2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物買い約定(王将フードサービス) »

2016年6月26日 (日)

今週届いた本

あー、もうなんていうのか、UKがEUを脱退する方向で国民投票が決まって、円高・世界的株価大暴落(特に日本株)したのだけれど、まだ、経済に影響するだろうってところで本当に経済に影響していないのですが?
お蔭で、持ち株の損の類型が百五十万になりましたが、落ち着くまでは売り買いしない方向で。

(1)アフタヌーン 2016年 08 月号 [雑誌]
「ライフ2 ギバーテイカー」新連載。小冊子で「ライフ」1,2,3話を読めるけれど「ライフ2」とは別物語。「ライフ」は友達を裏切った気持ちから、孤独になり孤独をいやすために自身を傷つける女子高生。女子高生で友達となった女子に裏切ることができずにという話らしいが3話までだとどういう展開でイジメに繋がるのかはイマイチわからん。「ライフ2」では全く話の方向が違っていて、幼い妹をその同級生(綺麗な男の子)に理不尽に殺された姉が大人になりその理不尽に対抗するように刑事になったという話。妹を殺した男の子が5年経って解放されるが、まったく改心しておらず姉に宣戦布告ともいえる”あなたの一番大事なものをもう一度奪います”という宣言を受ける。サイコパス的な陰鬱な話になるのか・・・。
「球場三食」”プロ野球が33.4倍おもしろくなる”といううたい文句で球場と球場の飯(あとマナー)を紹介する新連載。野球好きじゃないとここまで細かく描けないよなーって感じの好感を覚える話。物語としては薄いけれどね。期待。
「花井沢町公民館便り」が最終回。生物が出入りできない状況で、狂気に走るわけでもなく、ゆっくりと静かに人が少なくなっていくという話。最終回は最後に残った一人が外の人と愛を育むが触れ合うことができずどうしようもない孤独であることを気付かされて、消えていくという何とも切なくそれでいて静かな終わり方。乙でした。
「タイド バイ ブラッド」四季賞受賞者の前・後編短期連載の後編。2話で終わるには広げた風呂敷が大きすぎて敵対者を一人倒すだけで終わってしまったのがもったいない。応援が多ければ連載ってなるんだろうけれど、希望しますんでよろしく。(アフタヌーン編集部に言えって)

(2)コトノバドライブ(3)
何も語るべき言葉が無い。
静かな時々ちょっと怖いところもある不思議で素敵な出来事話なのだけれど説明しきれてないな。取り敢えずホッと落ち着きたいときに読みたい本。


« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物買い約定(王将フードサービス) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/66224367

この記事へのトラックバック一覧です: 今週届いた本:

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物買い約定(王将フードサービス) »