2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月29日 (水)

株:現物買い約定(王将フードサービス)

国民投票により英国のEU離脱が決定とのことで、日本株が影響を受け大幅下落・・・。
その後、どういう理由か全く分からないけれどすぐに回復し始めるという状況。
まあ、さすがに1万5千円を割り込むのは下がりすぎだろうとは思うけど。

そんな中、まだまだ下がる可能性は高いと思いつつも、この値は魅力的だよなと思って買い約定してしまいましたよ。

買い約定

  • 王将フードサービス 3,700円100株
    始値3,700円、高値3,735円、安値3,695円、終値3,715円

現在の内訳は

・味の素(2802)200株 損益 +1,000円
・アイカ工業(4206)100株 損益 -12,400円
・アサヒホールディングス(5857)100株 損益 -45,000円

・DMG森精機(6141):500株 損益 -274,500円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -130,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -511,400円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -73,400円

・丸紅(8002):400株 損益 -69,280円
・三井物産(8031):100株 損益 -21,500円
・三菱商事(8058):500株 損益 -191,250円

・イオン(8267):200株 損益 -41,000円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -127,550円

・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -63,700円
・みずほ(8411)1,000株 損益 -11,800円
・王将フード(9936):100株 損益 1,500円

現状、含み損益-1,570,280円(-21.14%)となりました。

前回の売り買いの時、含み損益-1,245,140円だったから30万近くの下落ですか。
トヨタ自動車のリコールが発生したことから直ぐに下落すると思ったけれど、PTSが上がっているのは理解できん。このまま上がってくれればありがたいのだが。

他にはオリエンタルランドが今回の下落で買えるかと思ったけれど、回復が早くて無理っぽいな。

2016年6月26日 (日)

今週届いた本

あー、もうなんていうのか、UKがEUを脱退する方向で国民投票が決まって、円高・世界的株価大暴落(特に日本株)したのだけれど、まだ、経済に影響するだろうってところで本当に経済に影響していないのですが?
お蔭で、持ち株の損の類型が百五十万になりましたが、落ち着くまでは売り買いしない方向で。

(1)アフタヌーン 2016年 08 月号 [雑誌]
「ライフ2 ギバーテイカー」新連載。小冊子で「ライフ」1,2,3話を読めるけれど「ライフ2」とは別物語。「ライフ」は友達を裏切った気持ちから、孤独になり孤独をいやすために自身を傷つける女子高生。女子高生で友達となった女子に裏切ることができずにという話らしいが3話までだとどういう展開でイジメに繋がるのかはイマイチわからん。「ライフ2」では全く話の方向が違っていて、幼い妹をその同級生(綺麗な男の子)に理不尽に殺された姉が大人になりその理不尽に対抗するように刑事になったという話。妹を殺した男の子が5年経って解放されるが、まったく改心しておらず姉に宣戦布告ともいえる”あなたの一番大事なものをもう一度奪います”という宣言を受ける。サイコパス的な陰鬱な話になるのか・・・。
「球場三食」”プロ野球が33.4倍おもしろくなる”といううたい文句で球場と球場の飯(あとマナー)を紹介する新連載。野球好きじゃないとここまで細かく描けないよなーって感じの好感を覚える話。物語としては薄いけれどね。期待。
「花井沢町公民館便り」が最終回。生物が出入りできない状況で、狂気に走るわけでもなく、ゆっくりと静かに人が少なくなっていくという話。最終回は最後に残った一人が外の人と愛を育むが触れ合うことができずどうしようもない孤独であることを気付かされて、消えていくという何とも切なくそれでいて静かな終わり方。乙でした。
「タイド バイ ブラッド」四季賞受賞者の前・後編短期連載の後編。2話で終わるには広げた風呂敷が大きすぎて敵対者を一人倒すだけで終わってしまったのがもったいない。応援が多ければ連載ってなるんだろうけれど、希望しますんでよろしく。(アフタヌーン編集部に言えって)

(2)コトノバドライブ(3)
何も語るべき言葉が無い。
静かな時々ちょっと怖いところもある不思議で素敵な出来事話なのだけれど説明しきれてないな。取り敢えずホッと落ち着きたいときに読みたい本。


2016年6月19日 (日)

今週届いた本

最近、休日に昼寝をすると前頭葉(右だったり左だったり中央だったり)当たりの頭痛がするようになった。アニメの消化で土日2日丸々かかるせいではあるのかもしれない。目が疲れているか。

(1)トワイライト・テールズ 夏と少女と怪獣と (角川文庫)
MM9で描かれている現代世界に自然災害と同様な位置づけで怪獣被害が起きたらというIFモノの短編集。
やはり山本弘さんの世界観はオイラのツボだ。
でも、なんていうのかしらん、世界を嫌いになっているような感触を受ける。
1話目の災害に巻き込まれた少年は、あまり良い家庭寛容ではないことから内向的な自分で考えた別世界を膨らませるような性格で、現れた怪獣が自身が別世界で乗る竜によく似ていることから異世界に連れていってくれると期待して近づくが災害に巻き込まれて、しかし女性自衛官に叱咤されて現実に立ち向かうけど・・・。これ、少年は作者自身の投影だと思われるが、最終的には拒絶しているよね。話としては面白いけれど後味が悪い。
最後の話は趣味に走りすぎて王道さが捻りのなさに見えて一寸物足りないか。


(2)遙か凍土のカナン7 旅の終わり (星海社FICTIONS)
遂に最終巻。第一次世界大戦あたりの話になるので当然、戦争に纏わる所になるのだけれど、直接戦うわけではないのでそこら辺が物足りないか。
オレーナの話に纏わる所も、何でかの国はアッサリ手放しているんだろうとか、3人でやってしまうのは許容してしまっていいのか?とか、色々説明というか書き込みが物足りなくて、なんか淡々としている。
結局、経済的なところが主点で書かれていて、それのやりくりがアッサリ何とかなるだろう的な進め方で、危機感なく終結してしまったという印象が物足りなさの原因なのかもしれない。
最後に、皆で幸せに暮らしましたとさめでたしめでたしというところはイイかもしれんけど。


(3)帰還兵の戦場2 (軌道エレベーターの下で) (創元SF文庫)
1巻目の始めしか読んでいないけれど、なかなかよさそうなので2巻も確保。
結構、ページ数は少なくてこの値段なのはいささか納得いかないが。



(4)アルファ・ラルファ大通り (人類補完機構全短篇2)
1巻目はまだ途中で止まっているけれど、ファンアイテム的な感じで購入。


(5)月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワーズGH) 2016年 08 月号 [雑誌]
ツマヌダ格闘街が完結ということで記念に購入。
しかしながら途中の話が分からないので、単行本を読むまでお預けです。(他の連載も)

2016年6月18日 (土)

ブログ10年目です!

このブログを2006年6月14日から書き始めて、今年で10周年となります。
十年一日といいますが、始めた頃から何が変わったかというと、なんも変わっていませんな。
変わったいえば、もともと薄かった好奇心がさらに減ったことと、体力なくなったこと、腰が痛くなったことくらいかしらん。

このブログは誰宛というわけでもなく、タイトル通り備忘録的な日記なのであまり考えず書き始めました。初めは何かをつかむまでは一日一本上げることを自分に課していたわけですが、ただ、推敲もしない駄文を上げ続けるだけになってしまい何か得られたものもなく。活動的ではないので、イベントとかの話は全くかけないわけでして、ほとんど購入した物とか株とか、愚痴とかそんなものくらいしか書いてないのはしょうがないと諦め。Amazonアフィリエイトを張り付けていますが、全くお金になりません。書き方が悪いというかそういう方向で書いていないからなのですが。
最近は愚痴とか下らないことはtwitterに上げて溜飲を下げているのでこちらの使用頻度は下がってしまいましたし。
作ったプログラムは、前は@niftyに置いていたけど、最近はGitHubに上げてこちらで説明をちょっと書いたりするけれど、ブログの重要度は高くないかしらん。(@niftyに置いていたけど、辞めちゃうって話だし)

とはいえ、日記としてみる分には十分。(今、読み返しても懐かしーとか、この話どうなったか忘れたなーとか楽しめる。)
それに加えて、ここを見てくれる人が何かのヒントになればとイイかなとも思う。

  • この一年で購入した電子ガジェットは、エレスタットスピーカーなBuletoothスピーカ treVoloくらいか。フラットな再生をしてくれて細かい音も聞こえるけれど指向性が高いので大勢で聞くものではなく一人で楽しむもの。
  • 技術的な事で進展はあんまりないかな。Dockerでredmine+gitlab+jenkinsを連携した環境をシェルで環境作成出来るようにしたけれど、その後運用していない。
    また、リーン開発というかカンバン方式の本を買って読んでいる。以前も読んだんだけれど忘れていら。情報処理技術者試験はPMとNWを攻めていく方向で。(負けるけど)
  • 仕事はそんなに悪くない。期間限定だけれど増員されたし話し相手が出来て精神的に楽。技術的に難しくない仕事ばかりで、技術力が衰えています。管理者の方向か・・・。嫌だな。
  • 会社の方針は、従業員の嫌がることをしたがっているとしか思えませんが。
  • 腰痛はまだまだ続いている。仕事場の座席が、姿勢が悪くなるしかない酷いものなので腰痛は治りそうもない。運動しない所為でもある。最近、背中がビリっと痛くなる。
    おしっこが泡立つのは脂質が多くなってきたせいか。悪玉コレステロールで体が固くなっているとかそんな方向なのかもしれない。
  • 株価が酷いことになっているのは目をつぶる方向で。
    安くなっている=買い時だとは思うのですが、いつもそれに痛い目を見て、一寸動かないでいると今度は回復の波に乗れなかったり・・・。
    一応、資金は用意しておいて、様子見しますか。

今年後半に、仕事場移動もありうるので何か変化があるかも。株は英国がEU離脱するかどうかにかかってくるのでそれまではじっと耐えておく。(下落しても損切りしない)
まあ、年寄りなので頑固一徹で回りを困らせつつ、のんびり行きますわ。

平成28年度春期情報処理技術者試験プロジェクトマネージャの結果

初めて論述式を受けた。
プロジェクトマネージャって言っても、オイラはやったことがない。
まあ、ある程度の年齢までやっていれば、身に付く知識だとは思う。
でも、ムズイわ。

午前Ⅰ得点    ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点    80.00点
午後Ⅰ得点    65点
午後Ⅱ評価ランク    C

午後Ⅱは問2「プロジェクト実行中に発生するリスクの早期察知とその対処方法」を選択。
問1は再利用を行う上での対策なのだけれど、これって今までも出題傾向から外れていてネタを考えていなかったので選択しなかった。問2は前もってのリスクコントロールっぽくなってしまってこれじゃない感で悩んだけれど、ネタを考えて書き直すには遅すぎたのでそのまま突っ走ったけど、やっぱるダメだった・・・。
2時間で最低2,200文字は、前もってもっと推敲しておかないとダメだ。

2016年6月13日 (月)

株:現物買い約定(味の素、みずほファイナンシャルグループ)

いやぁ、なんか今日は日経平均株価が582.18円も下落して16,019.18円となるとんでもない日でしたな。イギリスがEUから離脱するかという警戒感からの売りが原因なら当分上がることはないかと思われ・・・。
んで、最低線で狙っていた味の素とみずほファイナンシャルグループが買えてしまったのですがっ!

買い約定

  • 味の素 2,450円200株
    始値2,461円、高値2,467円、安値2,417.5円、終値2,431.5円。
  • みずほファイナンシャルグループ 160円1,000株
    始値160.1円、高値160.9円、安値158.5円、終値158.5円。

現在の内訳は

・味の素(2802)200株 損益 -3,700円
・アイカ工業(4206)100株 損益 -10,800円
・アサヒホールディングス(5857)100株 損益 -43,600円

・DMG森精機(6141):500株 損益 -154,000円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -86,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -449,600円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -63,700円

・丸紅(8002):400株 損益 -61,600円
・三井物産(8031):100株 損益 -20,350円
・三菱商事(8058):500株 損益 -169,000円

・イオン(8267):200株 損益 -41,200円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -67,490円

・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -72,600円
・みずほ(8411)1,000株 損益 -1,500円

現状、含み損益-1,245,140円(-17.64%)となりました。

ひどい状態です。
この前、3,800円で売り約定した王将フードサービスが、まだまだ続伸していて今現在3,970円になっているのは口惜しや。
一方、もうちょい伸びると思っていた三菱UFJファイナンシャルグループのNISA枠で購入分は、かろうじてプラスだけれど3万近くのプラスから6千円程度まで下がってしまって、もう。

日経平均株価が16,000円台というのは底値に近い感じですので、きっと明日は上がるさ・・・。味の素もみずほも上がるにきまっているさ。(冒頭で書いたこととは違いますが、希望を持ってもイイじゃないか)
もう少ししたら賞与が出ますので、それで起死回生します。

とはいえ、日銀のマイナス金利の所為で生命保険会社が一時払い終身保険の販売を終了するとか、これで景気がよくなったのか?「株高・円安方向に力がある」って全く効いてないじゃん。そもそもローンの金利も安くなる→借りやすくなって住宅など購入しやすくなる→景気回復って図式なんだろうけれど、若者は給与が上がらない現状から無意味な買い物をしたくないだろうし、老人はそんなに買いたいものがあるわけなかろうし、老後のために財布のひもはしっかり絞っているだろうし。
先に安心感を与えないとなー。

2016年6月 5日 (日)

今週買った本

なんか木曜夜辺りから腹痛がして、ずっと痛かったのだが、今日昼にやっとお腹が下ってほとんど出たら痛みは大体収まった。(まだ押すと痛い)
でも、今度はアゴのリンパ節が腫れて痛い。熱はないがくしゃみが出る。
なんだろう、この状況。
原因不明の無気力状態に苛まれる。(それはいつものこと)

(1)カンバン仕事術 チームで始める見える化と改善
まだ3章の途中までしか読んでないけど、分かりやすくて良い本。
よくある洋書のHowTo本の日本語訳。語り口調やロールプレイな説明が入っている。まあ、実践的な方法論を示しているということか。


Amazonで表紙だけ見ると、微妙に良さげに見えないんだけど。

以前、購入した「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営」は、もうちょいエッセンスよりで端的に見ていきたい人にはおすすめ。

まあ、読んだことのほとんどを忘れていたけれど。
今回を機にもう一度読み直してみようか。

2016年6月 1日 (水)

株:現物売り約定(王将フードサービス)

不祥事の所為で下落していた時に買った王将フードサービスですが、そろそろしびれが切れてきたので売ってしまいました。
4,000円くらいはいくかなとも思ったのだけれど、日経平均株価を見てもそんなに上がりそうに見えないので今のうちに利益をかくてしておこうかなと魔がさしたわけで。
まあ、食い物系にはまだまだPERが低い(19.67倍)なので上がる可能性は残っているような。

売り約定

  • 王将フードサービス 3,800円100株→28,000円
    始値3,745円、高値3,820円、安値3,705円、終値3,800円。

現在の内訳は

・アイカ工業(4206)100株 損益 -1,100円
・アサヒホールディングス(5857)100株 損益 -35,200円

・DMG森精機(6141):500株 損益 -90,500円
・川崎重工業(7012):NISA 2,000株 損益 -12,000円
・トヨタ自動車(7203):200株 損益 -384,200円
・キャノン電子(7739):100株 損益 -53,900円

・丸紅(8002):400株 損益 -41,160円
・三井物産(8031):100株 損益 -12,300円
・三菱商事(8058):500株 損益 -108,000円

・イオン(8267):200株 損益 -23,800円
・三菱UFJ(8306):1300株(NISA:1000株) 損益 -15,490円

・カドカワ(9468):NISA 100株 損益 -72,100円

現状、含み損益-849,750円(-13.26%)となりました。

次は、三菱UFJのNISA枠(1,000株)を560円で売りたいと思います。
これも800円くらい行くかなと思うんだけれど、なかなか伸びない・・・。

他の株は・・・早く回復するといいですね・・・。
6月下旬になれば賞与とかで、150万程度の余裕ができるのでそれを株に投入する方向で。
一寸遅きに失しているような気もするけど。

買いの方向は、トヨタ自動車の買い増し行っとく?
キャノン電子もイイかも。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

無料ブログはココログ