2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

 

« 遂に東芝がBDレコーダを売るとな | トップページ | 情報処理技術者試験の午前Ⅰ免除 »

2010年1月 9日 (土)

C#でWebページをダウンロードする方法

和魂では、WebからHttpを使ってHTTPページやファイルをダウンロードする処理にHttpWebRequestクラスを使っているのだが、ダウンロードしたバイト列を読み込んで最後は例外をキャッチして終了としている。
これはよろしくないと、どこかで指摘を受けて(何処だったか失念。失礼)「ま、そりゃそうだ」と思い、対処方法があるのか調べてみた。
そもそもWebHttpRequestクラスを使ったのは、以前VBでHTTPページの取得方法を調べて、それを流用しただけに過ぎない。(人、それを調査不足という)

友月さんのGetWeb!! 「WebRequestとWebResponse」に以下の3種類の方法が載っている。
・WebBrowserクラスを使った方法
・WebRequestクラスとWebResponseクラスを使った方法
・WebClientクラスを使った方法

WebClientクラスを使う方法が簡単そう。ただクッキーを設定するプロパティがない。検索してみると、neue ccsさんの「C#のWebRequestとWebClientでCookie認証をする方法(と、mixiボイスへの投稿)」が参考になる。

varって型宣言はVBかと思ったのだけど、C#でも使えるんだ・・・。知らんかった。
#あとusingの使い方。using ディレクティブは(当たり前だけど)知っていたけど、using ステートメントは知らんかった。勉強がたりんの。

« 遂に東芝がBDレコーダを売るとな | トップページ | 情報処理技術者試験の午前Ⅰ免除 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C#でWebページをダウンロードする方法:

« 遂に東芝がBDレコーダを売るとな | トップページ | 情報処理技術者試験の午前Ⅰ免除 »