2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« 今日届いた本とCD | トップページ | そろそろWindows 7に手を出してみようか »

2010年3月30日 (火)

白内障の手術について

昨日、父が目の手術を受けてきた。
1日入院とのことで、朝出かけて手術して夕方には帰ってきたとのこと。(今日は遅くまで仕事をしたので会っていない)

「白内障」と「緑内障の可能性」とのことで、手術は白内障に対して行った。

白内障は、目の水晶体が濁ることによっておこる。この白濁は加齢によって誰でも起こり得るものらしい。
手術では、水晶体を取り除くことによって見えるようにする。
現在、主流の「水晶体超音波乳化吸引術」という方法では、点眼で麻酔をかけ、超音波によって水晶体を破壊する。破壊した水晶体を吸引し、眼内レンズを入れてお終い。10分程度で終わるとのこと。

一方、緑内障は視神経の破損により起こるもので、最後には失明する。現在治療する方法はない。(視神経の培養により回復できるという研究がなされているとのこと)

父方の祖母も晩年、同じように白内障と緑内障になって、目が見えなくなってしまっていたので、遺伝的なものもあるかもしれない。
オイラも発症する可能性が高いので、今のうちに目をいたわっておかなければ・・・。

参考サイト:知れば怖くない白内障手術

« 今日届いた本とCD | トップページ | そろそろWindows 7に手を出してみようか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白内障の手術について:

« 今日届いた本とCD | トップページ | そろそろWindows 7に手を出してみようか »