2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月27日 (火)

株:現物売り約定(ユニオンツール)

日経平均株価が下落したのに、なぜか昨日より高く値を付けていたユニオンツール100株を売り約定できました。
朝一で最高値を付けて、それが売値ドンピシャだったという。運がイイね。
日経平均株価はやはり1万9千円では高すぎるんや。なにより、NYダウ平均の小幅な下落に引きずられたんじゃないかなとも思う。
今もNYダウ平均はマイナスで始まっているみたいだし、日本株も下落方向だろうな。18,777.04円は高めな感触だし。

売り約定

  • ユニオンツール 3,100円100株 → 10,000円
    始値3,075円、高値3,100円、安値2,929円、終値2,936円。

現在の内訳は

・長谷工コーポレーション(1808):100株 損益 0円
・ダイハツ工業(7262):100株 損益 -100円
・三菱商事(8058):200株 損益 -18,600円
・KADOKAWA・DWANGO(9468):
NISA 100株 損益 -43,000円
・NSD(9759):500株 損益 60,500円

現状、含み損益-1,200円(-0.07%)となりました。

今のところ、微妙に買いたいと思う株が見つからない。
取り敢えず突発的な下落に備えてアイカ工業とか、ゴールドクレスト、長谷工コーポレーション、DMG森精機を待ち構えておく。

2015年10月25日 (日)

今週届いた本

この季節は体温調整がうまくできない所為で熱っぽい。
外に出て運動するべきなのだろうけれど、やりたいことが色々あって出来ていない。
最も、冬になればなったで体調が悪いってのは、ままある。
やっぱり体を動かすべきなのだが。

(1)月刊アフタヌーン2015年12月号
「天地明察」が最終回。4年半も続いたのか。ご苦労様でした。
四季賞「海の向こう 月の裏側」 評価にもあるけど、アッサリな書き込みでありながら、必要な時に心情をよく表してる表情が印象的。話は、いじめられっ子とゲイの男子高校生の友情の話。芸の男子高校生は、姉を強姦する強権的な父親に嫌気を指してバットで殴り寝たきりにさせた。しかし姉は首を吊って死んでしまう。その実情を隠しながら、普通の生活を送ってきたが遂に限界を感じ彼氏と逃げ出そうとする。彼氏は来ないが街を去る友に、いじめられっ子はなすすべもなくどこまでも逃げろと叫ぶ。悲しい話やね。
四季賞受賞者の読み切り「冬の海」 こちらも暗い話か。海の近くに引っ越してきた男女。男の職場にはゲイでるという噂の新人が入ってきて・・・。仲の良さを見せつつも、男は女に微妙な距離を取る。女はそんな状況が苦しい。実は兄妹(双子)であるが二人は愛し合っていて、後ろめたくもそれを親にも隠している。そんな後ろ指を指されるような愛の話。よく描けていると思います。
good!アフタヌーンから出張掲載「いんらんベイベー」 フェチものですね。如何にもgood!アフタヌーンらしいというか。こういう短編を1回載せられても理解するのが難しいよ。

(2)SoftwareDesign 2015年11月号
特集の HTTP/2 と、ファイアーウォールの教科書に引かれて購入。

(3)WEB+DB vol.89
こちらもHTTP/2の特集があるけれど、深層学習の特集に引かれて購入。でもイマイチよくわからん。表層的な話は分かるのだが、それが何で結果に結びつくのか理解できん・・・。

(4)はやて×ブレード2 3巻
なんかわからんが夏休み中会長のよくわからん思惑に載せられて、南の島でリゾートではなく、変な対抗戦だか競争だかをやらされる。
元からよくわからんが、皆を鍛えるという方向?

(5)孤児たちの軍隊5-星間大戦終結-
最終巻

2015年第3四半期終了アニメの感想

今クールのアニメは、面白いものはいくつかあたけれど、ツボだという程のめり込める作品はなかった。
1話を見て切った(Aパートで切った)ものも多かったし。

-良作-
●Charlotte
初めはこのままだとアンマリ面白い終わり方をしない事件を解決するだけのイマイチいけていない異能ものだなと思っていたら、やっぱり麻枝さんらしく妹ちゃんの死→それから一転して、タイムリープ物→異能者の不遇を救う歓迎されない救世主物と目的が変わり、世界・物語が面白くなった。
最後の最後は、自分のことが分からなくなるくらいボロボロになったけれど目的を成し遂げましたって終わり方で、なんかもう一話位挟んでもいいんじゃないかってくらいな物足りなさがあった。

●六花の勇者
前半はロードムービ風、後半は推理物ということで、ファンタジーで推理物って成り立つのかなと思ったけれど、推理ターンは命のやり取りを含めていて楽しめた。
主人公が勝つためなら手段を択ばないという狡いところがあっても、それでも性格が正義を突き進みたいという真っ直ぐな心を持っていて心地よい。
勧善懲悪によくある単純な力が足りない→強くなる→戦って勝つといった流れではない、また、頭の中でこねくり回してちょっとアクションを見せるといった推理物でもない、新しい方向性なのかなと思う。
良作だった。

●血界戦線
ブラック&ホワイトを話に絡ませたことは良い判断だった。
アニメ向けなとりあえずの話の骨子となり、1クールで話がキッチリ収まった。
画も動きも話も上物。
でも、最終回がねぇ・・・。チグハグな感じなんだよね。
レオが街を突っ切ることで、全員を見せるというスタンスなのだろうけれど、散発的に見せられたという感じ。レオが世界を救うということが分かっているのになんで連れていかない?
ホワイトが結界だということで、レオとホワイトの出会いや思い出が全て”見える目”を持つレオとホワイトだけの話だったというのは物悲しい。でも、ホワイトが医者と会話しているところをモヤッとした思いで見ていたシーンがあったような。
あと、ホワイトが結界になったあたりと、ホワイトがブラックのところに拳銃片手に向かって行ったっていうところはどう整合性を取るのか分からん。ホワイトが死にそうになって両親に結界として救われて、ブラックが絶望王が見初めて手を出そうとしたところをブラックが乗っ取られる条件をだしたという流れ?
オイラ察しが悪いから、ここら辺納得できなくて。

●乱歩奇譚 Game of Laplace
江戸川乱歩 没後50周年ということで作られた作品だけど、まあ、原作原理主義者からは怒られそうだよね。特に黒蜥蜴のキャラを見たら美輪明宏さんが怒鳴り込んでくるよ?
推理物と思ったら、群集劇・・・でもない。アケチのしがらみについて定番メンバーとゴタゴタ練っていたという位か。
暗黒星=計算式というギミックを出しつつも説得性がなくて、なんか中途半端な感じという印象。
まあ、この話の根幹はそこではないのだろうけれど、ちょっと残念な感じ。

●Classroom Crisis
半沢直樹のような企業陰謀ものを普通にやったらギスギス・暗い話になるだろうから、舞台を未来SFで技術学校という形でマイルドにしたのかしらんと。
ロケットを作成している学生ものではあったが企業に属していて、(専門学校とか)単なる熱意だけでしょぼいものを作るという方向ではなく、良いものを作りつつコストやネゴを考えるという地道なことも考慮に入れるという働く学生(高度技術者)という話はとてもよかった。

●GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
自衛隊が戦う相手として、怪獣とか、現代の国とか、戦国時代とかあったけど、その中の一つの亜流として中世+ファンタジーな相手となるとどうなるかというIFから作られたんだろうな。
ノリノリで好きなものを作ろうという感じで、ファンタジー定番のエルフ、魔法使い、神官(というより死を司る神?)が出てくるし、好感が持てた。
とはいえ、やるならば中世ファンタジーの軍隊との戦いを見せてくれればなとも思った。そこまで行くと決着の落としどころが難しくなるか。

●赤髪の白雪姫
待っているだけの女ではなく、王子様に見合うように自分を確立して高めて行くという意識高い系の白雪に好感を持てた。
ゼン王子も偉ぶっているだけの存在ではなく、国の行く末を考え、国民を高める方法を考え、実践し、そして仲間にも恵まれているというのもイイ。
小悪人も出てきて、王子の良さが引き立つとでも思ったのか、この話としてはイマイチ。仲良しこよしでもよかったんじゃない。
あと、もっとイチャイチャがあればなとも思う。

-及第点-
●ガッチャマンクラウズ インサイト
日本人の群れたがり、空気を読んで流されるのがいかに危険かという風刺物。
はじめ があまり動かなかったが最後の最後で、犠牲になって空気を換えると。まあ、乱暴な解決方法でインパクトを与えて有無を言わさない流れになってしまっているけれど、他にも解決方法があるんじゃないかと・・・。
しかし、はじめという存在は神(というか仏?)の視点を持っているというかなんというか、どういう存在なんだろうと考えさせられる。どういう経験を得てあのような考え方を手に入れたのだろう。

●のんのんびより リピート
まあ、前作と同じ安定感。
時系列的も前作と同じ?まあ、(季節はあるけど)アンマリ時間の流れを感じさせない話だから違和感はないけど。
あと、ひかげ と なつみが怠け者でダメ人間だということはよくわかった。
作品愛はあると思うけれど、変わり映えないんでイマイチな評価。

●食戦のソーマ
んまそうな食い物にインパクトを与えるためにど派手(エロっぽい)演出で見せると。
料理ものにありがちな流れ。
あとはキャラクタの魅力か話の見せ方か。その両方に成功していると思う。

●実は私は
関西弁の女の子は可愛い!
と初めは思いましたが、ただのアホの子じゃないっすか。委員長もだんだん可愛くなったと思いつつ、アホの子じゃないっすか。
そして、友人たちが全くのモブ・・・、いや全く話に絡んでこなくなってモブ以下というのはどうなんでしょう。
まあ、ドタバタラブコメとして面白く見させていただきました。

●GANGSTA.
ノワールがイイと思ったが、結局異能バトル物になってなんだかなーという感じ。
魅力的な舞台が単なる設定でしかなくなって、権力争い→戦力をぶつけて潰し合うだけという、なんとももったいない。
兄弟の因縁とか、恋人が連れ去られたとか、ごちゃごちゃ出てきてとっ散らかったってのも。
総集編というか紹介編が2回も入った挙句、作画崩壊したと監督がのたまったり、制作会社が倒産という何ともな感じ。

●戦姫絶唱シンフォギアGX
しょっぱなのコンサートは派手さが良かったが、その後にそのド派手演出以降は特に語るべきところはないか。
響と響父との確約の問題と解決という話は有ったけれど、アッサリな解決方法で、もうちょい時間をかけてもよかったんじゃないかと思ったり。
あと、クリスちんを愛でるだけ。

●下ネタという概念が存在しない退屈な世界
快活な女子と下ネタで盛り上がれるって最高だねという話。
他のエロだけのアニメと違うのは、唯客引きだけ見せるだけのエロではなく、エロ話でワイワイ楽しくっていう所が違う。
まあ、2度目はないかな。

●アニメ 英国一家、日本を食べる
カトゥーンアニメ風なところが特徴。
日本の食べ物を外国人向けに紹介しているけど、日本人が見ても勉強になる。

●ベイビーステップ2
漫画準拠ではあるが、試合のときのモブが適当(前期よりは少し改善されたけど)だとか、本筋にアンマリ関係ないところで手が抜かれている。
まあ、それ以外は話の肝を押さえているので、可もなく不可もなくか。

●てーきゅう5期
5期終了っていってもすぐに6期始まったじゃん。
相変わらずな勢いだけの理不尽ギャグは、5分ものならいいんじゃないか。

●おくさまが生徒会長!
ムチプリな少女が押しかけ女房してきて、初めは反発していたけど、キャッキャウフフになりましたというファンタジー。
エロをそのまま流さないところはイイですね。

●アイドルマスター シンデレラガールズ(2期)
鳴り物入りで来た上司とやらが、単に現場無視の無能じゃねーか・・・。
人が動いて稼ぐ事業なのに、現場を全く見ずに不安にさせるだけ。アホか。
話としては、上司のひっかきまわしで、アイドルをやることの意味を見つめなおすって、前期でやったことを繰り返しているだけじゃない?
繰返し話でイマイチ。

●電波教師
出来は酷いね。
原作は見ていないけれど、画の出来が適当。
アイドルを声優に据えるのもいい加減な感じ。
話も凡百。とりあえず見ていたという感じではあった。

●デュラララ!!×2 転
んー、原作がそうなんだけれど、不良が群れて強がっているとか、ヤクザが出張っているとか、見ていて不快でしかない。
群衆劇ということでいろんな方向で見せるというのが、成田作品のキモではあるのだが芯となっているところがグダグダなのでイマイチ感しかないのかなと。
過去の人気に引きずられてダラダラ作っている作品になり下がっているか。
話以外は作品として悪くはないとおもうけどね。

●オーバーロード
なんかキャラクタの絵柄も振る舞いもノッペリしていて、イマイチ出来はよろしくなかった。
作品愛を感じなかったんだよね。一部に人気がある作品だからアニメにしておくか位な気概しか感じられない。

●ワカコ酒
元々の作品が短いので、アニメも5分物なわけだけれど、何か漫画をそのままアニメにしただけで掘り下げがない。
食い物ってアニメ画にするとどうにも美味しそうに見えない。
それをシナリオとか演出で何とかするしかないのだけれど、漫画なら想像力を掻き立てられるのが、アニメでは場面がさっさと時間が過ぎてしまって何か思う前に終わってしまう。
ハッキリ言ってこの作品はアニメにするべきではなかったと思う。(ドラマは見てないケド、そっちだけにすればよかったんじゃないの?孤独のグルメの方向で)

●がっこうぐらし!
1話の終わり直前までは、普通の整合性を無視したプチユリ的な学園コメディと思っていましたが。
まあ、そのインパクトが過ぎ去ったら、緩いゾンビものでしかなくなってしまったか。
ああいう状況になったら、ガソリンを下水道に流して爆破→大規模な落とし穴を作ってそこに誘導かな。川や海に落とすもありか。

●GOD EATER
目新しいのはリアルな3DCGだって所だけか。
単にデッカイ武器でどっかんどっかん叩くだけのバトルシーン。
アンマリ見るところがないドラマ。
ゲームとしては単純なシナリオな方が受け入れやすいと思うけど、アニメにしてしまうと何とも安っぽい。

-途中で切ったもの-
●モンスター娘のいる日常
毎回新しいモンスター娘が出てきてはエロ展開・・・。
同じような展開で、いい加減ウンザリして切った。
アイキャッチでモンスター娘のバリエーションが出てくるのは良いと思ったけれど、本編の方を何とかしろよ。

継続
●ワールドトリガー
●うしおととら

●創聖のアクエリオン ロゴス
これ、25周年記念作品だっけ?その割には出来がイマイチ。

2015年10月23日 (金)

株:現物買い約定(三菱商事、ヤフー、ダイハツ工業)現物売り約定(コカ・コーラウエスト、ヤフー)

本日はお休み。
NYダウが上昇したので、日本株も上がるだろうなと予想して、買いに走ったのだが・・・。
確かに400円近くの上昇はしたけど朝一から高止まりで、その後、値が上がることはほとんどありませんでしたとさ!
買ってもその後値が上がらないんじゃ売っても儲けが出ないじゃないか。
んで、日経平均株価は、18,825.30円ですか。これ上限な感じだから次に株式市場が開いたら下落するんだろうと思いますよ。

買い約定

  • ヤフー 492円500株
    始値492円、高値499円、安値489円、終値496円。
  • 三菱商事 2,285円200株
    始値2,285円、高値2,292円、安値2,256.5円、終値2,261円。
  • ダイハツ工業 1,488円100株
    始値1,488円、高値1,512円、安値1,483円、終値1,486円。

売り約定

  • ヤフー 497円500株 → 2,500円
    始値492円、高値499円、安値489円、終値496円。
  • コカ・コーラウエスト 2,326円100株 → 7,600円
    始値2,302円、高値2,341円、安値2,296円、終値2,322円。

現在の内訳は

・長谷工コーポレーション(1808):100株 損益 1,100円
・ユニオンツール(6278):100株 損益 -11,800円
・ダイハツ工業(7262):100株 損益 -200円

・三菱商事(8058):200株 損益 -4,800円
・KADOKAWA・DWANGO(9468):
NISA 100株 損益 -40,600円
・NSD(9759):500株 損益 50,000円

現状、含み損益-6,300円(-0.31%)となりました。

今回、買い約定となった三菱商事とダイハツ工業は中々いいチャート。買い増ししてもイイ。

特に三菱商事は予想PBR(9.99倍)です。2,150円くらいで買い増し方向。
ダイハツ工業もいい。こちらも1450円くらいで買い増し狙いといこうか。

一方、ユニオンツールは微妙なところ。下落方向な感触か?

2015年10月20日 (火)

株:現物買い約定(長谷工コーポレーション)

不動産・建築業系に不安があるのか、はたまた全体的に下がっているのか、長谷工コーポレーションが千円台では珍しく100円近く下落したことで買い約定となりました。
予想PBRが10.72倍ってこりゃ買っておかないと。
追加で買うのもいいかもしれん。

買い約定

  • 長谷工コーポレーション(1808) 1,250円100株
    始値1,350円、高値1,356円、安値1,208円、終値1,248円。

現在の内訳は

・長谷工コーポレーション(1808):100株 損益 -200円
・コカ・コーラウエスト(2579):100株 損益 -3,100円

・ユニオンツール(6278):100株 損益 -23,900円
・KADOKAWA・DWANGO(9468):NISA 100株 損益 -42,000円
・NSD(9759):500株 損益 27,000円

現状、含み損益-42,200円(-2.60%)となりました。

相変わらずイオン、イオンモール、プリマハム、ジョイフル本田、竹内製作所、アイカ工業を狙っている。
今は下落傾向のように感じるので、買いに走るのは得策ではないのかもしれない。
まあ、買わないと儲けることはできないし。

2015年10月18日 (日)

平成27年度情報処理技術者 秋期試験 ネットワークスペシャリストを受けてきた

論文無しの情報処理技術者試験は、ネットワークスペシャリストだけになってしまって、1年ぶりに受験ということになったわけで。
(情報セキュリティマネジメント試験が追加されるから、春期からは違うわけなのだが)

いつも試験会場は横浜方面だったのだけれど、今回は逆方向。京急の県立大学駅が最寄り駅の保健福祉大学が試験会場。
県立大学駅は、以前、タイムドメインスピーカーを自作するときに塩ビ管とか買いにHOME'Sに行ったりしていたので、土地勘はあったりするのです。
でも、保健福祉大学の中には入ったことない。
入り口にも中を進んでも情報処理技術者試験の案内が全くなかったので、日にちを間違えたかと少し焦った。
案内の人がいて、3階に行ってくれと。

P1080372

ネットワークスペシャリスト、ITサービスマネージャ、システムアーキテクトの3試験。
あまり受験者数は多くないね・・・。

P1080383

大学の構内は、近代的で綺麗。建物もどーんと2棟。古い理系の大学のようなコンクリート打ちっぱなしが何棟もあるかんじじゃない。

P1080384

↑なんかガン見されてる・・・。
50名が受験する教室。部屋は綺麗だったが、机といすは結構へぼい。隣のやつが肘をつくとグラグラして、解答用紙に記入しづらかった。
ちなみに受験者数は42名位か。女性は3名。午後Ⅱになっても受験者数はそんなに変わらなかった。

P1080387

昼飯はおにぎり1個とサンドイッチだけだったのに、ちょっと苦しくなった。
パンシロンGを朝昼と飲んだのに。
なんか、外で食うのはもうダメ。苦しくなるのが分かっているので、楽しめない。
家でなら、アンマリ苦しくなることはないので、安心して食べられるのだけれど。

まあ、それはともかく、出来はまあまあかな。
午後Ⅰは、問2,3を選択。SSOはイマイチ勉強してません。午後Ⅱは問1を選択。システムのリプレースとIDS/IPSの問題。
去年よりは道理が分かってきたという感触は勉強中に得ていたのだけど、試験に反映できているかはイマイチ自信がない。
定番のネタを毎回忘れるし。IDS・IPSのシグニチャ型アノマリ型とか。
あと、”キャッシュ”のつもりが”キャッシ”と書いてあったのに気付いたけれど、午後Ⅱの終了間近でもう直す時間が無いと諦めの境地に達したり・・・。
採点者さんが見逃してくれればいいのだが。(その前に内容があっているかだがな)

__

午前の解答が出た。
また、いつも間違える奴を間違えている。5問間違った。80点ですな。
去年の間違えた物で正解になったものもあり、間違えるものもあり。
間違えたものー

  • 問1 DNSの資源レコード:イ「MXレコードは電子メールの送り先IPアドレス」ではない。ドメイン名に対応するメールサーバ名だ。IPアドレスじゃ変更できるんだから使えないだろう。ウ「NSレコードはそのゾーン自体や貝ドメインに関するDNSサーバのホスト名」が正解。
  • 問3 トランスポート層の機能として適切なものは? トランスポートってレイア―4じゃろ。ルータはL3やし、その上は何だっけと思い ア「経路選択機能や中継機能を持ち透過的なデータ転送を行う」としてしまった。オイラの覚え方ズレてた。トランスポート層はL3です。ウ「伝送を司る各種通信物の品質の差を補完し、透過的なデータ転送を行う」が正しいです。オイラ、こんな基本的な事を間違えてしまうなんてダメな子です。
  • 問4 IPv4でのOSPFの仕様は? ア「距離ベクトルアルゴリズム」にしてもーた。RIPがエ。イがASときたらBGP-4。ウ「サブネットマスク情報を伝達する機能があり、可変長サブネットに対応している」が正解とあるのだが・・・これってルーティングテーブルの話じゃないの?
  • 問19 ISPがOP25Bを導入したらセキュリティ的にどうよ? PP25BってSNMPの25番ポートを閉じて、不正にメール中継を行わないって話だと思ったのでエ「ISP管理下のネットワークに向けてISP管理外のネットワークから送信されるスパムメールを制限できる」としたが、違うわ。管理下からメールサーバに直接アクセスするのを止めさせるってことでイ「ISP管理課のネットワークからISP管理外のネットワークに向けて送信されるスパムメールを制限できる」が正解。
  • 問22 パリティ専用ディスクを持って、ブロック単位のストライピングを行うRAID方式は? パリティ=RAID5(エ)としてしまったが、これはパリティを他のデータと一緒に居れるもので、ブロック単位のパリティ専用ディスクを用意するのはRAID4(ウ)。
    こんなマイナーな奴は覚えてねー。ちなみにRAID3はビット、バイト単位のパリティ専用ディスクを用意する。これ、捨て問題だな。

何はともあれ、午前は通過です。


2015年10月16日 (金)

株:現物売り約定(ゴールドクレスト)

昨今の乱高下には全くついていけていない。
上手く立ち回ればかなり儲けられるとは思うのだけれど、ビビってしまって9月前あたりの最安値を基準に買値をつけてしまっていて、全く買えない。
ばっちり行きてぇなぁ。
そんな中、ゴールドクレスト100株を2,300円で売り約定となりました。
もう少し上がりそうな気がするけれど、まあ、潮時かな。

売り約定

  • ゴールドクレスト(8871) 2,300円100株 →+7,100円
    始値2,299円、高値2,361円、安値2,2995円、終値2,305円。

現在の内訳は

・コカ・コーラウエスト(2579):100株 損益 -3,000円
・ユニオンツール(6278):100株 損益 -12,900円
・KADOKAWA・DWANGO(9468):NISA 100株 損益 -34,000円
・NSD(9759):500株 損益 27,500円

現状、含み損益-23,200円(-1.55%)となりました。

前に買いたいとしていた、イオン、イオンモール、プリマハム、ジョイフル本田、長谷工コーポレーション、竹内製作所、アイカ工業は、ちょっと安い値段で買い値を付けてしまっていて、全く変えていない。

イオン、イオンモールはもう高すぎる。
長谷工コーポレーション辺りは成行で買ってしまおうかしらん。でももうちょい下がりそうな気もするのだが・・・。

NSDがイイ感じで上がってきたので、株主優待狙いと持ち続けるのではなく売ってしまう方向も考慮しようかと思案中。

2015年10月12日 (月)

先週届いた物、買ってきた本

雨続きの9月に一転して、穏やかな日々が続く10月。
それにもかかわらず相変わらず休日に外出することがないオイラ。
9月終わりのアニメと10月始まりのアニメの消化が大変で。
情報処理技術者試験ネットワークの勉強もボチボチやっております

(1)「たまゆら~卒業写真~」第2部 響-ひびき- [Blu-ray]
2話
・「世界に名を轟かすパティシエは無理だ」との のりえの兄の一言に傷つき、パティシエの夢を諦めようとする。楓達は のりえのスイーツ作り収め会を開くことを提案する。
・みんなが将来を決めているなか、かおるは進路が決まらない。そんななか ほぼろ店主の ちもが結婚するとのことで式のイベントを楓達に依頼する。そこで かおるは、将来を見つける。

作品の立ち位置は、狂言回し的な立場である のりえではあるけれど、今回は主人公として悩み→そしてやはりスイーツを作ることが好きで、みんなが喜んでくれることが好きと再認識する。
かおる は、アロマが好きだけれどそれは趣味で将来の仕事ではないと。かおる のいいところをお姉ちゃんが示してくれる。
この年頃の悩みは、微笑ましく、周りに支えてくれる人たちの温かなフォローがこの作品のいい味だよね。
堂郷先生も愛が実ってよかったよかった。

(2)プロのための〔図解〕ネットワーク機器入門 スイッチ、ルータからファイアウォールまで徹底解説
これ、いい!2012年初版って、ずっと見逃してたのか。
何がイイって、歴史的な観点から、なんでその機器や仕組みが必要かってことを過不足なくガッツリ説明してくれる。
良書です。

2015年10月 8日 (木)

株:現物買い約定(コカ・コーラウエスト)

オイラはチャートの値動きで買う株を決めていて、今まではスクリーニング検索で割安優良型+PER12~24倍あたりで探していた。毎回開いてチャート見てってのは面倒だった。でも、最近はSBI証券の「チャート形状検索」が途轍もなく便利って気づいた。近頃の値動きを考えて”もみ合い”+3カ月か6カ月で探している。
というわけで、そんな機能を使って買う銘柄を検討した、コカ・コーラウエストを2,250円100株を指値で買いとしていたところ約定しました。

買い約定

  • コカ・コーラウエスト(2579) 2,250円100株
    始値2,304円、高値2,304円、安値2,223円、終値2,223円。

現在の内訳は

・コカ・コーラウエスト(2579):100株 損益 -2,700円
・ユニオンツール(6278):100株 損益 -6,500円
・ゴールドクレスト(8871):100株 損益 -4,400円
・KADOKAWA・DWANGO(9468):
NISA 100株 損益 -30,500円
・NSD(9759):500株 損益 -18,000円

現状、含み損益-62,100円(-3.61%)となりました。

最近の乱高下にはオイラ付いていけないよ。
とはいえ、売買しないと儲けもくそもないもの。
今狙っているのは、ジョイフル本田、アイカ工業、長谷工コーポレーション、イオンモール。株主優待狙いというには時期が違うけれど、プリマハムなんかよさげ。

もうちょい前に品定めした以下の銘柄は、今はちょっと手を出すには高いような気がする。
イオン、トラスコ中山、竹中製作所、ヤマハ、クラレ

もうひと下落あれば帰るかなと思っていたくらいの買値を付けたのだけれど、あんまりなかったね。
まあ、あと1ヶ月以内にまた下落するでしょう。

2015年10月 4日 (日)

今週買ってきた本、届いたもの

気づいたら日が落ちている。
気温や空気が乾いてきたこともそうだけれど、夕方がすぐ暗くなることに秋を感じる。
情報処理技術者試験秋季の受験票が届いたら秋の中盤だね。(嫌な季節の感じ方だな)

(1)クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)
床屋の待ち時間を潰すために、本屋で物色していたところ、「このミステリーがすごい」と帯にあったので購入。
これ1999年初版のもので16版とな!
まだ、初めの数ページしか読めていないので何ともだけど、導入は結構いい。


(2)はやて×ブレード2 2巻
Amazonのおすすめに3巻の予約注文が出ていたのだけれど、2巻を購入した覚えがない。いつもの健忘症化と思って、Amazonのページに行ってみたら「もう購入しました」とは出なかったので漏れていたと判断し購入。
果たして購入していなかった。
天空寮と黒組の入る大地寮の対決を進めるべく、「夏フェス」と称して南の島に皆を拉致して、予選(と称したリクリエーション)やらを行う。


(3)ましろ色シンフォニー Blu-ray BOX
乾紗凪が途轍もなくオイラのツボにはまったアニメ。
制作会社のマングローブが倒産したとのことで(今期はGANGSTA.が放映されていたってのにね)、購入できなくなるかなと思いこれを機に購入してみた。
まあ、販売はKADOKAWAメディアファクトリーなので、それはないと思うのだが。
結構安い。

(4)海街diary オリジナルサウンドトラック
アクエリオン ロゴスのOPで菅野よう子さんがプロデュースしていたので、なにかアルバムでもないかと思い検索してみたらこれがヒットした。(ヤマイダレdarlin'はイマイチだと思う・・・)
聞いてみると、ジャジーな感じでなかなか良かったので購入。

(5)極厚インソール(サイズ調整用) L
踵がすり減ってきた革靴に踵補修材を使ったところ調子がイイというころで、継続して使用することに。
その革靴はもともと大き目のものがゆるんできてさらに緩んでしまいインソール2枚入れていたけど、ヘタってしまったので新しくしようと購入。
かなり厚めなもので前中後の部分を剥がすことで3段階の厚さに調整できる。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »