2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

« 夏になるときつくなる | トップページ | @niftyのホームページサービスでPerlを使う »

2007年7月11日 (水)

Fedora Core 6のSambaでディレクトリ名が変えられない問題の対処

前回の記事で、Fedora Core6上でSambaを使えるようにしたのだが、先日、新たにディレクトリを作ってファイルを格納しようとした。
ディレクトリはできたが、しかし名前が変更できなかった。(ファイルは格納できた)

selinuxが悪さしているのが分かっているので、とりあえずsetenforceコマンドに引数0を渡して実行してselinuxを無効にしてみると、当然成功する。
他に対処方法はないかと思いググってみると、日本sambaユーザ会にそれらしきページがあった。

とりあえず、対処策の初めにある「セキュリティレベルとファイアウォールの設定でSamba がユーザのホームディレクトリを共有することを許可する」だけを実行したらなんとかなったみたい。
#2007/7/16追記:やっぱり上記の方法だけではだめだった。どうやらselinuxがdisableのときに試した模様。スマソ

« 夏になるときつくなる | トップページ | @niftyのホームページサービスでPerlを使う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fedora Core 6のSambaでディレクトリ名が変えられない問題の対処:

« 夏になるときつくなる | トップページ | @niftyのホームページサービスでPerlを使う »