2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

今週届いた本、服

梅雨が明けて暑くなってだるい。

(1)ハイスコアガール6
3年ぶりの最新刊。
・恋人になることをかけて日高は、ハルオに3本勝負をするの巻。
・大野のねーちゃんが出しゃばってきて、大野とハルオの仲を持つことに決めるの巻。
 ハルオが作ったゲームツクールのゲームで息抜きをする大野。しかし萌美先生はゲームを許さず捨ててしまう。愕然とする大野は心を閉ざしてしまい、生きる屍のようになってしまう。そんな大野を見て萌美先生は反省する。

今回もすげー面白かった。日高は残念だったけれど、まだまだチャンスする気はあるみたいだし、大野もひそかに思いを育てているようで、目が離せません!



(2)蒼の六郷
「青の六号」のパロディ?
小学校4年生の真潮に、頼まれた団地の知り合いのお姉さん。
川べりに行ってみると潜水艦を使って海底帝国の敵と戦うことに。でも実際に巨大タコに対面してみるといまいち相手にされていないみたい。
そんな相手にお姉さんは、何かを感じつつ真剣な真潮に対して性的なお楽しみを繰り広げる。
青の六号に関係するのは、潜水艦と敵らしきものと戦うというシチュエーションだけじゃん!


(3)3月のライオン おさらい読本 中級編 (ヤングアニマルコミックス)
コミックス11巻までをもとに登場人物の成長を見せてくれる。
密度が濃くて長く楽しめる一品。


(4)月刊アフタヌーン2016年9月号
尾崎かおるの読み切り「ラブレター」:天国にいる魂達が神様に産まれる先を申告するところ。ある魂は、ある不良娘に恋をしてその子供になることを決める。初めは貧乏で生活が苦しくも幸せであったが放置され死んでしまう。しかし、あきらめきれず子猫や果ては雨粒にまで転生して母のそばにいようとする。んー、人の愛を美化しすぎではないかという感想。子を捨てた母が反省をするか?一時の迷いで後々苦しんでいるねぇ。いまいち共感できない。
四季賞新人の新連載「神怪自警あやつき」 公園にいた4人はUFOの墜落事故に巻き込まれる。次の日、事故の後はなく自身に何の傷も残っていなかったが、不思議な力を持つこととなった。それは、神や妖が日常を守る自警団となっていたところ、不幸な事故に巻き込まれそれをもみ消そうと事故にあった4人に妖の命を与えて救ったのだ。しかして、その妖の力を使って自警団の仕事を請け負うこととなった。ドタバタ人情ものという感じか。
同じく四季賞受賞者の集中連載「聖域コンシェルジュ」んー、生臭いほうの愛。ラブホ勤務の道程君のところに愛の女神とやらが飛んできて、同僚の美人ちゃんとくっつけようとするがラブホを壊してしまうほどの大失態をするが、二人はデートをすることに。ドタバタコメディ。
夏の四季賞大賞作「兄鬼爆弾」:これ、作者の実話を描いたのかしらん。ブルースリーにあこがれて同じ上方にしたところヘルメというあだ名でいじめられるように。ヘラヘラ笑って事なきを得ようとしていたら、乱暴者の兄がイラついてボコるように命令する。夏の間にいじめられっ子に対抗するために自分を鍛えて、果たして・・・という作品。いかにも高橋ツトム氏が好きそうな青春のドロドロ方面を悪いほうに昇華した感じの作品。
「探偵プロビデンス」が最終回。発想は良いと思ったけれど話回しとか絵がついて行っていないかなと思った。

(5)電撃大王2016年9月号
新連載「万能魔薬はありません」 海外に行く姉を空港に送ってから、家に帰ってみると姉に似たビキニアーマーの女が風邪をこじらせていた。そこでネギをケツの穴に差し込むという話。アホらしいラブコメっぽい如何にも電撃大王向けな話。好きです。
新人発掘プロジェクト入選作「まほうえんじ」 魔法が使える世界。積極的な(セクハラ親父な)女の子が、ツンツンして独りぼっちな女の子と仲良くなろうと奮闘するお話し。いい方向ではなくコメディ。
「ちゅうふれ」最終回。この登場人物はほぼボケしかいないんじゃないかというコメディ。突っ込みが弱かったかなという。乙でした。
読み切り「デキる神様の恋愛指南」読み切りらしいデウスエクスマキナ?祖父が封印した女神を解き放ったら気になる女の子が淫乱に。どうやらずれている女神に祖父が危険を感じて封じていたとか。まあ、読み切りなのでエロ方面で引っ張るという作品。もうちょい頑張りましょう。


(6)彷徨える艦隊 外伝3: 勝利を導く剣


(6)SoftwareDesign2016年8月号
GitHubのPull Requestがいまいちよく分かっていないので勉強のため買ってみました。

(6)ハーフパンツ
α-HOOP から2本(【XXL】(着丈-約56cm ウエスト~92cm) )購入。
07.Bタイプ(ベージュベースの赤いホイールや水色の葉っぱの模様)と16.Dタイプ(ホワイトベースに藍色の細かい葉っぱ模様)

木綿と綿の記事なので、軽くて吸水性がよい。履き午後地もいい。
ただ、XXLでウエスト92㎝くらいまでというのはどういったことでしょう。中年太りのおいらにちょうどいいくらいではあるが。

同じ物でもうちょっと安いものがあった・・・。もっと探せば2,000円くらいのがあるかも。

2016年7月28日 (木)

株:現物売り買い約定(ミツミ電機)

お休みでしたので、株価の推移を眺めていました。
日経平均株価が下落傾向であり、持ち株も軒並み残念な状態で資金もあんまりないので売り買いできないかと思いつつ、いつもはヤフーを売り買いしたのですが米ヤフーが売られるということで日本のヤフーも影響するかと思ったらズブイだけで動きがなく。
何とはなしに出来高上位を眺めてみると、買える範囲(520円台)でミツミ電機があり、かなりの値動きをしている模様。ということで少し様子見をしつつよさげだということで売り買いしてみました。今日はよく動いてた。

買い約定

  • ミツミ電機 512円100株
  • ミツミ電機 508円100株
    始値580円、高値586円、安値492円、終値513円。

売り約定

  • ミツミ電機 522円100株 → +1,000円
  • ミツミ電機 525円100株 → +1,700円

現在の内訳は

・アサヒホールディングス(5857):100株 損益 -22,200円
・DMG森精機(6141):600株 損益 -207,000円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -126,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -363,400円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -60,000円

・丸紅(8002):400株 損益 -57,920円
・三井物産(8031):100株 損益 -21,350円
・三菱商事(8058):500株 損益 -181,000円

・イオン(8267):300株 損益 -66,450円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -93,620円

・みずほ(8411):1,000株 損益 -2,900円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +400円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -61,200円
・王将フード(9936):100株 損益 +14,000円

・ソフトバンクグループ(9984):200株 損益 -8,200円

現状、含み損益-1,256,840円(-15.66%)となりました。

王将フーズは今日くらい売ってしまおうかと思っていたのだけれど、結構動きがズブイのでもう何日か様子見で行く。

みずほやソフトバンクがマイナスになってしまったのはとても痛い。
三菱UFJのNISA枠もマイナスになったのも痛い。
資金もあまりないのも痛い・・・。
イオン買わなければよかったとかとか。

2016年7月24日 (日)

今週届いた本

今開発している社内システムがリリースして保守フェイズへ。
暇になる・・・とは思うけれど、お客さんの的を射ない質問にオイラが対応できるかは・・・できないな。
今までは契約先のプロパーさんが対応していたので、あまり知らんでもなんとかなったのだけどね。
保守は嫌いだ。

(1)Winnyの技術
以前、どこかのサイトで紹介されていて興味が出てきたので、Amazonで購入してみようとしたが販売禁止となってしまった。
ふと思い出してまたAmazonで検索してみると古本で販売されていた。
というわけで購入してみました。
なるほど、ただ、純粋なP2Pを使うことで物理的・論理的ネットワークのそのまた上のレイヤーとしてWinnyネットワークを作る。ネットワークを均一のもととしてみるのではなく、ネットワーク速度による階層化と検索傾向によるクラスタリングという分類の仕方をすることで、余計な通信を行わない方向を考慮している仕様となっている。また、MD5化したキーと、やり取りするファイルをキャッシュふぁるとして、やり取りの経路で保持しておくことでスピードも確保するというやり方。
ただ、集権的存在であるサーバを介さないP2Pを作るために、初めはノードを手動で設定する必要があるのはしょうがないか。そういえばOSPFやBGP-4はどうやってネットワークがあることを認識しているんだっけ?繋がっている先へ勝手にやり取りするんだけ?
ハッカー文化では著作権を軽視する傾向にあって、金子氏も純粋にネットワークの実験として作って著作権を気にしていなかったのだろうけれど(もしくは次のバージョンで考慮するはずだった?)、法律を捻じ曲げる奴らがいるということを考慮していなかったのだろう。あと、世の中は考えの浅い悪意を持ったものばかりであり、出来た技術を使うだけの知恵しかないものが大部分であることも考えに入れておくべきだった。
何人かはこの技術を発展させて良い方向に使える人がいることを祈るのみである。


(2)おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC) コミック
強豪 千朶との対戦でピッチャーの三橋が途中で攻略され、ぼろ負けとなった。
その直後の中間テスト期間中の話。
十分な練習ができない三橋、阿部たちは田島の家で自主練を行う。
故障を恐れた三橋、阿部はコーチに相談すると、体の筋肉のバランスを保つことで故障は起きないことを教えられる。


(3)ワカコ酒 7 (ゼノンコミックス) コミック
基本変わらず。
これでお酒やお店の情報や蘊蓄があればすごくよくなるのに。雑誌掲載なら4ページ程度でおしまいでもいいけれど・・・。


(4)彷徨える艦隊 外伝3: 勝利を導く剣 (ハヤカワ文庫SF) 文庫
シンデックから独立したミッドウェイ星系政府であるが、周辺星系に戦力があり虎口の憂いを断つために攻めに出る。


2016年第3四半期開始アニメの感想

体力が続かなくなってきたこともあり、見る作品を厳選する方向。
今までボーダーだなーと思いつつ惰性で見ていたものは、容赦なく切る。
でも、今期はのめりこめるものが少ないい。及第点といえるものが多めで、切ったものも多い。
これでも、土日2日では見切れないのはどうしたことか。

-良作-
○Thunderbolt Fantasy    http://www.thunderboltfantasy.com/
虚淵玄シナリオ+台湾人形劇でリアリティを求めた中華ファンタジーもの。
さすが本物志向というか人形や衣装、背景もしっかり作られ、動きも凄いし、CGも組み合わさって演出も凄くいい。
話も悪くない。いや、むしろ、ロードムービーものは大好物だ。
このクオリティを13話も保っていけるのかというのが、唯一の心配か。

●91Days    http://91days.family/
ノワールもの。子供のころ、マフィアの会計士だった父が構成員の裏切りにより殺された。
その恨みを募らせ青年となったころに、その首謀者を貶めるために活動を開始する。
ノワールもの好き。

●ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデミラン    http://alderamin.net/
ラノベ(電撃文庫)原作のアニメ。未読。熱帯系の文明社会(インド付近?)における戦記物で、登場人物は西洋人的な風体(すらりとして金髪とか)というファンタジー。
ラノベのキャラ画は、お世辞にもうまいとは言えないし子供っぽいが、アニメ画は(好き嫌いは分かれると思うが)戦記物としてよりらしいものになったと思う。
こういう理性的に動いていく思考型のものは好き。

●食戟のソーマ 弐の皿    http://www.mbs.jp/shokugekinosoma/
まあ、前期同様のクオリティ。つまり出来がイイ。
前期は話がトーナメントの途中で止まっちゃっていたけど、今期はその続きになるわけだが、外連味たっぷりな食バトルは健在。
ミスター味っこが育てた系列はここに育っているんだね。

-及第点-
●バッテリー    http://battery-anime.com/
中学野球もの。
田舎の爺さん宅に越してきた一家。中学校で名ピッチャーでならした長男は、引っ越してきた初日に高校で同級生になるキャッチャーをやっていた男子と出会い、キャッチボールをして相手の力量を図り友達となる。
まあ、ご都合主義的なところとだらけた話回りなところもあるが、緩急とみるか。
淡々とした感じがいい。

●あまんちゅ    http://amanchu-anime.com/
原作スキー
でも、やっぱりアニメだとピカリのポジティブさが目立つ。周りに迷惑をかけないのだろうかと心配になるレベル。
テコの引っ込み思案さも目立つけれど、こちらはピカリに引っ張ってもらってそれでちょうどいいって感じ。
あと、あの制服はかなり動きづらいだろうなと思う。ARIAに引っ張られた感じはあるかも。
2話見た感想としては、何かが足りないと思うけど、何が足りないのかがわからない。
このモヤモヤ分が最上位ではない理由。

●甘々と稲妻    http://www.amaama.jp/
最近妻に先立たれた高校の数学教師(副担任)と幼稚園児(女児)。
日々の食事は、冷凍食品かお弁当で、一人で食べさせるさみしい食事となっていた。
そこに、たまたまであった定食屋の女の子(副担任の担当でもある)に自分の親のお店を紹介されるが、定休日でその女の子しかいなかった。料理をしたことがない女の子は何とか鍋でお米を炊いて3人で食べる。目を輝かせる女児に、教師は一緒に食べる楽しさが大切だと思い出す。
とまあ、失った幸せで目をくらませて、目の前の幸せが見えなくなったけれど、ほかの人の優しさに触れて悟るというよくあるお話。

●テイルズオブゼスティリア ザ クロス    http://toz-thex-anime.tales-ch.jp/
風雲・竜巻の描写が凄過ぎる!映画かよ。
世界を襲う災厄に対抗するべく奮闘する姫アリーシャと、ひょんなことから出会った天族に育てられた男子スレイとのボーイミーツガールもの。
さすがufotable と思わせるような、背景と動き、見せ方。
話はまだ始まったばかりでなんとも言えないけれど、

●この美術部には問題がある!    http://www.tbs.co.jp/anime/konobi/
ぐうたらな先輩とまじめで快活な普通の女の子が所属している美術部に、風変わりな男子が入部した。
その男子は、理想の二次元嫁を描く目的で入ってきたのだ!はじめはいやだと思いつつも男子が気になってきている女子の淡い恋物語(ラブコメ)
こういうモヤモヤしたような恋物語は大好物です。

●ベルセルク    http://berserk-anime.com/ (動画音声注意)
暴力+グロテスクでど派手に見えるけど、話は荒いかな。
原作は未読なのでどういう話かよくわからん。なんか仲間と傭兵部隊をやっていて、イケメンボスがなんかやらかしたとか。
まあ、見せ方だね。

●D.Gray-man HALLOW    http://dgrayman-anime.com/    (動画・音声注意)
いまいちクオリティは高くない感じだけれど、一期も見たからどうなったか気になる。
とはいえ、一期ってかなり前でほとんど忘れている。
そういえば箱舟とかあったな。

●タブー・タトゥー    http://tabootattoo-anime.com/ (動画音声注意)
身体能力が飛躍的に伸び、特殊能力も使えるようになるオーバーテクノロジー的な入れ墨をもらった正義を信奉する少年の話。
例によって入れ墨を回収に来たという米国の軍人は中学生くらいの美少女が付きまとう→他のターゲットが暴れる→少年が能力を出せずに戦っているうちピンチになって
動いているけどgifアニメっぽい感触な紙芝居的印象。キャラも含めて全体的に3Dモデリングなのかな。
違和感がなくなればかなりいいと思う。
月刊コミックアライブですか。

●アクティヴレイド-起動強襲室第八係-2nd    http://activeraid.net/
2期。
閑職的な存在だったけれど、大事件を解決したことでちょっと待遇がよくなって、メンバの何人かバラバラになったりもしたけれど、新人メンバが加わったりした第八係。
新たに暗躍する敵が出てきて、ピンチに再結成したりと通常運転。
また、同じパターンになるのか、新たな展開になるのか。

●レガリア The Three Sacred Stars    http://regalia-anime.com/ (動画音声注意)
幼女ロボ物。なんかよくわからないけど、超能力っぽい力でオーバーテクノロジー的なロボを操作するとかなんとか。
パイロットの女の子は、幼女のまま成長しないという。おねいさん気取りで強気に出る幼女を愛でる作品なのだろう。
2,3話見逃した。

●スカーレッドライダーゼクス    http://scared-rider-xechs.com/
話が分からん。
イケメンvs異世界機械的侵略もの。
あと、なんかわからん女が世を儚んで侵略生物をつぶすとかなんとか。
レッドゾーンだか何だかで、その中で生きてられるのが主人公たちだけとか。
通常兵器で倒せるなら、遠距離で飽和攻撃すればいいのに。話が進まないか。

●ももくり    http://momokuri-anime.jp/
一目惚れした男子にぞっこんになった女子の変な振る舞いを観察するラブコメ。
これ、一歩間違ったらストーカーになるか、そのまま男子を殺して食べてしまうとかしそうな危うさを持っていると思うのはオイラが病んでいるのだろうか。

●不機嫌なモノノケ庵    http://mononokean.tv/
夏目友人帳の2匹目の泥鰌を狙ったもの。
高校入学前に仏心を出して犬のような変な生き物(妖怪)を助けたところ、取りつかれてしまい倦怠感から学校にたどり着く前に倒れるようになった男子。
ひょんなことから知り合った不思議な陰陽師と知り合いになり助けを求めたところ、借金をする羽目に。その借金を払うために陰陽師の手伝いをする。そして妖怪にも事情があることを知り、妖怪にも優しくなる。
にゃんこ先生の代わりに阿倍野さんがいるって感じか。

●ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編・未来編    http://www.nbcuni.co.jp/anime/danganronpa3/onair/index.html
未来編と絶望編を合わせて一つの作品としてみるべきもの。
絶望編が、未来に絶望的テロを招くメンバのまだ平和な時の話を描く。まだ、登場人物紹介を兼ねてのクラスメンバ集めで始終とかほのぼのムードである意味退屈。
それとの対比で未来編で、前作のダンガンロンパと同じく学級裁判のごとくビルという閉鎖空間で一人裏切り者の殺人者が紛れ込んで、一定時間にみんなが強制的に眠らせられたところで1日に一人殺すというゲームをさせられる。
片方だけでは説明が足りず、両方を並行してみていくことで何かがつかめる?
一応見ていく

●ReLIFE    http://relife-anime.com/
人生やり直し系。
就職に失敗してその後の就活も上手くいかない27歳プー太郎 海崎新太が、夜明了と名乗る胡散臭い男から17歳に戻れるニート公正実験しないかと持ち掛けられる。
そして高校生活(3年生)をやりなおすことに。果たして学生生活を無事送れるのか?

●Rewrite    http://www.rewrite-anime.tv/
なんか全体的に作りがヘタ。スタッフのやる気のなさが感じられるというか。
絵、演出、声優のヘタさもろもろが気になる。
Keyものとして一応見る。

●アルスラーン戦記 粉塵乱舞    http://arslan.jp/2/ (動画音声注意)
相変わらず田中芳樹氏の作品らしく主人公補正が半端ない。
取り敢えず見るけど、主人公補正にイラッと来たら切るかも。

●NEW GANE    http://newgame-anime.com/
まんがタイムきらら=女子ドタバタコメディモノ。
若い女子しかいないゲーム会社に就職した新入社員(高卒 子供にしか見えない低身長幼児体形横まとめのツインテ・・・)って、狙いすぎ。
女子しかいないゲーム会社ってのも狙いすぎ。
ファンタジーとして一応見る。

●Fate/kaleid プリズマイリヤドライ!    http://anime.prisma-illya.jp/3rei/
前作も切ったくらいガキンチョのユリユリしい+お兄ちゃんラブなのはゲロが出るほど嫌いですが、いきなりイリヤが飛ばされてユリ成分が薄まったのでちょっと見てみる。敵側の俺様TUEEEにイラッと来たら切るかもですが、絶望の末救いがない外道方向に進んでくれればと思います。

-切り-
●クオリディア・コード    http://qualidea.jp/
シェアワールドで描かれるラノベが原作。未読。
超能力vs異世界機械的侵略もの。
神奈川、東京、千葉の学生たちがい能力を持って異世界からの侵略機械(?)をせん滅する。
中二病臭い高い能力を持つ野郎と、幼馴染(?)な歌(バトルソング)のおねいさん(野郎はコールドスリープから早く目覚めて同じ年になっている模様)が主人公らしい。あと、なにかと衝突する仲間とか。
まあ、敵がゴンゴン進行してきて、超能力でぶっ叩くだけっぽいテンプレ。
録画失敗したから切りでいいや

●モブサイコ100    http://mobpsycho100.com/
一風変わった画のアニメで期待していたが、中身はごく普通にツマラナイ。
霊能力詐欺師にだまされて、その詐欺師を師匠と仰ぐ本当にすごい超能力を持ったモブが、幽霊を退治していく。
この詐欺師がうざくて見る気が萎える。

●斉木楠雄のΨ難    http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/saikikusuo/
超能力者あるある。いねーよ。あと周りのバカのふるまい。
4コマもの?
んー、雑すぎる。切り。

●はんだくん    http://www.tbs.co.jp/anime/handaanime/
有名な書家の息子半田君。ビビりだけどそれを何とか隠していたら、孤高でかっこいい奴と周りに認識されてい待った、そのギャップを楽しむ作品。
とはいえ、手抜きシチュエーションコメディは食傷気味なので切り。

●チア男子!!    http://www.cheer-boys.com/
女子チアリーディングが一般的な中、男子がチアリーディングするという話。
まあ、かっこいい男子を集めてという方向で押していくみたい。
悪くはないけどツボではない。

●タイムトラベル少女    http://mariwaka.com/
電気化学系の偉人伝もの。
なんも知らん女子学生が偉人の本に触るとタイムスリップしてその偉人の話を聞けるという。
まあ、いらんかな。

●サーヴァンプ    http://www.servamp.jp/ (動画音声注意)
誰もやりたがらないことを放置するのが”メンドクサイ”と言って何よりも嫌いな男子高校生。
行き倒れている猫を放置するのがメンドクサイと拾ってクロとなずける。実はそいつは主人に仕えるために存在する吸血鬼であった。
外に遊びに行ったところ、奇人な吸血鬼べルキアに襲われ、そいつを撃退するために吸血鬼クロと契約をしてしまう。
ガンガンっぽいとか思ったけれど月刊コミックジーンと。知らないな・・・
ツボではないので切り。

●B-PROJECT ~鼓動*アンビシャス~    http://bpro-anime.com/
イケメンアイドルグループに社長の一押し新米A&R(だいたいマネージャー)が付いたって、Girl's ゲームものか?
こういうものはパターンものなので切り。

●DAYS    http://days-project.jp/
引っ込み思案な高校生が、たまたまイケメンにフットサルに誘われて、その楽しさに引かれてサッカー部に入部するも、そこは名門できつい練習が初日から待っていた。
心が真っ直ぐな気持ちのいい奴ではあるのだが、無茶をしてでもやり通す、その動機が分からんところがどうなんだとは思う。
あー、まっすぐな奴が一番強いとか要りませんので。
あれだけ体をいじめるようなことしたらすぐにぶっ壊れるだけだっての、アホか。

●orange    http://orange-anime.com/
10年後の未来の自分から手紙が来る。その日に転校してきた男子と付き合うけど、すぐに死んでしまうので公開しないように指図するという。
うぇーいなグループ交際に過去改変もの?
この高学年向け少女漫画臭からいうと、過去の後悔を清算する+充実した交際ってところが主題で、そのほかのところはぞんざいに扱われるに違いない。未来からの手紙が来た理由がサラッと、手紙くらいなら遅れるタイムマシンが実現できました→未来の自分が空を見ながら救われたかしら、とかなんとか謎も何もない扱われ方でゲンナリする予想。
切る。

●ハオライナーズ 一人之下    http://hitorinoshita.com/
中国原作WEB漫画原作。日中合作アニメ。
異能もの?
田舎を捨てたヘタレ大学生が祖父の墓に墓参りに行ったら、姉を名乗るものが先に来ているという。さっさと帰りたかったヘタレは夜になるのもかまわず墓に向かうと、墓を荒らしてる女に襲われ、気が付くと女とキョンシーが戦っていた。
ヘタレが女を姉だと思って付きまとっていると、うざく思った女は置いてけぼりしたけど、何かが起きてヘタレはキョンシーを倒していまったとさ。なんか祖父からの力があるみたい。次の日、ヘタレが大学に来ると女も大学に入ってきたとさ。上からヘタレを監視しろって指示だって。
というのが一話のあらすじ。
話がめちゃくちゃなご都合主義+話を見せる気ないだろっていう演出。切り。

●恋愛モンスター    http://hatsukoimonster.jp/
高飛車背高イケメンが小学生。そうとは知らず一目惚れした世間知らずのお嬢様(それではいけないと家を出て寮に入った)。
あまりに突飛のなさにプチゲロが。
いやまあ、言動が幼いところがあるだろうけれど、ショタを拗らせたらこうなるのかなという。
ゲロが出ないうちに切り。

●OZMAFIA    http://anime.ozmafia.com/
乙女ゲーム原作の5分3DCGなコメディもの?
原作はデフォルメキャラじゃないけど。
ゲームのキャラ紹介かそんな感じ?
まあ、あえて見る必要なし。

●うーさのその日暮らし 夢幻編    http://wooser.tv/
繰り返しであえて見る必要なし。

●ツキウタ。THE ANIMATION    http://www.tsukiani.com/
イケメンアイドルグループもの。
おなか一杯。切り。

●アンジェ・ヴィエルジュ    http://ange-vierge-anime.com/
少女超能力vs機械的異世界(?)侵略生物もの。
カードゲームなのかスマホゲームなのか。セガのゲームのアニメは今までの経験からかなりやばい。
なんで一話でお風呂シーンだけなのか。紹介回だからか話に中身がないし、中二病臭いし、テンポが悪いわ見せ方が悪くて退屈。
ゲームかキャラが気に入ってないとこのまま見るのはつらい。
切り。

●美男高校地球防衛部 LOVE!LOVE!    http://boueibu.com/
前作も切った。今回も変わらない内容でグダグダでツボじゃないので切り。
初めから銭湯って。

●魔装学園H×H    http://www.masou-hh.com/
初めからエロシーン。5秒で切った。
よくこんなの放送できたな。ってTVQ九州放送では中止になったとのこと。

●魔法少女?なりあ☆がーるず    http://nariagirls.com/
3Dキャラ5分グダグダもの。
モーションキャプチャーで録ってるのか?
声優にお任せ喋りものだし、グダグダすぎ。

2016年7月23日 (土)

株:現物買い約定(イオン)

まぁ、なんですかね。
持ち株がかなり値下がりしてしまい、買い増しできる値かな、下がらなければ買わないでもいいなと思ったら、まあ買い約定になってしまったのですよ。

買い約定

  • イオン 1,500円100株
    始値1,499.5円、高値1,511.5円、安値1,492円、終値1,499円。

現在の内訳は

・アサヒホールディングス(5857):100株 損益 -27,900円
・DMG森精機(6141):600株 損益 -202,200円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -122,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -367,600円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -68,200円

・丸紅(8002):400株 損益 -51,280円
・三井物産(8031):100株 損益 -18,250円
・三菱商事(8058):500株 損益 -127,250円

・イオン(8267):300株 損益 -57,300円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -54,230円

・みずほ(8411):1,000株 損益 +1,400円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +300円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -56,100円
・王将フード(9936):100株 損益 +15,000円

・ソフトバンクグループ(9984):200株 損益 -3,000円

現状、含み損益-1,138,610円(-14.19%)となりました。

イオンは、1,700円くらいが上限か。今回買い約定となっても、1,700円では赤字なので買い増し方向か、もっと塩漬けか。
ソフトバンクも微妙な値動きです。

そういえばアイカ工業を買い戻そうかという話ですが、資金がなくなりましたとさ。

2016年7月20日 (水)

株:現物売り約定(アイカ工業)

2015年11月30日に買い約定したアイカ工業がやっと買値付近になったので、長く持ち過ぎでしびれを切らしたのと、とりあえず資金つくりの意味であまりプラスになっていないけれど売り約定となりました。
とはいえ、最近のチャートを見るとまだ上がりそうだな・・・。

売り約定

  • アイカ工業 2,500円100株→4,500円
    始値2,465円、高値2,514円、安値2,465円、終値2,514円。

現在の内訳は

・アサヒホールディングス(5857):100株 損益 -25,700円
・DMG森精機(6141):600株 損益 -207,000円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -126,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -380,200円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -67,500円

・丸紅(8002):400株 損益 -50,560円
・三井物産(8031):100株 損益 -18,250円
・三菱商事(8058):500株 損益 -129,500円

・イオン(8267):200株 損益 -54,200円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -59,430円

・みずほ(8411):1,000株 損益 +1,500円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +400円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -54,800円
・王将フード(9936):100株 損益 +17,000円

・ソフトバンクグループ(9984):200株 損益 +400円

現状、含み損益-1,153,840円(-14.65%)となりました。

アイカ工業を買い戻してみるか。
昨日買い約定となったソフトバンクは、一応プラスとなったけれど、相変わらず今日の初値からほとんど値動きしない変な値動き。(一時マイナス40円になったけど)
PTS株価は5,440円とプラスになってきているので、昨日の買い約定は正解だった(と思いたい)。

2016年7月19日 (火)

株:現物買い約定(ソフトバンクグループ)

あれー?ソフトバンクがARMを買収っていうニュースが流れてきて、あのARMを傘下に収めるとなるとすげーことになると思ったんですが。
こりゃ上がるぜって予想して6,020円で買いとしたんですが、なんか、めっさ下がりましたね・・・。1割近い -620円ってなんでやねん。
ほとんどのスマホとかに使われている組み込み系のCPUを作ってライセンスを販売しているんですよ?在庫ないんで利益率が高いですよ?
しかし、今日の値動きが全くないといっていいほどなのはどう解釈すればいいのだろう。

買い約定

  • ソフトバンクグループ 5,400円200株
    始値5,400円、高値5,410円、安値5,329円、終値5,387円

現在の内訳は

・アイカ工業(4206):100株 損益 +900円
・アサヒホールディングス(5857):100株 損益 -24,000円

・DMG森精機(6141):600株 損益 -179,400円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -118,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -378,400円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -66,300円

・丸紅(8002):400株 損益 -48,200円
・三井物産(8031):100株 損益 -16,700円
・三菱商事(8058):500株 損益 -117,000円

・イオン(8267):200株 損益 -53,300円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -42,520円

・みずほ(8411):1,000株 損益 +2,700円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 +500円
・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -55,600円
・王将フード(9936):100株 損益 +15,500円
・ソフトバンクグループ(9984):200株 損益 -2,600円

現状、含み損益-1,085,420円(-13.37%)となりました。

ソフトバンクグループは、7,500円くらいにはなると思う。なんかひどいことが起きない限り。
全体的には、もうちょっとしたら下落方向に転じるとの予想。
そろそろプラスのものは売ってしまいましょうかねぇ。

今ならサンリオがよさそうと思うのだが、資金がない。

2016年7月17日 (日)

今週届いた本

秋期の情報処理技術者試験を申し込めるようになりましたよ。

(1)平成28年度 ネットワークスペシャリスト パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験) 大型本
教本は去年買ったもので済ませる方向で、今回は過去問をさっさと消化していく。
過去問は平成26年もののがあるが、ここ2年受験したものの解答を見ておきたいので。
早く午後Ⅰを突破しないと。
なお、今回から午前Ⅰ免除がなくなりましたので1日フルで受験となります。体力が持たんがな(´・ω・`)

教本よりもうちょい踏み込んでネットワークのことを知りたい場合は、この本をどうぞ。
・プロのための〔図解〕ネットワーク機器入門 スイッチ、ルータからファイアウォールまで徹底解説 単行本(ソフトカバー)


古い情報もあるけど、もっと詳しくネットワークについて知りたいときはこちらを。(おいらは第1版だけど、あまり変わらんだろう)
・高度専門 ネットワーク技術 第2版 (情報処理技術者試験対策書) 単行本

(2)帰還兵の戦場3 (アステロイドベルト急襲) (創元SF文庫)
完結編。
昔の創元SF文庫なら、これくらいの厚さの本は1巻か2巻に分けて出していたもんじゃが・・・。
分割して安めにしているのか?とはいっても300ページの薄さで950円は高いと思う。というのは古い人間だからだろうか。SFものはまた苦しくなってきているのか?

2016年第2四半期終了アニメの感想

今期は、甲鉄城のカバネリとクロムクロ、Re:ゼロから始める異世界生活くらいしかハマったものがなかった。
良作もさほど多いといえなかったし。

-優良作-
●甲鉄城のカバネリ
今期の中ではクロムクロと1,2を争う良い出来だった。
和風ゾンビものとして、演出がよくできていると感じた。武士だけでなく一般人もカバネに噛まれたら潔く心臓を吹き飛ばし死ぬところとか、日本人らしいなと。
美樹本晴彦氏の絵がそのまま動くし、ホラーとしてではなかったけれど集団ゾンビものとして、絶望と逃亡による希望が良いバランスで話が進行していった。
生駒が最後に覚悟を決めて髪を切った格好がすげーかっこよかったり、美馬のすべてを滅ぼす狂気が宮野さんの声とよくマッチしてカッコいいハマり役だった。
スチームパンクとして甲鉄城や銃がでてきたけれど、そこら辺はちょっと弱かったかも。
まだ、主要メンバは生き残って希望があるようだし、続編を希望したい。

-良作-
●ジョーカー・ゲーム
リアリティがあってとても良い。
日本のスパイ組織 D機関のチームというよりは、孤独に個々のエピソードを連ねたもの。
連携がないのはスパイは単独で動くものだからというなんだろうけれど。
D機関のメンバがだます方向で、だまされる方向があまりなかったのは、これからの広がりになるか?
よいノワールものでした。

●ハイスクール・フリート
酷評があるという話ですが、ガルパンおじさんは黙ってろ。
艦隊戦は結構燃えたし。
確かに戦艦同士の戦いなのに死人が出ないとか、あの鼠ってなんのか説明無いねトンデモSFだねとか、明乃が艦長の任務より友情って方向に走ってなんなのとか。
いや、ガルパンの西住みほ(というかガルパン世界)の格好は女子だけど、一皮むけば訓練された成人男子だよねって所に違和感を持たないのか?
明乃たちって高校生位でしょ。未熟なだけれど、精一杯頑張って成長するっていう話でしょ。初めから完成されている人間じゃないって。そういうのを見たい人は海上自衛隊に入ってください。

まあ、教官もいないで教育を受けずに初めて軍艦を運用できるのかとか、教育じゃなくて放置だよねとか、最後に沈めてしまうのもインパクトあるけど、船体は一見無事に見えたけれど、艦尾が浮き出すような沈み方って簡単になるものなのかしらんとか疑問があるけど。横倒しになってとかならわかるけど。
軍艦の知識がないので、サブコーナとか説明があったらなと思う。
戦艦、巡洋艦、駆逐艦の役割とその能力、弱点と攻略方法、装備の役目とか説明してくれれば、もっとのめりこめたのに。

●ふらいんぐうぃっち
都会から田舎に来たいいとこのふんわりお嬢様風魔女の普通の日常生活+ファンタジー的なハプニングとかもあるよって形で話は進んで、のんびりなのはいいけど盛り上がりに欠ける。
高校生なら恋愛話とかフルユワ的なところが完全排除されているところに激しく違和感。(ハーレムアニメに脳味噌がやられているな)
あえて、恋愛要素を排除して、魔女の不思議話+日常に焦点を合わせているのはわからんでもないけど。

-佳作-
●コンクリート・レベルティオ ~超人幻想~ THE LAST
あふれ出る昭和臭が特色。
時々入いる歌も昭和のもので、しかもCDとして売り出していたけど、どうなの?
超人・妖怪と一般人(というほど出てきていないけど)の対立が、マイノリティの迫害を示しているのかなとも思うけれど、そこまで政治的な考えはないかもしれない。
まあ、なんともつかみきれないというか、何を伝えたかったのか。
娯楽としてはまあ、楽しめたけれど。

●文豪ストレイドックス
んー、なんか話が途中で終わった?
演出とか絵とか悪くはないのだけれど、話が単調な感じ。特異能力のぶつかり合いというより消耗戦というか。
敦のトラウマ話がボンボン出てくるけど、なんかうざさしか感じなかったです。
というよりメンバの過去話はもういいです。

●バクオン!!
女子高生+バイクという短絡的なネタ。
バイクあるあると女子が駄弁る共通の趣味の道具にしかバイクが使われておらず、オタク的な話にはならないのはいまいちツボから外れていた。
これもオタク話なので、説明のサブコーナがあったらなと思う。

●ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
文化祭あたりの盛り上がりのなさと来たら。
ゲームと現実の区別がつかないといいつつ、逃避しているだけの描写にしか感じなくて、そこら辺がグダグダになってしまったかと。
日常+ゲームでエグくない方向だと穏便なグダグダになるし、恨みをかって殺す殺さないとかストーカーとかそういう方向はあんまり受けが悪いと。

●うしおととら
うしおが白面の者にそそのかされてとらと別れ暴走したところがなんか今までの流れといきなり変わってしまって、かなり違和感を感じたのだが。
うしおととらの心を通わせたコンビネーション、うしおの真っ直ぐで暖かな心、周りが感化されて白面の者の恐怖に対抗するところとかが売り。
大作ではあるが、やはり些か古臭さも感じた。

-もっと頑張りましょう-
●少年メイド
ショタ婦女子ものかと思ったら、いい話系だった。
しかし、あんなよくできた小学生はいない。いないからこその漫画話。
やおい話にならなくて本当によかった。(なったら犯罪だよ)

●学園都市アスタリスク
ほぼバトル大会。
強さは上限に近い描写なので、あとは何となく勝てた的な話のような。
大会優勝の恩恵がいまいちどうなったのかわからないし、そのあとの流れが、通り一遍=新たな敵との邂逅→新たな大会ですか。
うーん。

●ハンドレッド
一言でいうと、キャラクタを見せる言い訳として敵が出てきただけ。どういう理由で敵が出てくるのか全く説明なし、登場人物が考えることもなし。
敵の力を人体に利用して強くなるとかマッドサイエンティストしかないのも。
軍人が出てきて戦力として利用するとか発想が皆無なのはどうなんでしょう。

●僕のヒーローアカデミア
はじめは、主人公が無能力でそれでもけなげにーってところがうざ過ぎ。
幼馴染が暴力バカでうざ過ぎ。
どこかで話を見逃したらヒーローアカデミアに行くことになっていて理解が飛んだけれど、まあ、あとはよくある学園ものか。
テンプレか。

●キズナイーバー
痛みをなくすと自分をなくす→愚鈍になる・人の痛みを理解できない→痛みを取り戻す・人との絆を取り戻すという流れ。人との付き合いは傷つき傷つけられ痛みを感じつつで距離間を学びってこと。
グレンラガンやキルラキルのような宇宙・地球を救うといったど派手な作品を作ったtriggerではあるが、本作品はこじんまりしてしまった。

●坂本ですが
完璧超人な坂本に初めは反発したりちょっかいをかけてくる奴らが最後には惚れてしまうというパターン。
普通の能力でスタイリッシュだったならまだよかったのだけれど、いつしか超常能力的な存在になってしまうってのは些かゲンナリ。

●田中くんはいつもけだるげ
怠惰もあそこまで拗らせるとすがすがしい・・・というとでも思ったか!
これ太田がいなければ話が成り立たないよな。
まあ、キャラの奇特さだけ。

●くまみこ
正直、毎回微妙だなと思いつつ完走しました。
村から出たいといいつつ都会の情報も入れず勉強もせず、そこを熊に突っ込まれて笑いを取るっていう構図。
田舎者は田舎に引っ込んでいろっていうコンセプトなので、この形は崩せないのだろうけれど、バカを笑う構図と何ら変わらないよね。
しかも最後は、都会を勝手に怖がって逃げ出したあげく熊とべったりになるって、しかもイチャイチャとか書かれていてゲロるかと思いましたよ。
父性的存在に守られて外世界へと出ようとするが、外世界を受け入れられず、父性的存在に依存状態を続けるしかなくなるって、救われない。
気持ち悪い。

●SUPER LOVERS
現代の光源氏計画(ただし男子同士)
9話目で互いの愛を受け入れた・・・って性的な意味でそういう方向に進むのかよ、とウンザリしていたら最終回が10話目って。
10話で最終回って短いと思ったら、話途中で終わらせるし。
結局ハル子を投入してドタバタで終わらせるという寸止め状態で終わりとは何とも。これ以上進んでも見なくなっただろうからこれはこれでよかったのかな。
続きあるのこれ?あったとしても見ないな・・・。

●ビッグオーダー
これも終わりが気持ち悪い。というか途中も退屈だったので興味を失い倍速再生でながら見してた。
妹が父もぶっ壊れているわ、いけ好かない上司的存在もホモっぽい理由で主人公の父を追っているわで、もうプチゲロ。
能力ってのが、ジョジョと同じスタンドをちょい強力にしたものでしかなく、しかも対決の仕方が全然練れていなくてがっつんがっつんぶつかる感じ。いつの間にか勝てたよくらいの印象しか残らない。
ところでヒロインとして機能していかなった紅鈴って何のために居たの?

●ニンジャスレイヤーズ フロムアニメイシヨン
ニコ動で一通り見てたからわかってた。
まあ、TVで放送するものではないな。

●マギ シンドバッドの冒険
迷宮から貰った秘宝(強力な力)に危惧を覚えて商人として世界中をめぐり、秘宝を持つものと意識を合わせて、戦争を防ごうと。
力を見せつけて有利な状況から下手に出るというワンパターンを踏んでいるのがなんとも。

●迷家 -マヨイガ-
んー、何を見せたかったの?という感じ。
隠れ村落に行ってみたら、誰もいません。幻見ました。幻はトラウマをもとにしています。受け入れなさい。
その幻はあなたの心なので、さっさと出ないと無気力になっちゃいますよ。
その研究者がいたけど、研究結果を発表したら学会にはぶられて家族に苦労を掛けちゃった。
結局、その娘が隠れ村落の幻を知らしめたくて今回の騒動を仕組みました。
なーんだ、じゃあ元の生活に戻るね・おいらたちはこの村に残るわ。
えー・・・。不思議譚にしては中途半端。

●テラフォーマーズ リベンジ
なんかバトルだけ。他に語るところない。
冗長なんだよ。もっとコンパクトにしろよ。

●パンでPeace!
かわいい+パンというコンセプトはいいのだけれど、女の子がイチャイチャしているだけで、パンは添え物というか脇役にもなってない。
もうパンを抜いて”でPeace!”っていうタイトルでいいんじゃない。

継続
●クロムクロ
●Re:ゼロから始める異世界生活
●ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
●機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
・マクロスΔ
・双星の陰陽師

2016年7月10日 (日)

今週買ってきたもの、届いた本

参院議員選挙に行ってきた。
そのあと靴を買いに行ったりして、帰ってくると頭が痛い。
最近、外出すると必ず頭が痛くなる。
外光が強すぎて目が疲れるからなのか。

(1)あまんちゅ! 10 (BLADE COMICS)
あえてCD付ではないほう。
てこ大躍進の巻


(2)リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法
プロとアマチュアの違いは、なんだろうという悩みを解決できるかと購入。
最適化された思考回路が形成されて、方向性を定めるのにさほど労力をかけずに作業ができるようになるのがプロ。意識的に考えなくても無意識が答えを導き出せるようになる、作業を半自動的に行うことができる。
アマチュアや初心者は、思考回路が形成されていないので、悩み失敗し考えて成功の道を模索する必要がある。仕事は3年で一人前になる、プロフェッショナルになるには一万時間かかるというのは思考回路の構築するのにそれだけ時間がかかるということなのかなと。


(3)ビジネスシューズ 【G.C.MORELLI】 ジャンカルロモレリ ドレスシューズ S-TIP ストレートチップ GM01268 NERO

1年前に購入した革靴の底がかなりヘタって来たので新たに購入。
歩き方が悪くて、主に足の指と土踏まずの間のところ(名前がわからん)で踏み込んでいたらそこだけ減ってしまった。
前回は、揉まずに履いたら左足の背中(?)がすれてマメができてしまい、痛くてとても履けなかった。揉んだらかなりフィットしていい具合になった。
ぴったりになるように紐を絞り込んだことですれやすくなったのかもしれない。
今回はちゃんと揉んで、余裕をもって緩めにする。

そこがヘタった靴はリペアに出すことにする。追浜ヨコサン地下階にあるリペアさんはやってくるようですので。

 

2016年7月 7日 (木)

株:現物買い約定(DMG森精機、エリアクエスト)

あー、何ですかね。気を抜いたらあっというまに日経平均株価が-290円ですか。
お蔭でいくつか買い約定しましたがね、アンマリ魅力的じゃないなーとか今更ながら思ってみたり。
日経平均先物も下がっているし明日も期待できないね・・・。

買い約定

  • DMG森精機 950円100株
    始値967円、高値972円、安値926円、終値944円
  • エリアクエスト 100円100株(NISA)
    始値103円、高値104円、安値99円、終値100円

現在の内訳は

・アイカ工業(4206):100株 損益 -11,800円
・アサヒホールディングス(5857):100株 損益 -37,900円

・DMG森精機(6141):600株 損益 -289,200円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -146,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -522,400円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -78,500円

・丸紅(8002):400株 損益 -65,840円
・三井物産(8031):100株 損益 -22,500円
・三菱商事(8058):500株 損益 -193,000円

・イオン(8267):200株 損益 -30,200円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -156,660円

・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -58,400円
・みずほ(8411):1,000株 損益 -17,900円
・エリアクエスト(8912):NISA 100株 損益 0円
・王将フード(9936):100株 損益 +14,500円

現状、含み損益-1,618,400円(-22.98%)となりました。

NISA枠が1万円分空いていたので、エリアクエストは100株100円で買ってみました。
このくらいだと精々10円上がれば御の字かと思われますので、それだと1,000円にしかならないわけですがなにか?配当金にしたって200円くらいですし。
安い株は、値動きの幅がほとんどないので大量に買わないとまったく意味が無いです。

下落は当分続くと思われるので、数少なめ+低めで買い注文を入れておいて、時々見直してみる方向で。細かく買って下落しても、将来の利益になるようにしていこうかと思います。

食い物系や内需系が強いと思われるので、そこら辺を狙う方向。
また、味の素を狙うのも良いかも。

2016年7月 6日 (水)

株:現物売り約定(味の素)

今年は細かく売り買いする方向で儲けていくということで、6/13に買い約定した味の素を無事売れました。
英国のEU離脱の影響を受けて大幅下落に続きて、何日か続伸が続いていましたが、そろそろ息切れというか利益確定なのか、また下落がはじまりましたし。
7/6の日経平均先物は-210円の下落となっており、明日の日本株市場は期待できなさそう。
今のところ日経平均株価は14,900~15,600円くらいと見た方が良いかなと思われ。

売り約定

  • 味の素 2,550円200株→+20,000円の利益
    始値2,535円、高値2,560円、安値2,534.5円、終値2,553.5円。

現在の内訳は

・アイカ工業(4206)100株 損益 -10,700円
・アサヒホールディングス(5857)100株 損益 -34,600円

・DMG森精機(6141):500株 損益 -265,500円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -128,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -504,600円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -76,400円

・丸紅(8002):400株 損益 -62,280円
・三井物産(8031):100株 損益 -20,100円
・三菱商事(8058):500株 損益 -176,750円

・イオン(8267):200株 損益 -31,900円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -138,600円

・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -57,400円
・みずほ(8411)1,000株 損益 -14,000円
・王将フード(9936):100株 損益 +18,000円

現状、含み損益-1,502,830円(-21.67%)となりました。

細かくプラスを出しても焼け石に水状態。
とはいえ、大きく買って長く持つにはかなり不安定なのでそれもできない。(資金的にも)

NISAがあと1万円分残っているのだけれど、細かすぎて買い様がない。
取り敢えずエリアクエストが100円になるのを待っているのだが、じりじり上がっているし。
他にはオリエンタルランドが結構、買い目かなと思っているのだけれど、例によって安めにつけているので買えない。

当分、売り買いはギャンブルですので、大人しめに行きます。

2016年7月 3日 (日)

今週届いた本

EU離脱で日本株が一旦下がりつつも、その後続伸。とはいえ下落前にも戻らないうちに、現在日経平均先物は下落傾向。
そして、もう夏か。セミが鳴き始めるほど暑い。
まだ、燕が巣を作ってもいないのに。

(1)電撃大王 2016年 08月号 [雑誌]
今回は新作も終了作品もなし。読み切りが2本。
「キズナイーバー スピンオフ」 今期アニメのキズナイーバーの1エピソード。まあ、エロい方向であるよね。
「メイドさんは凶悪」 穴埋めですね。主人公がどこかお金持ちだか家柄が良いのかそこから逃げてきた自由を愛する女子。そこにメイドがやってきて家に連れ戻そうとする。というような話だと思うのだけれど、女子が逃げ回ってメイドが追いかけるけど世話をするというアンマリストーリーもないし見せる方向にもないし(電撃大王らしくなくプチエロくないし)。もうちょい考えてください。パンツが見えるとか。

そろそろ終盤にかかってきた話が多くなってきた。

(2)夜廻り猫 1 今宵もどこかで涙の匂い 単行本
twitterに掲載されていた8コマ漫画。
人や動物たちの涙ににおいを辿って、その人たちの話を聞いて力づけてあげる心優しき猫 遠藤平蔵とその仲間たち、出会った人たちの物語。
正直、泣く。人々の辛さとその辛いことも涙も呑んで生きていく姿に共感を産んで、泣いてしまうので一気に読むことができない。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »