシュバックすることから中二病的言動を止め、ラボにも立ち寄らなくなり、普通の大学生の生活を過ごしていた。しかし、大学の研究室が招いた外国の研究者が、牧瀬紅莉栖の理論をもとにAIとして再現した牧瀬紅莉栖と出会うことになる。
あのシュタゲが、同じクオリティで、しかも我々が知っている結末と異なる続きで、そして絶望的な暗い未来を回避するストーリーと、死んだ紅莉栖がAIとなってオカリンと再び親密になるがそれは本人ではないという葛藤のスパイスがとても良い味を出している。旧作同様に先が気になる良作。

●ウマ娘 プリティーダービー    http://anime-umamusume.jp/
実在の競馬馬を女体化したスマホゲームのメディアミックス作品。
タイトルだけを見るて色物か百合物かと思ったが、すごくいい出来。
主人公のスペシャルウィーク。産みの親に死なれ、人の手で育てられたスペシャルウィークは田舎から出てきて、チームのコーチとメンバとともにレースを勝ち登っていく。
まとめサイトを見てみると、細かいところまで史実の馬に沿った細かいネタを盛り込んできているのがとても素晴らしい。(牡馬も女性として描かれているけど・・・)

-優良作-
●ヲタクに恋は難しい    http://wotakoi-anime.com/
原作買って読んでます。
成海のサバサバした性格(皮肉気味に”いい性格”といったほうが正しいか)に声が入ると、良い友人になれそうでとても良い。恋人にしたいとは思わないけど。
微妙にキャラ画は、(力量が足りていないのか)原作の雰囲気を100%再現してはいないとは思うし、好きな原作の脳内再現とアニメに微妙な差があるのも気になるが、原作に忠実な構成だから良いかと。

●フルメタル・パニック! Invisible Victory    http://fullmeta-iv.com/
<アマルガム>の本気の攻勢を開始し、奇襲に<ミスリル>は対応できず窮地に陥る。
そして、宗介とかなめの平穏な生活も壊されてしまう。
TVシリーズは、宗介の天然戦闘馬鹿をかなめが突っ込みながらも、宗介が平和な日常に幸せを見出していくほのぼのムードだったのが、(TVシリーズでは水面下にあった)OVAで描かれている原作のハード路線が出てきたという感じか。
原作も人気シリーズだったので、話の内容は心配していないし、アニメも良いスタッフに作られているようで、その点も安心して楽しめる良作。

●ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン    http://gungale-online.net/
SOAの外伝。(ファンタジーは無しで)銃(火器)で対人戦闘またはモンスターと戦うVRMMORPGガンゲイル・オンライン(GGO)で、チビッ子アバターのレンを主人公とする仲間と共に、強い対戦相手と戦い親交を深める。
キリトがGGOで死銃事件の調査をしていたころは、アギリティ(敏捷度)一辺倒派の終焉の辺りの話だったけれど、主人公のレンはそのアギリティ一辺倒派で無双という、いかにもゲームらしい方向で見せてくれるところがいい。戦闘のプロである自衛隊隊員(特殊部隊?)と戦っても、ゲームらしい方法で勝てるというのも、現実の実力ではなくゲームという特殊性を見せてくれたし。

さすが時雨沢恵一さんが原作なことはあるかなと。(皮肉が効いているという)

●多田くんは恋をしない    http://tadakoi.tv/
カメラが好きな多田がある春の日に出会った清楚で可憐な金髪の女の子テレサ。皇居を観光していて写真を撮って欲しいという。一旦は別れるも、雨に降られているところに再び出会う。好きな時代劇に憧れて日本に留学しに来て、舞い上がってあちこち見ているうちにお付の人とはぐれてしまったという。多田はウチの喫茶店に案内して、着替えと連絡を取ることを提案する。
ローマの休日をオマージュとした恋愛物。王女様は、留学が終わったら将来、フィアンセと結婚して女王となることが決まっている。多田とテレサの淡い恋心を抱くようになるが・・・。
多田とテレサも優しい良い人であるが、その周りの人たちも個性的であり優しい人たちばかりでホッとする作品。

●ゴールデンカムイ    http://www.kamuy-anime.com/
日露戦争中の北海道。不死身の杉本と呼ばれた男が、戦友の最後の願い 目の病気の妻を治すためアメリカの名医に見てもらう資金を稼ぐのに、一獲千金を求め北海道で砂金取りに殉じる。そして、砂金取り仲間の爺さんから金塊を隠したアイヌ人の話を聞く。いざこざで監獄に収監された時の囚人仲間に金塊のありかを示す地図を刺青で掘ったという。
そして、ヒグマに爺さんが殺され、杉本も危うくなったときに、アイヌの娘 アシリパ(アイヌの囚人に父を殺されている)に助けられ、何かの縁と復讐替わりに一緒に隠された金塊を探す案内を頼む。
この刺青を探す陣営はほかにもいて、互いを出し抜こうと画策する。
日露戦争というと明治末期の頃で、しかもアイヌの話というのもなかなか無い舞台と人々の風習も見られて、ドラマティックな話がとても面白い。
そして、顔芸www

●ルパン三世 PART5    https://lupin-pt5.com/
PART5ということでTVシリーズのフォーマットというか雰囲気を守っている作品。
幾つかの連作で構成されているようで、1部では非合法な薬などを買える裏通販サイトの仮想通貨を奪おうと、そのカギを持つ天才ハッカー アミ・エナンを盗み出す。カリオストロの城ようなルパンミーツガールもの。
最近のルパン通り、良作。

-良作-
●重神機パンドーラ    http://www.project-pandora.jp/
河森監督ということでマクロスFやアクエリオンのような雰囲気。怪獣に攻め込まれてじり貧な人類と人型に変形する戦闘車両という
メカや敵、背景はともかく、人の画とか動きが下手くそだ。原画か何かが遅れて動画のクオリティを挙げられなかったのか、動画に人を集められなくて下手なところに依頼したのか。動きが少ないから後者かな。
まあ、そんなに乱暴な話回しでなさそうなので、ある程度安心して見られるかな。

●食戟のソーマ 餐ノ皿「遠月列車篇」    http://shokugekinosoma.com/
3期の続き。
遠月学園がセントラルに牛耳られてしまい、そんな中に進級試験が実施される。セントラルに反発する創馬達は、不利な状況で料理をしなくてはならなくなる。
創馬がえりなの憧れている料理人の息子だと知って心境の軟化してきたり、一匹狼を気取っていた創馬が仲間を信頼するようになったり、組織化された敵との対決とか分かりやすくなったりと、さらに面白くなってきたね。

●鬼灯の冷徹(第弐期その弐)    http://www.hozukino-reitetsu.com/
またもや、地獄あるある。
まあ、変わりもせずではあるのだが、地獄紹介ネタは尽きることはなく、今回も楽しく見させてもらってます。

●Lostorage conflated WIXOSS    http://lostorage-wixoss.com/    (動画音声注意)
前の続き。というか、前作と、1期、2期を含んで集大成となる作品。
ブックメーカーであった(ルリグに入れ替わった)成海の活動を止めて、セレクターバトル自体を止めたいと活動するも、いやおうなしにセレクターバトルに巻き込まれていく。
前作、1期、2期のキャラクター達がセレクターバトルに巻き込まれて、それぞれの思いが交差するところが胸アツですわ。

●ガンダムビルドダイバーズ    http://gundam-bd.net/
前作・前前作とは方向転換されている。というのも、プラフスキー粒子というトンデモSFの設定では無く、没入型MMORPGなUIでガンプラバトルを行う。そして、初めからガンプラバトルに適正能力があるチートが主人公ではなく、(光るものがあるが)まだまだガンプラ作りもガンプラバトルもズブの素人という形。チートなところが無く、成長物語という形か。
まあ、改造ガンプラの凄さとか、超絶バトルの爽快感はないけれど、これからか。

●鹿楓堂よついろ日和    http://rokuhoudou-anime.jp/
まだ1話しか見ていない。
都会の真ん中にある広い敷地のレトロな和風のお屋敷、そこはイケメン4人が働いている和風喫茶店。お客は癒されに来るという話。
まあ、お仕事系ね。

ホッとする作品で、おいしそうな和風スイーツもツボ。

●僕のヒーローアカデミア(第3期)    http://heroaca.com/
前期の続き。
ヴィラン連合の動きが活発化して、さらに付け狙われることを危惧した雄英高校ヒーロ科の教師たちは、生徒たちの能力を上げるため、個性強化合宿を開く。
まあ、相変わらず良い出来。単調になってきてる気はするけど。

-佳作-
●ヒナまつり    http://hina-matsuri.net/
コメディ枠。
ヤクザの兄ちゃんの所に突然現れた超能力少女が、超能力でヤクザの持ち物を壊すという脅しをもってローテンションで強引な要求を出す。
ヤクザの兄ちゃんは何だかんだで世話を焼きしかも突っ込み特性がめっちゃ高い。

●あまんちゅ!~あどばんす~    http://amanchu-anime.com/
前作の続き。クオリティも変わらず。
ARIAからキャラクタを持ってきたり、原作からアレンジしてあるところもあるけど。
でも、原作のすべてを引き出してはいないな。

●ピアノの森    https://www.nhk.or.jp/anime/piano/
原作は借りて(全部ではないけれど)読んだ。
ピアノを弾いているキャラクターの個性をピアノの音でどうやって表現できるのかしらんというのが最大のポイントではないだろうか。
正直、3話くらいまで見て、あんまりわからんかなというのが正直のところ。原作に忠実ではある。
NHKのアニメらしく、丁寧に作られているが、展開がズブイかな。

●銀河英雄伝説 Die Neue These    http://gineiden-anime.com/ (動画音声注意)
過去にも伝説的アニメになった説明無用なほど有名な田中芳樹氏のスペースオペラ。
過去作品をどう超えるかが問題になるのだろう。めっちゃ話数もあったし、ギュッと圧縮されるのか?
田中氏は主人公に有利な状況(モブは馬鹿一辺倒にしか書かれない小説力の無さ)でゴリ押しするので、イマイチ好きではない。
宇宙戦争の描き方もマニアに受け入れられるのかな?宇宙戦艦が視認できるほど密集するハズがないし、密集する戦略的な意味がない。いくら迫力があるからという理由なんだろうけど。その点、過去作品では光の点で描かれていて、それは納得ができた。

●こみっくがーるず    http://comic-girls.com/
まんがタイムきららMAXもの。
女子新人漫画家が酷い読者評価にめっちゃ落ち込んでいたところ、ここでつぶれてしまうには惜しいと考えた編集さんの勧めで女子新人漫画家たちの寮に住まうことに。同日に寮に入った子と、先輩2人と仲良く励まし合いながら頑張る。
漫画タイムきらら物ということで、またプチ百合かなーと思ったけれど、それよりはGAとかひまわりスケッチとかの、女子高生+お仕事(美術系というか漫画)+集団生活というお決まりな感じ。

●踏切時間    http://fumikirijikan.com/
5分物。踏切の待ち時間に起こる、いろんなコメディな出来事を見せてくれる。徒然チルドレン風といえばわかるか。
短いながらもちゃんと見せてくれる奇をてらっていないコミカルな作品。

●東京喰種トーキョーグール:re    https://www.marv.jp/special/tokyoghoul/
前作と関連があるのだろうけれど、まだ、どういう関連なの変わらん。(原作は未読)
初めの方た単純にグールを狩る機関にいる半グールの4人組の話であるが。
人間社会に紛れ込んでいる危険なグールを探し出し、狩ることが基本線で、大きな組織となったグール達との戦争とか大きな戦いもありという。
まだ、描きたいテーマがよくわからない。単純に戦いだけではないのだけれど。

●かくりよの宿飯    http://kakuriyo-anime.com/    (動画・音声注意)
女子大生 津場木葵は、小さい頃からモノノケが見えた。死にかけたときモノノケがくれた食べ物のお蔭で生き延びることができた。しかしモノノケが見える体質が災いして母親に捨てられ、同じくモノノケが見える祖父に育てられた。祖父は葵に腹をすかしたモノノケから守れるように料理を振舞うように教え料理を教えてくれた。その祖父が無くなった来る日、神社に鬼が座っていて無視して通り過ぎようとすると絡んできたので、弁当を渡して通り過ぎる。その鬼に連れられて隠世につれられ、祖父の借金の肩代わりとして弁当をあげた鬼神に嫁入りを迫られる。それを受け入れられない葵は、(その鬼神が大旦那である宿の中で)仕事を探すも拒否されてしまい、最後に別邸にある小料理屋を食事処として引き継いで商売しようとする。
なんか、(夏目友人帳とかの)妖怪親交系、異世界食堂系の美味しいところを継ぎ足した感じである。2話しか見られていないが、ハートフルお仕事系なんだろうなーという印象。まあ悪くない。

●3D彼女 リアルガール    http://www.3dkanojo-anime.com/
オタクが奔放な遊び女に出会い、始めは嫌っていたが、オタクが弄られているところを遊び女が助けて、オタクが見直すという流れ。
そして、期間限定で彼女になり、そして二人の仲が深まる。
人は表面的な見かけと振る舞いじゃなくて、優しさだろうというテーマか。

●ニル・アドミラリの天秤    http://nilad-anime.com/
オトメイト物。
大正の日本。強い情念を入れられた本が魔書(希モノ)となり、その所有者を狂わせる。お嬢様であった久世ツグミは、婚約間近にそれに反発した弟が心の隙間に付け入られて魔書に狂わされてしまう。
そしてその出来事をきっかけに魔書に宿る情念「アウラ」が見えるようになる。婚約も破棄されたツグミは、帝都で魔書に対処する部隊「帝都図書情報資産管理局」(通称フクロウ)に参加して魔書の調査を行う事となった。
部隊のメンバーやそれに関わる人たちは、イケメンぞろいでいかにもオトメイトらしい。ツグミが昔の女性らしく控えめでありながらも芯があるという、悪く言えば特徴が無いところがゲームの主人公=ゲームを操作している人という感情移入しやすい性格ではある。
アニメだと、没個性だなーと感じてしまうけれど。
話はよくある形なので・・・。

●あっくんとカノジョ    http://akkun-kanojo.jp/
5分恋愛コメディ物。原作は4コマ漫画か?そういう細切れエピソードのテンポの作品。
とてつもなく好きなのについつい酷いことを言ってしまうツンデレ男子とそれを分かっているのか分かっていないのかよくわからんけど許容してしまう懐の大きい天然系彼女のラブコメ。
ツンデレが過ぎるとちとつらいな。それを許容してしまう彼女で相殺しても有り余るところが良いのだけれど。

●ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-    http://lastperiod.jp/
ファンタジーコミカル冒険者RPG風の世界。
村人たちの依頼でへっぽこ冒険者たちが、モンスターや厄介ごとを解決していく話。
なにかと因縁をつけてくるお邪魔グループと対決というお約束があったり。
スマフォゲーム原作のコミカライズらしい、ゆるさと軽いお色気とという感じ。

●Caligula -カリギュラ-    http://caligula-anime.com/
横浜っぽいな。
1話見た限りでは何が何だか。
哲学や心理学を勉強していて造形が深い高校生がある日、アイドルの歌を聴いて違和感の襲われ、そして卒業式の日に周りの人間が怪物に・・・。
仮想現実であることを知らずに現実だと思って暮らしていたら、ある日その平穏が壊れてきてしまったっていう感じ?

ストーリーテリングがイマイチ。

●PERSONA5 the Animation    http://p5a.jp/
ゲームは未体験。今度は泥棒ですか。
初めから警察だか何だかに逮捕されてリンチを受けていたり、過去に巻き戻ってペルソナを授かって盗賊団を結成するとか、なんかよくわからん。

●デビルズライン    http://devilsline.jp/
まだ1話しか見ていない。
吸血衝動のある人間(吸血鬼)がいる現代日本。
大学院生の平つかさは、何者かに追われている気配を感じていた。
ある時、帰りに同級生に告白されるも、実は吸血鬼で、それを見張っていた安斎という調査官に助けられる。

まあ、1話はまだ微妙な感じ。これからか。

●異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~    https://r.gnavi.co.jp/nobu/
ニコ動で見た。
異世界食堂の居酒屋版。まあ、タイトル通り・・・。何番煎じですか?
一品一品を解説しながらおいしそうに食べるという。
悪くはないんだけどね。

●実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-    http://jp.frankenstein-family.com/
台湾かそこらへんで、マッドサイエンティストな親に改造されたか作られたかした5人の子供たちが、(親は逮捕されてしまい)取り残されたので、知能向上の改造された末弟が5人で何とか生きて行こうと奮闘して、4人のクリーチャー的姉・兄に助けられるというハートフル家族モノ。
まあ、古臭いテーマと出来ではあるが、悪くはない。

-切り-
以下は、予約の上限を超えてしまったので、見られずに切ったものもある。
●カードキャプターさくら クリアカード編    http://ccsakura-official.com/anime/index5.html
中学生になったさくら。中国人戻っていた小狼が戻ってきて、ラブラブな雰囲気に。
その夜、久しぶりに夢を見たら、カードがすべて魔力が無くなりガラスの板のようになっていた。
クオリティは高いけれど、前の作品で大体感触をつかんでしまっているし、まあいいかな。

●魔法少女 俺    http://magicalgirl-ore.com/
売れないアイドルが、何だかんだで魔法少女に変身したらマッチョな男になった。
コメディだけど、イマイチ。

●魔法少女サイト    http://mahoushoujyo-anime.com/    (動画注意)
途中まで見たがイジメの陰湿なところが駄目で切った。気持ち悪い。

●Butlers~千年百年物語~    http://www.butlers-anime.com/
壮美系?

ツボから外れている。

●LOST SONG    http://lost-song.com/
特別な能力を持ったものが歌うと不思議なことを起こる中世欧州風ファンタジー。王都の歌姫と歌好きな田舎のおきゃんピーな女の子が、戦争に巻き込まれて、歌の力で救う(?)という方向か。
深夜1:30放送でありながら、話はテレ朝十時かNHKのアニメのような感じで、まあ、設定とか話の進め方が緩い。また、歌で選ばれたのか、主人公の女の子(田舎娘)の声優が下手。一方、歌姫は田村ゆかりさんで、歌はともかく声優としての力量差がね。
二人の歌姫というところがマクロスFに類似しているし、田舎娘がランカ・リー(中島愛さん)を思い浮かぶ。中島愛さんのような新人の成長を狙ったのだろうか。(潜在能力が高い)中島愛さんのケースは稀有だと思うなー。
ちょっと緩いところがツボではないし、本数が多いので切りで。

●されど罪人は竜と踊る    http://www.tbs.co.jp/anime/sareryu/
小難しい理屈をつければそれらしく見えるような感じの中二病シナリオのラノベ物か。
主人公は理知的でシニカル眼鏡咒式師と相棒のニヒル脳筋咒式剣闘士のコンビ。咒式で緩衝域に入り込んだ竜を狩る仕事を請け負っている。
なんか国家の陰謀とか裏社会とか復習者とかハードボイルドな大人な世界を描こうとしているのはわからんでもないけれど、詰め込み過ぎであふれてしまっているような話。画がついて行ってないし。
普段なら見ていくくらいのレベルだけれど、録画予約数を超えてしまったので切り。

●宇宙戦艦ティラミス    http://tiramisu-anime.com/ (動画音声注意)
10分物。
シリアスな宇宙戦争物に思わせて、ロボットのコックピット内でのアホなシチュエーションを見せるコメディ。
まあ、物語ではないし、コメディが面白くなくツボではないので切

●ありすorありす    http://alice-or-alice.com/
5分物女の子を愛でる3等身(きめの時は通常等身)。
可愛いと思うが、内容はないくてツボではないので切り。

●Cutie Honey Universe    http://cutiehoney-u.com/
キューティーハニーの新作。古臭いお色気コメディものはツボでもはない。ちょっと見たけど全然肌に合わないので見ないで切る。

●キャプテン翼    http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/captaintsubasa2018/
キャプテン翼の新作。スポーツものはツボでもはないので見ないで切る。

●メジャーセカンド    http://www.nhk.or.jp/anime/major2nd/
スポーツものはツボでもはないので見ないで切る。

●ハイスクールD×D HERO    http://www.haremking.tv/
前も切ったし、見ずに切る。もうこれいいや。おっぱいだかなんだかエロは要らん。

●レディスポ    http://s.mxtv.jp/anime/ladysp/
GYAO!で1話を流してみたけど、初回からトイレ入っているとか、紙芝居のみという・・・。駄目だこりゃ。

●甘い懲罰~私は看守専用ペット    https://kanshu.cf-anime.com/
5分エロもの。見ずに切る。

●信長の忍び~姉川・石山篇~    https://nobunaga-no-shinobi.com/
1期目はちょっと見てたけどツボではなかったので切った。今回もそのままなので見ずに切る。

●蒼天の拳 REGENESIS    http://www.souten-regenesis.com/
北斗の拳とその類型は要らない。

●奴隷区 The Animation    http://doreiku-anime.com/
医療器具みたいなのを使って、勝負により勝者が敗者を奴隷にできるという話。
ドロドロした話で救いがなさそう。見ないで切り。

●美男高校地球防衛部HAPPY KISS!    http://boueibu.com/hk/
前作も1話みただけで切った。ヤオイ物は要らんです。

●立花館To Lie あんぐる    http://tachibanakan-anime.com/
百合物なラッキースケベ。中身無さそうということで切り。

-継続-
●七つの大罪 戒めの復活
●新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION
●刀使ノ巫女
●ダーリン・イン・ザ・フランキス
●グランクレスト戦記
●弱虫ペダル GLORY LINE

« 株:現物売り約定(シチズン時計) | トップページ | 株:現物売り約定(J-オイルミルズ、NSD) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年第2四半期開始アニメの感想:

« 株:現物売り約定(シチズン時計) | トップページ | 株:現物売り約定(J-オイルミルズ、NSD) »