2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

2017年第1四半期開始アニメの感想

優良作、良作が多いし、及第点でも上位のものは中々いいと思う。
見るものが26作品で単純に13時間必要。
土日をかけてもちょっと見切れない分量。
もうちょい絞っていきたいが。

-優良作-
●昭和元禄落語心中 -助六再び篇-    http://rakugo-shinju-anime.jp/
前期は過去話がメインになっていたけれど、今期は過去話から10年経ち与太郎が真打になり助六を襲名した所から。
小夏が父親のわからない子を授かって与太郎と所帯を持ったり、助六になった与太郎が自分の落語に迷いを持ったり、新作落語を作りたい(胡散臭い)樋口という作家が出てきたり。
前期の八雲と先代助六の落語が良かったが、今期は三代目助六と小夏もうまい落語をやってくれて、いい感じ。こんなにうまい落語ができるって声優さんスゲーな。
今期の一番のお勧め。

●この素晴らしい世界に祝福を!2    http://konosuba.com/
あの愛すべきバカたちが帰ってきた。
OPとかそこここが手抜きっぽい絵柄なのだけれど、コミカルな話のファンタジー世界と相まっていい味が出ている。
何よりカズマが良い。カズマの声優さんの軽妙だけどポイントをついたアドリブがとても良い。
例えて言えば、野菜はマヨネーズを味わうためにあるよねー、マヨ最高!!って感じ。

-良作-
●セイレン    http://www.tbs.co.jp/anime/seiren/
アマガミとかキミキスとかそっち系。これは3人の女の子とのオムニバス形式4話形式。
高校生活で出会ったちょっと変わった女の子と出会って仲良くなる日常。(オイラにはそんなキャッキャウフフな展開はなかったけどな!)
エッチっぽかったり切ない感じだったり、ツボですわ。オイラは猫系女子が好きなのだなと再確認(乾紗凪とか遠坂凛とか・・・)

●ACCA13区監察課    http://acca-anime.com/
1980年くらいのOVAアニメのような印象。
話の本筋がハッキリしないで、のんびりゆったりした雰囲気でプロフェッショナルが淡々とお仕事をしてズバッと問題を指摘するとか、主人公が政府の監察官というお仕事をしているのにテロの容疑をかけられたりその辺を探る勢力に巻き込まれたり。
探偵もののようでもあり、政治劇のようでもあり。
独特の雰囲気な話の作品。こういうのは上手く説明できないけど好きだね。

●幼女戦記    http://youjo-senki.jp/
社会人として人より能力が高いが人を統べるほどではない人事のサラリーマン(まあ、社畜)が理性の名のもとに人でなしな首の切り方をして、恨まれ殺される。
今際のきわに転生を司る者(神か悪魔か存在Xか)との対話で信仰心を目覚めさせられるという試しのために、魔法がある第二次世界大戦直前のドイツと思われる世界に女の子として転生されられる。
そこで、安寧な人生を送るべく与えられた高い魔法力を生かし、軍隊に入り出世し後方に行こうとするが活躍しすぎてエースとして扱われてしまい前線と送られてしまう。しかも存在Xに
ありていに言うと、よくいる人非人が神(的な存在)に気に入られて苦難を強いられるというよくある話。それが幼女になって魔法を使い戦争を生き抜くということろが(幼女となるところだけが)ユニークか。
あんまり主人公の幸せを祈りたくないようなちょっと嫌な感じがあるけれど、話としては面白い。

●リトルウィッチアカデミア    http://tv.littlewitchacademia.jp/
Webで放映されたアニメがTV放送で1クールやってくれるという。
幼いころに魔女のショーを見た少女が、歴史ある魔法学校に通うことに。
魔法使いの家系でなく、魔法の素質がほとんどなく、周りからは落ちこぼれとバカにされるけれど、持ち前の明るさと魔女になるという信念で頑張る姿と、落ちこぼれの仲間たちとの友情を描く。
絵柄とか動きとかカトゥーン風な感じを持たせているけれど、繊細な作り方はやはりジャパニメーション。
カトゥーン風味ってのは時々あって良作ぞろいだけど、これもなかなか良い作品。

●南鎌倉高校女子自動車部    http://minakama-anime.jp/index.html    (動画・音声注意)
女子ロードものって、ろんぐらいだぁす!とかぶっているね。
非常に丁寧に作られていて好感を覚える。
主人公が「ばくおん!!」の羽音ですね。明るいおバカな主人公が、何もわからない趣味の世界を垣間見て興味を持ったので周りを引き込んでっていう、話の牽引役になる王道。
漫画はWebでお試しで何話か見られる。
http://comic.mag-garden.co.jp/minakamajite/
見比べてみると漫画3話(4話以降も含む?)がイベントを再構成してアニメ1話になっている。これは良い改変。
アニメの後にA応Pがロードバイクの説明(初回は購入ガイド)があってこれもいい!

●鬼平    http://onihei-anime.com/    (動画・音声注意)
言わずと知れた鬼平犯科帳のアニメ化。アニメにする必要性があるのか需要はあるのかと思ったが、まあカッコいい。
丁髷結っているのに剃っていないのがおかしいけど、今の人になじませるには普通の髪型にちょっと丁髷を乗せて居るくらいがいいのかもしれない。
話は、乱暴。投げっぱなしで救いがないところとか。

-及第点-
●青の祓魔師 京都不浄王篇    http://www.ao-ex.com/
前期からだいぶ経っているのでなんで今に続きをやるのかという思いと、前期の終わりをほとんど忘れているので主人公がクラスメイトに避けられているのが何であったかほとんど忘れているところとかあるけれど。
まあ、いい作品だと思うので見て行く。

●亜人ちゃんは語りたい    http://demichan.com/
原作は未読。
CMで見た原作の絵柄とは微妙に違うので、ちょっと違和感を感じるけれどそれほどでもないか。
話はラブコメ学園ものという方向かな。
朴訥で真面目な教師が、亜人(デミ)に学生時代から真摯な興味を持っていたがセンシティブな問題で学生時代には会えなかった。でも教師となってからデミたちに合えて、研究的ではあるが真面目にデミたちと向き合って話をして、その真摯な態度にデミたちも心を開いていくという、朴念仁ハーレムもの?

●風夏    http://fuuka.tv/    (動画・音声注意)
WHITE ALBUM2辺りを思い出す。歌+三角関係とだからか。
一時反目があったけれど気になるアイツ(椎名裕)と良い雰囲気になる秋月風夏と、優の幼馴染で小さいころに引っ越しで別れたけれど最近人気が出てきた若手歌手の氷無小雪(優が好き)との三角関係。
元気な風夏とお嬢様風の小雪という鉄板なキャラの男子向け恋愛青春もの。

●政宗くんのリベンジ    http://masamune-tv.com/
金持ちの子の政宗が、高慢でブクブク太っていた幼少の頃に同じく金持ちの女の子に告白したらメッサ降られた過去を持つ。
それから心を(猫をかぶるように)入れ替え、痩せて身だしなみを整え皆に好かれる言動に気を付けるイケメンに生まれ変わった。
果たして高校を転入して、昔告白した女の子に出会う。そして、向こうから告白させてこぴっどく振るという仕返しをしようとするが。
まあ、順当なラブコメ。

●テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス    http://toz-thex-anime.tales-ch.jp/    (動画・音声注意)
2期。
あえてなんか言いたいことがない。
絵は奇麗だけど、話がいまいち面白くない。結局、あっちこっちに行って穢れを散らすくらいで終わっているもの。

●チェインクロニクル ヘクセイタスの閃    http://chronicle-anime.com/
ゲームはやっていない。
いきなりクライマックス。そして負け戦。
そこから主人公の苦難が始まる?
黒ってのがどういったものかいまいち理解できないし、敵方の黒の王だかがどういう成り立ちなのかもわからん。
義勇軍ってのも紆余曲折があって設立できたようなのに、そこの説明がないのでわけわからん。
置いてけぼりですよ。
まあ、そのうちわかる?それともゲームやれってこと?

●小林さんちのメイドラゴン    http://maidragon.jp/
初めは気付かなかったけど京アニなのね。
それほど、あっさり風味なキャラと背景。動きで京アニと気付いた。
4コマ漫画ものかしらん?なんか、小粒な感じがする。
ひょんなことから(弱いくせに)酒に酔った勢いで大型ドラゴンに刺さった大剣を抜いたのが縁で、マンションの一室にそのドラゴンが恩返しにメイドとなって甲斐甲斐しく世話をしてくれることとなりましたとさ。でも、ドラゴンは人間の常識を知らず、主人の小林以外は人間嫌い。(逆に女同士なのに主人は性的に大好きという)
まあ、見て行く方向で。

●ガヴリールドロップアウト    http://gabdro.com/
電撃大王で見た。
天使見習いの主席が、人間を知るために地上に舞い降り学生生活を始めたが、ちょっとネトゲをやり始めたら人間的に堕落してしまいニートになりましたとさ。
×堕天使
〇駄目天使
まあ、息抜き系。

●弱虫ペダル NEW GENERATION    http://yowapeda.com/
前期の続き。クオリティは同じ。
偉大な先輩たちがいなくなるんで、ちょっと質が落ちる後輩たちが奮闘しようとする。
んで、ライバルチームに強敵が現れると。
キャラのインフレが始まりそう。

●霊剣山 叡智への資格    http://reikenzan.net/
キャラクタデザインが変わった。
相変わらず主人公が強すぎるし自己中心的過ぎるわ都合のいい話の流れだわでそこらへん臭うんだが、まあ前よりは見やすいかな。

●One Room    http://s.mxtv.jp/anime/oneroom/
5分物。月曜日のたわわ的な感じで、視聴者が美少女と会話しているような作り方。
まあ、ゲームならまだしもアニメでやられると、小恥ずかしいのと、何を一方的に話しかけているんだという冷めた目で見てしまう。

●BanG Dream!    http://bang-dream.com/    (動画・音声注意)
高校になったからワクワクがないかと探して見たらガールズバンドが楽しそうなので、始めようという「けいおん!」というより主人公とかキャラが「ラブライブ」のバンド版みたいだなと思った。
主人公が明るく強引で周りを巻き込んでバンドに誘っていくという流れ。
まあ、悪くない。

●ハンドシェイカー    http://project-hs.net/about/
"K"の手法の流用。
背景+小道具を3DCGで描いてグリグリ動かしている中に、人物をごちゃごちゃ動かす。
ピアノのアンビエントな曲を流してスタイリッシュな感じを出しているけど、雰囲気に噛み合っていないような。
なんか大学の研究室にICUのような部屋で寝ている女の子と手を握ったら歯車を操れる特殊能力を得てしまって、しかし、その女の子の手を放すと女の子が死んでしまうという。そして、現実とはちょっと違う世界で鎖を操る男に襲われるが、歯車を大剣に変えて対抗できたよという。
女の子と手を繋いで、話すと死んでしまうのでお風呂とか一緒ねというキャッキャウフフな状況。
んー、女の子は恥じらいがあって初めてドキドキするのに恥じらいないんだもんなー。

●Chaos;Child    http://chaoschildanime.com/
以前もこれアニメになったよな?って、第一話拡大放送で、その以前のアニメが流れてますた。といっても30分にまとめたの整合性も何も無い。
2話目から新作本編。
話が古い。高校の新聞部がゴシップ記事を追い求めるカストリかよ。事件現場に入り込んで不思議な体験をするって、高校生が何でもできる昔の漫画かよ・・・。

-切り-
●クズの本懐    http://www.kuzunohonkai.com/
あー、リビドーを売りにした話はいりませんので。
そういうのは溜まっている人が見てください。

●AKIBA'S TRIP THE ANIMATION    http://akibastrip-anime.com/
んー微妙
ゲームのAKIBA TRIPをアニメにしたのだけれど・・・、あんまりおもしろくない。
秋葉原で暴れる女と出会って、その敵に殺されたが女に何かをされて特殊な力を得た。
その力を使って敵を脱がすことで正気に返す。
ドタバタコメディなのだが、コメディらしい面白さがない。服を脱がせてもお色気を感じない。

●エルドライブ    http://eldlive.tv/
いつも見えない存在からの耳打ちが聞こえる宙太は、周りから独り言をする人と変な目で見られている。
そんな宙太は、ひょんなことから宇宙警察の一員に選ばれた。
危機に合ってその耳打ちの正体(怒張したちんこ)と協力して犯罪者を捕まえる。
まあ、子供向け。

●ピアシェ~私のイタリアン~    http://piace-anime.com/
5分物。
通学路にバイト募集の看板があったので素敵なお店に飛び込んでみるとイタリアン。そこのシェフは小学生であった。わからず覚えることも多いけれど前向きに頑張るぞいという話。
こういうショタファンタジーはいらんや。

●アイドル事変    http://idoljihen.jp/anime/
アイドル議員になるって、本当にアイドルになりたい少女を議員にするという話。”アイドル議員”ってところからの思いつき?
アイドル成長物なのだが、議員になるってところがユニークのように思わせておきながら、他のアイドルスポ根ものと何も変わらない。

●にゃんこデイズ    http://nyanko-days.com/
3分アニメ。
何も考えず猫を幼女にしてみましたという話、というけど話もなにもない。
猫がかわいいねでおしまい。

●けものフレンズ    http://kemono-friends.jp/
サバンナにいる動物の擬人化少女(3Dモデル)=フレンズが人間の女の子と出会ってとかなんとか。
なんか見るところが全然ない。
→祭りになったので7話から見始めた。正直すまん。

●SUPER LOVERS 2    http://superlovers-anime.com/
前期はすべて見たが、ツボではない方向(ショタホモ)に進んでいったのでもういい。

●MARGINAL#4    http://marginal4-anime.com/
腐の人たちが好きそうな美少年アイドルグループもの。
今の流れ通りコンサートで全身が移るところは3Dモデルがヌルヌル動いて違和感半端ない。
天然っぽい感じが怠くて駄目だ、受け付けない。
オイラのツボではないので切り。

●スクールガールストライカーズ Animation Channel    http://sgs-anime.com/ (動画・音声注意)
ゲームのアニメ化は、作品をちゃんと理解して見せ方を考えてあるものと、設定とキャラを持ってきただけで全く何も考えていない駄目なものがある。
これは駄目な方。捻りも何もないストレートな話で面白さがない。かわいい女の子がいるからそれらをドタバタさせておけばいいやって感じにしか見えない。

●うらら迷路帖    http://www.tbs.co.jp/anime/urara/
んー?何が面白いのかわからない。キャラの可愛さだけか。
八百万の神の修業を開始する新米たちのキャッキャウフフなスクールもの?
あー、まんがタイムきららミラク連載ものか。まんがタイムテンプレだね・・・。


-継続-
●3月のライオン
●鉄血のオルフェンズ
●ALL OUT!!
●タイガーマスクW
●TRICKSTER 江戸川乱歩「少年探偵団」 ←一応撮っているけど見切れなくなりそうなので切るかも。

2017年1月29日 (日)

今週届いた本

時々目がショボショボするようになってきた。
そろそろ花粉症の季節ですか。
あと2月に入ったら勤務地が変わります。少し勤務時間が短くなるかもだけど、京急の品川から浅草線日本橋→東西線って混むのかな?やだなー。
昔(10年以上前)、途中で抜けたところと同じお客さんのところで、あの時は勉強になったけれど二度と行きたくないと思ったところだったりする。だいぶ成長したから、作業のやり方も手の抜き方もわかって乗り切れるとは思うのだけれどね。お客さんのメンバも変わっているだろうし。

(1)ハイスコアガール(7) (ビッグガンガンコミックススーパー)
むむ、日高さんが猛攻を仕掛けてきて、何とかごまかそうとするハルオとそれを見てしまった大野さんという修羅場で終わってしまってどうなるの?どうなるの?


(2)ワカコ酒 8 (ゼノンコミックス)
なんかワカコの等身が変わったような。
相変わらずの美味しそうな料理。食べたい。


(3)伊豆漫玉日記 (ビームコミックス)
相変わらずの漫画喫茶(個室)での生活と伊豆山中での一人暮らし または 周辺の人の機構を描く。あと「読もう!コミックビーム」の4コマ。


(4)ぱらのま 1 (楽園コミックス)
猫耳系鉄ちゃん少女「てるみな」とは、主人公が違うけれど大体やっていることは同じ。
財力がある大人が気分に任せて鉄道を乗りまくるという話。不思議成分はほとんどなし+おっぱい成分加算。


(5)アフタヌーン 2017年 03 月号
新規連載「イサック」17世紀のヨーロッパに日本人が仇を打ちに探し回るという話。画力があり1話の導入も結末も引き込まれる。これから楽しみ。
四季大賞「サカサノインシ」ちょっといつもの四季賞と比べると話に引き込む力が弱いかな。自殺したお金持ちの少女に成り代わった生まれの不幸な不良女子が、ちょろいと思っていたけどヘビーだったんだと知って更生って話?お金持ち女子との交わりが0でその点が気にかかっているのだと思う。
最終回
「あさはかな夢みし」:平安時代の腐女子な女官に婚活させようという話だったのが、3人鶴見初めて別な方向に進んだけれど、ユニークで面白かったからそれはそれでよし。乙。
「Vet's Egg」:短編で1話掲載されたものが連載化されたもの。獣医学部の話はすでにいくつかあってそれらと差をどれだけ付けられるかというところが心配だったけれど、なかなか面白く読まさせてもらった。なんか中途半端なところで終わって打ち切り?とも感じた。もっと続けて欲しかった。乙です。
「コトノバドライブ」日常と不思議な世界が混ざり合うという芦奈野ひとしさんの作風でツボではあるが、日常なので着地点がなくていいのかなーと思っていた。簡単に言うと進む道が見えなくてだらだらと続くという。「ヨコハマ買い出し紀行」では人が居なくなるという方向が決まっていたから良い作品になったと思うのだが。次回は方向性を定めてほしいと思います。乙でした。


(6)月刊コミック 電撃大王 2017年3月号
今月は最終回が色々とありますが。
「激突のヘクセンナハト」:正直言うと話がよくわからんかった。登場人物が同じようにしか見えなくて誰がどんなキャラクタかが理解できずにどんどん話が進んでいって、何が何だかわからんが終わってしまったという。もうちょい見せ方を考えてほしいです。乙です。
「ゆせそま。」:kashmirさんの漫画は好きだけれど、この作品は微妙にツボから外れていた。主役がツンデレくらいしか味がないところがツボと外れていたか。乙です。
「誰も知らない塔のある町」:何を伝えたいのかいまいちよくわからない作品だった。少年少女の連続殺人事件が起きて、それは大地の波動で全人類が死ぬのを防ぐため少年少女を殺すことで発生する波で相殺するという最終回にやっと説明された設定。そして規定人数を殺したけれどやっぱり大地の波動で滅亡?→主人公の女の子が赤ちゃんを抱いて生き延びているという最後。どういうこと?何もわかりませんし何を訴えたいのかもやはりわからん。散々伸ばしたのは原作のあかほりさとる氏のせいなのか。とりあえず乙です。


(7)エコープラクシア 反響動作〈上〉〈下〉 (創元SF文庫)
前作「ブラインドサイト」の続編。太陽系内に現れた現象を調べるために生理学的に作られた吸血鬼などの調査隊の話であったが、今回はそれの続き。

2017年1月26日 (木)

株:現物売り約定(トッパン・フォームズ、DMG森精機)

もう、下落っぱなしで満足いくような値には上がらないだろうとあきらめて、そこそこの値段で売りとしてみたところ、予想を覆して結構回復してしまいましたよ?
そんな裏目に出てしまう今日は、トッパン・フォームズ2016/10/29 1,040円200株とDMG森精機(2015/11/12 1,602円200株・1,590円100株、2015/12/25 1,400円200株、2016/7/7 950円100株)が売り約定となりました。
DMG森精機は長く持ちすぎだよ・・・。去年末に売れていれば6万のプラスだったんだけどねー。トッパン・フォームズは今ぐらいが最高値っぽい。

売り約定

  • トッパン・フォームズ 1,200円200株 → +32,000円
    始値1,193円、高値1,205円、安値1,189円、終値1,194円。
  • DMG森精機 1,500円600株 → +45,600円
    始値1,500円、高値1,513円、安値1,490円、終値1,513円。

・グリコ(2206):100株 損益 -22,700円
・カルビー(2229):300株 損益 -41,400円
・キューピー(2809):100株 損益 -3,300円
・ヨコレイ(2874):100株 損益 +800円
・マツモトキヨシ(3088):100株 損益 -9,600円

・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -92,100円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -42,700円

・伊藤忠商事(8001):300株 損益 +8,550円
・丸紅(8002):100株 損益 +2,720円
・三井物産(8031):100株 損益 +22,900円
・しまむら(8227):100株 損益 -44,000円
・三菱UFJ(8306):400株 損益 +8,880円

・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +700円
・セブン銀行(8410):100株 損益 -3,800円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -26,100円
・NSD(9759):200株 損益 +3,800円

現状、含み損益-237,350円(-2.97%)となりました。

なんか日本株が回復するんじゃないかという雰囲気も感じてみたり。
いやいや、まだわからん。安めな株を探してさらに低めな値で買い注文をするのじゃ。

とりあえずトヨタ自動車、キューピー、NSDを買い増し。みずほFGを買いとしてみよう。

あと、安めの株を手数料なしで買うために松井証券に口座を開いてみる。10万までなら手数料なしだし。つまり100株1000円以内の株をちまちま買っていく方向。分散して買い注文をだすというインデックスっぽい方法を試してみる。売りの方もちまちま売っていかなければならないのだけれど。
あとメリットとしては、みずほ銀行に口座を作るそうなので、ちょうどみずほ銀行に預けていた定期貯金が近々満期になるのでその金を松井証券で作る口座に振替すれば手数料もいらない・・・はずだよな?株の売り買いで振込扱いで手数料取るってことしないよな?その手数料を取るからただってことはないよな?ま、そんなことしないか。

2017年1月24日 (火)

C#で並列実行

codeIQの問題を解いていたのだけれど、入力数値が大きくなるとループ数が多くなり、その結果、実行時間1秒以内の制限を超えてしまったので、CPUリソースでぶん殴る方法=並列実行で対応してみようとしたいきさつ。

最終的に自分のノートPCでは、0.04秒程度まで縮められたのだが、codeIQの実行環境では並列実行がまともに効かないようで、やっぱり1秒を超えてしまいクリアとならなかった。
クリアできなかったとはいえ試行錯誤で早くなったので、回答期限が切れた今、C#の並行実行について書いてみる。

  • C# 平行実行で検索すると大体、async と await というキーワードが出てくる。
    これはGUIでボタン押下の処理でレスポンスが掛かるとき(Webサーバからの応答待ちが入るとか)、画面が固まるのを防ぐためのものの意味合いが強い模様。xxxAsync()という並列実行向けを呼ぶことで並列実行というかGUIに処理を戻して、バックグラウンドでレスポンス待ちをする。
    今回の処理では使えない。
  • 今回の処理のように、ループ数が多くなってしまうので1000回毎に分割して並行実行するというような使い方で用いる方法としてTaskを使う。
    ↓以下抜粋。些かこのコードが正しいかわからないけれど、まあ、動いている。

class CodeIQSample
{

    static void Main()
    {
        String line;
        MatchCollection mc;
        long[] val = new long[2];

        for (; (line = Console.ReadLine()) != null;)
        {
            mc = Regex.Matches(line, @"\d+");
            // 引数は2つ以外はNG
            if (mc.Count != 2)
            {
                continue;
            }
            int index = 0;
            foreach (System.Text.RegularExpressions.Match m in mc)
            {
                val[index] = long.Parse(m.Value);
                index++;
            }
            //int result;
            long lower = val[0];
            long upper = val[1];

            // 入力値が2つとも同値はNG
            if (lower == upper)
            {
                continue;
            }
            if (lower > upper)
            {
                lower = val[1];
                upper = val[0];
            }

            FindSumRange fsr = new FindSumRange();
            fsr.upper = upper;
            fsr.lower = lower;

            Task<int> result = fsr.calc();

            result.Wait();             System.Console.Write("{0}\n", result.Result);         }     } } class FindSumRange {     public long upper { get; set; }     public long lower { get; set; }     private long compval_;     public async Task calc()     {         int resultCount = 0;         var tasks = new List<int>();         for (long rangeLower = lower; upper > rangeLower; rangeLower += 1000)         {             long rangeUpper = (rangeLower + 1000 > upper) ? upper : rangeLower + 1000;             var task = new task(lower, upper, compval_, rangeLower, rangeUpper);             tasks.Add(Task.Run<int>(() => { return task.calc(); }));         }         var result = await Task.WhenAll(tasks);         foreach (Task<int> task in tasks)         {             resultCount += task.Result;         }         return resultCount;     } } class task {     public async Task calc()     {         int resultCount = 0;         ・・・時間のかかる処理・・・         return resultCount;     } }

上記のコードでは、taskクラスを生成して、そこからメソッドを呼んでいる。
大体のサンプルでは、FindSumRangeクラスのメソッドを呼ぶ形になっているが、引数に渡した値が書き換えられてしまって、実際には使い物にならなかった。(なのでクラスを生成するようにしたのだが) ←githubに置いてみた
重要な点は、以下の3か所

  • Task<int> result = fsr.calc();
    result.Wait();
  • tasks.Add(Task.Run<int>(() => { return task.calc(); }));
    ・・・
    var result = await Task.WhenAll(tasks);
    foreach (Task<int> task in tasks) { resultCount += task.Result; }
  • public async Task<int> calc()
    {
        int resultCount = 0;
        ・・・時間のかかる処理・・・
        return resultCount;
    }

calc()はint型戻り値を返したいので、Task<int>型の戻り値にする。呼び出し側では、result.Wait()で全スレッドの終了を待つ。結果はResultプロパティで取得できる。

呼び出され側のcalc()では、Task.Run<int>(()=>{return task.calc();}))で並行実行を起動し、その並行実行を管理するためにList<Task<int>>にリストに追加していく。ちなみにtask.calc()はint型を返したいので
すべて並行実行の起動ができたら、終了待ちとして、await Task.WhenAll(tasks)で待つ。(これいるのかな?)

時間が掛かる処理は、並列実行でint型を返したいので、async Task<int>という風に宣言している。

という感じ。

続きを読む "C#で並列実行" »

2017年1月23日 (月)

株:現物買い約定(NSD)

まだ早いけれど株主優待狙いでNSDを買い約定。あ、権利確定は9月だったorz
本当は、今の時点で買うのはヤバい予感がしてならない。
こういう風にズリズリと少しずつ下がっていって、そろそろ買いかなと思ってもまだ下がって売るに売れない状況に陥る。そして何かのイベントでドカンと下がるって、リーマンショックとか一昨年末から去年はじめにかけての大下落とか、そんな感じ。
ここで指を銜えてまっているべきか、それともチョイチョイ買っていってリスク分散と称するか。
まあ、まだ資金に余裕があるので後者で行く方針で。

他には、みずほの定期預金が満期になるので、松井証券に口座を開いてそちらに資金を回して安めの株をチョボチョボ買っていこうかと思います。松井証券はみずほで資金用の口座を開けるようですし、株の現物売買が1日10万円以下なら手数料が掛からないそうなので。
住信SBIネット銀行は、先に定期が満期になったので仕組貯金 元本保証の円貯金プレーオフをフラット型(年率0.25%で固定)で200万ぶっこんでみた。この仕組貯金は基本解約ができず満期が1年ごとに判定され市場金利より低い場合は延長される。比較的金利は高いがそれでも、1年で5千円ですよ・・・。まあ、定期預金0.020%よりはよっぽどましなのだけれど。この資金を株にぶっこむことも考えたけど、分散投資しておいた方が安全かなとひよった結果ですわ。

買い約定

  • NSD 1,800円200株(NISA)
    始値1,800円、高値1,805円、安値1,793円、終値1,793円。

・グリコ(2206):100株 損益 -28,700円
・カルビー(2229):300株 損益 -45,900円
・キューピー(2809):100株 損益 -7,200円
・ヨコレイ(2874):100株 損益 +600円
・マツモトキヨシ(3088):100株 損益 -17,600円

・DMG森精機(6141):600株 損益 +34,800円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -96,900円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -44,300円

・トッパン・フォームズ(7862):200株 損益 +26,200円
・伊藤忠商事(8001):300株 損益 +3,750円
・丸紅(8002):100株 損益 +2,170円
・三井物産(8031):100株 損益 +20,400円
・しまむら(8227):100株 損益 -31,000円
・三菱UFJ(8306):400株 損益 +14,720円

・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +700円
・セブン銀行(8410):100株 損益 -3,200円
・カドカワ(9468):
NISA 100株 損益 -27,100円
・NSD(9759):NISA 200株 損益 -1,400円

現状、含み損益-27,800円(-4.88%)となりました。

今年のはじめよりは保有資産評価額は下がっているけど、それでも昨年末とどっこいくらい。
今は派手に動かないで細かく買っていく方向で行こうかと思います。

2017年1月22日 (日)

今週届いた本、買ってきた本

転職には興味がないのだけれどコーディングのリハビリのためcodeIQで問題を解いる。
codeIQのサイトには見当たらないのだが、制約がいくつかある模様。
・解答入力欄は1万文字以内であること
・処理時間は1秒以下であること
・マルチスレッドでは動作しない?

というのも「連続する整数の各桁に使われる数字の和」をC#でやってみたが、桁数が多くなるとループ回数が増えてしまい、一番大きな入力値のテスト回数だと18秒位かかってしまった。これを解消するため、C#ではやったことがなかった並列実行に苦労して修正して(コメントとかデバッグ出力を埋め込んで1万文字を超えたので削ったりして)0.5秒まで縮められたのだが、解答入力してみると1秒以上かかるとのことでNGとなるのだ。
制限とか実行環境の仕様を示されていないので、苦労した甲斐なくNGとされるのはなんともやりきれない。
しかしながら133名は通過しているので、解法はあるはずなのだが、それが解けなくて悔しい。要はループ回数を減らすのがポイントなのだろうけど、やり方が思いつかない・・・。範囲の数値を舐めないとわからないと思うんだけど、それが時間かかり過ぎる要因だし。わからん。
せっかく作ったので、並列実行の例として回答期限の1/24を過ぎたらgithubにあげておこう。

(1)SoftwareDesign2017年2月号
大好物のDocker特集とのことで購入。でも初めの方の初心者向けの解説でオイラにゃいらんかな。
docker-composeとmirageを知った。DockerでCI環境を作ってみたとき、起動のタイミングが制御できなかったり、Apacheでリバースプロキシをやってみたけど知識がなくて苦労したもの。
そして「Dockerの最新動向を知る」が一番興味をひかれた。docker networkとか。

(2)シャドウ・オブ・ヘゲモン上下、シャドウ・オブ・パペッツ
オースン・S・カード氏の小説は大体集めているはずなのだけど、Amazonの購入履歴を見てもヒットしないし、このブログにも記述がない。購入していないと思い古本を購入してみたが、なんか読んだ記憶がある。ブログやAmazonをやる前に本屋で購入したような希ガス。

2017年1月15日 (日)

今週届いたもの

休日のあまりの寒さに辟易。
風邪は去年末に2回引いたので抗体はできたのだろうけれど、気は抜けない。
今月までで次のところに移動することもあって、仕事を残して月を跨ぐことはできないので。

(1)シャープ セラミックファンヒーター プラズマクラスター搭載 人感センサー付 ホワイト HX-FS1-W
ヨドバシで購入。Amazonより早く到着するとのことで、値段的にはポイントを含んで考えてもどっちもどっち。店舗で見てみたが、セラミックファンヒーターはイマイチ大したものがなく、これはましな部類であったので購入してみた。(店舗で購入してもよかったのだが店員が全く近寄ってこなかったのでメンドクサくなったので通販で購入)

オイラの部屋の暖房手段が炬燵しかなく、最近の気温の低さと、炬燵のヒータでお腹の中は焼けるようなのに手足が異常に冷たいという状況に参ってしまったのでファンヒーターが欲しいと購入。(実際には、石油ファンヒーターがあるのだけれど出すのが面倒ということで屋根裏部屋にしまい込まれたまま)

これの用途は洗面所のような狭いところで直接温風を浴びて温まるような方法。だから首振り機能はない。また、温度調整と風量調整は同一で、強・弱しかない。
なので、6畳部屋とかで部屋全体の暖房には向かない。まあ、弱はそれなりに、強は近くだと熱すぎるので、直接浴びて温まるのには十分ではある。
ちなみに空気浄化のボタンがあるが、暖房と同時にONにできない。プラズマクラスターは暖房でも動くので、空気浄化は暖房しない送風状態と同じことなのだ。
送風の音量は、静かな部屋ではちょっと気になるけれど騒音というほどではない。音楽を聴いている時には気にならないレベルである。

(2)Astage STボックス #45 クリア
ずっと壊れかけた衣装ケースに入れっぱなしのゲームソフトなどをこのボックスに入れて衣装ケースは破棄しようと画策。
3つ購入したのだけれど、それぞれAmazonのデカい段ボール箱で送られてきたのには辟易。中に重ねることはできなかったのかと思いつつ、現物を見ると入れられないね・・・。
そしてゲームソフトは、いま、整理中。
このシリーズでは一番で買い箱なので目一杯荷物を入れると動かせなくなるかも。

2017年1月12日 (木)

株:現物買い約定(しまむら) 売り約定(キューピー)

今の下落は一時のものだろうと高を括るっていたら、今日は結構下落してしまいましたな。
そんな中、先日に売り約定したしまむらを、いったん下がってもまだまだ上がるだろうと踏んで15,250円で買い戻ししてみようとしたらもっと下がってしまって始値15,190円で約定したという体たらく。
他には、2016/11/1に2,945円100株2016/11/25に2,700円100株で買い約定となったキューピー が逆境にも負けず続伸して2,952円で売り約定となりました。200株持っているけどとりあえず100株売って、まだまだ上が時に備えてみましたよ。
分散して売り買いするのは正解だと思うけれど、このブログに損益を書くとき正確な値を求めるのがすげーメンドクサイ。

買い約定

  • しまむら 15,250円100株
    始値15,190円、高値15,220円、安値15,010円、終値15,090円。

売り約定

  • キューピー 2,952円100株 → +23,100円
    始値2,930円、高値2,985円、安値2,890円、終値2,925円。

・グリコ(2206):100株 損益 +5,300円
・カルビー(2229):300株 損益 -17,400円
・キューピー(2809):100株 損益 +9,800円
・ヨコレイ(2874):100株 損益 -800円
・マツモトキヨシ(3088):100株 損益 -600円
・DMG森精機(6141):600株 損益 +17,400円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -50,400円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -40,800円

・トッパン・フォームズ(7862):200株 損益 +32,600円
・伊藤忠商事(8001):300株 損益 +9,300円
・丸紅(8002):100株 損益 +1,170円
・三井物産(8031):100株 損益 +20,300円
・しまむら(8227):100株 損益 -11,000円
・三菱UFJ(8306):400株 損益 +16,500円

・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +500円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -25,200円
・セブン銀行(8410):100株 損益 -800円

現状、含み損益-34,070円(-0.39%)となりました。

まあ、日経平均株価はそんなに下がらないと思いつつ、今マイナスになっている株をもうちょい安めで買い注文を出してみますか。
トヨタ自動車とかキャノン電子とか。

2017年1月10日 (火)

株:現物売り約定(しまむら)

2016/10/29に13,500円100株買い約定したしまむらが15,500円で売り約定しました。
最近は日経平均株価の動きが鈍かったので、持ち株が全体的に微増微減してやきもきしていましたが、しまむらは順調に成長してくれたようです。
まだ伸びるかもしれないけど、とりあえずはこのくらいで。

売り約定

  • しまむら 15,500円100株 → +200,000円
    始値15,430円、高値15,730円、安値15,400円、終値15,490円。

・グリコ(2206):100株 損益 +20,300円
・カルビー(2229):300株 損益 +30,600円
・キューピー(2809):200株 損益 +11,600円
・ヨコレイ(2874):100株 損益 +1,300円
・マツモトキヨシ(3088):100株 損益 +8,400円
・DMG森精機(6141):600株 損益 -5,400円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 -45,600円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -39,100円

・トッパン・フォームズ(7862):200株 損益 +34,800円
・伊藤忠商事(8001):300株 損益 +3,300円
・丸紅(8002):100株 損益 +630円
・三井物産(8031):100株 損益 +18,900円
・三菱UFJ(8306):400株 損益 +18,900円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +500円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -23,700円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +1,200円

現状、含み損益32,810円(+0.44%)となりました。

今なら大体のものを買ってもプラスになっていきそうな感じがするし、もうこれ以上は上がらないだろうというネガティブな感触もあったりするし、どうしましょうかね・・・。
ちょっと様子見したいけど、早く何かを掴んだほうが儲けにつながるとも思うし。

取り敢えずいまマイナスになっている株の買い増しを狙ってみましょうか。

2017年1月 8日 (日)

今週買ってきた本

証券会社に資金を移動したのと通販の引き落としが重なって、少しメインで使っている銀行の残高が厳しい。
来月の異動で定期券の切り替えをしなくてはならないので、16万以上必要なのだがそれが危うい感じ。
今月の給料が入ってから引き落とさないと、通販の引き落としに対応できないかもしれない。
というわけで、iPad mini4を買おうという意欲を高めていたのを押さえつけなければならなくなりましたとさ。あと、オイラの部屋の暖房器具が炬燵しかないのでファンヒータが欲しいのだが。

(1)Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス
次の仕事でテストの自動化に使えるかなと思って購入。
まだ初めしか読んでいないのけど、親切に書かれていてわかりやすい。というか説明する必要がないレベルの簡単なプラクティスだなと思う。

(2)2分間ミステリ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
2,3ページの謎かけ+前の謎かけの回答という構成。
まだ初めの方しか読んでいないけれど理不尽な謎はあんまりないかも。
時間つぶしの脳トレに。

2016年第4四半期終了アニメの感想

ラインナップ一覧を見たら見るものなさそうと思っていたが、何だかんだで大量になってしまい土日の2日では消化しきれないほどの作品数になってしまった。
ユーリ!! on ICEやフリップフラッパーズとか良作にも恵まれた。まだ継続している3月のライオンや鉄血のオルフェンズも良い。
でも、オイラのツボに入らなかった佳作や切ったものがなり多かったけど。

-優秀作-
●ユーリ!! YURI on ICE
男子フィギアスケートという華やかな世界でありながら、高慢なところもなく(勇利の性格が主な要因だけど)庶民的な雰囲気で感情移入もしやすく、シリアスとギャグが良い具合に緩急ついていてとても良かった。スピーディーなフィギアを描くのは大変だっただろうけど、嘘っぽくなくちゃんと描けていたのも良い。
だけど、大会になると全員のフィギアを出さないと納得されないことはわかるけれど、ちょっとここがダレたような。
あと、勇利とヴィクトルのBL的な方向にあからさまにもっていったのもどうなのかなと。

-良作-
●フリップフラッパーズ
スペース☆ダンディの植物回の雰囲気を1本の作品に仕立てたもの。この雰囲気を1クール継続できたなと凄く関心。
内容はガールズ・ミート・ガールズの冒険譚+子離れできない母親のエゴとの対決という感じか。”ガール・ミート・ガール”の部分は、ユリというより中学生特有の大人になり切れない無垢なところとお隣はいり始めの恥じらいを含んだ距離感がわからない友情といったほうが正しい。そこがもどかしくもうれしはずかしなところもあり、オッサンとしてはもきもきな気持ちで見てました。

●Vivid Strike!
前回から引き続き、女子同士のストレートなスポ根+友情 。
因縁話を絡めて冷たく固まった心をガチンコで叩いて開かせるという力業。
ストレートな心のぶつけ合いで、何も考えずに感動できた。
まあ、リンネのデレモードはどうなんだろうねとも思わなくもないけど。そのまま凛とした態度でいてほしかったけど。

●舟を編む
真摯に仕事に打ち込む姿はとても心地良かった。
時間が掛かる仕事なので、目標(到達点・達成することでどのような利益が持たされるか)をしっかりと定め、その目標にぶれずに進むのを、淡々とでも熱くでもなくちゃんと示してくれたのも、よいストーリーだったと思う。

●うどんの国の金色蹴鞠
内容は、ポコの愛らしさ+香川の地元PRのみ。
それ以外はあまり内容がないかな。宗太がポコを通して父の優しさを思い出させる良い話もありましたが。

●Occultic;Nine
ゲームを作るための作品を前もってアニメにしたような。シュタゲとかカオスチャイルドとかそこら辺の雰囲気。
オカルトをトンデモ科学と組み合わせてそれっぽく話を作り出して、スピーディーな会話(1.25倍速している?)で考えるスキを与えないことで説得力を持たせたようなごまかしたような。オイラくらいの世代だとノストラダムスの大予言とかオカルト全盛期だったから、そこら辺もひっくるめて面白く見させてもらいました。
主人公と巨大胸娘のキャラがいまいちウザいとも思いましたが。生き返りで時間の巻き戻しは、そりゃないだろとも。


-佳作-
●夏目友人帳 伍
大体はこの作品のパターンの繰り返し。夏目の周りの善人か、小悪党てきな奴か、同様に妖怪も善人(+お涙頂戴)か付け狙うや奴か。
それだとネタが続かないので退魔師側の実情も追加しましたという感じ。
それだけになってきている。

●DRIFTERS
島津豊久が考えなし突っ込んで、信長が解説、与一が後始末。おっぱいがウロウロというパターン。
敵は、上記の3人(+オマケ)のぶつけさきを用意しましたくらいの存在。
展開が遅い。ネタに走り過ぎ。

●終末のイゼッタ
第二次世界大戦に、超兵器として魔女がいたらというIF物としてみるべきか?
ゲルマニア帝国の兵器とかに興味があれば、なんか燃えていたのかもしれない。
政略と戦争とピュアな信頼(ユリっぽくしていたけど)を描いてはいたのだが、オイラにとっては微妙に見どころがわからなかった作品。

●ガーリッシュナンバー
やはりシロバコの2匹目の泥鰌を狙ったけれど明後日の方向に行ってしまった、もしくはアニメ声優のお仕事ものアニメのパターンを避けようとして、実力無いのに転がり込んだ幸運を怠けて度胸だけで突っ切ろうとしたバカを主人公にしてみましたという。
クソッタレが主人公を含め3人いて、それで話を引っ張ったのは楽だからなのだろうけど、作品として好きになれない。
最後にプロ意識に目覚めて良かったね、成長しましたねですか・・・。

●ブブキブランキ 星の巨人
明確な敵を出して、ブブキと搭乗者達など登場人物を増やして、見どころを増やした。
前作で敵対していた炎帝チーム万流礼央子と和解したりして、ひよったり、ギャグっぽい動きをしたり軟化したところが見やすさに繋がったが、軸がブレてしまった感触。
軸は何かと言われたらわからんのだが。

●ろんぐらいだぁす!
ロードサイクリングっていいねがコンセプトなのだろうけど、こういうスポーツ系は体感していないと実感を伴わないのであんまり印象に残らない。
どこかに出かけておいしいもの食べて、景色を見てっていうところが良いのだろうから、それをアニメで見させられてもあまり意味がない。

●響け!ユーフォニアム2
脱力主人公が理由もなく皆にあてにされて、眼鏡先輩に纏わる因縁を解決してしまいましたというのが本筋?
吹奏楽はあまり好きではないオイラにとってはあまり見るべきところがなかった。
キャラもあまり好みのタイプではなかったし、話も家庭の事情でゴタゴタ→なんとなく納得して解決ってパターンだし。

●Hi★sCoool!セハガール
初めは効果音とか懐かしくてたまらなかったけれど、それだけな感じ。
最近のセガのゲームは全然やってないから、最後の方は惰性。
それだったら、大量のゲームネタをグダグダ話し合っていたほうがオイラにはツボだった。

●文豪ストレイドックス
第3勢力のギルドってなんで出しゃばってきたんだっけ?
なんかいろんな能力を考えたので見せ場を作ったよってにしか感じないのだけど。

●Lostorage incited WIXOSS
うわー酷い終わり。何も解決していない。
不運で不甲斐ない自分を昔の親友のせいにして突っぱねた挙句、好意を持たれた男子が負けたことを知ってよくわからんが心理の変化の結果、ひよって仲直りですか。
ゲスなゲームマスター気取りの奴がいて、ひっかきまわした挙句、倒して良かったよかったですか。そしてそれを悔いて戦わず時間切れをむかえると。
新しいカード世界のルールってのがなぜ出てきたとか謎も解けてないし。(それは次期か?)

●競女!!!!!!!!
馬鹿作品(誉め言葉?)。でもそれだけ。
トンデモ必殺技な尻・乳相撲で戦うスポ根もの。もう、必殺技がエスカレーションして何が何だか。
最終話が作画崩壊。

●魔法少女育成計画
まどかマギカの二匹目の泥鰌を狙ったのか、エグイ方向を醸し出そうと魔法少女同士の殺し合いをする状況を作り出したが、まどかマギカのような世界観が全くなく、単に無意味に殺される少女がいるだけのこじんまりした話。
単に少女の殺し合いを描きたいだけのゲスな話でしかなかった。

●ブレイブウィッチーズ
話がテンプレ化。
ストライクウィッチーズの最後で、敵と交渉できるかもって方向性を見せた挙句、あとは没交渉で単純に物量作戦で衝突して単純な戦いになった挙句、みんなで力を合わせれば勝てますねよかったよかった・・・ってもうワザワザ別シリーズにする必要がないんじゃないか。

●装神少女まとい
戦う魔法少女テンプレ。とはいえ、人類に仇名す高次元体がいて、そして人類に手を貸してくれる高次元体もいるってのも、敵は何で3次元に攻め込んできたのかも、味方の神も何で手を貸してくれているのかも理解できない?
そして戦闘の後のストリッパー状態は、必要?
どこを見どころにすればいいのか、わからなかった作品。

●ステラのまほう
毒にも薬にもならぬ話でなんとも退屈。
同人ゲームを作る部活ってのも、だいぶ手垢がついてしまっているし、キャラの癖もかなりあっさりしている。
キャラ萌えくらいか。オイラは萌えなかったけど。

●レガリア The Three Sacred Stars
前期途中でクオリティが基準を満たしていないのでやり直すねと、一旦休んだにもかかわらず出来が悪い。
一番悪いのはグダグダな話。どうにもできの悪い捻りがない設定だけのラノベを、アニメ化したくらいのできの悪さ。
幼女と美少女が協力してロボで戦うのを売りしたかったのだろうけど、魅力がない。

継続
●3月のライオン
●鉄血のオルフェンズ
●ALL OUT!!
●タイガーマスクW
●信長の忍び
あまり内容ないし1クールだけでいいかな。2クール目は切る。
●TRICKSTER 江戸川乱歩「少年探偵団」
1クール見たけど、これ何が言いたいの?2クール目は切る。

2017年1月 4日 (水)

株:現物買い約定(マツモトキヨシ)

今年最初の取引日は、日経平均株価が19,594.16円(+479.79円)の大躍進となりました。
オイラの持ち株も前日比+220,040円とウハウハです。
今年はまだまだ上がると予想してもうちょい上がってから売りとする方向で考えています。

買い約定

  • マツモトキヨシ 5,700円100株
    始値5,660円、高値5,770円、安値5,620円、終値5,730円。

・グリコ(2206):100株 損益 +22,300円
・カルビー(2229):300株 損益 +32,100円
・キューピー(2809):200株 損益 +11,800円
・ヨコレイ(2874):100株 損益 +1,200円
・マツモトキヨシ(3088):100株 損益 +2,400円
・DMG森精機(6141):600株 損益 +23,400円
・トヨタ自動車(7203):300株 損益 +23,400円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -36,900円

・トッパン・フォームズ(7862):200株 損益 +38,200円
・伊藤忠商事(8001):300株 損益 +11,700円
・丸紅(8002):100株 損益 +1,720円
・三井物産(8031):100株 損益 +20,100円
・しまむら(8227):100株 損益 +168,900円
・三菱UFJ(8306):400株 損益 +20,100円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +600円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -29,000円
・セブン銀行(8410):100株 損益 +1,200円

現状、含み損益317,400円(+3.60%)となりました。

たまたま今日安めになったマツモトキヨシを買い約定となりましたが、なんで下落したのか理由がわかりません。
最近は、上り調子ではどの株を買えばいいのか全くカンが働かないです。

わからんといえば東芝もあれだけの問題が発覚しながらも、今日は一時下落しつつもすぐに上がり結果さほど-2.01%という小幅下落。正直、値がどうなるかわからない株に手を出したいとは微塵も思わないので興味本位でしかないのですが。(大儲けの道ではあるのでしょうが)

2017年1月 3日 (火)

今年の抱負

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。(なにを?)

  • 初詣は、雷神社に行ってまいりました。去年と同じく1/2の朝に行ったのですが、人が少なくてとても良い。
    おみくじは1番大吉で内容的にはとても良いです。博く学べとのことですので、興味のあることだけでなくアンテナに引っかかったことを広く浅く見ていこうかと思います。(最近はエネルギーがないから自分の興味のあるものしか見ていなかったですし。)
  • 今年の漢字は「退却」。本名では「撤廃」なので、退却を撤廃するのですね。わかりません。
  • 会社的には、違う事業部への異動があり、メンドクサイお客さんのところに行かされるのでどうなんでしょう。雑な扱いをされたら辞めてしまいそうです。(退却フラグ)
  • 技術的なところでは、PCアプリとかWebアプリとかを厚めに行きましょうか。お仕事方面もActiveXやらWebアプリらしいし。
    去年はネットワークとかdockerとか言いつつそっち方面はあまり見てないな・・・。
  • 株は去年末の株価回復に引きずられて何とか90万以上の利益ができたけど、目標としては安定して利益を得られること。波があるのはしょうがないけど、方法論を考える方向で。
  • 去年の目標の最後にちょろっと書いたけれど、体調管理が難しくなってきているとは思うので、出来る範囲で体を鍛えなければと思っています。帰宅時に時間があったら歩いて体力とか筋力が増えたかと思ったんだけど、1か月くらい忙しくて何もできなかったりしたら腰に来たとかありますので、代替を考えるか?あとアニメの消化が土日丸々使ってもできないくらいなのできついです。駄目なものはさっさと減らす方向で。

今年も本を色々読んでいきたいと思います。

2017年1月 1日 (日)

今年の漢字

今年の漢字は「退却」

戦略的後進は必要ですね。

今週届いた本、買ってきた本

ぎっくり腰はだいぶ良くなってきたけれど、無理はできない。
まだ、前かがみになるのが怖い。なので腰をなるべく曲げないようにしている。

(1)アフタヌーン 2017年 02 月号
新連載
「青野くんに触りたいから死にたい」不思議ちゃんである刈谷優里がちょっとしたことで青野龍平に恋をして勢い余って告白したらOKされた。幸せ一杯だったが、2週間で死んでしまった。嘆き悲しむ刈谷の目の前に青野の幽霊が現れた。喜ぶ刈谷だが触れられない。何とかしてなだめようとする青野であった。ホンワカのように見えて怖い方向に進みそうなラブストーリー?まだ怖くないけど、この先怖くなりそうな興味深い作品。
「ミコさんは腑に落ちない」OLミコさんと同居している家事の手際がとてつもなく良いがプーなエンさん。エンさんに働いてほしくもあるが、ミコさんは日々の仕事に振り回されてながらエンさんの身の回りの世話をしてもらっているという事実に突っ込みを入れる楽しい日々を描く。大人の生活のはずだけどエロい方向は全くないその点が不思議で、ホンワカな作品。

短期連載の「春と盆暗」毎回登場人物が違うオムニバス方式の作品。普通に生活している中でも変な妄想でうっぷんとかを晴らす女子なり男子なりが出会ってその妄想を共有するラブ未満なコメディ。非常にアフタヌーンらしいゆるい文学的な、ほっとする作品でした。乙。

(2)月刊コミック 電撃大王 2017年2月号

(3)中国嫁日記 (六)
一時期ブログの更新が止まっていて漫画以外の仕事が忙しいのかと思っていたのですが、最近お子さんが無事誕生したとのブログで報告をされていて、それでかと納得してもいたり。
でも、本作品での告白で月さんの身にそういうことが起きていたとは・・・。
確かにショックな出来事なんだろうな。オイラの死生観では、共感して涙を流すということはなかったけれど・・・。

(4)カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫)

(5)最後の近衛戦士 上・下 (ハヤカワ文庫SF)

続きを読む "今週届いた本、買ってきた本" »

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

無料ブログはココログ