2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 今週届いた本とか | トップページ | 今週届いた本、買ってきた本 »

2014年11月24日 (月)

今週届いた本

積読を消化中。でも、前みたいに感想を書く気力なし。
アニメは、前まで時間のある限りあんまり気に入らない物も見ていたけど、今回からは閾値を上げていく。ガールフレンド(仮)とググれコックリさんは切った。

(1)マイボーイ(1) (アフタヌーンKC)
木村紺さんの第4作目の作品。潰れかけのボクシングジムでジムオーナーの孫娘 響がトレーナとなって4人の若いボクサーを鍛え上げる。
なんか、響の絵柄だけが他のキャラクターと違うんだよな。それが気になる。
話の根幹(養子だったとか)にかかわってくることなのか、単に萌えを狙ったのか。
それはともかく(オイラはボクシングについて知識はないけど) しっかりボクシングについて勉強しているようで、ガッツリ読めて骨子がしっかりしている良い作品。


(2)宇宙人相場 (ハヤカワ文庫 JA シ 4-3)
オタク産業の零細企業の社長がひょんなことから体の弱い美人さんと知り合って、会う時間を捻り出すため、デイトレーダーになるっていうファンタジー。
まあ、ひょんなことから出会って好き合うって所がファンタジーでもあり、株を勝ち続けるってところもファンタジー。あと、宇宙人は添え物レベルで必要なのって気もするけど、SF要素であり、もろもろのことを考えるキーにはなっているかもしれない。基本、描かれている世界は狭いなとも思う。「この空のまもり」と話の進み方は似てる。
でも、株をやっているとうなずけるところもかなりある。デイトレーディングより短いスカルピングという手法があって株式市場が開いて1時間で勝負する方法があるって初めて知ったのです。確かに市場が開いて1時間ばかしは値動きが激しくて、その後、昼前、昼後、閉じるときに値が動くのは実体験から知っているけど。

でも、これ読んで自分も一丁やったろと思う人は、勉強+様子見してからやったほうがいいと思う。誰もが儲けられるわけではないから。
大体、日本の株の上下は2~3年周期で、あともう少しで下がるかなと思われるので、今買うのは危険だと思う。個人的な意見だけど・・・。

(3)ブギーポップ・チェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック (電撃文庫)
今回は、心の中の黒(影)を操る者の話。歪曲王とかも出てくる。

心にある影って、ネガティブな感情や非社会的行動・思想ってことで描かれているけれど、人の心は他者から見えないし、自分でも(他人に指摘されるまで気づかないこともあるように)分かっていないことも多々ある。
そういう意味では、心ってのはほとんどが影(闇)なのかもしれない。超利己的に他者と協調することで自己の利益を最大にするように行動しているのかもしれないし。そうゆう風に振る舞っている人に対して、こちらの利益が得られれば好意を持って行動してくれていると(利己的に)感じているのかもしれない。

(4)Software Design (ソフトウェア デザイン) 2014年 12月号 [雑誌]
Dockerについては最近知りたいと思って資料をいろいろあさっているけど、ちゃんと読んでない・・・。これもその一つ。あと、第二特集のVPNについてもためになると思う。(まだ途中)

« 今週届いた本とか | トップページ | 今週届いた本、買ってきた本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/58072957

この記事へのトラックバック一覧です: 今週届いた本:

« 今週届いた本とか | トップページ | 今週届いた本、買ってきた本 »