2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月21日 (水)

平成29年度春期情報処理技術者試験プロジェクトマネージャの結果

だーめでしたー

午前Ⅰ得点    ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点     64.00点
午後Ⅰ得点     61点
午後Ⅱ評価ランク C

午後Ⅱは、問2「システム開発プロジェクトにおける品質管理について」を選択。
問1「システム開発プロジェクトにおける信頼関係の構築・維持について」も選択した問2もPMとして基本的な問題。いうなればサービス問題である。
なのだけれど、論文集を読んで知識は十分だと思ってしまい、(去年痛感したはずなのに)論文を書く練習をしていなかった。
結局、準備不足で、受験時に論文の組み立てに時間をかかり過ぎて最後まで記述できなかった・・・。

話をでっち上げる能力がまだまだ足りない。
(電子的にでも)定期的に論述を書くようにしないとダメか。

秋期はまたまたネットワークを受けます。

2017年4月16日 (日)

平成29年度春期情報処理技術者試験プロジェクトマネージャを受けてきた

午後Ⅱ論述式が書ききれなかったのです。不合格です。

受験会場は、前年と同じ神奈川大学

P1010045

P1010044

オイラの受験するプロジェクトマネージャのほかに、基本情報と情報処理安全確保支援士も。

P1010040

FEが1600名、PM・SCが800名ずつ。去年も神奈川大学で受験する人数は多かったけど、今年も結構多いね。

100名受験する大教室。
真ん前に座ったので、受験者数はどれくらいいたのかわからない。あんまり空席はなかったようだが。大体7割オーバー?女性は5名くらい見かけたかな。
年齢は30後半から50代までかしらん。

午前Ⅰ免除。
午前Ⅱは、いつも通過できているので気にしない。そういえば午前Ⅱで終了10分前くらいに来た人が居たけど、なにしに来たの?
午後Ⅰは、どれでも同じくらいの難易度みたいだったので、前から問1 パッケージ導入・短期開発・依頼元の参画について,問2 サプライアの評価・調整・請負契約について を選択。ちなみに選択しなかった問3は単体テスト・成果物の品質向上。

午後Ⅱは問1 ステークホルダとの信頼関係の構築と維持、問2 品質管理計画の策定と品質管理の実施。どちらも検討していなかった。問1は思いつかないので問2にしてみたが、やはりその場で書くことを考えるととてもじゃないけど時間が無い。

P1010006

IPAのサイトに解答が出たのでPM午前Ⅱを採点してみた。
25問中17問正解。68点なので午前Ⅱは通過。
PMBOKについての問題が初めに幾つか並んでいた。そしてわからんかった・・・。
間違えた問題

  • 問2 組織のプロセス資産:全く記憶にございません。エ:組織の文化、体制、ガバナンスとしてしまった。ア:課題と欠陥のマネジメントの手順が正解
  • 問3 プロジェクトへの変更要求のうち、是正処理は:全く(ry エ:法改正に対応するためWBSに追加とした。イ:プロジェクトマネジメント計画のスケジュールから遅れたので要員を追加が正解。
  • 問5 WBSの構成要素のワークパッケージ:イ:関連がある成果物を纏めたものとしてしまった。ウ:通常、アクティブティに分解できる。 ワークパッケージを細かいワークパッケージにはできんのか。
  • 問6 RACIのうち説明責任は?:Accountabilityを製造者説明責任と覚えていたので、Iかなーとイを選択。Aであるエが正解。
  • 問7 タックマンモデル「メンバの異なる考え方が明確になり、メンバがそれぞれの意見を主張し合う段階」:一旦エ 動乱期としたが、ウ 成長期じゃねと直したら、エが正解だった・・・。
  • 問10 専門チームの日数を足すと14日。あとは並行してできる日数だが、ACDBで見ちゃった。ABCDとすると+Cの専門チーム4日の後6日とDの専門チーム4日は並行できるので4+2+4+(4と6が並行)なのでイ16日が正解だった。
  • 問20 データ管理者とデータベース管理者を分けるとき、データ管理者の役割は?:エ 障害発生時はデータの復旧・整合性チェックを行うだと思ったのに、イ 論理DB設計をし、データ項目を管理して標準化する。んーわからん。

6,10はもうちょい気を付けておくべきだったか。他は初見か見た記憶が無い物なので覚えておこう。

午後Ⅱ 論述式はめんどくさくなって準備していなかった。去年も思ったけれど、準備が大事。バリエーションを考えておいて、テーマに沿って選択できるように、記述できるようにしなければ・・・。
基本的には、計画:リスク分析→開発:問題発生からのリスク検知→問題解析からの回復という流れをPMの手法を絡めてワンセットで書けるようにすればよいと分かっているんだけど、PMはやる気が出ない :-p

今回は、前年度の教本を使っていたのだけれど、来年は新たに買おう。

桜の花が今頃まで咲いているのは珍しいけど、暖かったのでほとんど散ってしまったね。

P1010015

2016年12月16日 (金)

平成28年度秋期情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストの結果

また駄目だった。
まだ駄目か・・・。
午後Ⅰがやっぱり鬼門。去年よりも点数悪いし。
ネットワークは知識問題が多いから、度忘れしやすいオイラには向いてないんだよな・・・。
仕事でやってないし。
とか言い訳いってもしょうがない。

午前Ⅰ得点  78.20点
午前Ⅱ得点  76.00点
午後Ⅰ得点  47点
午後Ⅱ得点  ---点

2016年10月16日 (日)

平成28年度情報処理技術者 秋期試験 ネットワークスペシャリストを受けてきた

6年目のネットワークスペシャリストを受験してきました。
場所は横浜国立大学。
最寄駅は横浜市営地下鉄グリーンライン 三ッ沢上町駅。といっても歩いて正門まで20分、正門から受験会場のA棟まで5分以上かかったんじゃない。ちょっと遠すぎ。
初めは相鉄線 和田駅からいってみようかと思ったのだけれど、受験票にある通り三ッ沢上町駅でまずは行ってみようと思った。これは正解だった。
帰りは相鉄の方に行ってみたのだけれど、(ちゃんと調べずに行ってみたのだけれど)急な下り坂が延々20分くらいあってこれはとてもじゃないけれど行きで歩いたらバテてしまうだろうと思った。

まあ、バスで行けという話ではありますが。

P1000574

P1000579

建屋はかなりボロイ。
懐かしい理工学部の臭いがする。

P1000603

午前Ⅰに遅刻してきたおっさんが試験官の兄さんに遠いと文句を言ってました。
馬鹿だね。試験官が場所を決めたんでもないし、アルバイトだろうし。文句言っても何にもならん。
試験官の二人(男性)は、丁寧で親切な方だった。大変だね。

受験した所は、55名の小教室。
午前Ⅰに受験した人数は39名くらい。女性は3人だった。(30後半から40歳台くらい)
午前Ⅱは36名、午後Ⅰは27名、午後Ⅱは24名とどんどん減っていった。
さすがに午前Ⅰからだと途中で帰りますか・・・。

P1000607

ひな壇の人たち。

P1000620

全体的に自然がいっぱいで広い。が、あまり手入れされていない。ジョロウグモだらけだし。まあ、敷地が広いからこんなものだろうけど。

P1000600

午前の解答はまだ出ていないので、出たら採点しておきましょう。

午前の回答が21時にでたので採点してみた。
午前Ⅰは30問中23問正解。76点で通過。
午前Ⅱは25問中19問正解。76点で通過。
まあ、知識の掘り下げ方が足りてないかなという感じ。とりあえず×のものは復習しておこう。

午後Ⅰは、問2,3を選択。解答欄はとりあえず埋めたけれど、全くできなかった。
午後Ⅱは、問1を選択。これは簡単だった。
午後Ⅰが通れば、合格するだろうけど、無理だろうな。(午前?あんなの目をつぶってもできますよ)

さすがに6時半起きはつらい。

P1000642

P1000652


P1000632

初めにも書いたけれど、朝は市営地下鉄に乗ったので、帰りは別ルートの西門から出て相鉄線 和田町駅経由で帰ってみた。
新しい車両は黒で、とてもシックでいいね。

2016年6月18日 (土)

平成28年度春期情報処理技術者試験プロジェクトマネージャの結果

初めて論述式を受けた。
プロジェクトマネージャって言っても、オイラはやったことがない。
まあ、ある程度の年齢までやっていれば、身に付く知識だとは思う。
でも、ムズイわ。

午前Ⅰ得点    ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点    80.00点
午後Ⅰ得点    65点
午後Ⅱ評価ランク    C

午後Ⅱは問2「プロジェクト実行中に発生するリスクの早期察知とその対処方法」を選択。
問1は再利用を行う上での対策なのだけれど、これって今までも出題傾向から外れていてネタを考えていなかったので選択しなかった。問2は前もってのリスクコントロールっぽくなってしまってこれじゃない感で悩んだけれど、ネタを考えて書き直すには遅すぎたのでそのまま突っ走ったけど、やっぱるダメだった・・・。
2時間で最低2,200文字は、前もってもっと推敲しておかないとダメだ。

2016年4月17日 (日)

平成28年度春期情報処理技術者試験プロジェクトマネージャを受けてきた

春期で記述式の高度技術者試験は合格してしまって受けるものがなくなったので、去年はお休みしたけれど、論述式ってどんなもんかなと思って手ごろなプロジェクトマネージャを受けてみました。
会場は横浜は東横線白楽駅にある神奈川大学。
以前、DBだったか受けたときに来たような・・・。
それはともかく風が強すぎー。

P1050228

神奈川大学で実施している試験は、基本と情報セキュリティとプロジェクトマネージャ

P1000210

基本は985名!?情報セキュリティは1360名!?プロジェクトマネージャは500名?あれ、3列目の表記がオカシクね?

P1000168

綺麗な建物がPMの受験会場。

P1000181

オイラの受けた教室は74名受験。内、女性は5名くらい。サボりは6名くらいか。午後になっても抜けた人は少なかった。

午後Ⅰは問題1,2を選択。問題3のSPIの求め方を忘れてしまったため、確実に取れないのが分かっているものがあるより、なにがしかを記入できるものを選択したと。ちなみにSPIはEV/PVでスケジュール差異となる。問題2は、今まで出て来なかった感じの問題で、コミュニケーションに関するもの。前任のPMがうん子野郎だったので皆委縮してしまってチームメンバ間の協力関係がないという、なんともな涙なしでは見られないもの。そんな奴をPMになんかするんじゃねーよ。

午後Ⅱは問題2「情報システム開発プロジェクトの実行中におけるリスクのコントロールについて」・・・
初めて論述式を受けてみたけど、2時間で最低800+800+600=2,200文字を書くなんて無理!これは前もって何を書くか仕込みが重要。
嘘っぱちをズラズラと書き連ねて、何とか文字数はクリアしたけれど、書いている途中で内容が沿っていないじゃないか感が半端なく、こりゃダメだろうなと思う。

P1000212

午前Ⅱの解答が出たので確認してみた。
25問中6問間違い。100点満点中76点となったので、午前Ⅰは通った。

間違えたものは、

問1:SPAの説明。イ:ソフトウェアライフサイクルを合意・テクニカル・運用サービスなどのプロセス群に分け作業内容を定めている→ア:ソフトウェアプロセスがどの程度の能力水準にあり継続的に改善されているかを判定するのを目的とする。CMMIじゃないかと思ったら同じでイイのね。

問2:PMBOKのコスト見積もりと品質計画で両方使用する共通のインプットは?エ:品質尺度を選択→イ:スコープベースラインが正解。品質尺度は品質計画の成果物。んー、よくわからんが最初に作るものがスコープベースラインなのかしらん。だからそれ以降のプロセスでそれを使用する?

問9:傾向分析の説明。ア:個々の選択肢とそれぞれを選択した場合に想定されるシナリオの関係を図に表し、それぞれのシナリオにおける期待値を計算して最善の策を選択する。を選択→ウ:時間の経過に伴うプロジェクトのパフォーマンスの変動を分析する。が正解。リスク分析なのかと思ってアにしてみたがよくわからん。QC7つ道具でもないしなにこれ?

問10:工数とコミュニケーションコストの計算問題:計算方法の勘違いでアとしてしまった。週40hであり、コミュニケーションコストが1週分であることを計算に入れる必要ありで、メンドクサイ。10人のコミュニケーションコストが9通り/人×10人×2h/週=180h/週=36h/日。10人で分担すると440人h/10人=44h→1週間(5日)と1日としてみる。36h/日×6日=216h→440h+216h=656h。656h/440h=1.4 あれー?2週間にかかるとすれば、180h×2とすれば、360h+440h=800hとなり、800h/440h≒1.8hになるが・・・。分からん。捨て問題だ。

問14:PMBOKの定性的リスク分析。ア:感度分析によって、プロジェクトに与える影響が大きいリスクを明確にする。にしてしまった。エ:リスクの発生確率と影響度を査定した結果に基づいて、リスク登録簿を更新する。が正解。よくわからん。

問20:ITILで定義されるサービスのライフサイクルにおける、サービストランジション段階。エ:戦略的資産として、どのようにサービスマネジメントを設計、開発、導入するかについて手引きを提供することである。としたが、ア:規定された要件と制約に沿って、サービスを運用に移行し確実に稼働させること。が正解。あー分からん。単純に覚えるしかないか。

P1000224

論述式の結果はどうなのかしらん。
その前に午後Ⅰがあるのだが。

秋期はまたネットワークを受験します。

2015年12月18日 (金)

平成27年度秋期情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストの結果

結構、ネットワークのこと分かってきたと思ったんだけど、試験結果には反映されませんでした。

午前Ⅰ得点 ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点 80.00点
午後Ⅰ得点 58点
午後Ⅱ得点 ---点

さて、来年は何処で受験かしら。

2015年10月18日 (日)

平成27年度情報処理技術者 秋期試験 ネットワークスペシャリストを受けてきた

論文無しの情報処理技術者試験は、ネットワークスペシャリストだけになってしまって、1年ぶりに受験ということになったわけで。
(情報セキュリティマネジメント試験が追加されるから、春期からは違うわけなのだが)

いつも試験会場は横浜方面だったのだけれど、今回は逆方向。京急の県立大学駅が最寄り駅の保健福祉大学が試験会場。
県立大学駅は、以前、タイムドメインスピーカーを自作するときに塩ビ管とか買いにHOME'Sに行ったりしていたので、土地勘はあったりするのです。
でも、保健福祉大学の中には入ったことない。
入り口にも中を進んでも情報処理技術者試験の案内が全くなかったので、日にちを間違えたかと少し焦った。
案内の人がいて、3階に行ってくれと。

P1080372

ネットワークスペシャリスト、ITサービスマネージャ、システムアーキテクトの3試験。
あまり受験者数は多くないね・・・。

P1080383

大学の構内は、近代的で綺麗。建物もどーんと2棟。古い理系の大学のようなコンクリート打ちっぱなしが何棟もあるかんじじゃない。

P1080384

↑なんかガン見されてる・・・。
50名が受験する教室。部屋は綺麗だったが、机といすは結構へぼい。隣のやつが肘をつくとグラグラして、解答用紙に記入しづらかった。
ちなみに受験者数は42名位か。女性は3名。午後Ⅱになっても受験者数はそんなに変わらなかった。

P1080387

昼飯はおにぎり1個とサンドイッチだけだったのに、ちょっと苦しくなった。
パンシロンGを朝昼と飲んだのに。
なんか、外で食うのはもうダメ。苦しくなるのが分かっているので、楽しめない。
家でなら、アンマリ苦しくなることはないので、安心して食べられるのだけれど。

まあ、それはともかく、出来はまあまあかな。
午後Ⅰは、問2,3を選択。SSOはイマイチ勉強してません。午後Ⅱは問1を選択。システムのリプレースとIDS/IPSの問題。
去年よりは道理が分かってきたという感触は勉強中に得ていたのだけど、試験に反映できているかはイマイチ自信がない。
定番のネタを毎回忘れるし。IDS・IPSのシグニチャ型アノマリ型とか。
あと、”キャッシュ”のつもりが”キャッシ”と書いてあったのに気付いたけれど、午後Ⅱの終了間近でもう直す時間が無いと諦めの境地に達したり・・・。
採点者さんが見逃してくれればいいのだが。(その前に内容があっているかだがな)

__

午前の解答が出た。
また、いつも間違える奴を間違えている。5問間違った。80点ですな。
去年の間違えた物で正解になったものもあり、間違えるものもあり。
間違えたものー

  • 問1 DNSの資源レコード:イ「MXレコードは電子メールの送り先IPアドレス」ではない。ドメイン名に対応するメールサーバ名だ。IPアドレスじゃ変更できるんだから使えないだろう。ウ「NSレコードはそのゾーン自体や貝ドメインに関するDNSサーバのホスト名」が正解。
  • 問3 トランスポート層の機能として適切なものは? トランスポートってレイア―4じゃろ。ルータはL3やし、その上は何だっけと思い ア「経路選択機能や中継機能を持ち透過的なデータ転送を行う」としてしまった。オイラの覚え方ズレてた。トランスポート層はL3です。ウ「伝送を司る各種通信物の品質の差を補完し、透過的なデータ転送を行う」が正しいです。オイラ、こんな基本的な事を間違えてしまうなんてダメな子です。
  • 問4 IPv4でのOSPFの仕様は? ア「距離ベクトルアルゴリズム」にしてもーた。RIPがエ。イがASときたらBGP-4。ウ「サブネットマスク情報を伝達する機能があり、可変長サブネットに対応している」が正解とあるのだが・・・これってルーティングテーブルの話じゃないの?
  • 問19 ISPがOP25Bを導入したらセキュリティ的にどうよ? PP25BってSNMPの25番ポートを閉じて、不正にメール中継を行わないって話だと思ったのでエ「ISP管理下のネットワークに向けてISP管理外のネットワークから送信されるスパムメールを制限できる」としたが、違うわ。管理下からメールサーバに直接アクセスするのを止めさせるってことでイ「ISP管理課のネットワークからISP管理外のネットワークに向けて送信されるスパムメールを制限できる」が正解。
  • 問22 パリティ専用ディスクを持って、ブロック単位のストライピングを行うRAID方式は? パリティ=RAID5(エ)としてしまったが、これはパリティを他のデータと一緒に居れるもので、ブロック単位のパリティ専用ディスクを用意するのはRAID4(ウ)。
    こんなマイナーな奴は覚えてねー。ちなみにRAID3はビット、バイト単位のパリティ専用ディスクを用意する。これ、捨て問題だな。

何はともあれ、午前は通過です。


2014年12月20日 (土)

平成26年度秋期情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストの結果

落ちました。
おちまちた。

次回のため点数を貼っておく。

午前Ⅰ得点 免除
午前Ⅱ得点 68.00点
午後Ⅰ得点 43点
午後Ⅱ得点 ---点

それにしても酷い点数だね、こりゃ。

2014年10月19日 (日)

平成26年度秋期情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストを受験しましたよ

一昨年春期と同じ関東学院大学 金沢八景キャンパスで受験。

P1070757

応用情報技術者、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリストを実施していた。ネットワークが一番多い。

P1070759

関東学院大学はプロテスタントのミッション系大学なので、チャペルがあります。

P1070789

んで、教室の中。なんか懐かしい感じ。匂いとか雰囲気とか。
60名受験の部屋で、午前Ⅱから受験して13名欠席。午後Ⅰ17名→午後Ⅱ21名と欠席になっていた模様。女性は二人いらした。
受験している人は大体30歳台くらいに見えた。何名かは40~50歳代もいたようだけれど少数。

P1070775

難点は男子トイレが2,4階にしかないってこと・・・。2階は長蛇の列なので4階に行ってましたよ。こういう所は場馴れしないと分からんかもね。
試験のほうは、ダメね。
憶え問題が多めで、覚えていれば簡単だったのかもしれない。
午後Ⅰは問2,3、午後Ⅱは問1を選択。

午前の解答がIPAサイトに出たので答え合わせしてみた。
今回は計算問題を落としていない。ヤマカンレベルだったけど。
問4,5,9,14,16,17,18,21を間違えた。25問中8問なので68点。午前Ⅰは通った。

  • 問4:マルチキャストはネットワーク上に展開されると思っていたのでエにしたが、イ:IPv4のマルチキャストはクラスD。
  • 問5:STPはネットワーク層だったかなーとアにした。レイヤ2 データリンク層だ!そうだよね・・・。MACアドレスとか関係しないし。エ:ルートブリッジの決定には優先順位とMACアドレスを使用。
  • 問9:IPv4のARPに対応するIPv6のプロトコルは、NDだと思っていたけど選択肢になく分からないからエ RIPngにしてしまった。イ ICMPv6だって。ICMPv6の中にNDがあるらし。
  • 問14:イにしたけどフォワード誤り訂正は、受信側で誤り検出+訂正を行うので、送信側に再送を要求しない。ウ ウィンドウのフロー制御は応答確認があったブロック数だけウィンドウをずらして複数のデータをまとめて送れる。(まとめて送れるんだっけってところで引っかかったので選ばなかったんだけど)
  • 問16:DNSSEC(DNS Security Extensions)は、DNSにおける応答の正当性を保証するため、ドメイン登録情報にデジタル署名を付加する。というわけでイが正解。分からんキーワードだったからウ:共通鍵とハッシュ関数でセキュアな方法におりDNS更新要求が巨k刺されているエンドポイントを特定して認証としてしまった。
  • 問17:デジタル証明書について。エ ルート認証局は下位の認証局の公開鍵にルート認証局の公開鍵でデジタル署名したデジタル証明書を発行するにしてしまった。イ SSL/TLSプロトコルにおいて通信データの暗号化のための鍵交換や通信相手の認証に利用されているが正解。鍵交換に使っていたかなというところに引っかかってしまった。
  • 問18:IEEE802.1XとRDIUSの利用について。サーバに全部乗っけてるんじゃと勘違いでエを選択。APにオーセンティケータとRADIUSクライアント機能を乗っけるのイが正解。うむぅ。
  • 問21:メールの認証について。別の機能で認証されたってあったから、メールと関係ないところで認証化と思ったら、SMTPで認証してPOP使うよーんってことでウが正解。わけわかになってイOP25Bを選択してしまった。OP25BはSMTPの外部転送ポートを塞ぐってやつ。メールってキーワードがあったよなーくらいで選択してしまった。

見直してみればDNSSEC以外は分かっていたような・・・。後付だけど。

P1070810

午後Ⅰ、Ⅱも、これ見たなー、でも覚えてないなーってものばかりで、ボケボケな結果になっているに相違ない。
まあ、最近くさくさした気分だったのだけれど、少しは気分転換になったようだ。
さて、試験勉強から解放されたから、通勤時間での本読みの再開と休日は何かプログラムでも作ってみようか。


より以前の記事一覧