2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

 

« 今日届いたもの | トップページ | 読了:チボー家の人々 一九一四年夏 Ⅲ »

2008年6月21日 (土)

初音さんを弄る

べっ、べつに変なことをしたわけじゃないんだからねっ!
というわけで、パラメータを弄るとどのような声になるかを試してみた。
すべて一番使うであろう音の高さであるC4で”し”の音をパラメータを最大、真ん中、最小にしたパターンにして作ってみた。(略称、正式名称にwaveファイルをリンクしておいたよ)

略称正式名称初期設定値(最小値~最大値)聴いた感じ
VEL ベロシティ 64(0~127) 値が大きいほど子音の長さが短くなる。違いはよくわからんが、最初の音(パラメタ最大)は促音が入って”しっぃー”に聞こえる。
DYN ダイナミクス 64(0~127) 音量。これはハッキリわかるね。”し”3つの後におまけも入れてみたけど、最後の”たてぃつてと”は、始め音を抑えて途中から最大にしている。ブチブチ切れているような効果が表れている。使いようだね。
BRE ブレシネス 0(0~127) 声にブレス感を与える。初めの最大値の音は、ノイジーというか変な音。サブコーラスで変わった効果を狙うのか?
BRI ブライトネス 64(0~127) 声の明るさ(高い周波数成分)を調整。”し”だと高い音が多いから、最後の音(最小値)が声というより、ポーンという感じになっている。他の発音ならこもった声になるのだろう。心の中を表わすような使い方とか思い浮かぶな。
CLE クリアネス 0(0~127) 倍音成分を加えて声の輪郭をシャープにする。値を大きくすると高温が強調されるとのこと。初めの音(最大値)は金属音ぽいノイジーな面白い音だ。
OPE オープニング 127(0~127) 口の開け具合。最後の音(最小値)は、口を閉じた状態で”し”を言っていることになるのか?”そー”って聞こえなくもない。うーん、どうやって使うのかよくわからん。東北弁に使う?
GEN ジェンダーファクター 64(0~127) 声の発音に関する特徴をコントロールして、値を大きくするほど男性的な声になる。確かに初めの音(最大値)は少年ぽく聞こえなくはない。最後の音(最小値)はキンキンするけどもうちょっと値を大きくすればロリ声になるのだろう。
POR ボルタメントタイミング 64(0~127) ピッチが変わるポイントを調整。違いがあるのはわかるけど、何がどうといったことは言えない。初めの音(最大値)は促音が入って”ちっぃー”とも聞こえなくもない。
PIT ピッチベント 0(-8192~8192) 声のピッチを動的に変化させる。±2オクターブ変えられる。同じC3でもパラメータの値によって音程が変わる。最後の”あー↓ー↑ー”というような使い方とか。(いや、もっとほかの使い方があるだろうよ)
PBS ピッチベントセンシビティー 1(0~24) PITの音の変化量を設定。これだけPITの値を山なりにしています。最後の音(最小値)はPITの影響を受けていません。使いどころがわからんですな。

パラメータについては、Doku's open hobby base VOCALOID入門 や以下のニコ動が参考になると思われれ。

« 今日届いたもの | トップページ | 読了:チボー家の人々 一九一四年夏 Ⅲ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初音さんを弄る:

« 今日届いたもの | トップページ | 読了:チボー家の人々 一九一四年夏 Ⅲ »