2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« 霧に包まれた町 | トップページ | 株:現物売り約定 »

2009年6月23日 (火)

読了:ドラル国戦史2 蛇民の兵団

「人生が公平だなんて、まさか本気で思っていやしないでしょうね、ソーガン?」

■お勧め度:★★☆☆☆
■対象者:ベルガリアード物語、マロリオン物語のデイヴィッド&リー・エディングスのファンの方。

ドラル国を守る4柱の兄弟姉妹神は、金塊で辺境人達を雇い荒野にいる<ヴラーなるもの>との戦に備えた。
ドラル国の弓の名手”長弓”、その友達の”赤ひげ”、マーグ国の海賊”鷲鼻船長”ソーガンとその手下の”ウサギ”、”怪力”達、トログ帝国軍の司令官”ナラサン”とその部下”ケセロ”、”グンダ”。皆、つわものばかりである。

一方、<ヴラーなるもの>の兵力は、<ヴラーなるもの>の産んだ子供たちで、自分さえ殺せる強力な毒バリを持っている。そして世代を重ねるたびに改良されどんどん強くなっていく。そして、<ヴラーなるもの>は子の数を増やし、群れ全体が頭脳として働き、<集合知>が強化される。そのため外へ食糧を得て子を増やそうとしている。

まず<ヴラーなるもの>は、妹神ゼラーナの治める長弓達の部族がいる西の土地を攻めようとしていた。

神達の混成軍は、ゼラーナの治める土地にある山を砦として<ヴラーなるもの>の軍団を迎え撃つ。

蛇民の兵団―ドラル国戦史〈2〉 (ハヤカワ文庫FT) Book 蛇民の兵団―ドラル国戦史〈2〉 (ハヤカワ文庫FT)

著者:デイヴィッド エディングス,リー エディングス
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

登場人物を掘り下げるように、各人の過去話のエピソードを挿んだり、各人の目線で一つの場面に対して描いたりしている。
初め読んでいて、同じ場面のところが書かれているのか、何なのか混乱してしまったのだけれど、物語を掘り下げるという効果がある。

ウィットに富んだ会話は今回も満載。でもね、戦いの終わらせ方がひどいんだわ。これ。

« 霧に包まれた町 | トップページ | 株:現物売り約定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了:ドラル国戦史2 蛇民の兵団:

« 霧に包まれた町 | トップページ | 株:現物売り約定 »