2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« 読了:5656! Knight' Strange Night | トップページ | 昨日と今日届いた本 »

2009年2月 8日 (日)

2008年下期終了のアニメの感想

やっと見終わったよ。すでに2009年上期の新作アニメが4週位過ぎてしまっているというのに・・・。録画が溜めにたまってしまっています。
こうして見返してみると、この期のアニメは出来が良かったと思う。(切ったものや見ていないものもあったけれど、それは考えない)そのかわり、ツボにハマったといえるものは無かった。そつがないけど心の琴線に響いたものがない。
以下は、評価が良かった順の感想です。

●ef -a tale of memories-
最終話にアッと驚く仕掛けは無かったけれど、全体を通しては話・絵・演出ともに高いクオリティだった。細かい演出(OPだけとっても逆方向に動いたり色がついたりつかなかったりなどなど)と、それをまとめあげているところがすごいよね。

●かんなぎ
学園ラブコメで日常的な中のおバカ行動と掛け合いが面白かった。原作を十分理解した上でのアレンジとかスタッフの原作への愛が感じられるね!作者マンは、アニメより上をいかないとだめだから大変だ。ところで、最終回は続きを意識しているのだろうか?

●魍魎の匣
日テレということで、放送時間がコロコロ変わってちゃんと見られなかった。
一言で言うと、酷くグロテスク。
怪奇物ってことで突拍子がない設定を出してきて、蘊蓄で固めて話に真実味をもたせようとしているところが汚い。
といいつつ、昨今のアニメとしては風変わりでいい味。

●夜桜四重奏
ヤスダスズヒトさんの絵と日常でのキャラクター達の会話の独特の間が特徴的でよかった。話はギンや篠塚の設定が飲み込めなかった。なんで円神がちょっかいを出すのか、篠塚と円神がどうであったのかよくわからん。円神と篠塚がちょっかいを出しては比泉が収拾するというパターンで始終したところと日常会話くらいしか記憶に残っていねぇ。あと、ことはが好みであったくらいか。

●ケメコデラックス
結局、MMの正体も十分明かさず、最後に意味深な女の子が謎の言葉を吐くってのは、どうなのよ。続きものを前提にするなら、ぶつ切りすんなって。
まあ、内容的には普通にぶっ飛んでいる(相反しているけどな)ギャグが面白かった。ケメコのウザさとMMのかわいさの対比も良かった。

●CHAOS;HEAD
主人公がダメダメで、いつまで見てられるかと思ったけれど、普通に面白くなってきて最終回まで見てしまった。でも、まあ、普通の作品。妄想がいろいろ交差して視聴者の立ち位置がわからなくなるような話だったら神といわれたんだろうけれど。

●喰霊-零-
話の最後の持って行き方が陳腐だな。最愛の人が操られて、それを倒すっていうよくあるパターン。画のクオリティは高めだったのに、キャラクターもパターンだし話もパターンでは・・・。

●ヒャッコ
初回を見て歩巳が主人公かと思ったら虎子が主人公なのには驚いたというか、なんというか。
基本、あずまんが大王。女子高校生の学園コメディだと大体そう言われるものだけど。ドタバタとキャラがおもしろかった。
でも、最終回がなんかいい話なのは、一貫性がなくて嫌だ。ギャグで貫き通せばよかったのに。
よくわからんのだが、小学生のへたっぴ声優は、アイドルか何かなのか?
あと、つんく♂がプロデュースしたってのは、あまり話題になりませんでしたな。

●まかでみWAっしょい!
オタク系ギャグ満載な学園ラブコメで破天荒なおバカすぎるドタバタが、まあ、面白かったかな。萌え系キャラのドタバタで始終して、ストーリーはあってなしがごとくってところが何ともなんだけれど。

●伯爵と妖精
うーん、普通の近代欧州を舞台にした少女マンガ(原作は小説だけど)だな。
妖精はほんの味付けくらいで、あまり重要性はないし。話も少女向け小説らしい内容で、まあ、そんな感じ。特筆することはない普通の出来。

●ロザリオとバンパイア CAPU2
前回と同じ出来で安心して見られる。まあ、逆に言うと目新しさがないんだけど。
もっと言ってしまえば、あからさまなお色気でそろそろお腹一杯。

●屍姫 赫
声優のへたっぴさには、少しなれたけれど、もう少し何とかならんものか。
どういった方向で売りにしたいのかよく分からないのだが、屍姫のお色気なのか、外法の方面なのか。両方か。
話は伝奇・異能力ものとしては、まあ、普通かな。
でも、最終回と言いつつ直ぐに続きがあるし。

●今日の5の2
うーん、「みなみけ」のノリを小学生でやったという感じ。夏奈の立ち位置の(破天荒な行動をする)キャラがいない分だけ、パワーが足りないというか。
最後の方の回で良い話にもっていくのは違うと思う。

●ヴァンパイア騎士 Guilty
あまり記憶に残らない話。狭い学園の中で乳繰り合ってって感じ?

●のだめカンタービレ 巴里編
最終回が撮れなかった。それを抜きにして評価すると、凡作だな。アニメとしては出来は良いんだが、脇キャラの派手さが無くて、シナリオが平々凡々で何も進展していないというかそんな感じ。前作だったらシュトレーゼマンとか良い味出していたんだけど

■継続してみているもの
こちらは、心の琴線に響くスゲー良いものがそろっている。「キャシャーン sin」の退廃的な感じが一番好き。万人に勧められるものではないのだが。「天体戦士サンレッド」はバカバカしすぎて大好き。
とりあえず、暫定順位。

  • キャシャーン sins
  • 天体戦士サンレッド
  • 機動戦士ガンダムOO
  • CLANAD AFTER STRY
  • ソウルイータ
  • とある魔術の禁書目録
  • とらドラ!
  • 鉄のラインバレル
  • スキップ・ビート
  • 黒執事
  • ミツコとハッチン
  • BLUE DRAGON 天界の七竜

ミチコとハッチンは、期待していたほどではなかったのが残念。
鉄のラインバレルは、放送時間が変わってしまってぶつ切りになってしまっています・・・。

« 読了:5656! Knight' Strange Night | トップページ | 昨日と今日届いた本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年下期終了のアニメの感想:

» 明日会社面倒くさいなぁ [Dr.Eden]
なにこれ!? お小遣い稼ぎのつもりだったのに、 3回ヤっただけで月収軽くこえちまたぁぁぁぁあぁっぁぁ!!!! なんか真面目に仕事してるの馬鹿らしくなってきた。。。(´・ω・`)  ... [続きを読む]

» 【かんなぎ】 motto☆派手にね! 【マツケン Mix】 [ニコつべブログ]
十分派手でございますwww 【ニコニコ動画】【かんなぎ】 motto☆派手にね! 【マツケン Mix】 [続きを読む]

« 読了:5656! Knight' Strange Night | トップページ | 昨日と今日届いた本 »