2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

株:現物売り約定(ダイハツ工業)

なんか知らんがダイハツ工業が思ったより上がってしまい、1,650円200株売りとしていたところ、1,662円で売り約定となりました。
なんで?1/29には減収減益を発表したのに・・・。ここは下がるところやろ。
いやまあ、おかげさんで1万6千円ほどの利益になりましたが。
予想PERが10.48倍って結構低いから、今後の値動き次第ではまた買うべきではないだろうか?

ダイハツ工業の本日の値動きは、始値1,662円、高値1,665円、安値1,586円、終値1,650円。

現在の内訳は

・コカ・コーラウエスト(2579):500株 損益 -26,000円
・コーエーテクモホールディングス(3635):200株 損益 -5,000円
・ヤフー(4689):600株 損益 -28,200円
・MARUWA(5344):100株 損益 -30,400円

・バンナムHD(7832):100株 損益 -36,200円
・東陽テクニカ(8151)200株 損益 +29,400円
・住友不動産販売(8870):200株 損益 -400円
・KADOKAWA・DOWANGO(9468):333株 損益 -158,211円 
・イノテック(9880):200株 損益 -1,000円

現状、含み損益-257,011円(-6.31%)となりました。
ンゴが下がりすぎ痛い。他もたいがいだけどな!
住友不動産販売は、上昇傾向にある・・・と思うので、まだ待つ。
コカ・コーラウェスト、イノテックも、値動き幅が少ない溜めているところなので、間もなく上がると期待している。

コーエーテクモ、バンナムは、変な時に買っちゃったから微妙な気がする。
ヤフーとMARUWAは・・・

望みの東陽テクニカは、1,150~1,200円くらいで売りとしましょうか。

2015年1月28日 (水)

株:現物買い約定(ソフトバンク,ダイハツ工業)売り約定(ソフトバンク)

ソフトバンクを7,460円で200株買い約定。7,465円で100株、7,470円で100株売り約定
ダイハツ工業を1,576円で200株買い約定。

当日の手数料・諸経費を見ると、ソフトバンクは100万円超えなので、1,562円(買)+400円(売り)となっている。アクティブプランにしているので本来ならば、買いの分は1,254円の手数料となる。これは当日は買付余力拘束金額として、暫定的に拘束されて、翌日未明に改めて本来の手数料体系になるとのこと。
・・・200株程度なら、6円プラスになっていないと手数料も賄えねぇ。これに税金がかかるだろ。
他にも100万円を超える約定をすると432円の手数料を持って行かれるから、100株だと4円プラスにならないとダメ。
んで、税金は124+338+32=494円。
というわけで、今回は、1,500円しかプラスになっておりませんので、246円の赤字だな・・・。
ダイハツ工業がどれだけ伸びるかにかかっている!

ソフトバンクの本日の値動きは、始値7,377円、高値7,488円、安値7,360円、終値7,444円。
ダイハツ工業の本日の値動きは、始値1,560円、高値1,480円、安値1,557円、終値1,572円。

現在の内訳は

・コカ・コーラウエスト(2579):500株 損益 -22,450円
・コーエーテクモホールディングス(3635):200株 損益 -1,820円
・ヤフー(4689):600株 損益 -16,560円
・MARUWA(5344):100株 損益 -32,450円

・ダイハツ工業(7262):200株 損益 -580円
・バンナムHD(7832):100株 損益 -42,000円
・東陽テクニカ(8151)200株 損益 +15,300円
・住友不動産販売(8870):200株 損益 +11,820円
・KADOKAWA・DOWANGO(9468):333株 損益 -160,576.3円 
・イノテック(9880):200株 損益 -200円

現状、含み損益-251,516.3円(-5.73%)となりました。
カドカワンゴ・・・。
やっぱ、デイトレーディングは、値動きが激しい、ソフトバンクとか、日経平均に名を連ねているものを狙った方がいい。あと、日々の値動きの癖も見ておくべき。
株式市場が開いたら、一旦、グッと下がって、その後15分くらいで上がったり、その後下がるといった感じとか。まあ、いつもそうと限るわけではないのだろうけど。
正直、ウィークリートレーディングでは、あまり売買が激しすぎないものを狙った方がいいのかもしれないなと思ったり。
今更?

2015年第1四半期開始アニメの感想

今期は、切るものが多い。もう、学園異能バトル物はテンプレ過ぎてイラネー。
もう、アルドノア・ゼロと蒼穹のファフナーだけでイイかなとか。

-優良作-
●アルドノア・ゼロ    http://www.aldnoahzero.com
前期同様、良いクオリティ。
主人公が冷静に理知的に絶望的に強いと思われた敵の弱点を突いて倒すという爽快感に惚れた作品。
今期も同様に主人公の理知的な戦術能力にコンピュータの計算力が加わって、さらにすぐれた戦術を使うようになった。
でも、ちょっとチート臭いような気がする。眼球をI/Fにしたなら、ロボットにも搭載可能じゃないの?味方が結構無能に見えるよって感じもする。
ドラマ的にも、前作の敵側にありながら虐げられていた”コウモリ”(この呼び名は示唆的だよね)が、権力を得てこれからどう振る舞っていくのかも楽しみなところ。

●蒼穹のファフナー EXODUS    http://fafner-exodus.jp
最近ぱっとしない印象のXEBEXが過去の遺産を掘り起こしたって感じかなと思ったら、結構金掛けているなーっとイイ感じ。
音楽にフィルハーモニーを使ってるし、CGを自然な感じで精密に描いて時間かけているようだし。
今期の優良作の一つだなと。
ただ、前作から期間を開いてしまったので、登場人物の立ち位置を忘れてしまっている・・・。
前作はどうやって終わったんだっけ?北極だかで大決戦って形になったような記憶が。

-良作-
●ローリング☆ガール    http://rollinggirls.com
いい意味で馬鹿アニメ。
地方自治体が独立国家になって、緩い国家間戦争が発生。
ご当地に関した異能の力を持つモサが自警団(一般人=モブ)を率いて戦いに赴く。
緩い感じの異能バトル。
キルラキルっぽい、バカっぽさと緩さだな。
90年、00年代の歌謡曲をカバーしているってところで、オッホイ。

●デス・パレード    http://www.deathparade.jp
3話から。死んだ人間がたどり着くBAR。そこで二人がゲームをする。
人生絵巻をゲームを通して見せていく。
なかなか、30分ものでは描き切れない薄っぺらでありながらイイ話。
BARという限定空間でやり取りって、ある意味簡単、でも話を広がせるには難しい。
見ごたえありそう。

●艦隊これくしょん    http://kancolle-anime.jp
ゲームは未体験。ニコ動でMADやら見たくらい。
吹雪の野暮ったい感じが良いところだと思うのだが。というか、辺境ちんじふ騒動記のイメージが強いので、なんか違うなという感じもするが、これはこれで。

●東京喰種√A    http://www.marv.jp/special/tokyoghoul/
前作からの続き。戦いの終焉と決別?から。
ま、安定。

●幸腹グラフティ    http://www.tbs.co.jp/anime/koufuku_g/
深夜に飯テロとは、業腹な(食い物ネタだけに)。立った腹は、飯を食って横にしませう。
OPが、坂本真綾+ラスマス フェイバーってことで、輪廻のラグランジェっぽいなーとか思ったけれど、
新房監督+シャフトなのに、劇場を眺めているようないつもの感じというか臭いが無いのが、何か思ったところがあるのか、単に飽きたのか。

●冴えない彼女の育てかた    http://www.saenai.tv
初めっから温泉回かよ。
ついでに説明的キャラ紹介がアカンと言っている傍から説明的・・・。
ハーレム物だし、エロい。

-及第点-
●アイドルマスターシンデレラガールズ    http://imas-cinderella.com
2話目にして、大量のキャラが出てき過ぎて覚え切れられません・・・。
今までのアイドルマスターの所属事務所と違い、お金があるところというのが。
ある意味スポ魂的な成長物としてみる。
ツボから外れているが、見ていく方向で。

●神様はじめました◎    http://mikagesha.com
まあ、前回と変わらない。
新米神様女子高生 奈々生と信士 巴衛 の恋愛模様の方向性に単に新キャラが登場してドタバタというのもあまり変わらない。
巴衛がまた居なくなってって話もでるのか?もしくは奈々生が神様ではなくなって、巴衛はどうするかとか?

●みんな集まれ!ファルコム学園SC    http://www.fal-gaku.com
安定のぐちゃぐちゃ感。

●純潔のマリア   http://www.junketsu-maria.tv
原作の漫画は借りてみてた。ので、話の展開は分かっている。
漫画では描き切れなかったこの頃の戦いのありさまってのが描かれているのは良い点か。
なんとなく、キャラが藤島康介っぽくみえるのは気のせいだろうか?

●暗殺教室    http://www.ansatsu-anime.com  (映像・音声注意)
月をほぼ破壊した超常生物が、地球を1年後に破壊するとの予告とともに、政府に出した提案「ダメ生徒たちの先生をする。生徒たちが暗殺できたら破壊を止められるだろう。」と。
→ISISの所為で自粛だって・・・。
 TV局って変なところでしか空気読まないよな!

●DOGDAYS''   http://www.dogdays.tv
前作と同じく安定。
まあ、変わり映えしないといえばそうかもしれない。

●デュラララ!!×2 承    http://www.durarara.com
これも前作と同じく安定。
原作である小説は読んでしまっているので、先の展開は分かっている・・・(あんまり覚えていないような)。
後は見せ方なんだろうけれど、うむぅ。あまり派手さはないような。

●ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセーダーズ   http://jojo-animation.com
正直、この辺の話はダレている。
あまり面白味がない。

―もっと頑張りましょう―
●夜ノヤッターマン    http://yatterman.jp
かつての正義の味方を正体不明な存在とするガッチャマン クラウズの二匹目の泥鰌を狙った感じでもない。
止め画を使うとか、明後日の方向を見せるとかなところが、キャシャーンSinsを思い浮かぶかなと。
2話まで見てなんか纏まるのかなという危うい雰囲気を感じてしまった。
まあ、幼女萌え?

●ドアマイガーD    http://www.tvk-yokohama.com/doamai/
5分もの
1960年代のアニメ風+甘味を食わせて倒すって、1話くらいなら色物として見てられるけど、それ以降の続きが同じなら・・・。

●ISUKA  http://isuca.net
エロ枠。
まあ、何と言いますか、内容が頭悪いとしか言いようがないですな。
人間の生気を吸う代わりに、快楽を与える妖怪。そいつらを封印する退魔師となんか生気を多量にもっていたり特殊能力がある平凡な男子学生。
何故か快楽をもって襲われるのは女子学生で、男は殺されてしまうという・・・。まあ、男が身もだえするところを見てもって話はありますが。
登場人物もツンデレペッタンコお嬢様とかパンツ履かない巨乳猫又とか世間知らずのボケボケ巨乳令嬢とか頭悪いですね。
あと、クールのはじめより1,2週遅れたのは制作が遅れたのかなーとか勘ぐってみたり。OP,EDも適当だし、本編の品質もあまりよくないし、何だかなーって感じ。

-切り-
●ユリ熊嵐    http://www.yurikuma.jp
えー・・・、えー?熊が人襲う世界。それとユリを混ぜてみましたという。熊が人を喰うって、キマシタワー的な事なの?
輪るピングドラムっぽいなと思ったら、幾原監督か。ならば仕方がない。
と思ったけれど、意味不明すぎるし、百合物は食傷気味で敢えて見続ける意味がない。

●フランチェスカ    http://www.heart-bit.com/francesca/
萌えフランケン。というか、アンデッドたちがメインな登場人物っていうところが変わっているといえば変わっている。
でも、歴史上の人物を現代で動かすってだけの話にしかなってない。
アンデッドだからって色が全くないよね。

●みりたり!    http://dreamcreation.co.jp/militari/
5分ロリミリタリコメディもの。
まあ、誰向けなのかイマイチ読めない。(ミリオタ?ロリ?4コママニア?)
まあ、こういうのも在り来たりなので。

●アブソリュート・デュオ    http://absoluteduo.com
学園異能バトル系ラノベ物。
何かを注射されたら心の力を武器に具現化できちゃって、学園に囲い込みますよーって話。
武器ではなく盾を具現化する男子が主人公。ボケボケな銀髪幼女風美少女と同室になったとかファンタジー。
3話まで見てみたけど、バトルに迫力なさ過ぎて萎えた。
話もラノベテンプレで、キャラもテンプレ。見るべきところがない。

●聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)    http://warubure-anime.com
学園異能バト系ルラノベ物・・・。
前世の記憶に目覚めたら、武器か魔法が使えるよ。学園に集めて敵と戦うよ。
話もラノベテンプレで、キャラもテンプレ。見るべきところがない。

●銃皇無尽のファニファール    http://www.tbs.co.jp/anime/fafnir/
学園異能バト系ラノベ物・・・。いい加減にしろよコラ!
世界にドラゴンが来たら、超能力を持つ子供が生まれたよ。その力で撃退するんだけど、その子供たちを教育する学校(女子校)に力を持つ男が来ましたよ、ハーレム物ですよ、という話。
しょっぱなからスッポンポンで一話を掴んだってことですか?妹もいるし、ツンツンお嬢様もいるし、・・・。あまりにも何も考えずラノベメソッドに従っているのが、なんとも。
ラノベの画そのままっぽいので、何とも安っぽいキャラにしか見えないし。
あまり売りになるところがない。

●新妹魔王の契約者    http://anime-shinmaimaou.com
あー、1話前半のご都合主義的なバカな展開。見ていて頭痛い。
突然魔王になった女子が、敵に追われて現実世界での逃亡の足がかりにと男親・男子の家庭というか家を奪おうとする。
でもその男家庭は、勇者の里から逃れてきた勇者の血を引くものだった・・・。
んで、その妹と従者のロリサキュバスがエロい展開になるって、これもテンプレだよな・・・。

●戦国無双    http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/sengokumusou/index2.html
コーエーテクモの戦国無双をもとにしているのに、キャラの画が適当にしか見えませんよ?
やるならゲームの3Dキャラクタをそのまま使えばいいのに。
声優の豪華さだけは逸品だけれど、それ以外に売りは見えない。声優だけで金が尽きたか?
なんで、いつも戦装束なの?武将の強さが半端ないし種子島当たらないじゃん。武将があんだけ強いならさっさと突っ込んでかき回してしまえばいいじゃん。
都合よすぎ。もう、ナンチャッテ戦国物はもうイランかな・・・。

●美男高校地球防衛部LOVE!    http://boueibu.com
腐女子向け?男子高校生変身魔法少女戦隊物。いや、男子だって言ってるじゃん。なに魔法少女って・・・。

●桜Trick    http://www.tbs.co.jp/anime/sakura/
ユリもの・・・。
なんかもうお腹いっぱいなので、単に女の子同士がイチャイチャする非生産的な話はもういいや。
1話途中まで見たけど合わない。切り。

他にもあるけど、前作で切ったものは初めから見ていない。


継続
●ワールドトリガー
●SHIROBAKO
●四月は君の嘘
●Gのレコンギスタ
●ガンダムビルドファイターズトライ
●暁のヨナ
●七つの大罪
●弱虫ペダル GRANDE ROAD
●寄生獣 セイの格率
●ログ・ホライズン 第2シリーズ
●クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

2015年1月25日 (日)

今週届いた本

今のお仕事はあと1週間。
ちょいと問題が発生して、作業が止まってしまい、もう間に合わんよって所まで来ている。
なんとも、負け戦な雰囲気が蔓延して、もうどうでもいいって方向に流れてしまっているのですよ。
立つ鳥跡を濁さずっていきたいのに・・・。
もう、やれるところだけやっていこう。

(1)Software Design (ソフトウェア デザイン) 2015年 02月号 [雑誌]
第一特集のsystemdよりは、第二特集の「そろそろ、やめませんか?なぜ「運用でカバー」がダメなのか?」に引かれて購入。
検討が十分でなく解決するのにコストがかかるから、一見、手動で運用するのがお手軽ってことで、そのままグダグダになることってかなり多い・・・。
そういうのに限って、コストが積もるしメンバーの疲弊によって、いい加減な対処になっていくのが目に見える。


(2)月刊 アフタヌーン 2015年 03月号 [雑誌]
2014年四季賞冬のコンテスト 四季大賞受賞作品「直の矢」掲載
大学の弓道部のお話。奥手な志賀は、ひとめぼれした先輩が気になってスランプに陥る。同期の蒼は、そんな志賀にあるアドバイスをする。
不器用な青春物語。話はよくあるストレートなものだけれど、それを劇画調でしっかり見せてくれる。力量高い。

む、編集後記に書いてあったけれど、神戸在住のドラマが放送されたの?知らんかった。
ウチのほうだと1/17だったのか。

(3)宇宙警察☆ミーティアわんわん (1) (電撃コミックスEX)
ニニンがシノブ伝系。(なんだそりゃ)
メイン3人がボケだけで、ゲストキャラが突っ込みもしくはボケという、ボケだらけの漫画ですな。
古賀さんらしい。むしろ古賀テンプレートとでも言いましょうか。
今作の音速丸的存在は、プロキオンという、本体は子犬型宇宙人(でも、変なガタイのいいパワードスーツを着ていてキモイという)で、まだ、エンジンが温まっていない感じか。


(4)コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)
世界の狭間を垣間見るようなSF(少し不思議)系のお話。
以前、アフタヌーン増刊で書いていたPosition(だったっけ?)の続きのような感じ。

タバスコを作ってみた

ジュースのおまけについてきた唐辛子が大量に実がなったので、タバスコ(ペッパーソース)を作ってみた。
男の趣肴ホームページ「イタリアーんではなかった「タバスコ」を参考にしてみました。

1週間前から塩水につけておいた唐辛子を、100円ショップで買ってきたおひとり様用すり鉢を使って、5回くらいに分けてすりつぶしてみまししたが、えらいしんどい。途中でめんどくさくなってきたし。
表皮が硬くて全て擂ることはできなかった。塩水につける前にある程度細かくしておくべきだったかもしれない。あと、酢も初めに加えておくと効果的かもしれない。
「裏ごしする」とあるけれど、これもやってない。
火を通すことをしていないので、カビとかが心配だけど、一応オリーブオイルを上にかけてみた。ある程度塩分もあるし大丈夫・・・だよね。(意味はあまりないかもだけど、乾燥バジルもちょっと入れてみた)

1,2週間くらい冷蔵庫で寝かしてみてから、味見してみよう。

Img_0694

Img_0695

Img_0696

Img_0701

Img_0703_2




2015年1月22日 (木)

株:現物買い約定(東陽テクニカ)

株の乱高下は落ち着いてきたような印象を受けるけれど、その代り下がり始めているのではないかと思ってみたり。それは自分の持ち株だけか?
ある程度上がりそうかなという感じの株を探していたら、キャノン電子と東陽テクニカがあったので、買いとしてみました。
キャノン電子は、思った以上に上がりやがりまして買えませんでしたが。
東陽テクニカは、反省してそこそこの値段1,010円200株(NISA枠)としたところ買い約定となりました。

東陽テクニカの本日の値動きは、始値1,022円、高値1,024円、安値1,005円、終値1,014円。

現在の内訳は

・コカ・コーラウエスト(2579):500株 損益 -44,500円
・コーエーテクモホールディングス(3635):200株 損益 -19,000円
・ヤフー(4689):600株 損益 -25,200円
・MARUWA(5344):100株 損益 -42,400円
・バンナムHD(7832):100株 損益 -43,200円
・東陽テクニカ(8151)200株 損益 +1,200円
・住友不動産販売(8870):200株 損益 -5,400円
・KADOKAWA・DOWANGO(9468):333株 損益 -155,215円 
・イノテック(9880):200株 損益 -1,400円

現状、含み損益-335,115円(-8.23%)となりました。
あ・・・れ・・・、これ・・・酷くない?酷いよね・・・。
なんかもうダメぽ・・・。
カドカワンゴが想定以上にだめんご。まあ、もうちょい落ち着いたら買い増してもいいんだけど。
今はイノテックを買い増す方向で。

2015年1月18日 (日)

今週買ってきた本、届いた本

今の仕事が1末までで終了となりました。
次の仕事の予定としては、同じ会社の別部署でCRMだかDWHだか。以前、DWHのツールを開発・保守をやっていたので、まあ、分かる分野だと思うけど、開発じゃなくてツールを使った設定・環境の作成みたいなんだよね・・・。
今やっている仕事よりは範囲が狭くてやりやすくなるとは思うけど、通勤時間が辛いのは変わらない・・・。
作業量や期間が分からないのでまだ何とも言えないけれど。

(1)文豪ナビ 夏目漱石 新潮文庫編
夏目漱石は、「坊ちゃん」「こころ」「吾輩は猫である」を読んだくらいか。今、朝日新聞掲載の「三四郎」を読んでいるところ。
改めて夏目漱石について知って見ようかなと思ったのと、床屋(QB HOUSE)用の千円札に崩すために購入。

(2)世界で一番美しい猫の図鑑
有楽町の三省堂で見かけて、綺麗な猫の写真に引かれたんだけれど、重くて購入するのに躊躇していた。41,08円(税込)ってこともあるけど。
今月はあんまり購入していないから、買ってもイイかなと。
改めてちゃんと見てみると、大体のネコの写真が1枚しかないとかちょっと物足りないところもある。解説はちゃんとある。
あと、Amazonで購入したら、裏表紙にへこみが・・・。

(3)アップルシードα(1)
黒田硫黄さんが描くアップルシードってどうなるんだろうって思っていたのだけれど、やっぱり黒田節は健在。
ごちゃごちゃした街や人間を墨描きで見せてる。
映画版とは話は違うみたいね。

(4)ゲームラボ 2015年2月号
ゲーム攻略・アニメがメインになってしまって、以前のハッキングの色は全く抜けてしまった。一言でいうと、もう購入意欲がなくなってしまうほどグレードダウンしている。
後半にある執筆陣の記事はまだ気になるけれど、数が少なくなってきて、もう価格と見合わないかなと。

(5)デュラララ!!SH×3

(6)枚秒1万アクセス カフカに耐えるWebの作り方
AKB総選挙投票のWebシステムを構築した試行錯誤とノウハウを描いていて、面白いなと思い購入。(まだほんのはじめしか読めていないケド)
システム全体の構築とプロジェクトの進め方は、参考になる。

(7)この1冊ですべてわかる CRMの基本
次のお仕事に関係するとのことで、購入。
なるほど、顧客一人ずつ情報を管理することで、上客(購入意欲があり更に利用してもらえそうな客)に更なるサービス向上を狙うため、何を欲しているかを見ていくと。
ポイントサービスは、顧客各人の情報集めの一環である。それが、携帯やインターネットの進化により実現できるようになったってこと。
あくまでも基本なんだけれど、入門書としては一通りは分かる良書と思う。

2015年1月17日 (土)

2014年第4四半期終了アニメの感想

超綺麗なCGを使って見せる作品が多くなってきた一方、ラノベや漫画の人気作に乗っかっただけの作品も多いって感じぃ?
あと、2クール以上の連続継続物が多いけれど、何か技術的革命が起きたのかアニメ会社がやばい状況になってもっと自転車操業をするようになったとか?
良い作品がしっかり描かれるのはありがたいけれど、大丈夫なのかな。

―最優秀作―
●神撃のバハムート GENESIS
今期、一番見せてくれた作品。
超絶綺麗で迫力ある画で見せてくれたし、卑劣で小悪党な主人公が、引っ張られながらも最後には矜持を見せてくれたって、良い話だったと思う。

●PSYCHO-PASS サイコパス2
世界の根幹であり暗部に対して、敵役が自分を認めさせること、自分を裁かせることを示すことで、
また社会システム自身に対しても同じく認め・裁く自浄作用が必要だよねって話でOK?
常守茜の成長によって、どこか有ったゆるみが無くなって、良い方向にカチッと収まった感じ。

-良作-
●結城友奈は勇者である
まどマギに似ていたけど、結局は丸く収めて”しまった”という感じ。
代償を捧げて力を得るってのは神が理解していなかったからで、反乱を見せることで理解したってことなのかな。
でもそれって、デッカイ力を得た負債をチャラにしてしまったっていう、デウスエクスマキナな話になってしまい、あの世界の設定を見せて、キャラたちはお役御免でご苦労様ってことで元に戻してお終いという、なんか纏め方が適当だったなという印象しか残らなかった。
最後に「結城友奈の章」って出てきたのは続きを作るのだろうけど、あの世界での救いを見せるにはどうするんだろうね。

●棺姫のチャイカ 第2期 AVENGING BATTLE
最後のほうの纏め方が何とも乱暴だったかなと。特に最終回が、記憶を使ってしまったチャイカが、静かに余生を暮しましたとさって記憶を使った意味が薄れてしまったんじゃないか。記憶を使っても仲間に囲まれまた思い出を作っていくという流れ?
それだったら、革命機ヴァルブレイブのように潔くするべきだったのではないかと・・・。放り投げっぱなしで無籍んだけどね。
原作読めば分かるのか?

●selector spread WIXOSS
良い出来だったけれど、商売を考えていないんじゃないかって感じのダークさが何ともよかった。
2クールに分けて正解だったとも思う。前半で絶望な状況を描き、一旦おいて、後半で救いへと向かう。
まあ、2クール目の初めは相変わらずダークな感じで引っ張りすぎかなとか、終わりに向けて段々ダークさが抜けていって丸く収めすぎじゃないかなとも思われ。

●Fate/stay night Unlimited Blade Works
ここまで品質の高いものを継続して作っていくってのはすごすぎる。
遠坂のネコ的なところがなんともよく描けていたし。
まあ、話はゲーム体験済みなので先は分かっている(ハズ・・・忘れているけどね)ので、鉄板なのは分かっていたけどね。
もうちょい武内キャラに留まらず、もうちょい魅力的に描いえ暮れてもよかったんじゃないかなと思う。

●魔弾の王と戦姫
主人公が真っ直ぐな奴で気持ちよく見られた。ハーレム物ってほどベタベタではなかったところもよかったかな。
まあ、戦ものなので、唸らせるような戦略、戦術を駆使した形を見せてくれれば、良かったかなとも思う。(もしくはまおゆう的な方向とか・・・、これだと話の趣旨が変わってきちゃうか)

●ソードアート・オンラインⅡ
もともとが好きな展開の話で、原作をしっかり描いてくれてよかったかなと。
クオリティも十分よかったし。

-及第点-
●ヤマノススメ セカンドシーズン
元々、成長と友情の絆が強くなって行くのを描いていたのだけれど、今回もさらに成長が見られてよかったなとお父さん気分。
新キャラ出てきたけど、あんまり活躍して無かったよね。

●白銀の意思 アルジェヴォルン
初めは戦闘の描き方が適当だなと批評したけれど、話が進んで中盤あたりは結構楽しめた。
でも、最後の最後も適当すぎるような・・・。
敵側のライバルが壊れて適当に死んでしまうし、隊長が暴走してそのまま戦いの趨勢が決まってしまって終わりましたとさめでたしめでたし?って。
うーむ。

●グリザイアの果実
エロゲーによくある系統の話であったかな。危機的な状況に対して、主人公とヒロインが対決して仲を深めるという。
そして、主人公がクールで兵士としてのスキルが高いっていう点も。見せ方も、1ヒロインずつのエピソードを完結させていく全見せパターンだし。
しかし、最後の天音編はエグイかったな・・・。あれ見て数日は気分的に変調を来したよ・・・。
あんな出来事は今の日本では起こりえないと言い訳を考えて心の平穏を保ってみたり。日本の中でショートカットできる山中の道で、遭難したら見つからないようなところなんてないさ、とか、方位磁石が利かないといっても日とか北極星とかでわからんもんかねとか。
続編「グリザイアの迷宮」へと続くので、もうちょい話を練ってくれればなと思う。

●異能バトルは日常系のなかで
まあ、ハーレム物だったけれど、主人公は中二病なのに「異能は何かに使うものではなくてカッコいいだけのものだ」という変に物分かりがいいというところが、この話のポイントだったかな。
普通、中二病患者は、その異能で世界を変革しようという方向になるのがラノベメソッド。それをあえて使わない方向に持っていくのが斬新・・・と思っていたら、なんか裏では異能バトルをやっていて、単に守られていただけでしたーって方向に向かってしまったのはなんかツマラナイなと思ってしまった。

●天体のメソッド
なんか描きたかったものが何なのかよくわからなかったような・・・。
幼いころの友情が大きくなるとすれ違いがおきるけれど、やっぱり話し合えば分かり合える?
んー、なんか違うような。
よくある女子だけの友情だと在り来たりだから男の湊太を出してこうって感じで出してみたけど、扱い難しいなーってあれよあれよと酷い扱いに・・・。
UFOってどういう理由で来たのか(乃々香たちが読んだからなんだけど、ノエルのほうの動機は?存在意義は?なぜ望みを叶えようとするのか?)とか、ノエルが居なくなった世界はどうやってできたのかとか、色々ほったらかし。
尺が無いから説明できなかったとか、とりあえず落ちを考え付かないから走り始めてから考えようとしたら時間が無くてグダグダになったのかとか思ったり。
ま、画とか動きとかは及第点だけど、話がねぇ。

●失われた未来を求めて
タイムトリップものとしては、平凡かなと思う。
キューブとゆいがどうやって過去にこれたのかイマイチよくわからんかったし。それはそういうものだと思っとけって所なのかな?
やはり、シュタゲというタイムトリップものの金字塔と比較してしまうと、同じところで同じようにループしていて上下があまりないぬるま湯なところが、ぼんやりしてしまったような。

●甘城ブリリアントパーク
京アニらしいといえばらしいのだが、単に新キャラが出てきてドタバタするという話で始終してしまった。
最後もなんとなーく条件をクリアしてしまいましたよーって印象で、劇的なところがなくぼんやりな話だなと。

●大図書館の羊飼い
画とか動きとか、ちょっと手抜きっぽい印象が。
話も、羊飼いが前面に出てきたと思ったら、仲間の話に戻ったり、どっちかにしろよ!って思ったり。
芯が無くてグニャグニャな感じ。

●旦那が何を言っているかわからない件
原作を見ていないのでなんなのだが。
オタク話かと思いつつ、版権の問題があることからか、オタクの生態(ファンタジー)を描くのか描かれないのか、単なる(大人になり切れない大人の)ドタバタ劇でしかなくなってしまったような。

●アカメが斬る
あー、最終話が取れなくて見られなかったので、完全な感想にはならないけれど、これもブレブレだった。
初めは帝国の権力者はスゲー酷いんだぜって所から始まって、エグイなーと思っていたのだけれど、いつの間にか敵側にも悲しい事情があるんです、察してくださいって方向に向かった挙句に、キャラの潰し合い。
何を言いたかったんだって、問い詰めたい。

-切ったもの-
●デンキ街の本屋さん
アキバの雰囲気をギャグに持っていこうと知ったのだろうけど、あくまで雰囲気でまがい物でしかない。
その売りが無いと、単にドタバタコミックでしかないわけで、ありきたり。

●トリニティセブン
途中まで見ていたが、展開がおかしいよこれ。
例えば敵となった姉を罠で捕まえておきながらあっさり慌てず逃げ出すのを見過ごしたり。
何かといえばセクハラなことしたり、展開鈍かったり、いろいろ変。

●なりヒロwww
gdgd妖精's枠なんだけど、敵役を設けてしまった挙句に変なストーリーを付けちゃったために、悪い方向にグダグダになった。

●テラフォーマーズ
いやー、漫画ならいいんだけどね。アニメになってしまうと、なんか同じ展開をグダグダ見せられておもろない。

●ガールフレンド(仮)
おんにゃのこがキャッキャウフフするだけで、ガールフレンドじゃねーじゃん。
女子だけで話が終わっていたので2,3話で切り。

●オオカミ少女と黒王子
●繰繰れ!コックリさん
●愛・天地無用!
●曇天に笑う
●俺、ツインテールになります。

継続
○ワールドトリガー
チェックしていなかったので初めの何話は見ていなかったが、見始めてみるとかなり良かった。
小中学生向けなんだろうけど、話がそこまで幼稚ではないので十分鑑賞に耐えうる。

●SHIROBAKO
●四月は君の嘘
●Gのレコンギスタ
●ガンダムビルドファイターズトライ
●暁のヨナ
●七つの大罪
●弱虫ペダル GRANDE ROAD
●寄生獣 セイの格率
●ログ・ホライズン 第2シリーズ
●クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

2015年1月12日 (月)

先週買ってきた本

今の仕事は1月中に終わりになる可能性が高い。
こういう仕事は、なぜか終わる間際始まる間際になるまで通知されないとか、決まらないことが多いんだよな・・・。
せめてこういう可能性があるよーって本人に通知してくれれば心の準備ができるのに。

(1)セプテンバー・ラプソディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 2-25)
V.I.ウォーショースキーシリーズの最新刊。
探偵物。

2015年1月 4日 (日)

今年の抱負

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

って、1/4になって、書くことじゃねーな、って去年も同じこと買いてら

  • 1/2早めに初詣に行った。おみくじは3年連続大吉。でも、一昨年、去年はそんなに良い目に合わなかったような・・・。それとも、なんとかもっと悪い目を避けられた結果なのだろうか。
  • 今年の漢字は「病欠」・・・。なんか大病でも?うちの家系は足回りの病気が多いので、そっちかなぁ。
  • 仕事は、今のやつが1末に終わる方向らしいので、今度は保守じゃなくて開発したい。んで、近場ならもっといいな。通勤時間片道2時間は辛すぎる。
    もう、保守なんてやりたくない。
  • 去年はネットワーク系を勉強したいといいつつ、情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストがさんざんな結果だったり、OpenFlowを勉強していなかったり。
    まあ、情報処理技術者試験エンベデッドシステムは合格できたし、シェルスクリプトは使えるようになってきたし勉強していないわけではないですよ?
    ネットワーク系はちょくちょくやっていく方向で、メインはDockerやらChefやら仮想化に関する勉強をするのですよ。
  • 株は、景気は2,3年周期で上下するから、そろそろ下がるはず。抑え気味に売買するつもり。
    定期預金とかをメインに持って行こうかと。NISAの2015年分はどうするかなぁ・・・。

なんかもう人生マンネリなのよね。
なんかサプライズ的な・・・結婚とか?その前に恋人探しじゃない?んー面倒。

今週届いたもの

1月2日に早め(9時あたり)に氏神様の雷神社へ初詣。
お参りの仕方忘れてるし。
おみくじは、3年連続大吉でした。

そんな年末年始の休みも明日でお終い。土日の休みは英気を養うけれど、長期の休みは仕事への意欲を奪う・・・。

(1)赤い光弾ジリオン DVD BOX(1)
(2)赤い光弾ジリオン DVD BOX(2)
赤い光弾ジリオンは、オイラのオタク人生の第一歩である作品の一つ。
発売されたのは12年も前なのだけれど、そろそろ購入しておかないと手に入らないんじゃないかと強迫観念にとらわれてしまい購入したですよ!
まだ、1枚目しか見てないけれど、リマスター仕様とあるけど今のTVで見てみると、あービデオあたりからおこしたのかなーという感じ。そしてメカとか今見るといささか古臭さは否めない(なんせ28年も前に放映された作品だし)とか、関俊彦さんの声がまだぶれてるなーとかあるけど、やはり面白い!!
OP、EDの結城梨沙さんが大好きだったので、LPとかCDとかそろえて歌ってたのが、思い浮かび、今でも十分歌えたり。

この頃のアニメは、今の綺麗に緻密に描くアニメとは違い、省略しても動きとかで見せたり、必要なところはガッツリ描いたりして、そこら辺の緩急がうまいなとも思う。ただ、ずっときれいに書くだけが能ではないと。

(3)インターネット私史 その礎を築いた友たちへ (NextPublishing) オンデマンド (ペーパーバック)
自分史だね。人との繋がりが日本のインターネットを作っていきましたよという話。技術的なことより、この年にこういう製品を使って、誰々にお世話になりました、苦労しましたって流れなので、その流れとか製品に思い入れが無いと詰まんないかも。
オイラ的には、製品はいまいちわからないけれど、テレホーダイやってた頃だからなるほどなーとみていけるって感じかしらん。

2015年1月 1日 (木)

シェルスクリプトの勉強してみた

毛嫌いしていたshellであったけど、去年は触る機会が多く結構使えることが分かったので、休みを利用してもうちょい勉強がてらお遊びで1つ作ってみようかなと思い立ったのですよ。
ネタは、以前Powershellで作ったニコニコ動画から動画をぶっこぬくやつ。
↓これ参照のこと。
GitHubを使ってみたお

今回もGitHubに入れといたのでそちら参照な。
VMWare上のUbuntuからGitHubに投入してみた。gitコマンドはもう入っていたし。
PowerShell版との最大の違いは、標準入力が使えること。パイプで動画番号を入れられるようになったよ。
ついでに造ったマイリストから動画番号を取得するシェルスクリプトも作ったから、これと組み合わせれば、マイリストの動画を簡単に物故抜ける。

■動画を取得するツール [get-nicovideo.sh]
ダウンロードしたい動画番号を指定して、出力先ディレクトリに出力します。
出力ファイル名は、<動画番号>.mp4 となります。

$ get-nicovideo.sh -u <UserID> -p <Password> <Movie No>[,<Movie No>...]

オプション説明
 -u: ニコニコ動画のユーザID
 -p: ニコニコ動画のユーザIDに対応するパスワード
 <Movie No>: ダウンロードしたい動画番号。カンマで区切ることで複数指定可能 標準入力も可

■マイリスト番号から動画URLを取得するツール [get_nicomylist.sh]
マイリスト番号からダウンロードしたい動画番号を指定して、出力先ディレクトリに出力します。 出力ファイル名は、<動画番号>.mp4 となります。
$ get_nicomylist.sh <MyList No>[,<MyList No>...]

<MyList No>: 動画番号を取得するマイリスト番号。カンマで区切ることで複数指定可能 標準入力も可

※:注意
著作権とかあるので、これ使うなら、ダウンロード可能な動画だけにしておけよ!
試しで作ってみただけだから、お前さんがどうなってもオイラは責任取りません。

今年の漢字

今年は「病欠」
うむぅ、去年の「他界」に続いてネガティブだなぁ。

ちなみに本名だと「卑劣」。うーん、いい言葉だ。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »