2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

株:現物売り約定(NSD)

2017/8/28に2,005円100株2017/9/6に2,000円100株、1,980円100株2017/9/15に2,000円100株で買い約定したNSDが、本日+159円というわけのわからない値上がりを付けたことで売り約定できました。昨日連結決算の発表が良い感じだったからか。

売り約定(SBI証券)

  • NSD 2,170円 400株 →+69,500円
    始値2,130円、高値2,277円、安値2,130円、終値2,269円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 +6,200円
・キューピー(2809):100株 損益 -500円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +8,900円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +26,900円
・新光電気工業(6967)200株 損益 +11,400円
・日産自動車(7201)100株 損益 +1,050円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -6,900円
            :NISA 100株 損益 +54,000円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -9,150円
・サンリオ(8136):100株 損益 -2,600円
・しまむら(8227):100株 損益 -158,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +1,490円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +8,400円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -66,800円

現状、含み損益-126,310円(-1.88%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 -11,100円
・DCM(3050):100株 損益 +7,000円
・イトーキ(7972):200株 損益 +2,200円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +3,670円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +6,750円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +3,540円

現状、含み損益12,060円(0.13%)となりました。

カルビーが大下落してとても痛い。
トヨタ自動車も下落で痛い。

その他の株もズリズリ下がってきていて痛い・・・。

ラクト・ジャパンに買い注文。カルビーは買い増そうか。

2017年10月29日 (日)

今週届いたもの

長らく使っていたブログテンプレートを変えてみました。
オレンジ色がマイブームの頃に作ったのだけれど、常々、横幅が狭いなーと思っておったのです。
まあ、今回のテンプレートは試用という感じで。

(1)アフタヌーン 2017年 12 月号
新連載1「恋の罪」:マルキド・サド原作。まあ、非道徳だわな。中世ヨーロッパの若手商人ヘルマンが没落貴族の娘エルネスティナを娶ろうとするが、街一番の商人である切れ者のショルツ婦人に求婚される。言葉を濁して逃れようとするも見抜かれている。ショルツ婦人は、(女好きで冷酷な人でなしがだ多額の投資をしている)オクスチエンヌ伯爵の歓迎のため舞踏会を開き、エルネスティナをサドなオクスチエンヌにあてがおうとする。 まあ、胸糞悪くなる話だろうね・・・。
新連載2「ダレカノセカイ」:孤児院で育った賀茂川ゆかりは、中学校卒業前日に巨大なマネキンのような機械に襲われる。そこにボーイッシュで不思議な少女が現れ自分たちはクリエイターが作り出す(セカイと同じく)かりそめの存在「オルビス」というものだと教える。ゆかりは、その敵の上に電車を落として何とか難を逃れるが、世界中に自分の存在を知られることになる。 よくある電脳世界ものかしらん。中学校の卒業名簿などから自身の名前や写真がモザイクのようになり消されているというところとか、創造力で物が作られるとか。ボーイミーツガールというにはガールがアホっぽので、まだ何とも言えない。

四季賞秋四季大賞受賞作「二人で破戒れば怖くない」:悪いことと知りつつも盗み癖がある母親を持つ高校生タケルの所に、新興宗教の戒律通りにしか生きられない母親に伴われて同級生のさゆりが、宗教の勧誘に訪れる。さゆりは、タケルにお互いの心の隙間を見出し、自分の破戒を手伝ってほしいと頼む。最後はなんとも寂しい話。それだけに心に何か響いてくる。
四季賞夏幸村誠特別賞受賞作 ハトリアヤコ女史3部作の最後「〇の記憶」:銀色の丸いものにしか性的興奮を覚えない大学生男子の話。精神科医に相談しても埒が明かず、怪しいセラピストを紹介され、宇宙人でもいいじゃんと諭され、合コンで会った自分は宇宙人だという不思議ちゃんと連絡を取ったところ・・・。というめでたしめでたしな話? 絵柄はヘタウマで変な短編を作ってくる人だな(誉め言葉)。

(2)月刊コミック 電撃大王 2017年12月号
読み切り「うさぎのかいかた」:アホの子と聡い(アホの子好き)な仲良し女子中学生二人のプチユリっぽい作品。聡い子がアホの子を操るような感じで遊んでいるところがなんとも仲睦まじいですな。

(3)WEB+DB PRESS Vol.101
iOS11とかJava9ってどう変わるんだろうと買ってみた。
あんまり必要性がないから読んでも頭に入らなかった。(頭悪いし)

(4)Ash [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (XL870CDJP)
NHK-FM ウィークエンドサンシャインで紹介された、アフリカンミュージックのようなワールドミュージック。ちょっと声をエフェクトかけているところとか結構いい。

2017年10月28日 (土)

2017年第3四半期終了アニメの感想

大分前に見終わっていたけれど、感想書くのがおっくうになって今まで引っ張ってました。新作も一応見終わったけど、感想書くのがおっくうです。
今四半期は、上位の3作はとても良かった。その次の4作も楽しませてもらった。

-最優良作-

●メイドインアビス
アビスという無謀に入り込んだら死とイコールという無茶に対して、リコの知識・行動力とレグの攻撃力・防御力・便利な力で挑み、果てそうになるがそれでも進むという勇気あふれる姿に元気づけられる作品。
まあ、アニメで薄まっているのだろうけれどそれでも弱肉強食だったり人を人と思わない扱いとかエグイ表現が多々あって、子供に魅せられるものではないか。
そこら辺を日和らず作品愛をもってちゃんと作り上げてくれたスタッフに感謝をささげたい作品。

●プリンセス・プリンシパル
プロフェッショナルなスパイものとして、無駄な生き死にがなくちゃんと描かれていたのが好印象。
TV放送第一話にCASE13を持って来て、ノワールな感じを示せたの好印象につながった要因として大きい。(総集編で話の順番が示されてわかったことだが)
女子学園の生徒という設定はあまり活きなかったけれど、まあ、そこはそれ。
プリンセスとアンジェが実は過去に入れ替わっていたという二人の秘密と、プリンセスとアンジェを入れ替えるチェンジリング作戦の対比がもうちょい効果的に使われて居たらなとも思うけど。
まあ、細かいところは色々言いたいところもあったけれど総じていえば、かなり好みの作品だった。

●サグラダリセット
作品の初めから最後まで全体が精巧に構築されたプロットが目を見張るほど凄過ぎる。
その結果、大団円となって物語好きの自分は満足でした。
ただ、精巧さゆえにすべての会話・行動がカッチリ意味を持ち、隙間なく埋められてしまい遊びがない。
登場人物が理知的で、物わかりがよく、衝動がなく、それゆえに人を描いていないと思えた。
もしこの物語に緩みがあると、作品の色が崩れてしまうのはわかるが、それでも息苦しさに感じた。
逆に言うと、”すべてを計算しつくされた完成品”という完璧さがこの作品の強味であり弱点か。

-優良作-

●徒然チルドレン
いろんなシチュエーションのカップル(未満からなり立て)のイチャイチャに至る過程をニヤニヤしながら見られた良い作品。
ただ、カップルの数が多すぎて広げた風呂敷を畳み切れなかったなーという終わり方が残念。
続編希望。

●ゲーマーズ!
TVゲーム好きというスパイスをもとに、カップル+αのすれ違いな・・・というかズレズレなところが楽しかった作品。
「TVゲーム」は結局のところ、”オタク趣味であり一般人には引け目を感じる”というネガティブさという点でしか使われなかったので、あえてゲーマーズという名前にする必要性は薄いような。ゲーム部の先輩たちと三角がちょっと出てきただけで何も貢献していないし・・・。景太がゲーム部は違うという要因とするために出てきたというのはわからんでもないけれど刺身のつま過ぎない?
一応、あれで完結なのかしらん。雨野景太と天道花憐は恋人となったけれどなんか一線あるように見えるし、星ノ森千秋が景太をあきらめているようには見えないし・・・ってこれ以上進めたらドロドロになるような。

●NEWGAME!!
青葉だけでなくキャラクタチーム(はじめはモーションチームだけど)の成長(新人の登場もそのスパイスになった)も見せて、前作の雰囲気を継続しつつ同じような状況とはならず、また、青葉がこの道に進むことを決意させた親友ほたるの登場や、ねねの借り入社とか、盛り沢山で飽きさせずに見せてくれた。
そして最後にコウが皆の成長に安心して、自分も成長しなければと決意して新たな会社で修行する決意をしたという流れは、説得力のある話の流れだったな。
こういう成長を描いてくれるのは好感が持てるし、作り手の愛を感じる。良作だった。

-及第点-

●ナイツ&マジック
ロボを自ら作って動かしたいという少年のような男たちの夢をかなえてくれる作品。異世界転生というくだりは必要なのかわからんが、あんまり役に立ってないよね(ロボを作りたいという原動力ではあったのだろうけど)。小説ならば現代人からの転生ということで感情移入出来たのかもしれないけれど、作中では全く前世が出てこないし。
あと、エルネスティがハイパー過ぎて話の牽引役ではあったけど、それが技術的な積み重ね(連続性)が無く話が散文的と思わせる効果になってしまった感じを否めない。設計ができても技術が追い付かなければ作れないっつーの。冶金やら工作機械やら精度を高めるとか色々あるハードルはどうやったんだと。まあ、そこをやってしまうと話が進まないし、雑味にしかならない。オタクはそういう話が好きだろうけれど。
俺様TSUEEEEが良い方向に進んだ話ではあるけどね。

●Re;CREATORS
絵もキャラも品質高く、見やすい話ではあった。作品世界の登場人物が現界して製作者と出会うというのは、製作者の夢みたいなものなのだろう。それと作品をごちゃごちゃいうやつは産みの苦しみとそれを世に出す苦労を知れよという。(オイラはチャレンジしてみたけれど物語を紡いだり絵や音楽を作る才能と根性がなかった)
しかし、広げた風呂敷を畳もうとして話を奇麗に整えたましたという感触。
アルタイルは製作者を世間に殺された恨みを晴らす一転で、策謀を巡らし、大暴れし、一回滅ぼされたと思ったら復活したという、そこまでの執念を持っていたのに、セツナの登場によって毒を抜かれてあっさり退場してしまったという落ち。おもちゃを与えらえられてダダをこねた子供が笑って去っていったかよと。
そもそも、承認力という無理でも話の根幹である設定の説得力がなく、何故承認力で創造の産物が現界できるようになったのか、承認力を得る過程がバッサリないのも置いてけぼり感となった。
まあ、この話の根幹は、アルタイルによる世界の危機を救う話ではなく、作品世界の登場人物と製作者(読者・視聴者)が交流出来たらどういう物語になるかという点だけを語りたかったのだろう。アルタイルはギミックでしかないという。でも、アルタイルと戦わないと広げた風呂敷が畳めないしということで最終決戦をやったけど、やっぱりそこは語りたいところではないので無理やり感しか残らなかった。
まあ、まがねが最後にひっくり返すと思っていて、いつ出てくるのかと思っていたのだが最終の一話前に外国に逃亡するところが出てきたっきり退場していたという。

●サクラクエスト
2期でゆったりと見せてくれたが、1クール目は面白みが足りないなと思っていた。
過疎になりつつある地方で、チームワークも明確な目的もなくバラバラのメンバーが自分の居場所を無くして力なく何となくいて、虚勢を張って何となく活動している感じであった。しかし、それが新たな目標に向かって一丸となって活動し始めて、それに感化されて協力的になる町の人たちというところから面白くなってきた。地方の抱える問題を提示しつつも、努力と熱意で改善していこうというのは良い話だ。まあ、アニメだからご都合主義な感じもあるし、最後は祭りを復活させて町の活性化しておしまいというのはちょっと説得力が足りないかなというのはある。その前の、老人たちにタブレットPCを使うための目的を与えた教授の話はとても良かったな。
作品として伝えたいところがもっとあるのだろうけど、オイラが読み取れていないような気がする。

●僕らのヒーローアカデミア
ジャンプ物として努力・根性・友情一辺倒だろうとハス目で見ていた。凄く目を引くような特異的な点があるように見えなかったし、やっぱりクラスメイトとの切磋琢磨、努力とか強敵との対決とかで、ユニークとは言えない。でも何だかんだ言いつつもで面白かった。

●ようこそ実力至上主義の教室へ
優秀な者を集め育てる教育機関でそこを出たものは成功が約束されているというのに、底辺クラスがあり、あんまり優秀そうには見えないというアンバランスさ。
一部の登場人物だけで話が回されていて、他のクラスメイトは単なる障害でしかなく、エッセンスにもなっていない。
まあ、主人公たちの凄さを際立たせるのには成功している。裏の読み合いという点では面白く見させてもらった。
ただ、学校が用意したルールの中で動いているというだけなのはまだ小さくまとまってしまっている。まあ、1クールだけなので広げられないし広げたとしても纏められないのだろうけど。

●戦姫絶唱シンフォギアAXZ
いつもの通り熱い(暑い?)話ではあったが、今回は小さくまとまってしまった感じ。
錬金術師の結社3人組+結社統制局長野郎一人+人形という敵ではあったが、一人欠け二人欠けとあっさり退場(実際は死んだわけではないが)、大ボスがイケメン変態が結局はヘタレだったりヤラレても最後に大逆転しそうなところが人形のアホ行動に阻止されるとか、ご都合主義っぽいハチャメチャだなーと。
そして、最後の最後にひびきとみくの原罪が無くなっている点をキーポイントとして次シリーズへの繋ぎにするという。ずるい。
まあ、それはともかくエルフナインとクリスが可愛い。

●恋と嘘
社会の仕組みとして恋愛をコントロールされているが、それに反発するという後ろ暗さと、二股+エロシチュエーションを楽しむ作品。
初恋の相手と世間知らずのお嬢様の二人とも美人であり、何の変哲もない普通の男子高校生ネジに恋をするというファンタジー。友人である美男子 仁坂もネジが好きだけど表に出さないというのは余計な点。
高崎と仁坂がなにか口裏を合わせているとか、隠している部分が多いようでモヤモヤが残る作品で、そういうところで話の筋は有ってなきがごとしとしか見えなかった。

●ナナマルサンバツ
高校生クイズ研究会を通して仲間たちと交流する学園部活もの。
クイズの種類や戦略の紹介やら、主人公やライバルたちの成長の物語という、部活ものの定番な流れ。
トリックスターがルールの穴をついた戦略をとるが正々堂々と突破するという。根性の曲がったところをクイズ好きな真っ直ぐさで改心させる流れ。まあ、王道。
ヒロインの声優がアイドルで下手だったのがかなりマイナス。

●コンビニカレシ
イケメンスポーツマンで思いやりのある優しいけど引っ込み思案な主人公が、幼い頃の初恋の人によく似た清楚で優しい女の子に惚れて仲良くなったけど、ヒロインは病弱で告白の時に倒れてしまいそして入院。そして双子だとわかり、初恋の相手は死んだ妹の方で、でも、今好きなのはヒロインの方だはっきりわかったという話。
特徴的ではないが丁寧なキャラクター、静かに恋心が育まれてといちょっとスローテンポな話の進め方で、奇をてらわない話回しが良かった。

●活撃 刀剣乱舞
UFOTABLEなのでキャラクターや背景は綺麗である。でもやっぱり話回しがイマイチ。
敵が明確な意思表示を出来ないので、どうしても仲間内だけの話となる。広がりがない。
全体を通して歴史を守ることが絶対なのか、歴史を変えてまで人を救うべきなのかという葛藤を提示し、第一部隊は帰る前に施しをすることに救いを求めていたが、第二部隊はそこまで成熟したチームではないので禊のルールがなく気持ちの整理ができないとう対比をみせて、龍馬を救うイベントで持ち主と出会ってもいいといことを見せつけ、第二部隊の危うさから国広の一時離脱で裏切りかとい方向に持って行き、土方と兼定が一緒に戦えるようにと小さな改変をしたけど、という流れは考えられているけど地味である。
最後に敵大部隊との衝突といイベントで派手に見せたけど、敵側の意図が見えないので取ってつけたような感じ。

●異世界食堂
コンセプトはアニメ版孤独のグルメ。
ファンタジーの住人が日本の洋食を食べたらびっくりするだろうというところから始まっている。そして一品だけの好物に対して事細かに説明をしてくれるという構成。
まあ、他には特に語るところはない。

●バチカン奇跡調査官
ホラー物の体をした犯罪捜査もの。
結局、聖職者って視野が狭いか悪者しかいないのかという。
なんとなく腐が入っているけど、まあそこはいいや。

●アホガール
初めの何話くらいは大爆笑したけれど、後半になるにつれてそれほどでもなくなった。
まあ、あのギャグがいつまでも続くわけでもなく。

●セントールの悩み
ガタイがモンスターなだけで、女子高生のダベリとか、そんな感じ。
差別は取り締まられるとか、南極人は鎖国してるとか政治的な設定もあるけど、話のツマくらいでしかなくて、粗製乱造な女子グループ学園モノとあんまり差が無かったグダグダ感のみ残った印象。
まあ、もっと異能力とかファンタジー要素を取り入れればいいという話でもないし。何か芯となるものがあればなんとかなったと思うのだが。(例えばデミちゃんは語りたいのように理解力のある教師を慕うとか)

●ノラと皇女と野良猫ハート
ゲームのプロモーションになってないけど実験アニメ的な回もありお気軽な楽しみはあったアニメ。
これでゲームを買う気が起きるかと言われると疑問なのだが。
まあ、CM枠を買ったおまけかなー。
-がんばりましょう-

●DIVE!!
誰も手を出していない飛び込み競技を漫画にしてみましたが、派手さがあまりありませんでしたという感じ。
人間ドラマを盛り込んでみましたが、どこかにあるものをくっつけただけですという、グダグダ感しか残らなかった。

●クリオネの灯り
うーん、結局、命は大事、イジメは相手が死ぬと胸糞悪くていけないよという説教アニメ。どこ狙い?教育関係者狙いなの?

●魔法陣グルグル
はじめの何話かを見たけど、原作は見てないしドラクエ風なところに入れ込むといってもドラクエにも思い入れがないしで、とっかかりがなかった。
ゆるいRPGを元にゆるいコミックにして見ましたという古き良き時代にはよかったのだろうけど、今の時代にはマッチしてないな・・・というより年寄りが見るもんでもないか。ツボではなかったというお話。

-継続-
●Fate/Apocrypha
●ボールルームへようこそ
●妖怪アパートの幽雅な日常

2017年10月27日 (金)

株:現物買い約定(イトーキ)

昨日宣言した通りイトーキを買い約定出来るような値856円(昨日の始値)をつけて200株買い約定で見ましたよ。

買い約定(松井証券)

  • イトーキ856円200株
    始値864円、高値868円、安値852円、終値859円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 +8,700円
・キューピー(2809):100株 損益 -100円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +10,700円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +31,200円
・新光電気工業(6967)200株 損益 +16,400円

・日産自動車(7201)100株 損益 +1,350円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 +18,000円

            :NISA 100株 損益 +62,300円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -6,900円
・サンリオ(8136):100株 損益 -1,100円
・しまむら(8227):100株 損益 -141,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +1,880円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +8,300円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -65,900円
・NSD(9759):400株 損益 +24,000円

現状、含み損益-32,870円(-0.44%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +20,900円
・DCM(3050):100株 損益 +7,500円
・イトーキ(7972):200株 損益 +200円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +5,200円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +9,590円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +5,880円

現状、含み損益49,270円(5.34%)となりました。

そろそろ、しまむら、サンリオが上がり始めそうなので、買える値段で買っておこうか。
ローソンはまだ様子見。

2017年10月26日 (木)

株:現物買い約定(新光電気工業)

体調不良(鼻の奥が痛い鼻かぜ。熱は無いがだるい)で休んだ。
それとは全く関係なく、前に買い注文を出していた新光電気工業を100株808円で買い約定できました。なんで808円という端数にしたのか忘れたけど。

買い約定(SBI証券)

  • 新光電気工業808円100株
    始値816円、高値830円、安値806円、終値829円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 +7,200円
・キューピー(2809):100株 損益 -2,800円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +7,300円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +26,900円
・新光電気工業(6967)200株 損益 +4,200円

・日産自動車(7201)100株 損益 +1,150円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 +5,700円

            :NISA 100株 損益 +58,200円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -7,650円
・サンリオ(8136):100株 損益 -3,100円
・しまむら(8227):100株 損益 -158,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +1,490円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +7,800円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -65,900円
・NSD(9759):400株 損益 +12,400円

現状、含み損益-105,810円(-1.41%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +19,400円
・DCM(3050):100株 損益 +7,200円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +4,620円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +7,470円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +3,540円

現状、含み損益42,230円(5.62%)となりました。

しまむらが下がり過ぎなので、買い増してもいいのだけれど、100株だと1,250,000円という資金が必要なので、それなら他の株を物色したほうがいいんじゃないというジレンマ。まあ、もうちょい様子見で回復してきそうなら買ってもいいか。

サンリオもまだ下落傾向?安いので買い増しても良いけど、もうちょい様子見しようか。

イトーキががくんと下がったので今のうちに200株買ってみる。12月決算なので配当金狙いもある。予想配当利回り1.60%はそんなに大きくないけれど。

ローソンが下落中なので観察しておく。

出荷できなく明らかにマイナス要因なのに、日産が下落しないのは解せない。もう100株買っておきたいのに。

2017年10月24日 (火)

株:現物売り約定(エーザイ)

2017/2/2 6,150円100株2017/3/13 6,200円100株で買い約定したエーザイが売り約定できました。なんか一時的に続伸したんだけど、すぐに戻ったような感じ。それでも終値は前日より+126円は結構上がっているね。

売り約定(SBI証券)

  • エーザイ6,300円200株 →+25,000円
    始値6,190円、高値6,386円、安値6,165円、終値6,195円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 +2,700円
・キューピー(2809):100株 損益 +100円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +15,100円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +33,000円
・新光電気工業(6967)100株 損益 +1,700円

・日産自動車(7201)100株 損益 +500円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 +4,500円

            :NISA 100株 損益 +57,800円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -3,200円
・サンリオ(8136):100株 損益 -2,500円
・しまむら(8227):100株 損益 -140,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +1,260円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +8,300円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -64,000円
・NSD(9759):400株 損益 +24,000円

現状、含み損益-61,540円(-0.83%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +23,400円
・DCM(3050):100株 損益 +7,600円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +4,700円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +5,630円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +2,160円

現状、含み損益43,490円(5.79%)となりました。

日経平均株価の続伸に伴い持ち株もかなり回復。
でも、マイナス分が大きかったせいかあんまりプラスにはなっていない。

それでも長らくマイナスだったトヨタ自動車がプラスになってくれたのはありがたい。まだまだ上がって存分に利益を出していただきたい。
一方しまむらは・・・。買い増してみる?
でもなぁ、他の株を買っていたほうがよっぽどいいような気がするんだよな。

2017年10月21日 (土)

株:現物買い約定(サンリオ)

チャート的にもいい感じに見えたし、そろそろ上昇するかなと思っていたら、下落してしまったサンリオを買い約定できました。

買い約定(SBI証券)

  • サンリオ 1,900円100株
    始値1,904円、高値1,904円、安値1,886円、終値1,886円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 -3,800円
・キューピー(2809):100株 損益 -2,400円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +21,800円
・エーザイ(4523)200株 損益 -31,200円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +30,900円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -100円

・日産自動車(7201)100株 損益 -900円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -4,200円

            :NISA 100株 損益 +54,900円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -1,450円
・サンリオ(8136):100株 損益 -1,600円
・しまむら(8227):100株 損益 -138,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +880円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +8,300円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -67,500円
・NSD(9759):400株 損益 -2,000円

現状、含み損益-137,070円(-1.58%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +18,400円
・DCM(3050):100株 損益 +5,600円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +2,340円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,280円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -120円

現状、含み損益29,500円(3.93%)となりました。

持ち株の全体的な評価額は上がっているけれど、一部の株がけん引しているだけで、大体は下落気味に感じる。
NSDは遂にマイナスになってしまった。下落していたけどそのうち上がるかなと日和っていたら・・・という始末。塩漬けですな。

伊藤園とかキューピー、ユニ・チャームも微妙な感じに。サンリオはまだまだだけどこれは買い増してもいいかも。

日産自動車は、当分出荷できないということで嫌気で200円以上の大幅下落を予想していたけど、さほど下がらないな。もう100株くらい買っておきたいのだけれど。無理っぽいな。

2017年10月18日 (水)

株:現物売り約定(味の素)

2016/10/6に2,219円で100株買い約定した味の素を売り約定できました。

売り約定(SBI証券)

  • 味の素 2,300円100株 → +8,100円
    始値2,269円、高値2,306.5円、安値2,268円、終値2,303円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 -2,800円
・キューピー(2809):100株 損益 -200円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +17,900円
・エーザイ(4523)200株 損益 -34,000円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +21,600円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -1,800円

・日産自動車(7201)100株 損益 -100円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -8,100円

            :NISA 100株 損益 +53,600円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -1,350円
・しまむら(8227):100株 損益 -141,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +930円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +7,900円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -65,800円
・NSD(9759):400株 損益 +1,200円

現状、含み損益-152,720円(-1.80%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +18,900円
・DCM(3050):100株 損益 +6,800円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +2,340円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,090円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +180円

現状、含み損益31,310円(4.17%)となりました。

サンリオが上がり始めたようなので1,900円で買い注文を出しておく。
日産自動車もあと1,080円で100株買い注文を出そう。

2017年10月17日 (火)

株:現物売り約定(三菱UFJファイナンシャルグループ)買い約定(伊藤園)

2017/10/6に731.4円で300株を買い約定した三菱UFJファイナンシャルグループを、あまりにも上がりそうもないのでしびれを切らして売ってしまいました。午前中に上がったので何とか売れたという感じ。そのあとすぐ下がったので、ぎりよかったのかと・・・。
伊藤園は昨日予告した通り、買えるだろうなという値をつけておきました。でも予想以上に下落したようでちょっと痛い。

売り約定(SBI証券)

  • 三菱UFJファイナンシャルグループ 740円300株 → +2,580円
    始値738円、高値744.7円、安値727.6円、終値729.7円。

買い約定(SBI証券)

  • 伊藤園 3,900円100株
    始値3,930円、高値3,930円、安値3,850円、終値3,855円。

●SBI証券

・伊藤園(2593):100株 損益 -4,800円
・味の素(2802):100株 損益 +5,950円
・キューピー(2809):100株 損益 -1,100円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +9,300円
・エーザイ(4523)200株 損益 -53,200円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +16,400円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -2,300円

・日産自動車(7201)100株 損益 -200円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -23,400円

            :NISA 100株 損益 +48,500円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 -2,550円
・しまむら(8227):100株 損益 -140,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +980円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +8,100円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -65,200円
・NSD(9759):400株 損益 +7,600円

現状、含み損益-196,620円(-2.26%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +19,900円
・DCM(3050):100株 損益 +7,200円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +2,800円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,470円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +480円

現状、含み損益33,850円(4.51%)となりました。

うーん、日経平均株価は上がっているけど、持ち株は上がるものがあるけれど、十分上がった感じが無く、そうしている間にズリズリ下がってしまっている感じがある。
チャート的にもうちょい上がる余力があると思って売値をつけているのだけれど、欲目のせいか届かないね・・・。

サンリオ狙いと、日産自動車の買い増しは継続。大塚ホールディングスはあきらめる?まだあきらめるには早い?

株:現物売り約定(ローソン)

2017/5/11に7,550円で100株を買い約定したローソンが、しびれを切らしてしまいあまり利益を出さずに売ってしまいました。

売り約定(SBI証券)

  • ローソン 7,620円100株 → +7,000円
    始値7,540円、高値7,630円、安値7,530円、終値7,600円。

●SBI証券

・味の素(2802):100株 損益 +6,800円
・キューピー(2809):100株 損益 +1,400円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +11,000円
・エーザイ(4523)200株 損益 -61,600円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +10,600円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -2,000円

・日産自動車(7201)100株 損益 -500円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -39,600円

            :NISA 100株 損益 +43,100円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 +2,950円
・しまむら(8227):100株 損益 -137,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +1,050円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):300株 損益 -90円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +8,100円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -63,700円
・NSD(9759):400株 損益 +11,200円

現状、含み損益-208,990円(-2.45%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +21,400円
・DCM(3050):100株 損益 +6,300円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +2,290円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,770円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 +900円

現状、含み損益34,660円(4.62%)となりました。

伊藤園は買っておきたい。
サンリオは下げ止まったら。
大塚ホールディングスは買い増してもいいかもしれん。

2017年10月15日 (日)

今週届いたもの

情報処理技術者試験秋期も無事終わり、勉強のため我慢していた本読みを再開できる喜びにぶち震える次第であります。
まず初めに「老人と宇宙6」から行きますか。その次「グリーンマーズ」かな。

(1)昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年
(2)植木等と昭和の時代 (別冊宝島 2545)
NHKで現在放送中のドラマ「植木等とのぼせもん」を見て、原作を見てみたいと購入。「植木等と昭和の時代」はついで。
ドラマの方は、演出を考えてか史実とはちょっと変えてあるみたいね。

(3)カレンダー2018 岩合光昭×ねこ 週めくり卓上 (ヤマケイカレンダー2018)
もう来年のカレンダーが売り出してますよ。早いですな。

(4)パナソニック 録画用2倍速BD片面2層50GB(追記型)6枚パック
プリセスプリンシパルを取っておこうかと購入。メイドインアビスも撮りたかったんだけど、2話目を取り逃したから・・・。それでもいいやとダビングしようとしたら12時間を超えるダビングはできないとのことで断念。
まあ、Blu-ray版を買えということなのですが。

平成29年度秋期情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストを受けてきた

冷たい雨が降りしきる中、うちの近所にある関東学院大学が受験会場とのことで、歩いて行ってきました。
てっきり正門から入ったところだと思ったら、もっと奥にある別館(?)の方だと言われたじゃないですか。
3分程度歩く必要があるんだよね・・・。

P1010402

まあ、こっちに入ったことが無いので興味深いかも。

P1010344

ネットワークだけでなく、ITストラテジスト、ITサービスマネージャもやってました。

P1010348

オイラの受験した教室では70名の受験者。でも、8名はサボりの模様。年齢的には、オイラより若そうな30中~40前半代位かしらん。女性は見えた範囲では3名。
外は寒かったが教室はメッサ暑かった。途中から蒸してきたし。

P1010353

午前Ⅰは免除。午前Ⅱは定型的な過去問が多めで楽勝。午後Ⅰは問1SSL-VPN、問2仮想デスクトップ、問3はクラウドサービスについて。SSL-VPNは苦手なので問2,3を選択。午後Ⅱは問1がSDNとクラウドサービスについて(正誤表付き)問2は無線LANについて。無線LANは苦手なので問1を選択。(”好きな方”ではなく、苦手を避けるという・・・)

IPAのサイトに午前の回答が出たので答え合わせしてみた。25問中18問正解で午前Ⅱは通過。
問3,5,12,17,21,23,24を間違えた。

・問3:RIP-2とOSPFを比べてOSPFだけ当てはまるのは、過去問にあったのを覚えていたのでア:可変長サブネットマスクに対応しているとしたけど、正解はイ:リンク状態のデータベースを使用している。あれ?RIPもテーブル(DB)があるんじゃないの?

・問5:スパニングツリープロトコルについて、ア:ネットワーク層としたけど、エ:ルートブリッジの決定にはブリッジの優先順位とMACアドレスが使用されるが正しい。んー?ブリッジIDで決まると思っていたんだけど。あー、ブリッジIDはブリッジプライオリティ+MACアドレスで構成されるからか!

・問12:ネットワークアドレス192.168.10.192/28のサブネットにおけるブロードキャストアドレスは、ウ:192.168.10.233としたけど凡ミスした。192=1100Bで、ホスト部の全ビットON=15なので、192+15=207だわ。1ビット多く(256を含んで)計算しちゃった。てへぺろ。

・問17:未使用IPアドレス空間であるダークネットの観測で~ってよくわからなかったので送信元IPがAってことでウ:IPアドレスAを攻撃元とするサービス妨害攻撃としたけど、ア:IPアドレスAを攻撃先とするサービス妨害攻撃ですって。あー、もしかしてIPアドレスAにそんなIPのページないぜって応答を大量に返す可能性があるとかそういうこと?

・問21:DNSの再帰的な問い合わせを使ったサービス不能攻撃(DNS amp攻撃)の踏み台にされることを防止する対策。エ:他DNSから送られてくるIPアドレス・ホスト名をデジタル署名で確認するにしたけど、ア:DNSサーバをキャッシュサーバとコンテンツサーバに分離し、インターネット側からキャッシュサーバに問い合わせできないようにする。ってなんか見たことあるな・・・。DNSSecとごっちゃに。

・問23:複数台のPCが共有するプリンタの平均印刷時間は?(15秒の指数分布に従う時間でポアソン分布)は、ポアソン分布を忘れたのでルートの値を足したくらいだろうとイ:18秒としたがまあよくわからん。ウ:20秒が正解。覚え問題か捨て問題だな・・・。

・問24:ソフトウェアの使用性の施策は、エ→ア→イと迷った挙句イ:外部IFを見直し連携できる他システムを増やすにしてしまった。正解はア:オンラインヘルプを充実させ、利用方法を理解しやすくする。覚え問題だ。覚えておこう。

P1010369

午後ⅠⅡは一応全部埋めた。まあできたかなと思わなくもないがどうなんだろう。毎回そのように思っているけど。

P1010401

ネットワークも7年目なので合格させてくれませんかね・・・。

2017年10月14日 (土)

株:現物売り約定(ユニー・ファミリーマートホールディングス)

2017/5/20に6,200円で100株を買い約定出来たユニー・ファミリーマートホールディングスが本日220円も上昇したおかげで売り約定できました。

売り約定(SBI証券)

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス 6,380円100株 → +18,000円
    始値6,140円、高値6,400円、安値6,140円、終値6,360円。

●SBI証券

・ローソン(2651):100株 損益 -600円
・味の素(2802):100株 損益 +4,300円
・キューピー(2809):100株 損益 -1,200円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 +6,700円
・エーザイ(4523)200株 損益 -71,000円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +11,100円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -2,000円

・日産自動車(7201)100株 損益 -300円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -34,800円

            :NISA 100株 損益 +44,700円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 +2,500円
・しまむら(8227):100株 損益 -144,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +780円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):300株 損益 -3,360円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +7,400円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -63,600円
・NSD(9759):400株 損益 +12,800円

現状、含み損益-231,680円(-2.49%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +15,900円
・DCM(3050):100株 損益 +4,400円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +1,260円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +2,680円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -720円

現状、含み損益23,520円(3.13%)となりました。

伊藤園は上がり始めたので、もうちょい買い値を上げて買っておきたい。
サンリオはまだ下がっているので、もうちょい様子見でいいかも。
神戸製鉄所はまだまだヤバい。静観がよろしいかと。

2017年10月12日 (木)

株:現物売り約定(伊藤ハム米久ホールディングス)

2017/6/6に1,020円で200株買い約定した伊藤ハム米久ホールディングスの値動きがあんまりよくないので売ってしまいましたとさ。

売り約定(SBI証券)

  • 伊藤ハム米久ホールディングス 1,042円200株 → +4,400円
    始値1,040円、高値1,045円、安値1,040円、終値1,041円。

●SBI証券

・ローソン(2651):100株 損益 -16,600円
・味の素(2802):100株 損益 +4,550円
・キューピー(2809):100株 損益 -2,300円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 -5,600円
・エーザイ(4523)200株 損益 -47,600円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +7,000円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -2,400円

・日産自動車(7201)100株 損益 +150円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -26,400円

            :NISA 100株 損益 +47,500円
・ユニー・ファミマ(8028):100株 損益 -6,600円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 +950円
・しまむら(8227):100株 損益 -141,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +750円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):300株 損益 -3,630円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +7,100円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -63,700円
・NSD(9759):400株 損益 +14,800円

現状、含み損益-233,730円(-2.36%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +15,400円
・DCM(3050):100株 損益 +4,400円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +1,520円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +2,590円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -900円

現状、含み損益23,010円(3.07%)となりました。

方針は昨日と同じ。
売れるものは売っていく。
伊藤園、サンリオ狙い。

2017年10月11日 (水)

株:現物買い約定(ユニ・チャーム)

振休消化最終日。
何とはなしに眺めていたら、ユニ・チャームが上がり始めているようだったので買ってみた。
ユニー・ファミマを売っておこうと思ったけど、売れませんでした。

買い約定(SBI証券)

  • ユニ・チャーム 2,661円100株
    始値2,683.5円、高値2,705円、安値2,637.5円、終値2,683.5円。

●SBI証券

・伊藤ハム米久ホールディングス(2296):200株 損益 +3,600円
・ローソン(2651):100株 損益 +2,400円
・味の素(2802):100株 損益 +2750円
・キューピー(2809):100株 損益 -3,200円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 -1,700円
・エーザイ(4523)200株 損益 -48,400円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +11,000円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -1,600円

・日産自動車(7201)100株 損益 -250円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -24,300円

            :NISA 100株 損益 +48,200円
・ユニー・ファミマ(8028):100株 損益 +14,400円
・ユニ・チャーム(8113):100株 損益 +1,950円
・しまむら(8227):100株 損益 -154,700円

・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +790円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +7,200円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):300株 損益 -1,380円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -63,800円
・NSD(9759):400株 損益 +16,000円

現状、含み損益-191,040円(-1.89%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +12,400円
・DCM(3050):100株 損益 +4,300円
・丸井グループ(8002):100株 損益 +1,250円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,260円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -780円

現状、含み損益20,430円(2.72%)となりました。

そろそろ売れるものは売っておきたい。けど、まだまだ上がりそうなものばかりなので売らない。
買いの方は、伊藤園、サンリオ狙い。神戸製鋼所は、もうちょい様子見てから。

2017年10月10日 (火)

株:現物売り約定(J-オイルミルズ)現物買い約定(丸紅)

振休消化中。
2017/8/9 3,850円で100株買い約定したJ-オイルミルズを売り約定できました。
丸紅は理由不明だけど大幅に下落したので適当な値で買い約定できました。

売り約定(SBI証券)

  • J-オイルミルズ 4,100円100株 → +25,000円
    始値4,075円、高値4,125円、安値4,060円、終値4,115円。

買い約定(松井証券)

  • 丸紅 720円100株
    始値741.1円、高値741.9円、安値719.6円、終値732.6円。

●SBI証券

・伊藤ハム米久ホールディングス(2296):200株 損益 +2,800円
・ローソン(2651):100株 損益 -3,600円
・味の素(2802):100株 損益 +2750円
・キューピー(2809):100株 損益 -4,800円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 -4,800円
・エーザイ(4523)200株 損益 -63,000円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +5,700円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -2,800円

・日産自動車(7201)100株 損益 +100円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -3,900円

            :NISA 100株 損益 +55,000円
・ユニー・ファミマ(8028):100株 損益 -2,600円
・しまむら(8227):100株 損益 -157,700円
・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +800円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +6,900円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):300株 損益 -1,710円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -62,400円
・NSD(9759):400株 損益 +18,400円

現状、含み損益-214,860円(-2.18%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +6,900円
・DCM(3050):100株 損益 +3,800円
丸紅(8002):100株 損益 +1,260円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,230円

・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -600円

現状、含み損益14,590円(1.94%)となりました。

自民党政権が継続すると市場が判断して、続伸が継続していると思われる。
とはいえ、ひっくり返る可能性を考えて、今週中が山と見ていいかもしれない。

まあ、ひっくり返ったら塩漬けするだけなんだけどね。

2017年10月 6日 (金)

株:現物買い約定(三菱UFJファイナンシャルグループ、日産自動車、味の素)

振替休日で夏休みの代わり。
寒い。
株価は上がっているような下がっているような状態。日経平均株価は続伸しているけれど、そろそろ利益確定の雰囲気。
しまむら と カドカワが悲惨な状態です。

売り約定(SBI証券)

  • 三菱UFJファイナンシャル・グループ 731.4円300株
    始値722.8円、高値735.5円、安値722円、終値734.8円。
  • 日産自動車 1,086円100株
    始値1,087円、高値1,092.5円、安値1,085円、終値1,091.5円。
  • 味の素 2,219円100株
    始値2,235円、高値2,238円、安値2,214.5円、終値2,218.5円。

●SBI証券

・伊藤ハム米久ホールディングス(2296):200株 損益 +3,200円
・J-オイルミルズ(2613):100株 損益 +20,200円
・ローソン(2651):100株 損益 -9,600円
・味の素(2802):100株 損益 -350円
・キューピー(2809):100株 損益 -4,600円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 -15,500円
・エーザイ(4523)200株 損益 -58,400円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +4,300円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -3,100円

・日産自動車(7201)100株 損益 +350円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -37,200円

            :NISA 100株 損益 +43,900円
・ユニー・ファミマ(8028):100株 損益 -2,600円
・しまむら(8227):100株 損益 -133,700円
・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +850円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +6,600円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):300株 損益 +540円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -62,700円
・NSD(9759):400株 損益 +22,000円

現状、含み損益-225,710円(-2.21%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +7,400円
・DCM(3050):100株 損益 +3,900円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +3,980円
・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -300円

現状、含み損益14,980円(2.31%)となりました。

そろそろ買い付け余力がなくなりつつあるので売りたいのだが、まだ早い気がしてしょうがない。

2017年10月 2日 (月)

株:現物売り約定(丸井グループ)

201/8/7に200株1,539円で買い約定した丸井グループが本日売り約定できました。激しく上がったね。

売り約定(SBI証券)

  • 丸井グループ 1,643円200株 → +20,800円
    始値1,643円、高値1,643円、安値1,623円、終値1,642円。

●SBI証券

・伊藤ハム米久ホールディングス(2296):200株 損益 -800円
・J-オイルミルズ(2613):100株 損益 +18,700円
・ローソン(2651):100株 損益 -12,600円
・キューピー(2809):100株 損益 -14,200円
・セブン&アイ・ホールディングス(3382):100株 損益 -13,300円
・エーザイ(4523)200株 損益 -85,800円
・大塚ホールディングス(4578)100株 損益 +2,400円
・新光電気工業(6967)100株 損益 -3,900円

・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -93,600円
            :NISA 100株 損益 +25,100円
・ユニー・ファミマ(8028):100株 損益 -18,600円
・しまむら(8227):100株 損益 -86,700円
・みずほ(8411):NISA 100株 損益 +730円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +6,600円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -60,400円
・NSD(9759):400株 損益 +36,400円

現状、含み損益-299,970円(-3.10%)となりました。

●松井証券
・カルビー(2229):100株 損益 +12,400円
・DCM(3050):100株 損益 +2,100円
・三菱UFJファイナンシャル・グループ(8306):100株 損益 +2,950円
・みずほファイナンシャルグループ(8411):600株 損益 -1,020円

現状、含み損益16,430円(2.42%)となりました。

利益が出ているものを売っていく方向で行きたいけど、あんまり大きくプラスになってないからな。
マイナスな理由で日産自動車がかなり安くなってきている。買っておきたいですね。

2017年10月 1日 (日)

今週届いた本

仕事がひと段落付いた。
やっと夏休みをとれる・・・って、夏はどこに行った!?
まあ、仕事の苦労した点とかまとめて改善を考えよう。

(1)3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
雨の日の出来事で林田先生があかりにベタ惚れ。でも島田八段もあかりと出会ってしまいその勝ち目のなさに一人もだえる。一方、東陽オープントーナメント戦では、二海堂が宗谷名人と対局することとなる。そして二階堂がガチンコでぶつかりそれを宗谷名人もガッツリ受け止め、良い勝負となる。

今回は島田八段と二海堂がカッコいい!
10月からTVアニメ2期が始まる。とっても楽しみ。

(2)アフタヌーン 2017年 11 月号
最終回1「あやつき」妖怪人助けドタバタコメディ風+デフォルメな絵柄にマッチして面白かった。それが妖力を使った連続殺人鬼でシリアスになってシビアな化け合戦に目をひかれた。今回、最終回だけど、まだまだ続けられそうな感じでとても残念です。
最終回2「我らコンタクティ」一風変わった絵柄と、日常に飽きあきした女性が町工場でボーっとしているように見えて技術力が凄い同級生に誘われて隠れてロケットを打ち上げるというトンデモナイけどどこかコミカルな話回しがとても心地よい作品。いい感じで終わってよかった。
新連載「金のひつじ」幼い頃に引っ越した女の子が、離婚によって地元に戻ることに。幼馴染たち3人に連絡を取り再び友好が復活するも、年月は非情なもので幼馴染たちの立場も関係も裏では変わってしまっていた。 いじめとか三角関係な嫉妬とかドロドロした方向のものか・・・。ちょっとこういう方向は苦手かな。
読み切り「跳ね火」できるクールなヤングサラリーマンが、自分がリーダーとなったプロジェクトの中で一人孤立している経理の女性がいた。ふとしたことから彼女のサドっ気に充てられたサラリーマンはマゾっ気が芽生えてしまい、燃え上がる。 変な方向に行かないで、かっつりピースがハマった大人の(ある意味)恋愛物として異色な感じでとても良い。
四季賞 幸村誠特別賞受賞作「カタツムリ溶かす」先月号に引き続きハトリアヤコ女史3篇のうちの1編。今回は同窓会に参加した女の話。昔、変なこと(水分を出したカタツムリを眺めていたのを殺したと勘違いして殺人予備軍と決めつけた男子)を思い出し一人もんもんとする話。先月号も同じような学校がらみの嫌な思い出というこの人の作風なのかしらん。この1編だけではちょっと物足りないような。

(3)月刊コミック 電撃大王 2017年11月号
新連載1「変形少女school☆days」人型から兵器に変形できるように開発された少女型ロボットが平和になった世の中で生きていくという、聞いた限りでは一見シリアスっぽいけどそこは電撃大王なのでドタバタ4コマコミックになるという。まあ、そんなに代わり映えしなさそうな感じなのだが。
新連載2「ソラとウミのアイダ」スマホゲーム+アニメのコミカライズ。地球の海に魚が住めなくなり、宇宙で養殖することに。その宇宙の漁師になるには資格が必要ということで、その訓練センターの女子訓練生たち6人と教官(男)とのお話。まあ、一部近未来だけど生活は現代とかわらないっぽい世界観でコーチと女子の交流というよくあるやつか。
読み切り「彼女の黙示録」人の考えていることが読める男子であるが、気になる幼馴染の心だけが読めない。まあ、爆発しろ!と言いたくなるようなニヤニヤできるラブコメ。



(4)銀の鷲獅子〈上〉 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争3) (創元推理文庫)
(5)銀の鷲獅子〈下〉 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争3) (創元推理文庫)
魔法戦争三部作の完結編。情報処理技術者試験が終わったら読もう。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »