2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« でじぱら(電撃大王 2007年10月号)の用語について調査 | トップページ | 昨日買ってきた本 »

2007年8月27日 (月)

読了:フォーチュン・クエスト13 蘭の香りと消えたマリーナ<上>

「いえ、ないでしょう。この臭いをどう使うか、考えてみましょう!」

フォーチュン・クエスト13 蘭の香りと消えたマリーナ<上>を読了。
クレイの婚約者の病気を癒し、本拠地であるシルバーリーブに帰って来たパステル一行。一息つく暇もなくトラップの妹分であるマリーナが行方不明であることを手紙で伝えられる。急いでマリーナの詐欺師の相棒の元へと馳せ参じる。マリーナは有名なオペラ歌手であるパメラ・クイーンの周りを嗅ぎまわっていたところ、行方不明になったらしい。パステルたちは、マリーナを助けるためにパメラ・クイーンに近付く。

新フォーチュン・クエスト 13 (13) (電撃文庫 ふ 1-52) Book 新フォーチュン・クエスト 13 (13) (電撃文庫 ふ 1-52)

著者:深沢 美潮
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上巻ということで、いくつかの伏線が出ているのだけれど、これって回収されるものなのかそうでないのか分らんものもあったりするなぁ。ガトレアの花の香を魔法で集めたものは使われるのかしらん。トラップが一時的に気を失わされたのは、絶対明かされるだろうけど。あと、アクスに分け前を上げられるのか?

正体不明の敵につけ狙われていながらも、なんか緊張感がなく、今回もほんわかな感じがこの作品の持ち味で、そこに癒されてしまうなぁ。善哉善哉。

« でじぱら(電撃大王 2007年10月号)の用語について調査 | トップページ | 昨日買ってきた本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« でじぱら(電撃大王 2007年10月号)の用語について調査 | トップページ | 昨日買ってきた本 »