2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

 

« PowerShellでXPathを使う | トップページ | 株:現物売り約定(江崎グリコ、伊藤忠商事) »

2017年5月 7日 (日)

2017年第2四半期開始アニメの感想

優良作と思う話がツボな作品が多い。良作、及第点のものも多くて切る数が少ない。

-優良作-
●武装少女マキャヴェリズム    http://machiavellism-anime.jp/
剣で武装している少女たちとそのTopに5剣士と呼ばれる女傑が仕切る学園。男子生徒は化粧をしナヨナヨとタマを抜かれたように矯正させられていた。
その学園に喧嘩で40人を倒したという問題児が転入してくる。
さっそく同じクラスの5剣士である鬼瓦輪が戦いを挑む。
剣(女子) 対 武術(野郎)という燃えるシチュエーション。そしてさっぱりした(ウザくない程度の)お色気。
主人公はヤンキー風でありながら(そのように見えないけれど)一本芯が通った納村がカッコいい。

●冴えない彼女の育て方♭    http://www.saenai.tv/
2期。
一人の冴えないお宅男子 倫也をめぐっての同人ゲーム作成サークル4人の女子の恋のさや当てっぷりが秀逸。
一話は、いつも衝突している先輩 詩羽(シナリオ担当)と 幼馴染 英梨々(絵担当)が、サークル参加前の出会いについて。
二人とも、倫也を縁に互いを恋敵と認識して衝突するも、互いの作品に感銘を受け(たところは隠しつつ)て、女の意地を立てるしかないという。
相変わらず影が薄い加藤が、いい塩梅(薄味)の茶々をビリッと入れてくれるところが素晴らしい。

●正解するカド    http://seikaisuru-kado.com/
突如、羽田空港上空に現れた超巨大立方体。離陸直前のジャンボジェットが飲み込まれた。日本国政府は、物理学者の進言から、その立方体に飲み込まれた人々が生きている前提で救出を想定して動こうとするが、現代の技術では謎の立方体に何も影響を及ぼせず手詰まりとなった。しかし、そのとき、ジャンボジェットに飲み込まれた事務次官と異星人が現れ、日本国政府と交渉を始める。
キャラクタが3DCGではあるが、リアルな造形の人間を描いている。ゴジラのような、災害に対する政府の対策を描く感じか。
政治的な方向でしか魅せられていないけれど、リアルな感じがとても良い。

Amazon Primeの0話も見てみた。1話の直前の前日談であり進藤事務次官の人となりを知る重要な話ではあるが、「正解するカド」の異星人コミュニケーションという本筋からは外れるので、本放送から外して0話としたのだろうか。
あと、EDにUnityエンジニアとあったけれど、どういうこと?

●サクラダリセット    http://wwwsp.sagrada-anime.com/
特殊能力者が産まれる町 咲良田。
過去に見聞きしたことをはっきり思い出せる少年 浅井ケイ。
世界を最大3日、セーブをした時点の同じ配置に巻き戻せる能力を持つ少女 春埼美空(ぼそぼそ声なので花澤香菜とはわからなかった)。傍目には過去に戻れる能力に見える。
二人を出合わせた同級生の少女 相麻菫。
春埼は幼い頃に世界は悲しいと認識しその所為で自身の感情が摩耗。それでも正義をなそうと自分の能力を使うときの3つのルールを設け、自動機械のようになった。しかしそれでは同じことを繰り返すだけだ。ケイはリセット前の記憶を持って、美空の能力を良いことに使おうとする。
一つの事件を解決したのち、美空がケイと恋人になれるかを試すためにキスをしたがそこに恋は無いと確かめたケイがリセットを実行させる。
しかし、それは薫の死という結果を招いた。美空の能力は本当のタイムリープではないということを示していた。
そしてケイと美空は、薫を生き返らせる方法を探る。
基本的に会話+探偵劇。タイムリープだけど本当のタイムリープとして、ほころびがある点がポイントなものとして勇逸。

-良作-
●ゼロから始める魔法の書    http://zeronosyo.com/    (動画・音声注意)
魔女と教会が争う世界。獣落ちと呼ばれ忌み嫌われている白虎のような容姿をした傭兵と世間知らずの魔法使いゼロが出会い、徐々に仲良くなっていく過程。とてもいい。
魔女に狙われることが多くゼロを疑い避けようとする傭兵→信頼を寄せるゼロに強く見せようとして粋がる傭兵→ゼロの依頼に答えようと一緒に旅して徐々に心を許すようになる傭兵。モフモフな傭兵。
基本ホンワカだけど、虐げられている魔法と一般人の衝突の闇の緩急が、とてもいい。

●神撃のバハムート    https://shingekinobahamut-virginsoul.jp/
相変わらずの美麗な映像。
田舎に仕送りするために都に出てきた娘 ニーナが、魔族を虐げる人間を懲らしめているという街を騒がす義賊 包帯悪魔と出会い、ドキドキが止まらず竜に変身してしまう。帝国の力は、悪魔も神と天使も滅ぼせる。奴隷になった悪魔たち、ひっそりと帝国から隠れて活動する神と天使たち。
前作のようにロードムービー風ではなく、帝都での虐げるものと虐げられたものとの軋轢の衝突という話ではあるが、こじんまりした感じはなく話の広がりがよい。
前作の登場人物はカイザル、リタ、バッカス・ハンサと出てきて、前作との関係も気になるところ。

●有頂天家族2    http://uchoten2-anime.com/
前作同様の出来。原作は未読。前作の原作は読んだ(面白かった)。
今回は毛玉(狸)同士のロマンスか。あと天狗のロマンスも?
一風変わった絵柄の感触がとてもいい。

●進撃の巨人Season2    http://shingeki.tv/season2/    (動画・音声注意)
クオリティは変わらず。
考えられて謎を作っているのか、行き当たりばったりで謎らしく見せているのかわからないけれど、いずれにしてもその巨人の謎に引き込まれる。

●僕のヒーローアカデミア    http://heroaca.com/
第2期。安定の出来
ベタな異能力学園ものではあるが、ベタゆえに王道で面白い。
今期は、体育祭。1組のおなじみのメンバ+ほかのクラスのメンバで対決という、定番だね。

●王室教師ハイネ    http://heine-royal.com/
王位継承第2位以下の(癖のある)4人の王子に教育を施すべく、王室に呼ばれた(ちっこい)教師ハイネ。
15歳以上なのにガキっぽい拒否られ方をする王子たちにハイネは、淡々と攻略する。
まあ、風変わり残念イケメンたちを、その知力体力で軽々と扱う姿が、滑稽なところもありテンポが良いコメディが心地よい。

●月がきれい    https://tsukigakirei.jp/
現代青春(恋愛)もの。
中学3年生で、あまり自分に自信がない男子と女子が同じクラスになって、意識はしていなかったけれど、たまたま家族と一緒に行ったファミレスで出会ってしまい、無視もできずどうやって接すればいいのかわからない感じで、それが意識することとなり気になってくる。
どうやって話をしたらいいのかもわからずタイミングも合わなくて、ちょっとしたことから話ができて、ちょっと嬉しくなるみたいなモキモキした感じ。

●Re:CREATORS    http://recreators.tv/
何かを作りたいけど作れない男子高校生が、息抜きに人気アニメを見ていたところ、そのアニメの世界に入ってしまう。それは一時的なもので現実世界に戻ってこれたが、戦うお姫様(と敵)も現実についてきてしまった。
アニメの中の(複数の)作品世界のキャラクタ―がそのアニメの世界に出てきて、世界の理が壊れる危機ではないかという流れ。
(アニメながらも)クリエーターとその作品のキャラクタ―が相対するという、作家なら考えさせられる点が面白い。
メタ的なところも考えさせられる話だな。

●夏目友人帳 陸    http://www.natsume-anime.jp/
安定した出来。
前期は祓い屋稼業の話が多かったけれど、今回は妖怪たちの話と夏目の友達(人と妖怪)の話という方向か。

-及第点-
●喧嘩番長 乙女 -Girl Beats-    http://kbo-anime.com/
ヤクザの跡取りで生き別れの双子の兄の代わりに(作為的に)喧嘩まみれの男子校に行くこととなった妹。兄は男子校で喧嘩の一番になることを義務付けられていたが、とてもじゃないが勝ち残れそうもなく、そこに目を付けたのはそっくりな妹(格闘技の達人)に代役を立てようと画策。果たしてイケメンだらけの学校で女とばれずにいられるのか。
PSVITAの乙女ゲーが原作。でも何で格闘という疑問がでるけど、ネタ切れですか。
10分物ながら戦いのシーンはとてもリアルで素晴らしい。ひかるの格闘技はジークンドーかしらん。

●終末になにしていますか?忙しいですか?救ってもらってもいいですか?    http://sukasuka-anime.com/
<獣>に人間世界が滅ぼされ、獣人の世界となっている。しかし<獣>は、浮遊大陸に逃れた獣人世界も滅ぼそうとしていた。唯一残った人類 ヴィレム・クメシュは、兵器管理施設の管理人になる依頼を受けたが、そこには幼い少女たちが暮らす養護施設のような館であった。そこは実は、人にしか使えない<獣>に効く唯一の兵器 遺跡兵装<ダグウエポン>を操れる人を真似する妖精レプラコーンの育成施設であった。
ダグウエポンの最終手段で命を燃やして大爆発を起こさせるという特攻兵器的なところが、(美少女ゲーによくあるけれど王道な)命を散らす運命の儚さ、悲劇はなんともツボなのです。


●ロクでなし魔術講師と禁忌教典    http://rokuaka.jp/
背景とか絵柄とかが微妙に手抜きな感じの西洋前近代的ファンタジーラノベもの。
魔法学園に理事長のごり押しで配属された、非常勤教師が来てそいつが普段はだらしなくて下劣な奴だが、いざというときカッコいいとか、女生徒の制服が痴女紛いとか。
ラノベもので、絵柄がちょっと手抜き感があるけれど、いい感じな話なので見て行く。

●覆面系ノイズ    http://fukumenkei-anime.jp/    (動画・音声注意)
子供の頃に歌を絆に仲良くなり、そして離ればなれとなった昔馴染みとニノ(アリス)とユズ、そしてモモ。ニノ達が高校で再び出会った。
むちゃくちゃな歌い方なのに心に響いた。
ニノは、人の話を聞かない(聞けない)・空気が読めない、小学校4年生にしては考えが足りないという、なんか軽度の発達障害のように見えるけど、まあ、そういうキャラクターということで。
話を引っ張るキャラクターとしては、こういう空気を読めない性格は良いのかもしれない。

●アリスと蔵六    http://www.alicetozouroku.com/
「ハックス!」「ぼくらのよあけ」の今井哲也氏の漫画をアニメ化。アフタヌーンで見ないと思ったら、別の会社の雑誌に移動していたのね。
紗名と名乗る不思議な能力を持つ金髪少女が山奥の研究所から脱出。研究所所員やアリスと同質な(しかしアリスよりは劣る)能力を持つ女性が追いかけるも、突然現れた女性(同じく能力者)に邪魔され紗名を助ける。ひょんな事で、頑固だが芯の通った正義感を持つ爺 蔵六と出会い迷惑をかけるが、その能力が危ういことを諭され紗名とともに暮らすことに。
まあ、微妙にお金がかかっていないなという感触。自動車の3Dモデルが今の水準からいうとチャチいとか背景とかキャラの書きっぷりとか微妙な感じ。
蔵六さんの真っ直ぐさに惹かれた。

●ID-0    http://id-zero.com/
ブブキブランキのサンジゲンの作品。キャラクターが村田蓮爾さんっぽい。
解析されていない鉱石のもたらす現象・エネルギーによって社会を支えられた遠い未来。その功績を使って、特殊なワープや、意識をロボットに一時的に移植して操作できる技術が開発された。貧乏学生がゼミの先生・先輩と一緒に鉱石を採掘に行ったところハメられて、ピンチのところを宇宙空間に置き去りに。そこを荒っぽい採掘業者の一団に拾われて、借金を返すべくそこで働くことに。
宇宙を自在に飛び回る人型掘削機(ロボット)や採掘業者の軽さとかが 銀河機攻隊 マジェスティックプリンスを思い起こさせられる。
キャラクタがオーバーアクション気味で3DCGアニメらしいし、話がいまいちなので、ちょっと吸引力が無い。

●GRANBLUE FANTASY The Animation    http://anime.granbluefantasy.jp/
原作は言わずと知れたCygemesのスマホゲーム。
よくある西洋ファンタジー「親方、空から女の子が!」ボーイズミーツガールもの。
凄く凝っているわけではないが、ある程度手間をかけて作られている良作。

●カブキブ!    http://www.tbs.co.jp/anime/kabukibu/
歌舞伎に感動した男子生徒がその熱量で歌舞伎同好会を立ち上げようとする話。
そんなに期待していなかったが、なかなか面白い。
CLAMPがキャラデザなのね。

●つぐもも  http://tsugumomo.com/
亡くなった母親の着物の帯を大事にしている男子学生が、夕方の学校の屋上で髪の毛の塊に襲われるその危機を助けてくれたのは、その帯の付喪神であった。サドな付喪神は、その男子学生をよく知っているようで、一緒に暮らすことに。
ちょいエロ。そこがいい。

●エロマンガ先生    http://eromanga-sensei.com/
電撃大王掲載漫画既読中。
再婚の連れ子の妹は美少女だけれど、両親と死に別れてから重度の引き籠りに。兄は甲斐甲斐しく世話をしつつ、稼ぐ手段としてラノベを書く日々。そのイラストは実はその妹であった。
それ何ていうラノベといいたくなるくらいのラノベメソッド。アニメを意識して書かれているラノベだなと思うくらい、アニメと親和性が高い話だなと思う。
原作イラストのかんざきひろ氏の絵準拠で丁寧に作られてとてもいいです。それともアニメ監督やスタッフの力量なのかしらん。

●兄に付ける薬はない!    http://s.mxtv.jp/anime/anitsuke/
中国のFlash風アニメ 5分物。
バカでロクでなしな兄とそれに振り回される妹の現代中国(都会)の学校コメディもの
なかなか面白い。

●アトム ザ・ビギニング    http://atom-tb.com/    (動画・音声注意)
最近のNHKのアニメらしく大体緩めな感じ。
アトムの製作者の天馬博士とアトムの育ての親 お茶の水博士の昔の話を描く。
二人は博士課程で大学の隅っこの研究室で、低予算に苦しみながらも仲良く楽しんで、画期的なアンドロイドを作成していた。心を持ったロボットのプロトタイプを作成し、そのドタバタと何かの陰謀に巻き込まれるという話。
どこか引き込まれるところはないけれど、丁寧に作られているとは思う。ちょっとテンポがゆっくり過ぎるところが気になるけど。

●サクラクエスト    http://sakura-quest.com/    (動画・音声注意)
田舎から出てきて、東京で就職活動するも全滅一歩手前となった女子短大生。親からも仕送りを止められそうになり、金欠でどうしようもなくなったとき前に登録したモデル事務所から地方の復興イベントに参加しないかとの申し出。短期と勘違いしてお金のために仕方がなく契約した所、ど田舎のミニ王国ブームに乗って作ったチュパカブラ王国の新国王として戴冠することに。
「花咲くいろは」に続く、頑張る女子のお仕事アニメなのではあるのだけれど、キャラクタなのか話なのか求心力が無い。

間野山観光協会   

●ベルセルク    http://berserk-anime.com/
逃亡劇。
そんなにこの話は好きではないので、斜め見で。

●<ハオライナーズ>銀の墓守/TO BE HERO    http://s.mxtv.jp/anime/silver_guardian_tbh/
中国作成の15分物アニメ2本
1本目「銀の墓守り」は、貧乏学生がマヤのピラミッドみたいなところから亡者の大群と戦い、それとは別に平穏な学園の寮でお嬢様がその学生のことを思いだすという、アニメ専門学校生が作ったような思わせぶりな初回。何が何だか。
2本目「TO BE HERO」は、ギャグもの?これもアニメ専門学校生が作ったような荒い。そして下品。
1本目はともかく、2本目は下品すぎてなんだかなと思う。今期のアニメは多すぎて見切れなくなったら切る。

●ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを    http://danmachi.com/sword_oratoria/
正直、退屈。
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」外伝ということで、ベル、ヘスティアと親交深いアイズの所属するロキ ファミリアの話。
メインはアイズというよりは新米魔術師 レフィーヤで、アイズが大好きという百合風味で視聴者に媚びている。
前作と時間軸が同じなので、そこら辺を楽しむというのは有りかもしれんが。
まあ、見なくてもいいかなと思ってしまった。

-切り-
●ひなこのーと    http://hinakonote.jp/
月刊コミックキューン掲載4コマ漫画が原作。
あこがれの演劇部がある都会の高校に入学してきた引っ込み思案な田舎娘。緊張すると案山子のように固まってしまう(←これが決めネタ)
下宿先の古本店には変わり者の女の子達がいて、仲良くなる。
演劇をやりたいと思っていたら、休部という。落ち込むも、同じ下宿に演劇部員がいて、劇団を立ち上げることを進めらえる。
ひだまりスケッチ風なふるゆわ女子会コメディ。物語の要素が薄くキャラか雰囲気が好きでないと見てられない。そして強くひかれる部分がない。
今期のアニメは多いので切り。

●フレームアームズ・ガール    http://www.fagirl.com/
能天気娘の所に届いたフィギアがなんか動いちゃった。
戦闘データ取りたいからって他にもフィギアが来て、仮想空間でのバトルが始まった。
キャラだけで、なんかテンプレ。

●ツインエンジェルBREAK    http://twinangel-break.com/
怪盗天使ツインエンジェルの続編?
このシリーズは見る機会がなかったので、どういうストーリなのかわからんが。
魔法少女ものか。とはいっても変身しか魔法は使わず、武器(フレイルと薙刀)とは。
出来は悪くないけれど、大きなお友達向け魔法少女のテンプレートで真新しさがなく、やはりツボではない。

●クロックワーク・プラネット    http://www.tbs.co.jp/anime/cp/
あんまり作品愛を感じられない作品。絵や動きが悪い。あとラノベ臭がふんぷん。
地球の寿命が尽きたとかなんとか、時計職人Yが歯車で再生しました→千年経ちました。機械マニア見浦ナオトの所に少女型自動人形リューズが降ってきて、ちょいと駆動音が気に入らないのでネジを締めて直したら、毒舌だったって話。
エロはほぼ無しだけど、話が荒すぎ、設定も適当、キャラクタに魅力なし。

●sin七つの大罪    http://www.7-sins.tv/    (動画・音声注意)
堕天されたルシファー(女)だかなんだか。
エロが始まったので切った。

●僧侶と交わる色欲の夜に・・・    http://soryo.w-anime.com/
まあ、タイトル通りエロですか。切り。

●Room Mate    http://oneroom-anime.com/
One Roomの男版か。腐女子向けか何なのか、腰蓑巻いた半裸男が出てくるはEDで上半身裸に透かして見せるエロい方向に進めるているとか。
男のオイラにはいらんな。

●笑ウせぇるすまん NEW    http://warau-new.jp/
ちょっと見たがやはり登場人物が理不尽に不幸になる話は大っ嫌い。

●Peeping Life TV シーズン1    http://www.ntv.co.jp/pltv/
残念にデフォルメしたアニメのキャラクタを3Dモデルで被せて漫才させたもの。
とてもつまらない。

-継続-
・リトルウィッチアカデミア
・タイガーマスクW
・弱虫ペダル NEW GENERATION

« PowerShellでXPathを使う | トップページ | 株:現物売り約定(江崎グリコ、伊藤忠商事) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年第2四半期開始アニメの感想:

« PowerShellでXPathを使う | トップページ | 株:現物売り約定(江崎グリコ、伊藤忠商事) »