2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« Javaからアプリケーションを実行する方法 | トップページ | 今週届いたもの »

2011年11月 6日 (日)

2011年第4四半期新作アニメ初見感想

今期はスゲー本数が多いし、質も高い。
まだ、1話しか見れてないものと一気に5話くらい見てしまっているものが混在してしまっているけど、そんな感じで評価してみた。公正ではないと思うけど、時間がないんよね。
もし、レコーダーのHDDがいっぱいになったらどれを切るという考え方で並べてます。

-優良レベル-
●たまゆら ~hitotose~ http://tamayura.info/
粗製乱造されている中高生女子グループのゆるゆるライフ物と思ったけど、正直スマン。
空気感がイイ感じで出ていて良作。といわけで、OVA2巻とTV放送版7巻のBlu-rayを購入・予約しておきました。
ARIAの監督の佐藤順一さんということで、納得。
あーなんかキュンキュンきて涙出ちゃう。
初回は地元 汐入。そして、瀬戸内 竹内へと。

●ましろ色シンフォーニー http://www.mashiro.tv/
エロゲー分。とはいえエロはほぼなし。そこに好感持てる。
絵柄がなんか少女漫画っぽいような感じ。
エロゲーによくあるドタバタ物ではなく、アニメD.C.のようなシットリ進むシナリオ。マッタリした空気感がいいな。
原作ゲームが欲しくなってきた。

●境界線上のホライゾン    http://genesis-horizon.net/
電撃大王で1、2話分把握。
漫画とはまた別にアクションの面白さが
技術魔法と言う感じのギミックの描き方とかいいね。
5話まで見て変な方向に進んでいますが大丈夫ですか?

●gdgd妖精s    https://enet-dvd.com/enet/sp/gdgdf/
MMDで作ったっぽいユルイ3Dアニメ。
天然ボケ・ばかボケ・クール(ダウナー?)突っ込み&ボケといったボケしかいないよね、これ。
そんな軽い気持ちで見られるばかばかしさがとっても良い。

●Fate/Zero    http://www.fate-zero.jp/
うわー、凄すぎる。もはやTVアニメレベルを超えてるぞこれ。劇場版・・・、いや劇場版といえどクオリティ低い奴あるからな・・・。
アニメのランクとしては最高レベル。
なのに評価がここなのは、姿勢を正してじっくり見ないとダメというところが重いなと。
あと、評価には含まれないけれど話を知らないと分からんだろうという点。少なくともFate Stay/Nightくらいは知らないとわからんぜ。

-良レベル-
●ベン・トー http://ben-to.net/
半額シールを張られた弁当を奪い合うというバカ話を真剣に描いているような描いていないような。
時に熱く、時にクールに戦い狼になるというところが良い。
でもバカ話。

●ラストエグザイル 銀翼のファム    http://www.lastexile-fam.com/
ラストエグザイルの後日談?
前作最後でShipと共に消えた(死んだと思ったんだが)ディーオが、今回も出てきてびっくり。
あの世界を引き継いでいんだなと思ったら、100年くらいたってる?
前作は、主人公が男の子だったので感情移入できたけれど、今回は主人公が女の子だし、周りも女の子ばかりしかいないし。
バディが男の子だったらもうチョイ感情移入できたけど、ちょっとマイナスだな。

●真剣に私に恋しなさい!!    http://www.anime-majikoi.com/
バカエロゲー分。
第一話で合戦を見せておいて派手なキャラ紹介をして、2話以降は普通(?)の学園ラブコメというどういう方向に進めるのか分からんのだが。
キャラが立っていて、引っ張って行ってくれている感じ。
松風がよいな。

●ギルティクラウン    http://www.guilty-crown.jp/
簡単にまとめると、boy meet girl→異能の力を得る+主人公に謎の過去(忘れている)とかなんとか。
権力をもった政府の一機関に対抗するレジスタンス(リーダーが力を欲するようなタイプ)に主人公が巻き込まれて、力を得てしまうとかなんとか。
まあ、よくある話。
絵柄は良いんだけれど、主人公が弱くて立ち位置が曖昧な感じがマイナスか。

●C3   http://www.starchild.co.jp/special/c3/
電撃大王掲載で内容は把握。
不意のおパンツ見せなどチョイお色気あり。
まあ、おバカ作品的な感じで見ていこうと思う。

●機動戦士ガンダムAGE    http://www.gundam-age.net/
おこちゃま向けになったガンダム。
ガンダムのテンプレートには沿っている。
オイラはガンダム原理主義者じゃないので、正史やらリアルじゃないとかそこら辺にはこだわりなし。
という視点で見てみると、設定はおこちゃま向けだけれどちゃんと見られる話になっていると思う。

●僕は友達が少ない    http://www.tbs.co.jp/anime/haganai/
むぅ、「電波女と青春男」に似てるなーと思ったら、原作イラストがブリキさんと同じってことかー。
ラノベ原作だけれど、まあ話は破たんしていない・・・かな。
なんかときどき困るようなエロさが出てくるんけど。
見てく。

●未来日記    http://www.future-diary.tv/
原作より狂っている感が出ている。
そこの感じ方が人により良し悪しが分かれると思う。オイラはチョイ気味悪いって方向にでて、マイナス感がある。
アニメとしては原作を消化できていて良い出来なんだけどね。
話を好きかどうかの問題かと。

●ちはやふる    http://www.ntv.co.jp/chihayafuru/
競技百人一首にかける青春物語という、ユニークなネタの漫画。
主人公の女の子の一途さ、ひたむきさ、我武者羅感が心地よい。

●UN-GO    http://www.un-go.com/
原作が明治を舞台としているところを、現代風にすげーアレンジしている模様。
推理物としては、30分で描き切るのは大変だなと言う感想。
つまり掘り下げが少なくて物足りないというかなんというか。
2話構成とかにすればいいのに・・・。

●侵略!?イカ娘    http://www.ika-musume.com/
夏も終わった頃に、夏の風景を見せられるというのは、どういうことだ?
前作同様、安定した内容で安心。そろそろ工夫しないと
よっちゃんの酢漬けイカのCMをやったところにびっくりだよ。

●WORKING'!!    http://www.wagnaria.com/
第一期と同じ。クオリティも話の内容も。
それでたぶん問題ない。

●灼眼のシャナⅢ FINAL    http://www.shakugan.com/
安定した品質。
そして、坂井がシャナの隣から離れて、敵側に付くというびっくりな展開。
とはいえ、あまり好みな話ではないので一応見るという感じで。

-及第点レベル-
●マケン姫っ!    http://maken-ki.com/
ラノベ分
白い光はもういいよ・・・。見せる気ないなら放送スンナ。というか、丸見えパンティとかケツとか見たくないよ。
隠してあるものがチラリズムというのが良いんじゃないか。

●アニメ スーパーナチュラル   http://wwws.warnerbros.co.jp/supernatural/index.html#/animeTop
海外のオカルト物。ドラマの方は未見。
まあ、海外ドラマとして普通に見られるものだと思う。

●君と僕。    http://www.kimiboku.tv/
ボーイズラブ物とのうわさがあったけれど、まあそんな感じもなし。
マッタリ男子高校生スクールライフもの。昨今の女子高生グループゆるゆる物が男子に置き換わっただけ。
男子高校生はもっとガツガツしたものです。
そこら辺が全然ないので、気の抜けたコーラくらい味気ないような・・・。

●ファイ・ブレイン 神のパズル    http://www9.nhk.or.jp/anime/phibrain/
なんでも”神”って付ければ良いってもんじゃないぞー。
一つの事がその世界の主流な流行りで誰もかれもその流行りに乗っかっていて、主人公がその流行りの天才的なプレイヤーっていうテンプレートって、なんかジャンプかサンデーっぽい感じだけど、オリジナル?

●戦国☆パラダイス 極    http://sgpk.jp/
パチンコ出の物。
むぅ、10分番組。OPはいるのか?
えらい短いの。武将の逸話における一発ネタか、キャラ付けの一発ネタか。
キャラ好きにならんと辛いかも。

●世界一初恋2    http://sekai-ichi.jp/
ホモホモしくないので、前回は通してみた。
今回は進展してホモホモしい・・・。あとうだうだしすぎ。
うだうだ感が続くようだったら切りで。

-ダメだ合わないレベル-
●ハンター×ハンター    http://www.ntv.co.jp/hunterhunter/
1話のみ視聴。
展開がマンネリっぽくてタルい。ジャンプものはオイラに合わない。
切り。

« Javaからアプリケーションを実行する方法 | トップページ | 今週届いたもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年第4四半期新作アニメ初見感想:

« Javaからアプリケーションを実行する方法 | トップページ | 今週届いたもの »