2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

 

« C#でWebページをダウンロードする方法 | トップページ | 仮想ListViewでどじった »

2010年1月10日 (日)

情報処理技術者試験の午前Ⅰ免除

前回、平成21年度秋期 情報処理技術者試験「情報セキュリティスペシャリスト」を受けて、午前Ⅰの免除者というものがあると知ったのだが、その条件が分からなかった。

昨日、IPAから「午前Ⅰ通過者番号通知」なるはがきがきた。
なるほど、高度試験を受けて、午前Ⅰで基準点以上を取得していれば、その後2年間は免除されるという事らしい。
詳細はこちら「午前Ⅰ通過者番号通知書の発送について」を参照のこと
免除のためには、はがきにある午前Ⅰ通過者番号と氏名カタカナ、生年月日が必要で、これをデータベースと照合するとのこと。午前Ⅰ通過者番号が分からなくなったら、問い合わせすれば教えてくれるけど、切手代が必要。

前回は盛大にズコーとなって次回は受けないと思っていたのだが、午前Ⅰ免除されるなら受けてみようかなという気にさせられる。
けど、これからも仕事がめっさ忙しい状態が続くことが分かっていて、勉強する時間と気力がないだろうから、やっぱり次回は受けない!

« C#でWebページをダウンロードする方法 | トップページ | 仮想ListViewでどじった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報処理技術者試験の午前Ⅰ免除:

» 「逆ポーランド記法」を知らないSE [愛と苦悩の日記]
■「逆ポーランド記法」、SEのイロハだ。左から順に、数字だったらスタックへプッシュ、演算子ならスタックからポップして結果をプッシュ、そうすれば自動的に計算結果が求められる。コンピュータで処理しやすいように、数式を書き換える規則のこと。SEのイロハのはずだ。 そのはずだよね。情報処理2種の試験対策用語集にもちゃんと出ている。「逆ポーランド記法」を知らないSEに出会うと、僕は自分が情報システム部門にい...... [続きを読む]

« C#でWebページをダウンロードする方法 | トップページ | 仮想ListViewでどじった »