2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

 

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物買い約定(ソフトバンクグループ) »

2018年2月 5日 (月)

2018年第1四半期開始アニメの感想

ポプテピピックすげーな。これだけの手間をよくかけられるもんだ。毎回、主役の二人の声優を4人担当するってそれだけ金がかかるってことだし、クリエーターがいっぱい参加しているだろ。とんでもないね。
他にも優良作や良作も多いし、見て行こうと思う及第点の作品も多い。見切れなけれど、まあ、評価が低めのものは1.5倍速で見て行く方向で。

-優良作-
●ポプテピピック    http://hoshiiro.jp/
とても素晴らしいクソアニメ(誉め言葉)。
金と手間をかけていることがヒシヒシと感じられる。
まあ、普通の手法ではないところが実験アニメっぽくはあるけれど、視聴者無視の投げっぱなしではなく計算されて面白さを伝えようという強い意志を感じられる?
何はともあれ、最高です。

●ハクメイとミコチ    http://hakumiko.com/
コロボックル(?)の牧歌的なユルユルライフ。
家内制手工業で社会が回っているくらいの前近代的な社会で、街から離れた森に住んでいる二人の小人 ハクメイ と ミチコがときに、森での採取や街での買い物や人ととのふれあいを描くハートフルなファンタジーがとてもいい。

●恋は雨上がりのように    http://www.koiame-anime.com/
ほぼ地元(京急の上大岡付近?)
恋は雨上がりのように/ネタバレ考察 恋は雨上がりのように聖地巡礼ガイド!によると新川崎とか。
子持ちでバツイチの冴えない中年ファミレス店長に恋をした女子高生。そのファミレスのバイトに入り日々、その秘めたる恋心を秘めていた。
若い恋心の真っ直ぐな思いと、店長がその思いに困惑しつつも流されてデートしてしまう。その恋にバイト先の先輩(チャラ男)にばれて脅迫されデートさせられる。
派手さはないけれど、繊細な心理描写されていて見ていて安心する良質なドラマがとても良い。

-良作-
●宇宙よりも遠い場所    http://yorimoi.com/
構成がとてもいい。
現代日本。引っ込み思案ではないけれど、一歩が踏み出せない女子高生玉木マリ。ある日、同じ学校の同級生が百万円を落として気付かずに電車に乗ってしまった。それを拾ったマリは、百万円を落とした子(小淵沢報瀬)が南極に行くと言っていることを知る。南極に行くというワクワクに、マリは当てられ小淵沢と協力して民間南極観測隊に参加するべく奮闘する。そして高校中退者の三宅日向、タレントの白石結月を仲間に加え、民間南極観測隊の一員となることに成功する。
始めは、南極に行くために奮闘するけど、延々と4人の緩い取り組みが失敗し続けると思ったけれど、4話辺りから行ける目が出てきた。
南極というユニークな目的・舞台を選択する慧眼がとても良い。

●ゆるキャン△    http://yurucamp.jp/
女子たちのわくわくキャンプもの。
冬の御殿場で一人キャンプをまったりと楽しんでいた志摩リン。
引っ越してきて自転車で富士山を見に行ったけど疲れて寝過して帰るに帰れなくなった各務原なでしこ(元気印な女の子)は、リンにカップヌードルを分けてもらい、寒い中で暖かな食べ物の美味しさ、夜の富士山の絶景にキャンプの楽しさを感じる。そして、大垣千明と犬山あおいとが作った野クル(野外活動サークル)に参加して、3人でキャンプをする。(リンはソロキャンパーなので参加せず)
昨今よくあるご当地+部活(スポーツやカルチャー)知識物の一つとして、キャンプ場の紹介番組という感じか。
知識物としても、ご当地物としてもかなりの良作。

●オーバーロードⅡ    http://overlord-anime.com/
リザードマンたちの村への侵略から。
1期は微妙だったので、今期もあんまり期待していなかったけれど、リザードマンをメインとした辺りは面白い。
やはり強者過ぎるナザリックの連中だけではつまらない。リザードマンたちが協力しあい獅子奮闘しようとするところがよい。

●ヴァイオレット・エヴァーガーデン    http://violet-evergarden.jp/
京アニ。ラノベ枠
19世紀か20世紀の大戦終了後のヨーロッパが舞台。
小さい頃から戦ばかりで人間らしい生活をしてこなかった少女が、ギルベルト少佐の配下になり慕っていたが、大戦終了前に目の前で少佐は亡くなってしまう。ギルベルト少佐の親友であったクラウディア元中佐に引き取られて、元中佐が社長をしている郵便社の一員になる。そこでは人々の心を汲んで手紙を代筆するドール「自動手記人形」を見て、人の心を理解することで今際の間際に言われた「心から愛している」を理解できるようになりたいと思うようになった。
さすが京アニというべき画、動きそして話もハートフルで良作。バイオレットが少しずつ人の心を理解して、手紙の代筆を通して人の絆を繋ぐという暖かな話がとても良い。

●ラーメン大好き小泉さん    http://ramen-koizumi.com/
なんで”小泉さん”ではなく”小池さん”にしなかったのかと。
同じクラスの孤高でクールな美少女 小池さんと仲良くなりたい元気印の大澤悠は、いそいそと放課後にどこかに行く小泉さんを付けてみるとそこはラーメン屋さん。
実は小泉さんは、ラーメンが大好きでという話。悠は付きまとうが冷たい態度でいなされてしまうというパターンと、悠の友人二人と小泉さんが仲良くなって悠が悔しがるというパターン。
実在するラーメンの知識物であるが、明確なお店の場所を示さないので知識物としてはイマイチ。孤独のグルメ風ではあるが、まあ、アニメでは実物の美味しさを全て描き切れるわけではないので面白みは少ないかな。

●新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION    http://www.shinkalion.com/
お子様番組であるが面白い。
鉄道博物館のスタッフである父の影響で、新幹線を含む鉄道大好き少年 早杉ハヤトは、休日に父とともに新幹線はやぶさに乗ろうとするが、父の仕事の都合で途中でキャンセルに。意気消沈するが父の忘れ物の入館証を届けようとすると、そこは地下基地であった。謎の機械生物を捕獲していたが再起動してしまい、基地がピンチに。適合率が高いハヤトがシンカリオンに乗り込み、敵を倒す。
親子関係の良いエバンゲリオンという話もあるけど、符合するところが秘密基地+ロボット+謎の敵性機械生物位しかないなー。
結構、面白いので見て行く。

●七つの大罪 戒めの復活    http://www.7-taizai.net/
放映されていることを知らず3話しか見ていない。
ゴウセルが記憶を奪ってメリオダスに戒められるってところと、十戒だかメリオダスの関係者っぽい思わせぶりなところとか。よくわからんが、前作も面白かったし今回も同じクオリティなので、十分見る価値あり。

-及第点-
●刀使ノ巫女    http://tojinomiko.jp/
一話は面白いと思ったが。ゲームとのメディアミックス作品。
荒魂と呼ばれる大型のバケモノを倒す巫女 刀剣女子たちの物語。刀使の練習試合で優勝戦に残った、衛藤佳奈美とその対戦者の十条姫和。対戦が始まると十条は、刀使達の頂点である局長を倒そうと刃を向けるも局長にたやすくはじかれてしまう。衛藤はとっさに十条を助けそこを逃げ出す。実は局長が荒魂でありそれを私怨で討とうとした十条。一瞬本性を出した局長をみた衛藤は十条に味方して、二人の逃避行が始まった。
初回は、実在の剣術流派の型と実在の刀(?)を見せてくれて期待できると思ったのだが、逃避行になって剣術の見せ方が少なくなるし、あっても一瞬のものなので見せ場という感じではない。ちょっと物足りない感じがある。

●グランクレスト戦記    http://grancrest-anime.jp/
ロードス島戦記の水野良さんのラノベ。
内容的にはロードス島戦記と同じように、王道な中世欧州風ファンタジー。
優秀な若い(女子)魔導士が自分の野望のため、御し易い経験がないけど正義感あふれる若者を見出し、群雄割拠の世界で覇権を取らせようとする。
まあ、グループSNEの水のさんらしく、TRPGのプレイを物語にした感じ。
ロードス島戦記のようにはいかないな。なんか物足りない感じ。

●だがしかし2    http://www.tbs.co.jp/anime/dagashi/
15分アニメに短縮。そして複数の駄菓子の紹介になった。
これは劣化ではなく、却ってテンポが良くなった。

●たくのみ    http://www.tbs.co.jp/anime/takunomi/
”だがしかし”とのカップリング15分アニメ
田舎から出てきた女子がシェアハウスで生活することになり、同居人のお酒に付き合うことで、お酒とおつまみのすばらしさを楽しい飲みで実感するという話。カクテルとかだけじゃなくて、市販のビールや缶酎ハイとかも紹介している。日和ってないところが好ましい。
15分でも、まあ、まとまっているかなという感じ。

●りゅうおうのおしごと!    http://www.ryuoh-anime.com/
棋士が主人公で将棋がテーマであるが、将棋については詳しく掘りこんでいないんだよな。(3月のライオンとは大違い)
大体は幼女ハーレム物。もうさ、ハーレムものにする必要あるのこれ?それが無いと将棋方向が薄いからか?

●刻刻    http://kokkoku-anime.com/    (動画音声注意)
祖父、失業中の親父に、引き籠りの兄、バツイチで実家に帰ってきている姉とその子供、就活全敗の次女という貧乏一家。バツイチ姉の子と引き籠り兄が誘拐された。
身代金を要求されたが当然、そんな金はない。そこで祖父は一家に伝わる秘密:時間の止まった世界に入れる儀式を行い、子を救おうとするが、誘拐犯は同じく止まった世界に入り込める者たちだった。
1話だけだと切ろうかなと思ったけど、話が進むとなんか謎が出てきたりしてまあもうちょい見ていてもいいかなという感じになった。

●ダーリン・イン・ザ・フランキス    http://darli-fra.jp/
流石trrigerと思わせるキャラ、動き、話であるが、あからさまな性的隠喩がうんざり。
マグマエネルギーの取り過ぎで荒廃した地球。叫竜と呼ばれる機械か鉱物のような生物が人類を駆逐しようとしており、人類は移動要塞都市プランテーションを建設、そして男女二人の子供が操る人型兵器フランクスを駆使して叫竜に対抗していた。
フランクスの操縦者候補生のコドモはトリカゴに閉じ込められて育てられている。幼い頃は、自身に付けられたナンバーからみんなに名前をつけるなどしてリーダー格だったヒロが、フランクスを起動できず落ちこぼれとなり、他のみんなが入隊する前日から始まる。外から来た角を持つ女の子と出会い、気に入られる。その子は、一人でもフランクスを操れる特別な子で、同乗者は3回目には死んでしまうという噂があった・・・。
物語の観点を変えると、中学生位の仲良しグループのような未熟なコミュニティが、成長とともに新たな環境に移る時に、外から入ってきた経験豊かな不良女子に引っ掻き回され戸惑うという感じか。丁度、エンディングが登場人物のJKの格好を見せてるし。
何だかんだ言ってみるだろうけど、あからさますぎるのは嫌いだ。

●博多豚骨ラーメンズ    http://hakatatonkotsu-anime.com/    (動画音声注意)
暗殺者や拷問師、復讐請負業とか。
社会の暗部ってあんまり品が良くないなとおもっていたが、女装の暗殺者がの事情とか、探偵が暗殺者キラーだったとか、人情っぽい話が入って来たあたりで面白くなって来た。
見ていく。

●からかい上手の高木さん    http://takagi3.me/    (動画音声注意)
高木さんが同じクラスでとなりの席の西片にちょっかいを出しては、西片を慌てさせて喜ぶ。西片はそんな高木さんに一矢報いたいと、いたずらし返そうとするが、一枚上手の高木さんにカウンターを食らってしまうという話。
高木さんは、西片が好きでたまらないという感じがにじみ出ていて、西片がまだ好きという気持ちを受け入れられていないというところがアンバランスさを醸し出している。けど、愛がなければイジメだとという感じになってしまうけど。
にやにやしながら見るものですね。

●キリングバイツ    http://killingbites-anime.com/
獣人バトルもの。
悪い仲間に誑かされてワゴンを運転させられた気の弱い大学生野本裕也。女子高生を浚い人気の居ない所に連れ込もうとしたら、実はそいつは人工的に作られたラーテルの獣人であった。悪い仲間は殺され、その女子高生の指示通りの所に向かうと、もう一人の獣人が待っており、戦いとなった。

●働くお兄さん    http://www.hataoni.jp/
おバカだけど元気いっぱいで人ともすぐ打ち解ける茶トラと、クールで斜に構えるロシアンブルーの二人が様々なアルバイトを一者にやるコメディな5分アニメ。
ま5分ものなので一発ネタのような感じではある。あまり物語性はないが、悪くはないので見ていく。

●覇穹 封神演義    http://www.tvhoushin-engi.com/
封神演義は全く知らない。
まあ、ジャンプ物異能力バトル。
美人で妖艶な(ハイレグのレオタードというのは時代を感じるけど)妲己に誑かされた国王が、人民に圧政を強いていた。そして妲己に付き従う道士達もいて、それを憂いた善の道士達が太公望に命じて、悪の導師たちの封印を依頼するも、根元から解決しようとまず初めに妲己を封じようとするもコテンパンに返り討ちにあってしまいトラウマに。考えた末、仲間を募り、足場を整えて対抗しようとする。

●三ツ星カラーズ    http://mitsuboshi-anime.com/
ポスト「苺ましゅまろ」的な立ち位置と絵柄な、電撃大王掲載の漫画が原作。読んでます。
漫画だと、ガキンチョの悪だくみというか素直だけど迷惑な遊びがマイルドに感じるけど、アニメでは何だかなーという感じでいまいちのれない。

●銀のガーディアン    http://ginno-guardian.jp/     (動画音声注意)
前作の続き。
ハオライナーズの物で、いまいちな出来ではあるが、何となく気に入っていたりする。

-微妙-
●BEATLESS    http://beatless-anime.jp/
3話から。超越AIお搭載した少女型アンドロイドのマスターとなった少年。AIは自由意志で行動できないとかなんとかで、人間に決定してもらいそれを支援する形で行動する。しかし決定してもらうまでの布石をしていて、他に選択肢がない状況に持っていくとかなんとか。敵対するAIも居て戦いになるととか。
超越AIと言いつつ、行動が脳筋馬鹿。
話が薄っぺらい。

●弱虫ペダル GLORY LINE    http://yowapeda.com/
まあ、マンネリ感が否めない。
結局、変な性格の奴らが精神論か常人にはまねできない必殺技で走る話でしかない。
もっと、理論的な鍛え方とかそういう論理的な話はできないのかと。

●学園ベビーシッターズ    http://gakubaby-anime.com/
両親が亡くなって、学園を経営している祖母に引き取られた竜一(中学3年生)と虎太郎(幼児)は、学園職員の子供を預かる保育部の一員として迎えられる。
少女漫画もの。竜一の頑張りと、お兄ちゃんのために健気に我慢する虎太郎と、ハートフルなお話がいい。

●サンリオ男子    http://sdan-anime.com/
まだ、1話くらいしか見てない。
高校男子たちが、お気に入りのサンリオキャラクターを持っていて、それにまつわる思い出や、サンリオキャラクター好きの仲間を通じたドタバタだったりの話。
まあ、一応見ていく。

●アイドリッシュセブン    http://idolish7.com/aninana/
リズムアクションゲームとのメディアミックス作品。
アイドル事務所にスカウトされた7人組と、事務所社長の娘で新人マネージャ(でも、素直・誠実で真っ直ぐな良い子)の奮闘記。
7人組のキャラクターは素直で、歌はうまいし、あとは話がどう進むか

●gdメン    http://gdmen.net/
gdgd妖精の亜流10分アニメ。ファンタジーアクションRPGをしてたらこっち来いよと異世界に転生という4コマ風な短編ギャグ。キャラはシンプルだけど背景とかアイテム、モブがリアル(ファンタジーゲーム)で、内容も同様な感じというgdgd妖精のキャラを載せ替えたもの。
まあ、時間があったら見てくくらいで。

●ダメプリ ANIME CARAVAN    https://damepri-anime.jp/
まだ1話しか見てない。
田舎の弱小国家イナコが武力国家ミリドニアに攻め込まれないように宗教国家セレンファーレンに助けてもらって和平条約調印式を行うため、イナコの姫アニがセレンファーレンに赴く。そこにいたのは風変わりな王子たちであった。
基本コメディ物。
何話か取りこぼしてしまっているが、一応見て行く。

●デスマーチからはじまる異世界狂想曲    http://deathma-anime.com/
MMORPGのプログラマが連日のデスマーチを終えて目覚めるとそこはゲーム世界であった。
初めに出会った敵に初回特典の魔法メテオを発動させ、あっという間にレベルアップ。スゲー俺様状態に。現実世界に帰ろうとするもインターフェースのログアウトコマンドが効かない。
しょうがないと腹をくくってゲーム世界の観光と現実世界への帰還方法を探す旅に出る。
まあ、MMORPGのインターフェースとかゲームっぽい表記は、ゲームをやっている人にはそうそうと頷けるのだろうけど、オイラはそういうのやらないからなー。
根幹の話は結構荒くて、ハーレム物っぽいし。
もうちょい見てみるけど。

●Fate/EXTRA Last Encore    http://fate-extra-lastencore.com/
原作であるゲームは未体験。
一言で言うとFate/stay nightの設定とキャラを流用したまがい物。
思わせぶりな設定と含みを見せられているけど、何が何だかわからない1話。
2話から新房節全開。物語シリーズの臭さプンプンで辛い。

●メルヘン・メドヘン    http://maerchen-anime.com/
対人恐怖症で緊張すると動悸とともに本を無償に読みたくなる本好き(物語好き)の女の子が、不思議な本に出会い、それは魔法との出会いであった。
本は魔法を扱える異世界への道が開かれ、そこにある魔法学園で魔導書を扱う方法を学ぶこととなった。魔法とは物語(シンデレラ)をもとにしたものであるが、うまく魔法を使えないうちに対抗戦に参加させられることになる。
うーん、ウジウジしている主人公が、初めて構ってくれる人ができて嬉しいとか、まあ、そんな感じで物語が進むのだが、どこかで見たことがあるような話で薄っぺらい。物語を魔法にする、異世界みたいなところで魔法に学校に通うという設定をテンプレに載せているだけで語りたいことが見えてこない。
あと何話か見て、変わらんようなら切る。

●バジリスク ~桜花忍法帖~    http://basilisk-ouka.jp/
まだ1話しか見てない。
あんまりこのシリーズは好きではないのだが、一応見る。
前作の将軍世継ぎ争いを端に発した伊賀と甲賀の忍法合戦の末、反目する伊賀と甲賀でも愛し合った二人の子が二人残された。二人は親が持っていた眼力の力を宿しており、伊賀と甲賀の者たちはその力をより強いものにするべく兄妹に子をなすように願う。
まあ、エログロナンセンスだよ、これ。道理や理論を解いてほしいと思っても、忍法の一言で済ませられてしまうから、SF者でもあるオイラとはなじめない。
そこが嫌になったら切る。

-切り-
●ミイラの飼い方    http://www.tbs.co.jp/anime/miira/
いつも世界を旅する親父から送られてきたものは、手のひらサイズのミイラであった。
送り返そうとするが、そのミイラは寂しがり屋でしょうがないので一緒に住むことに。
まあ、ドタバタだけどほのぼのもの。悪くはないけどツボではない。

●スロウスタート    http://slow-start.com/
まんがタイムきらら物。
引っ込み思案な女子 一之瀬花名。高校生になり立てで、自分から話しかけられなかったけれど、気のいい3人が友達になってくれた。
ゆる百合系。まあ、山無し落ち無し意味なし。
ツボではない。

●citrus    http://citrus-anime.com/
百合(姫)もの。
ギャルが、母親の再婚に連れられて、お嬢様の女子校に転校。
第一印象が大事と気合入れて行ったら、生徒会長に注意される。そしてスマホが没収されるわ、クラスメイトからは総スカン食らうわ、お局先生に延々と説教されるわで散々な目に。
意気消沈しているところ、イケメン担任が校舎裏に行ったのを見てメアド交換してもらおうと追っかけてみたら、生徒会長とディープキスしているわでもっと散々。
引っ越し先の家に帰ってみると、その生徒会長が妹であることを知る。案の定、つっけんどんな妹と何とかコミュニケーションを取ろうとするが、なしのつぶて。やり込めようとキスの件を持ち出してみると、押し倒されてディープキスをされてしまう・・・。
出来は悪くないかもんだけど、エロ成分は要らんです。

●伊藤潤二    http://itojunji-anime.com/
ホラー(呪い)物。
こういったものは嫌い。

●幕末義人伝 浪漫    http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/roman/index2.html
モンキーパンチ原作の時代劇ものというとても、とても香ばしい。MUSASHI-GUN道・・・(オ
主人公の2代目ネズミ小僧がどう見てもルパンだし。
でも、出来が悪い。

●剣王朝    http://s.mxtv.jp/anime/sword_dynasty/
中国産のアニメ?の中華ファンタジー
キャラクタ、アクション、絵柄、話が古臭い。
ツボから外れている。

●25歳の女子高生    https://nigojo.cf-anime.com/
5分エロもの。
留年直前の姪っ子の代わりにぷー太郎の25歳女子が、女子高生の親に頼み込まれて高校に入り込んだ。
担任が元同級生で、即バレ→(エロい方向で)責められるという。
エロのみになりそうなので切り。

-継続-
●3月のライオン
●魔法使いの嫁
●おそ松さん2期

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物買い約定(ソフトバンクグループ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/72848049

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年第1四半期開始アニメの感想:

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物買い約定(ソフトバンクグループ) »