2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« タバスコを作ってみた | トップページ | 2015年第1四半期開始アニメの感想 »

2015年1月25日 (日)

今週届いた本

今のお仕事はあと1週間。
ちょいと問題が発生して、作業が止まってしまい、もう間に合わんよって所まで来ている。
なんとも、負け戦な雰囲気が蔓延して、もうどうでもいいって方向に流れてしまっているのですよ。
立つ鳥跡を濁さずっていきたいのに・・・。
もう、やれるところだけやっていこう。

(1)Software Design (ソフトウェア デザイン) 2015年 02月号 [雑誌]
第一特集のsystemdよりは、第二特集の「そろそろ、やめませんか?なぜ「運用でカバー」がダメなのか?」に引かれて購入。
検討が十分でなく解決するのにコストがかかるから、一見、手動で運用するのがお手軽ってことで、そのままグダグダになることってかなり多い・・・。
そういうのに限って、コストが積もるしメンバーの疲弊によって、いい加減な対処になっていくのが目に見える。


(2)月刊 アフタヌーン 2015年 03月号 [雑誌]
2014年四季賞冬のコンテスト 四季大賞受賞作品「直の矢」掲載
大学の弓道部のお話。奥手な志賀は、ひとめぼれした先輩が気になってスランプに陥る。同期の蒼は、そんな志賀にあるアドバイスをする。
不器用な青春物語。話はよくあるストレートなものだけれど、それを劇画調でしっかり見せてくれる。力量高い。

む、編集後記に書いてあったけれど、神戸在住のドラマが放送されたの?知らんかった。
ウチのほうだと1/17だったのか。

(3)宇宙警察☆ミーティアわんわん (1) (電撃コミックスEX)
ニニンがシノブ伝系。(なんだそりゃ)
メイン3人がボケだけで、ゲストキャラが突っ込みもしくはボケという、ボケだらけの漫画ですな。
古賀さんらしい。むしろ古賀テンプレートとでも言いましょうか。
今作の音速丸的存在は、プロキオンという、本体は子犬型宇宙人(でも、変なガタイのいいパワードスーツを着ていてキモイという)で、まだ、エンジンが温まっていない感じか。


(4)コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)
世界の狭間を垣間見るようなSF(少し不思議)系のお話。
以前、アフタヌーン増刊で書いていたPosition(だったっけ?)の続きのような感じ。

« タバスコを作ってみた | トップページ | 2015年第1四半期開始アニメの感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/58703581

この記事へのトラックバック一覧です: 今週届いた本:

« タバスコを作ってみた | トップページ | 2015年第1四半期開始アニメの感想 »

無料ブログはココログ