2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 今週買った本 | トップページ | 今週届いた本、買った本 »

2016年2月14日 (日)

今週届いた本

日経平均株価が1万6千円台を割る所まで下落。
最近、日経平均株価の株(トヨタ自動車など)を多々買っているので、もろに影響を受け損が100万を超えるも遅きに失した感で何もできず・・・。
買いに走るにしても、まだ底になった感がなく、それ以前に資金がない。
2,3年前の1万円以下を割る水準の可能性もあるのではないかと考えている。
あと2ヶ月くらいは下落傾向ではないだろうか。

(1)彼方に竜がいるならば (講談社ノベルス)
戦地調停士 シリーズの魔導世界で発生した事件の結末が、ブギーポップシリーズの現代世界に影響された結果を描く物語。
以下の物語が影響しているので、ブギーポップしか読んでいないならば、この本を読む前に戦地調停士シリーズを読むべき。(オイラは忘れかけていたけど・・・)

・殺竜事件 a case of dragonslayer
→殺された竜の魂
・紫骸城事件 inside the apocalypse castle
→紫骸城の欠片
・禁涙境事件 ”some tragedies of no-tear land”
 戦車のような彼女たち Like Toy Soldiers
→古猟邦夫(と琥依)
・無傷姫事件 injustice of innocent princess
→竜の委任状



(2)マグダラで眠れ (8) (電撃文庫)
フェネシス達は書籍商フィル(「少女は書架の海で眠る」のフィルが年を取ってオッサンに)を伴って、100年前”白の者”が大爆発を起こして町を亡ぼしたというアッバスに向かう。話半分とみていたが、その地で間近にそのクレータを見たクースラたちはその凄さを体感する。
その地に新たに住み着いた住人は”白の者”の呪いがあるのではないかとおびえて火を十分に使えず、満足に町を発展できないでいた。クースラたちが火薬を発見したことで、呪いは技術であることを知った住人は、もう一つの伝説 ”空を飛ぶ白の者”を解き明かすことで確実に呪いではないと証明することを期待する。


(3)デュラララ!!SH×4 (電撃文庫)

« 今週買った本 | トップページ | 今週届いた本、買った本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/63952444

この記事へのトラックバック一覧です: 今週届いた本:

« 今週買った本 | トップページ | 今週届いた本、買った本 »

無料ブログはココログ