2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月28日 (月)

今週届いた本、買った本

3月も終わり。
桜も咲き始めたところだけれど、まだまだ花粉が飛んでいて油断のならない昨今。アレグラFXが良く効いてくれます。
まだ寒いのは何とかならんだろうか。(株価も寒いのも何とかならんか)

(1)ポケットスタディ プロジェクトマネージャ (情報処理技術者試験) 単行本
ネットワークスペシャリストでポケットスタディを購入したが、これはハッキリってダメだった。キーワードだけ憶えろとあって、説明が全くないので頭に入らん。その系列なのでPM教本購入時にこれはチェックしていなかった。
だが、1冊目を読み終わったので新しい気分でチェックできればとこれを見てみたら、当たりだ。この本すごくいい。
ちゃんと筋道を示して、かみ砕いてくれているのですごく分かりやすい。
まあ、NWは範囲が幅広い知識系で、PMは経験則的なものと違いがあるからというのもわからんでもないけれど。

(2)アフタヌーン 2016年 05 月号 [雑誌]
ネオ寄生獣2編「ババ後悔す」:リアルな婆フィギアで寄生獣を見せるという一風変わった作品。ある意味、芸術だ。コミックではないな。
もう1編は、萩尾望都さんが田村良子の娘のその後を描く「由良の門を」一言では言い表せない作品。勘が鋭く記憶力に優れている由良。病院で観察されていたが、普通の子供ということで伯母に引き取られ銚子で育つこととなる。「海人」という舞がキーワードとして出てくる。
集中連載「インハンド」:以前、寄生虫についての医療事故に纏わる話(フィクション)「ネメシス」の続編。その寄生虫の専門家(隠者)紐蔵のところに前回協力を申し込んだ内閣情報室健康危機管理部門 牧野が借りを返してもらおうと再び依頼を持ち込む。致死性の高い感染症TARSが日本国内で蔓延しようとしていた。その感染源を探すうち、医者ではないが妙に手際が良い高家と知り合う。 全開と同じく医療探偵モノという感じで、今回紐蔵と高家のコンビがいい味出してかなり面白い。連載ということでこれからも楽しみです。
以前の四季賞受賞者が描いた読み切り「あたりのキッチン」:コミュ障だけれど食べたもののレシピが全て分かるという女子大生が、小さな定食屋にアルバイトに来る。実は(ここネタバレ)高校生の頃にある事情があってこの店のおかみさんに助けられたことがあるところとかなかなかホロリとさせてくれる。そして料理が美味しそう名のところもいい。
東日本大震災で家族を亡くした人たちの今を描いた「ハッピーエンド?」が最終回。フィクションだけどルポに近いのかな。まあ、こういうシリアスな話なのでオチはない(あるものではない)けど、少しの救いはあったのかな。節目でまたこういう話を見せてほしいです。乙でした。

(3)電撃大王 2016年 05月号 [雑誌]
「凪のあすから」が最終回。TVアニメ版を忠実に描いて、その丁寧な仕事に魅せられました。でも最後はちょっと端折っていたかな。光たちがまた海の街に戻って、以前の生活をしていくって所とか。完走してくれてありがとうございました。乙です。
「ミサイルとプランクトン」も最終回。なるほどという感じのオチを付けてくれましたな。自らの身から出た錆びという、途中で出てきたネガティブなところと上手く結び付けたって感じ。乙でした。

2016年3月21日 (月)

先週買ってきたもの、届いたもの

車検出した。
その後、自動車の表面が白化していたところをコンパウンドでガリガリ削ってみた。
2日かかって中途半端な剥がれ方をして終了。
手が怠い。
明日は仕事です。

(1)マージナル・オペレーション 空白の一年(下) (星海社FICTIONS) 単行本(ソフトカバー)
ソビエト共和国(というより「遥か彼方のカナン」のとある人物というべきか)との因縁の決着が付く。(最終巻だからね)
フジゴーとか出てくるし、今までのマージナル・オペレーションより深く「遥か彼方のカナン」に結びついている感じ。


(2)ソフトウェアデザイン 2016年 04 月号 [雑誌]
ビギナー向けな特集「今すぐ実践できる良いプログラムの書き方」は、いくつかの言語を紹介していてあまり多くはページを割けないから、触り部分位。


(3)ホルツ ラビングコンパウンドアラメ MH112
   ホルツ ラビングコンパウンドホソメ MH111
   ホルツ ミクロコンパウンド MH122
   ホルツ コンパウンドブロック MH380
初めにも書いたけれど、自動車の表面が白化して、みっともないったらありゃしない。
爪で擦ってみると削れるのでどうやらワックスが水分を吸って劣化した物らしい。
なんせ自動車に全く乗らないので洗車は年に2回といった体たらく。しかも車庫がコンクリで囲って土の下にあるので湿気が多い。1,2ヶ月くらいで洗車すれば前のワックスは除去されて、劣化することはないという話なのだが。
しょうがないので、コンパウンドを粗目・細目・極細の3種を購入。あと、磨き用スポンジも。
結果を先に書くと、失敗した。
水多めで粗目・細目で擦っていたのだが、部分的に薄くなるがあまりとれない。ここでスポンジの磨き面が剥がれる(薄目な磨き面スポンジが接着してある)。
次にコンパウンド細目を塗りたくるような感じで多めにしてみると、ベトベト状になって白いものは取れる・・・が、そのベトベトが取れない。擦り続けると広がって表面が艶消し状態+ベトベトに。布で拭ってみるとベトベトが大量についてしまいそれで拭いたことによってベトベトが広がったという。無理にふき取り様布で擦ったら表面に消せない傷ができるし。
もう力尽きました。
電動ポリッシャーがないと無理だ。

ちなみに粗目は、指で触ってみると結構荒めの粒があって車の表面を磨くのはよろしくない。
かといって細目では時間と力をかけないと効かないし。
あと、磨き用のスポンジは、力がかかると直ぐに剥がれてしまい、かなり使えないと分かりました。

2016年3月13日 (日)

今週買ってきたもの、届いたもの

車検、来週だった。てへぺろ
今週は、派遣の手際の悪さに残業が嵩んでめっさ疲れて車に乗りたくなかったので、それはそれでよかった。
その派遣は、色々、作業を引き取ったのに遅れに遅れて、それでも悪びれず、チンタラやってる。オイラより少し上なのでちっとは経験があるはずなのに、クオリティの低さに頭痛が(疲れからか本当に頭痛がした)。うちの会社に使われるような値が安い派遣は、人員水増しのそれなりでしかないのか。大体、ウチの雇う派遣に良い思い出はない。
安いなりには、なにがしかの理由があってのことだろうけど、作業に直に影響するのは勘弁してほしい。派遣を雇う営業も部長も人を見る目を持ってほしい。(人がいないからそんなものしか雇えないという話もあるのかもしれないケド)もしくは尻拭い分の金をくれ。

(1)象印 圧力IH炊飯器 鉄器コートプラチナ厚釜 5.5合 ダークブラウン NP-BE10-TD
前の炊飯器の保温機能が壊れたらしくすぐカピカピに。
疲れて返ってきてご飯がこれじゃぁオイラが可愛そうということでヨドバシカメラで購入(3万5千円くらい)。
ウチのオカンが難しいのは使えないということで機能少な目、そんなにお金かけたくないということが選択基準。
使用感としては、熟成モードでは水分をやや多めにしたけれど、水にあまり浸さずに直ぐに焚いたせいか固めに。結構蒸気が出ていた。(イヤホンしていたので音は聞いていない)
2回目はモチモチモード+上記抑え目として、結構音が大きく、気になったけれど、まあ我慢できるレベル。水にある程度浸したということで普通の固さでモチモチしていた。

まあ、こんなものかなという感じでしょうか。

(2)叛逆航路 (創元SF文庫)
ヒューゴ・ネビュラなど賞を7冠も受賞ということで購入してみた。
今日届いたので全く読めていないが、1,2ページ読んだだけでも十分面白そうな感触がする!

(3)ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆 (電撃文庫)

(4)江崎グリコ おからだから チョコチップ 5個×6袋、数量:3
調子に乗って3箱買ってみたら大量だった。

2016年3月 6日 (日)

今週届いた本

この時期、花粉症が酷く、平日はアレグラFXを飲んで一日を平穏に過ごしているが、休日は基本引きこもりなので薬は飲まない。
昨日は車の表面にワックスが劣化して白く浮き出してしまったと思われるため、スポンジやすりで擦ってみるもなかなか取れず、外にいる時間が長くなった。
マスクをしていたが、目が腫れぼったいわ、体が怠くアレルギーのショック状態のように頭が痛い。
もう、外に出たくない。(だが、来週に車検があるので車を持っていかなければならない)
いやだいやだ。

(1)雲英の魔術
端的に纏めると、ガールミーツボーイ 妖怪もの。
父、二人の兄の家族に育てられた雲英。自分ではわからずガサツさが不良のように思われて、高校生デビューに失敗。孤立していたがそれを打開すべく、攻め所として不思議な雰囲気な孤立しているクラスメイト藤巻次郎三郎と仲良くなってクラスに溶け込もうとする。
しかし、藤巻次郎三郎は白い龍神であった。

基本、芝村さんの作品は男女の掛け合いで片方視線でかかれて、いつの間にか恋仲が進んでなんか予定調和すぎる感もある。(そうなる運命といえばそう)
この作品もそうなのだけれど、気になってきて、ユックリ仲良くなって、最後に納得する恋仲となるという点では異色か。
雲英の男っぷりな乙女さは見ていて清々しい。
その他のキャラクタも(たとえばアホの子の姫月も)中々味があってよろしい。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »