2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

株:現物買い約定(明光ネットワークジャパン)

おーーい!なんだよ、いきなり‐79円の下落って、この値の株にしたら、下がりすぎだぜ!
大株主が217万5000株、オーバーアロットメントによる32万5000株の売り出しを行うって話。1割って結構多いよな。
というわけで、明光ネットワークジャパンを1,150円100株買いとしていたら、1,141円で買い約定したです。

明光ネットワークジャパンの本日の値動きは、始値1,141円、高値1,168円、安値1,141円、終値1,152円。

現在の内訳は

・ハウス食品(2810):200株 損益 +1,000円
・クラレ(3405):200株 損益 +14,200円
・大塚ホールディングス(4578):200株 損益 +9,600円
・明光ネットワーク(4668):200株 損益 +1,100円
・ヤフー(4689):200株 損益 -13,500円
・日特エンジニアリング(6145):200株 損益 +3,000円
・NSD(9759):100株 損益 -5,500円

現状、含み損益+9,900円(+0.57%)となりました。

うーん、大量の株が売られるってことは、値が下がることは想像に難くない。
できれば、高くなってから売ってほしいけど、そりゃ望むだけ無理か。
明光ネットのチャートで、大量売りがあったあたりを見てみると、80万株で‐100円くらい言っているみたいだから、その30倍って、3000円下がったらマイナスになってしまいますがな!
こりゃ、塩漬け決定かな・・・。600円くらいで買いとしてみましょうか。
←あー、ちゃうわ、3倍だ、300円下がるくらいは覚悟しておけってことだ。800円くらいなるのかしらん。あまりにリアルな値なので逆にガッカリですわ。
これがなければ、1,220円くらいで売りかなと思っていたのだけれど。

いやいや、一時的に下がってもすぐ回復するとみましたよ、うん。

あと、ヤフー下がりすぎ。自社株買いすれば上がるものだと思っていたけど。読み負けだ・・・。

 

2013年10月27日 (日)

今週買ってきた本と届いた本

年末のせいか、更年期障害のせいか、焦燥感に駆られるが、焦ってもしょうがないので何もしない。

(1)WEB+DB PRESS vol.75
継続的Webサービス改善ガイドとNoSQL(Not only SQL)のMongoDB実践入門に引かれて購入。
Webサービスに限らず、システムには寿命があり、それをどのように対処しているのかと気になったですよ。と、その前にMongoDBのほうを先に読んでしまったり。BSONってのがどういったものか気になったもので。ふむー、基本的にOnMemoryで運用する方向なのか・・・。ある程度規模がないと、3サーバ構成なんてつくらないよなとか思ったり。

(2)vi/Vimコマンドポケットリファレンス
Linuxをよく使うのにviの基本的な使用方法しか使ったことがないので、もうちょい幅を広げてみたいと購入。
コマンドはあるけど、設定ファイルについては説明なし。設定ファイルでいろいろ設定できたよな?たしか・・・。

(3)UNIXシェルスクリプト コマンドブック 第2版
シェルが苦手で苦手でしょうがない。
理解をしようとしても、べたな感じで、頭に入ってこない・・・。
チラ見しかしていないケド、サンプルとか結構あっていい本かも。

(4)シドニアの騎士11
非武装主義者たちと一緒に惑星セブンに降下した人工生命体テルルの救出作戦を実施。非武装主義者に嫌われていた谷風を嫌っていたテルルであるが、命がけで救出してくれた谷風のことを好きになってしまうという・・・。

(5)プピポ~!1~3
押切蓮介さん祭り~。
人には見えない化け物が見えてしまう若葉ちゃん。その体質のせいで近づく人に災難が降ってきて一人ぼっちな学校生活であった。ある時拾ってきた不思議な生物ポ~ちゃんと一緒にいると、化け物が近寄ってこない。転校生 あーちゃんや、化け物が見える体質の結城君たちと仲良くなっていく。
そんなポ~ちゃんと若葉ちゃん達の不思議なハートフルコメディ。

いやー、いいです。すごくいいです。押切さんの描く女の子はスゲーいい。そして話もいい。脇役も立っているし(むしろ脇役が話を進める役でいい味出しているし)、ツボですわ。( ´ 3 `)プピポ~


(6)ツバキ 一~三
押切蓮介さん祭り~。
流れのマタギを生業として、(シャーマンみたいに)山と人と関わりを治めようとするが、人の欲望が山の怒りを誘い自滅していく。人の醜さがテーマ?
凛としていてそれでいてエロティックな椿鬼が、なんともかっこよく、孤独で守りたいという感情に駆られるですよ。

(7)死者の短剣 地平線 上下
四部作の完結編。

(8)孤児たちの軍隊 ガニメデへの飛翔
「21世紀版宇宙の戦士」といううたい文句に引かれてしまったですよ。

(9)バッカーノ!1935-C

(10)富士学校まめたん研究分室

(11)月刊電撃大王2013年12月号

(12)月刊アフタヌーン2013年12月号
「星のポン子と豆腐屋れい子」短期連載終了。なるほど、なんか丸く収まって・・・、ないよな。SFな短期物とだなぁというオチか。

(13)手帳 1月始まりティーズビュー3(No.175)
いつもは、オレンジとか赤とか白とかなんだけど、左側が1週間で右側がメモって形がこれしかなかったので・・・。
まあ、ペパーミントグリーン+パールみたいな色もいいかと思う今日この頃。

2013年10月26日 (土)

覚書:プロセスで分割することのメリット

WEB+DB PRESS Vol.75を読んで。

プログラムは結合度が低いほど、互いの影響が少なくなる。
んで、プロセスで処理を分割できれば、(相互に排他を行う必要がなければ)簡単に影響度が少なくできる。
たとえば、Webサーバのように、複数のユーザがアクセスしてきて、そのアクセスごとに処理をすればよくて、プロセス同士で互いにデータをやり取りする必要がなければ、プロセスを分割するのが簡単。スレッドでもできるけど。1つのプロセスが落ちてもほかのプロセスに影響が出ない。
プロセスを分割してプロセス間でデータのやり取りが必要なら、どうするかを検討する必要がある。スレッドならメモリ空間を共有できるのでデータを共有する処理が簡単になる。(排他が必要になるし、結合度が上がるけど・・・)
プロセス間でのデータ共有というと、パイプとかデカいデータなら共有メモリとかかな?
ここら辺の処理を作るのがめんどくさいって話はあるかも。

Javaでは、GCがボトルネックとなりうる。メモリ領域を大きくすることでGCの発生頻度が少なくなる代わりに、処理しなければならないメモリサイズが大きくなるので時間がかかる。逆にメモリ領域を小さくすることで、処理時間は短くなるがGCの発生頻度が多くなる。
→プロセスを分けることで、メモリの使用頻度が下がり、1プロセスあたりのGC発生頻度が下がり、必要なメモリサイズが少なくなるので処理時間も短くて済む。
そして、排他の影響も少なくできる。

そういえば、Appachのプロセス実行数が設定できるってのも、1つのプロセスが死んでもほかのプロセスは、影響を受けずに処理を継続できるという利点のためだったのね。

  • 互いに影響を少なくする必要がある場合は、スレッドよりもプロセスで分割することを検討する。
  • プロセス間でデータの共有がネックになりそうならスレッドのほうが簡単?
  • いまどきのCPUは、マルチコアなのでスレッドでもプロセスでも複数あっても並行実行はできちゃうからね。

Microsoft Outlook 2010が「実行できるようにはなっていません」って出て送受信できないのん!

原因がわからないのだけれど、今日、Microsoft Outlook 2010を起動しても送受信しないので、F9キーを押してみたら「実行できるようにはなっていません」って出て送受信できないのん。
ググってみると、「更新プログラム適用後に、Outlook 2010 で送受信しようとすると「実行できるようになっていません」エラーが表示される」ってちょうどこれと同じ現象なのん。
あー、そういえばOffice SP2を適用したような希ガス。

うちはMicrosoft Office 2010でインストールしているから、上記のHPの通りにすると、MS Officeが使えなくなっちゃうのん。
あかんということで、Yahoo知恵袋にあったリンクから「Office 2010 を修復する方法」を実行したのん。officeをアンインストールじゃなくて変更を選択してから修復を選ぶのん。

うまくいったのん。

2013年10月25日 (金)

株:現物買い約定(ヤフー)

ヤフーを500株500円で買い約定できたぜ!Yahoo!!
お、自社株買いするのか。良いタイミングです。さっそくPTSで値が上がり始めてますよー。
そろそろ資金がなくなってきたので、これ以上下がるとやばいですよー。

ヤフーの本日の値動きは、始値507円、高値513円、安値500円、終値501円。
現在の内訳は

・ハウス食品(2810):200株 損益 -2,200円
・クラレ(3405):200株 損益 +8,800円
・大塚ホールディングス(4578):200株 損益 2.800円
・ヤフー(4689):200株 損益 +6,000円
・日特エンジニアリング(6145):200株 損益 1,400円
・NSD(9759):100株 損益 -8,800円

現状、含み損益;8,000円(+0.49%)となりました。

ヤフーは、560円くらいで売りと期待。

今のところ、OBARA GROUPが2,500円で買えないかなと虎視眈々と狙っている。
クラレとハウス食品の動きがズブイので、ちょっとイラついているけれど、まだ待ちだと考えている。
この値のくらいだと、1万円くらいプラスになったらズブイ感触。
でも、売った後にドガンと上がったりするから不思議・・・。(辛抱がないだけだろ。ハイソウデスネ。)

2013年10月23日 (水)

株:現物買い約定(大塚ホールディングス、日特エンジニアリング)

ぼけーっと、株を見ていたら大塚ホールディングスと日特エンジニアリングがよさげに見えたんじゃ。
ほったら、大塚ホールディングスを2,670円200株、日特エンジニアリングを880円200株で買い約定でけたんじゃ。

大塚ホールディングスの本日の値動きは、始値2,689円、高値2,699円、安値2,660円、終値2,669円。
日特エンジニアリングの本日の値動きは、始値910円、高値910円、安値879円、終値879円。
現在の内訳は

・ハウス食品(2810):200株 損益 1,800円
・クラレ(3405):200株 損益 +8,000円
大塚ホールディングス(4578):200株 損益 -200円
日特エンジニアリング(6145):200株 損益 -200円
・NSD(9759):100株 損益 -9,000円

現状、含み損益-400円(-0.03%)となりました。

大塚ホールディングスは3,100円くらいで、日特エンジニアリングは1,050円くらいで売れたらいいな・・・。

あとはねぇ、ヤフーが500円、OBARA GROUPが2,500円、明光ネットワークジャパンが1,150円(これはむりかな?)で買えたらいいなと思っている。

2013年10月20日 (日)

今週届いたもの

そろそろ仕事のモラトリアム期間が終わりそう。
値段の都合がついたら、外苑でお仕事となりますが、どうなることやら。
おされサンの集まる青山とか渋谷とか、あんまり好きじゃないんだよな・・・。

(1)テングガール 1 (ヤングキングコミックス)
上山徹朗さんの新シリーズ。
今回は、コメディタッチな話回しで、オイラのツボにスゲー来たです。
おすすめ。


(2)ゲームラボ 2013年 11月号 [雑誌]
まー、特にツボのものはなし。


(3)Mad Catz PlayStation3用ゲーミングコントローラー STREET FIGHTER X 鉄拳 ファイトパッド SD  リュウ & ケン バーサス 一八 & ニーナ MC3-FP-SXT-R
PS3のストリートファイターを買ったけれど、PS3のパッドでやるのは辛すぎて、お蔵入り。
このパッドから配線を引っ張ってきて、昔買った鉄製のアーケードスティックにつなぐつもり。このパッドはまあ、ちゃちいね・・・。
→ストリートファイターⅣでちょっと使ってみた。あれ、結構使いやすい・・・。


(4)ツナイデント3 PRO
上のパッドを買う前に、ヨドバシカメラで物色していたですよ。PS2のパッドで改造したものあったかなーとか、思い浮かべていたらこれがあったので、何も考えず購入したです。
改造したのは、初代PSのパッドでした・・・。
一応、うちにあるPS2のパッド(純正とどこかのサードパーティー製)はすべからくつかえた。

平成25年度秋期 情報処理技術者試験ネットワークスペシャリストを受験してきました

去年と同じく岩崎学園で受験。
去年は秋晴れだったのに、今年は雨降り。少し寒い・・・。
そして、去年のくそったれな仕事の忙しさとは一転、定時に帰られる楽な状態。でも、勉強に身が入らないのは変わらない。
もう、忙しさを言い訳にするのはやめよう。オイラ、怠け者なのね。

P1070089

岩崎学園の入り口では、情報処理技術者試験の張り紙がなく、案内のお兄ちゃんに何階であるか聞かないとどこだかわからないという・・・。
何じゃそりゃ。

P1070091

24名の部屋で5名くらい欠席。女性は2,3名かな。年齢は30台前半から中盤くらいが多かった。雨だったからか、休み時間もシットリ静かで活気がない感じ。
あと、同僚のK氏も同じ部屋だったし。うちの会社は、合格祝い金とかあるけど、まじめに受験する奴が少ないので初めて。だからと言って何が変わるわけでもないけど。

まあ、それはともかく今回もすべての欄を埋めることができた。正解かどうかはともかく。
午後Ⅰは、問1,2を選択。問3のVLANとかイマイチわかってないんだよ・・・。
午後Ⅱは、マイブームなOpenFlowについての問題である問2を選択。

んで、午前問題の解答がIPAホームページに載せられたので採点してみた。
午前Ⅰは16問正解。
あー、問2をチョンボった。128Kバイトを1電文100バイト→1280電文で安心してしまった。1電文128バイトだから、1280掛けて、転送速度128Kbit/secで割らないとダメだったんだ・・・。
あと、問4は、ポケットスタディ ネットワークスペシャリストにそのまま載っていたのに間違えて覚えてしまっていて、あまり考えずに回答してしまった・・・。結構、ポケットスタディ ネットワークスペシャリストは役に立ったような気がする。これ、合格に必要なキーワードを抽出しているものなので、覚えられればいいかもしれない。覚えられればね・・・。
もっとも、試験対策本でしかないので、本当の知識としてキーワードから育てないとやばいですよ。

ほかの間違いは、またもやうろ覚えのものばかり・・・。見直しておこう。

帰りも雨だったので、さっさと帰ってきた。
今回の疲労度はさほどではなかった。頭は痛くなったけれど。

2013年10月19日 (土)

あともう少し

PVが40万回になりますよー。
あと、3日くらいかしらん。

Photo_2


なにかするわけではないけどね。

2013年10月15日 (火)

株:現物売り約定(キャノン電子、ファミリーマート)

あまり根拠のない強迫観念に駆られて、普通ならこのまま成長しそうな持ち株をある程度の値で売りにしてみた。NHKで中国の住宅バブルやべえとか放送していたから・・・。
本日は、キャノン電子:1,850円 200株、ファミリーマート:4,250円としたところ4,300円 200株で売り約定。

キャノン電子の本日の値動きは、始値1,840円、高値1,850円、安値1,835円、終値1,839円。
ファミリーマートの本日の値動きは、始値4,300円、高値4,300円、安値4,180円、終値4,200円。
現在の内訳は

・ハウス食品(2810):200株 損益 -4,800円
・クラレ(3405):200株 損益 +3,800円
・NSD(9759):100株 損益 -15,100円

現状、含み損益-16,100円(-2.45%)となりました。

当分は、おとなしく推移を見ていこうと思います。

2013年10月13日 (日)

2013年第4四半期開始アニメの感想

今期はスゲーな!!
オイラのツボな作品が多い。
こういう意欲的な作品が多いとスゲーうれしいな!
情報処理技術者試験の勉強をせずに見た甲斐がある。(勉強しろよ。ハイソウデスネ。)

-優良作-
●キルラキル    http://www.kill-la-kill.jp/
グレンラガンのスタッフが作った作品ということで、見てみたら・・・
すげー!すげー!!すげー!!!
実験アニメかと思うほど、今どきのアニメとは全く違う作り。
グレンラガンをはるかに超えたパワーを感じる、ぶっ飛んだ作り。力任せのような、しかし、計算づくなような、とんでもない化け物じゃ。

●京騒戯画    http://www.kyousougiga-tv.com/
これもすげーな。実験的アニメのようだし。でも、見ていて困惑感はない。
なんともツボにはまったとしか感覚的にしか言いようがないので説明できないけれど、このスピード感、ネタとかその表現とかとてもいい。

●凪のあすから    http://nagiasu.jp/
電撃大王で既読。
こういうのはそんなに期待はしていなかったのだけれど、町とか空とかの映像を見たらスゲー綺麗!!
明るい色彩の心地よい画に目が釘付け。透き通る青をベースに夕方の青紫とか目の色にシアンとか、いろんな青がきれい。(赤を使いそうなところが青を使っていたり)
さすが、P.A. WORKSだなと。
話も切ない幼さの残る片思いと、キュンキュンきちゃうです。

●WHITE ALBUM2    http://whitealbum2.jp/
1作目は色狂いの糞男が主人公で、なんだかなーと思ったけれど、今作は、誠実そうな男子が主人公で好感が持てる。抱いて!

●境界の彼方    http://anime-kyokai.com/
京アニの新作。
出だしは、普通の高校を舞台にしたラブコメ風のものになるのかと思ったら、ぶっ刺されてって、いつもと違う!
30分間をずーっと、見入ってしまった。

●のんのんびより    http://www.nonnontv.com/
田舎の空気感がハンナリしはって、余計な力が抜けるわー。
あずまんが大王とか、ボケをボケでかえしたり突っ込まなかったりって感じの流れをくんでいるもの。
のんびり見られる良作。

●リトルバスターズ ~Refain~    http://www.litbus-anime.com/refrain/  (動画注意)
来ヶ谷さんルートから。
いじめの話からだから、重いなーと思っていたら一話だけだった。
そして謎の時間ループ・・・。
興味深いです。
(さっさとゲームをクリアしろとあれほど言っているだろう。ハイすみません。)

-良作-
●ぎんぎつね    http://gingitsune.net/
あーこういう、日本の神様物はいいな。
お稲荷様の神使のキツネ様とその神社の娘のハートフルな物語。
あったかな気持ちになるいい話。

●蒼き鋼のアルペジオ    http://www.aokihagane.com/
完全3Dキャラクターで描かれた、海洋戦闘アニメ。
絶望的な戦力を持った敵が出てきて、人類はじり貧になるところが、青の六号とか、ガンパレードマーチ、マヴラブあたりを連想してみたり。
3Dキャラクタがカクカクするところが気になるけど、ストーリーが面白そうだし、見ていく方向で。

●ログ・ホライズン    http://www9.nhk.or.jp/anime/loghorizon/
1話見逃した。
OPのメタルっぽいのが・・・。
まあそれはともかく、キャラクターは原作準拠でアレンジ無しっぽい。
原作が面白いし、今のところそれに乗っかっているって感じかな。これから期待。

●サムライ フラメンコ    http://www.samumenco.com/
1,2話を見逃してたー。けど、フジテレビ・オンデマンドで10/31まで無料放送で見られたー。ありがとう!そして、ありがとう!
結構、2chまとめサイトとかでは酷評だけれど、オイラこういうの好き。
絵柄と動きは、タイガー&バニーね。3Dキャラはいないけど。
子供の頃から正義の味方になりたがった、羽佐間正義(はざままさよし)19歳 イケメン モデル。この世にヒーロー物のようにヒーローになれるわけでもなく、明確な巨大な悪がいるわけでもなく。考えた末に、世間のルールを守らない人たちを正そうと覆面ヒーローのかっこうで熱く説教をしようとする。初回は酔っ払いの不埒な振る舞いを正そうとするが、弱すぎてぶんなぐられてしまい、すっぽんぽんで非番のお巡りさん(現実をわきまえた突っ込み役:CV 杉田智和)後藤英徳と見つかってしまう。なぜそんなことをしたのか問いただした後藤になついた正義(まさき)は、後藤に迷惑を掛けながらも、自分の信念を貫いて正義を行う。

なんか話としては、俳優を使ったドラマ向けな感じだなと思う。
普通妥協して生きていく人間が多い中、残念イケメンだけどまっすぐな正義は、好感を持って応援したくなる。もっとも、このまま誰にも理解されない残念ヒーローもどきで進めるには、話題が足りない感じだと思うんだけれど、サブキャラがなんかあやしい動きしているし本物のヒーローになるって方向なのかしらん。期待。

●アウトブレイク・カンパニー    http://www.tbs.co.jp/anime/obc/
榊一郎さん原作か、なるほどなるほど。
って、なんでそんな話になるの?
いやはや、素晴らしい。萌えのテンプレートをここまで見せてくれるとは。
「ゼロの使い魔」と同じ流れのように見えるけど、ゼロ使は主人公がオタクという設定の割にはオタク
及川 啓監督ってことで、絵柄的には「みなみけ」風。

●ストライク・ザ・ブラッド    http://www.strike-the-blood.com/#/homepage
電撃大王で漫画版を既読。
ふむ、中学生の色気ですか?うーん。イイね!

●ゴールデンタイム    http://golden-time.jp/
電撃大王で漫画版を既読。と言いつつ、原作あったんだこれ、といまさら知る。
こちらは色気というより三角関係でありながら恋愛は、一つのスパイスみたいなもので、コメディが主。
結構いい出来です。

●ガンダムビルドファイターズ    http://gundam-bf.net/
お母さんが、今期一番のヒロインや!
おっと、興奮してしまった。
物としては、ガンダムブレイカー的なゲームがはやっている世界で、ガンプラでバトルする物。
画としてはガンダムAGEか。
プラモ狂四郎を思い出すなぁ・・・。

●東京レイヴンズ    http://www.tokyo-ravens.com/
異能物だけど、主人公は(まだ?)力がないという・・・。幼馴染の女の子とセットで強くなるって形?
これからどうなるか(どういう敵とどう戦うのか、その先は?)が気になる作品。
男気見せてくれるのかなーと。

●夜桜四重奏 ハナノウタ    http://yozakura-anime.jp/
だいぶ前にもアニメ化されたけど、第2シーズンというより別物です。
ツボからは外れているけれど、動きとかいいし、とりあえず見ていく方向。

●勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました    http://yu-sibu.com/
魔王が倒され、勇者を目指していた主人公は、目的をなくし渋々、家電量販店に就職。
そこに、ものを知らない魔王の子供(♀)がバイトで入ってきましたとさ。
その魔王の子供が、奮闘して成長するところを眺めてお父さんのような気分になる作品。
ぷちエロ成分。
2話からよくなってきた。

●インフィニット・ストラトス2    http://www.tbs.co.jp/anime/is2/
なに、いきなり水議回。そして花火大会。って何のコンボ?というより端折りすぎ。
人物紹介とかやろうとして尺が足りずに、もうしょうがないとやっつけでまとめたような。もっと、やりようがあったんじゃないのと思わせる1話目。
(BDでのロングバージョンがあって、それを縮めたものなのか)
まあ、前作からの続きということで見ていく方向。

●革命機ヴァルブレイブ  http://www.valvrave.com/
なんかストーリーがわからず、前期は終わってしまったわけで。
伏線とか今回で回収されるのかしらん。

-及第点-
●ガリレイドンナ    http://www.galileidonna.tv/
はるか未来のガリレオの子孫である3姉妹が、ガリレオの遺産とやらを目当てに海賊に狙われる。
んー、ラノベ並な設定だな。
まだ初動でわけわかな状態なので、見ていく方向で。

●機巧少女は傷つかない    http://www.machine-doll.com/
如何にもラノベらしい。
家族の仇を追って学園に赴く、パートナーの美少女型オートマタ、魔術のような特殊能力、そして美少女になぜか好かれる、冒頭の事件を治める、ぷちエロ。
うーん、テンプレートすぎるな・・・。
何話か見てみるけど、なんか光るものがなければ切る。

●弱虫ペダル    http://yowapeda.com/
いかにも少年チャンピョンらしい、そういうメソッドに従った漫画。
ひ弱に見える奴が、なんかわからんけど実は実力を持っていて、その道にたけているものに見いだされて勝負された挙句、僅差で負けて悔しいからその道に入るか、勝って楽しいと感じてその道に入るという方向。
#ずっと前に放映されたアニメ「Over Drive」もこんな感じだったよな。
まだ、これの評価は固まっていないけれど、週刊誌の漫画からのアニメは合わないものが多いからなぁ。

●てぐされ!部活もの    http://www.ntv.co.jp/tesabu/
女子高校生部活物で、登場人物が作品世界であることを理解していて、話を進めていくというメタ的なものかと思ったら。
コミックスタジオというか、3Dキャラやら声優さんの大喜利ものをやったりするところが、gdgd妖精sとか直球勝負ロボットアニメの流れ。
舞台が、高校になっただけ。
まあ、こういうものもあっていいんじゃないかと思わなくもない。

●俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している。    http://noucome.jp/
アホ成分。
ギャグラノベのテンプレかな。
山のものとも海のものとも見極めできていないので、一応見ていくけど、頭が痛くなるようなバカ話か設定だけの話にならないものなら切る。

●ワルキューレ ロマンツェ    http://walroma.com/
美少女ゲーム出身。今期のおパンツ成分。
電撃大王で連載していたので、話は分かっているけど、美桜ってこんなアホの子だったの?
漫画版だともっとおしとやかで守ってやらなければっていう感じだけど芯がしっかりしているという如何にもヒロイン風に描かれていたのに。
話は、美少女学生達が馬上槍試合をするってんでそのサポート役の男子と一緒に健闘していって、恋愛になるって話。
鎧やらウマやら槍やら、いまどきの3DCGならではって感じかな。
ヒロインがなんか清水愛で声がエロっぽい、そしてアホの子すぎるなと思うですよ。
見どころは、ロングだった美桜がショートになるところです!(断言)

●フリージング ヴァイブレーション    http://freezing.tv/
前作からの続き?かなり前に放映されたので、ほとんど忘れている。
敵がいるのに学園内で一番を競うという悠長なことをしているって話でOK?
んー、おっぱい成分・・・。切る可能性あり。

●ミス・モノクローム    http://www.starchild.co.jp/special/miss_monochrome_anime/
堀江由依が作ったコンサート用ストーリのキャラクタ。
それのコメディアニメ。
5分の短いものなので、それなり。

●メガネブ!    http://mgnb.tv/
TOHO ANIMATIONらしい絵柄か。
まあ、腐のヒト(女性とかいてヒトと読む)向けな感じかなぁ。
服が透けるメガネを作るという夢をかなえる高専男子5人組(一人伊達メガネ)の、アホな生態を描く。
2chでは酷評だけれど、オイラは、嫌いではない。
ギャグものなので、中身がないというのは当たり前。もっとも、何か所か滑っているって感じはある。
キャラも腐向けなのでそういうもんだなと。

●BLAZBLUE ALTER MEMORY    http://blazblue-am.jp/
格ゲー出身。
話がなんかよくわからんのです。厨二病っぽいのです。2chの評価はさんざんです。
時々出る杉田さんのぶっ飛びボイスを楽しむアニメでOK?
んー、話が分かるまで待ってみる。

●Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-    http://ssb-love.tv/
4コマものか?ありきたりな舞台設定で、あんまり印象に残らない内容。
都合のいい設定だけの物語。

●世界でいちばん強くなりたい    http://www.sekatsuyo.com/
AKBのような国民的アイドルグループのトップが、TV番組の女子プロレス体験でアイドルをなまっちょろいと愚弄され、それに反発して試合を挑む。
やはり負けてしまうが、再び勝負を挑む。
竹達彩奈の喘ぎ声とか、キャラクタのまたぐらとか辱めを受けているところを見てニヤニヤするアニメ。
んー、オイラのツボから離れている。エロはもういらんよぉ。
とりあえず撮ってみるけど切るかも。

2013年10月12日 (土)

2013年第3四半期終了アニメの感想

今期終了の作品は、なんか心に響くものはほとんどなかった。
はじめは期待していたものもあったのに・・・。
切ったものが多かったのも、今期の特徴か。

-優良作-
●宇宙戦艦ヤマト2199
今期終了作品の中では、映像、演出ともにぴか一。
信念をもって命がけでたびに赴く、乗組員たちの覚悟ってのをヒシヒシ感じた。
2クールもやっていながら、一話々々が全て必要な話で捨て回がないってのもすごいよな。メカも丁寧に書かれていたし、いろんなところに愛を感じたですよ。

最後がまあ、とって付けたような感じがしないでもないけど、沖田艦長が最後に地球を見るのと艦と一体になって地球を守るという2つの事象を実現するには、ああするしかなかったってのもわからんでもないけどね。気になったのはこの最後だけだね・・・。

●ガッチャマン クロウズ
穿ってみると、いろいろメタファーにあふれた話で考えさせられる作品だった。
途中までは、カッツェとはじめは裏表(闇:悪と光:善)の存在だと思ったけれど、違うなと。
はじめは、突飛な行動をする浮世離れした存在に見えていながら、それでいて地元民に受け入れられているところは、未成熟でありながら慈愛あふれる存在にも見えた。
一方、カッツェは、人の妬みから、それを実行して害をなすという否定的な影・悪意を持ちそれを実現するトリックスターであり、人の精神の一面を示している(ネット民のスラングを使っていたりしたけど、でもネット民のメタファーも限定されるとみるべきではない)。だから、殺したり抑圧しても何の解決にもならないことを示していた。
はじめは、カッツェ(誰もが持つ悪意の体現者)を制御できる感性的良識を持つ存在。誰もが持つ悪意(他者に対する嫌悪)=カッツェを、善とか頭でこねくり回した考えではなく感性で体感的に心地よいこと(皆と笑いあえること)で制御する。良識とか考慮した挙句の理知的な行動ではなく、「なんか違うんっすよねー」っていう言葉が感性レベルだなーと。感性なので体に心に受け入れられる。
んで、市民やガッチャマンの仲間に受け入れらるということは、自分だけでなく世界にも受け入れられるということで、こういう生き方を肯定してもいいんだよということを示している。
総じていうと、感覚的に善意で人に触れてもいいんだよ、悪意があっても善意で人と触れ合うといいよって示していると理解しました。
いろいろ語ったけれど、もうちょい見ていたいなと思わせるような優良作でした。

●進撃の巨人
インパクトでかかった。話が目まぐるしく謎が出ては解決(?)され展開が楽しみだった。
画も丁寧に作られて、引き込まれたし。
途中でいったん終了となったのが残念。

-良作-
●有頂天家族
原作既読で、あの古臭い言い回しはアニメにするとどんなもんかなと思ったけれど、けっこういけました。
京都を忠実に描かれていて、原作愛と京都愛を感じたですよ。

●Free
江が可愛かった。
やはり京アニ、丁寧に話を作られていて心地よい青春ストーリーだったなと。
欲を言えばクラスメイトとか、近所のヒトとかのふれあいとかあったほうが広がりが見えたんじゃないかな。
恋愛の一つも出てこないのは、腐のヒトたちを考慮した故か。

●たまゆら ~もあぐれっしぶ~
んー、前作は大好きだったけれど、今回は何かツボからずれてしまった。
今回は何事もチャレンジしていこうと変わった楓の対比として(以前の楓のような)引っ込み思案な先輩を登場させたのはいいけど、先輩の接点が楓とべったりになって、先輩が躊躇する→楓が引っ張るという形で始終したように見えてしまった。前作のような楓とカオタン達との友情という形にならなかったのが問題だったのかな。

-及第点-
●銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
話は結構残念な感じだったけれど、それを補って余りある主役メカの動き。
あれだけ動いても、見辛いってことは全然なかった。

●神のみぞ知るセカイ 女神編
端的に言うと桂馬とちひろのリアルな恋の話でOK?
なんかヴィンテージと女神は、初動の設定であとのほうになるととって付けた感になってしまったような・・・。

●げんしけん 二代目
最後をのぞいて、大体、原作に忠実だった。
まあ、超絶に絵がうまいとか、見せ方がうまいとかいうような、突出した部分はなかったんだけどね。
それはそれで、作風をよく表されているともいえるかもしれない。

●ステラ女学院高等科C3部
最終回の次にやったおまけ話はいらない。
大和ゆらが暴走して自ら飛び出して言った挙句、しれっともどってきたっていう流れがなんか納得できない。
C3部メンバーもゆらが厳しくしたら反発していたのに、戻ってきたらそのまま受け入れちゃうし。
ゆらがめっさ謝るとか、C3部メンバーが反省したとか、そういう方向の心理描写がほしかったような。
いつでも受け入れるぜ!って、あったかな奴等なんだよっていうことなの?
こういう話にちぐはぐなところは納得できる話の進め方にしてほしかったし、もっとエアガンや電動ガンについての薀蓄がほしかった。オタクネタはそういう薀蓄がないとアカン!

●戦姫絶唱シンフォギアG
敵役の博士のヘタレ壊れっぷりがいい味出していましたなぁ。
んー、他はんー、まあ、普通に見られるアニメでしたよ。
指令がもうちょい出張ってくれたほうがオイラとしてはよかったなと思いますけど。あとマネージャももっと忍者してくれたらいいのに。

●物語りシリーズ セカンドシーズン
んー、物語シリーズのテンプレート(文章が映像)と西尾維新テンプレート(会話劇)を見るというべきか。
キャラに萌えなければあんまりねー、という感じがしないでもない。

●ダンガンロンパ
ゲームはやってないけど、そういう方向の演出が目新しかった。
話は、まあ、ゲームらしく強引かなと。ノリで解決していくという感じで、深みはない。
深みはゲームとして能動的に参加しないと、わからんのかなと。

●君のいる町
途中から放送されているのを知って見だした。
キャシャーンsinみたいな画だなー、いいねーと思ってみていたら・・・。
優柔不断な男が煮え切らずにふらふらして、その周りのメスどもがうろつくって話?
うむぅ、エロ漫画的な話で、アニメにするべきじゃないよね、これ。

●恋愛ラボ
お嬢様学校の世間知らず(恋愛知らず)をこじらせて、その奇行を楽しむ内容。
ラブはない仲良し女子の学園コメディーだけど、テンプレート臭はしないところが好印象か。

●銀の匙
原作忠実に表現して、アレンジ部分がほとんどないから、そこら辺が物足りないかなと。
原作はたぶん(前にも書いたけれど)命を頂ますというところは、もっと考えるべきなんだ、感動するところなんだと訴えたいんだろうなと感じたけど、やはりそこら辺は漫画にしたほうが映えるような希ガス。

●幻影ヲ駆ケル太陽
対のカードに勝つと消滅しちゃうとか設定が最後のほう消えてない?
ある意味、おっきなお友達向けな魔法少女物のセオリーを踏んでいたのかなという感じかな。
目新しさはあまりないという印象。

●とある科学の超電磁砲S
とある魔術の禁書目録と重なる部分があり、裏側はこんなだったのねーとか。すみません、本当は覚えてませんでした。
まあ、なんか暴力でぶっ潰すだけですね、これ。
あとね、んーとね、布束さんが漫画版と違って目のクマがないなーとか、あれ、意外とかわいんじゃねと思っただけです。

●ローゼンメイデン
出来は悪くないけど、話がなんだか詰まらん。

●ハイスクールD×D NEW
んー、んー?んー。
あんまり語るべきところがないな・・・。

●ブラッドラッド
あー、なんかよくわからないバトルみたいなものが始まったと思ったら、
なんかよくわからない設定が出てきて、よくわからないうちにグダグダしてしまった。

●神さまのいない日曜日
んー、なんか設定に振り回されて、ブレブレな感じを受けた。
しかも最後のなに?

●ロウきゅうぶ SS
明確なライバルが設定されて、頑張る目標が見えたという話の流れ。
でも、智花たちのチームはある程度完成されてしまって、伸びしろを見せることが難しくなったので小五チームを出してその力量差を見せ、つながりが大事なんだ、信頼って大切だねというありがたいお話か。
結局、幼女萌えなのかなと。

●私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
結局 何の解決もないまま、だらだらとダメっぷりを心を痛めつつ鼻で笑うお話。
ああ、やめてくれ、やめてくれ、オイラの生活をアニメにして見せつけないでくれーと。

-切り-
●サーバント×サービス
1話で切り。
この人の話、同じようなことの繰り返しなんだもん。

●きんいろモザイク
何話か見たけど、女子学生もの4コマ漫画のテンプレートそのままで、見る意味を失った。
我慢できず切った。

以下は、初回で切ったもの。
●犬とハサミは使いよう
●ファンタジスタドール
●BROTHERS CONFRICT
●帰宅部活動記録
●義風堂々!! 兼続と慶次
●魔界王子

継続
●宇宙兄弟
●てーきゅう
●聖闘士セイヤΩ(5月からみてないけど・・・)

2013年10月 6日 (日)

今週届いたものと買ってきた本

株は、これからどうなるかなー。
なんか、中国やばいとか、そんな話が出ているけど、やっぱりやばいのかなー。
でも、今、持ち株を売りたくないなー。
(そんなこと言って、いつも失敗しているジャン。そうですね、ハイ)

(1)吉田カバン ポーター PORTER ショルダーバッグ L FREE STYLE フリースタイル 707-08211 (ホワイト)
小物を入れるためのバッグが欲しくて、でも、ペットボトルくらいは入れたいよなと探してみたらこれがあった。
以下のリンクだと、ブラックになっているけど、購入したのはホワイト。本当の白さでかっこいい!
帆布にポリウレタンを塗った生地なので、一見、合成皮のようにも見えるけど凸凹が帆布で・・・、あー、キャンバスに白い油絵の具を塗った等こんな風に見えるといえばわかってもらえるかしらん。
容量は、この前買ったインサイドWindows 第6版上下 2冊が入るくらい・・・、って誰もわからんだろ!えーっと、インサイドWindowsよりちょっと大きめな月刊アフタヌーンが1冊はいるくらい。電撃大王はちょっと苦しいかも。まあ、ジャンプとかそこら辺の大きさでちょっと厚さがあるぐらいのものが入るって考えてください。

縫製は、さすが吉田カバンというべきか、しっかりしていて丈夫そうだ。
まあ、今のところ使うところはないのだけれどね・・・。


(2)OpenFlow徹底入門 SDNを実現する技術と知識 [大型本]
今の仕事がネットワークフローに関するもので、OpenFlowと重なる部分があるのではないかと調べる意味でも、そもそもネットワーク制御は組み込み系でも今後の主流になるとみていて興味があったという点でも、これは見るべき価値がある本だと思い購入。
腕時計のバンドの留め金が壊れたので、ヨドバシカメラに行ったついでに物色した甲斐があった。この手の本はよく吟味したいからね。あと、OpenFlow実践入門ってのもあったけどこっちは概念的な説明がすくなかったので、もうちょい理解してからだと思われ。
でも、徹底入門のほうも、ちゃんとVM上でLinux環境作ってOpenFlowコントローラとOpenFlowスイッチの使い方を示してくれるから、この本だけでもいいのか。
値段相応の良書です。
(といいつつ、ぱっと見くらいしか読めてないけどね)


(3)どうぶつしょうぎ(公式) (Apple Storeで購入)
iPad Touchで遊んでみたかったので、はじめは無料のやつをいれてみたけど、それはCPU戦がなかった。
しょうがないので、 有料(といっても85円)のものを購入。
はじめ、なんど起動してもゲームをする前に落ちてしまった。ログを見るとメモリ不足とのこと。
HPを見てみると、落ちる場合は電源をいったん落として起動しなおしてくれという・・・。
その通りしたら、起動出来た。
とりあえず”やさしい森”はクリア。
うむ、面白いね。

でも、オイラは負けたくないチキンなので、それから先はまだやってない・・・。

2013年10月 5日 (土)

平成25年度秋期情報処理技術者試験の受験票が届いた

ネットワークスペシャリストの秋がやってまいりました。(そんな季節はいやだよ)

会場は、前回と同じく横浜の岩崎学園です。
今、請け負っている仕事がなくて、暇ではあるけど、もう、試験勉強とか頭に入らない。
嗚呼、昔、親が言っていた「年を取ると覚えられないから」って、今、身に染みてわかるようになったんだなと、思っているですよ。
(そんなの前からじゃん。その通りですね、ハイ)

午前Ⅱ問題対策してない。だんだんやばくなってきているから、やっておかないと。

ポケットスタディ ネットワークスペシャリスト[第2版]を見ているけど、これ、オイラに合わない。キーワードを暗記して、それを答えましょうという趣旨の対策本なのだけれど、記憶できない人はどうすれば。(バカは受験するなってことだよ。その通りですね、ハイ)

これ根拠っていうレベルじゃねーぞ

はてなのホッテントリ「見積りの根拠出してくれっていったら、金くれって言われたよ 」について。

まあ、これ、IT業界の常識を知らない会社が、自分の常識と照らし合わせて齟齬が出てしまったってことだよね。

  • 「具体的な形が見えないと(心配で)金を出せない」っていう顧客と「具体的な形を作るのが仕事の大部分です」というソフトウェア会社。
  • 「やりたいことを説明したんだから具体的な形にするのは簡単だろ」という顧客と「やりたいことを具体的な動かせる形に持っていくのが一番大変でそれを飯の種にしている」ソフトウェア会社。
  • 「どんぶり勘定じゃないのか」と心配な顧客と「まだ形にできないものは概略でしか見積もれない」というソフトウェア会社。
  • 「余計なものはいらない。これだけやれればいい」という顧客と「それしかできないと将来困ることが目に見えているから拡張できるようにしましょう」というソフトウェア会社。

→金がかかることを「無料の見積もりだろ」と言っているところが、フルボッコされている理由。
 人が動く=仕事である以上、料金がかかるんだつーの。
 「自分らが事細かく話した内容をシステムに落とし込んだらどうなるのかっていう資料的なもの」と言ってるものは設計書になるわけで、資料的なもの=設計書を作成するのがお仕事のほとんどである。

もっとも、打ち合わせをした挙句、紙ペラ1枚というのはあまり良い会社とは言えないかもしれない。
「当社の実績からこの規模のシステムの見積もりは、期間はX月間、XXX万円と推定しています。」とか、どんぶり勘定でも根拠らしきものを見せるべきだとも思う。(それとも、その紙ぺら一枚がそういったものだったのかな?)

なんか偉そうなことを書いてしまったけど、オイラは、見積もりに関わっていないためどれぐらいの案件に幾らかかるかというノウハウを持っていない。
なので、金額については、よくわからないケド・・・。
面白そうなので、元増田の発言から必要とするシステムを推測して、システム屋の見積もりがどんなレベルを想定していたかを考えてみる。

この元増田の以下の発言から、どんなシステムか推測できそう。

  • 「社内の業務をいくつかIT化」←帳票類の処理をIT化?
  • 「どんな画面でどんな印刷物がでて、顧客ごとのの入金の流れとか」←同上。受注管理・入金処理あたり。
  • 「ACCESSでもがんばればできそうな感じ」←これはDBが必要だけれど、シングルタスク(帳票は1人が扱う)でOKということを示しているとみる。

以上の内容から「流通系販売管理システム」ではないかと推測する。
んで、次、見積金額からシステム屋がどんなシステムを構築しようと見積もりを出したか考えてみる。

  • 350万円なら大体1~1.5人月くらい?Excel帳票(マクロとVBAを使う)に毛が生えたくらいか、出来合いのパッケージをカスタマイズするレベルか?どういったものを作るって明確なイメージか設計書がすでにあるなら、もうちょいシステム的なものができるかも。
  • 2200万円なら7人月くらいなのかしらん。3人で2か月+αくらい?明確なイメージがなく、これから概要から詰めて設計していく感じ。Webシステムの構築も必要なレベルか。そうなるとちょっと時間が足りないかもしれない。

■追記:上記の見積もりは、300万円/人では高すぎたみたい。「一志達也のSE、魂の叫び [5]システム構築費用が決まるまで」、plumauto892のブログ 「システムを作るとはどういう事なのか?  ~人の感性は十人十色~」を見てみると、100万円/人くらいからみたい。3.5人月、22人月か。結構、大き目なシステムじゃない?

帳票やら業務基幹システム、Webシステムとかの仕事をしたことがないので、正確なところは分からないけど、何となくデスマーチのにおいがプンプンするぜ!
営業がシステムの開発についてあまりわかってない→契約をとった案件を開発側が見ると、値段と期間と規模を見て無理だウンザリするという流れ。

IT関連の金額って、かっちり物があるわけでもないし、スタンダードな見積もり方法があるわけでもないし。
大体、経験からこんなシステムならこれくらいの金額かかったとか、どんぶり勘定なところはしょうがないと思う。
→「RFPでググればいいよ」とのお言葉。

なるほど、客から歩み寄れば皆、幸せになるってことですね。
でも、システムのことを知らないとハードル高そうだな、これ。
それに、元増田の説明がかっちりしていないから値段のブレととして出ていると思われ。

なお、営業は、会社の顔ではなく、面の皮でしかない。
会社の内情(技術力や信頼)には直結しないと考えるべき。
営業の雰囲気がイイからといって、いいシステムができるとは限らない。

2013年10月 2日 (水)

株:現物買い約定(ファミリーマート)

遅かった・・・。
下がるのは予想していたけど、下がりすぎて売るに売れなくなってきた。
消費税8%に増税っていう、すげーマイナス要因も、あったし・・・。消費税を上げても税収にプラスにならんつーの。買え控えになって、景気はマイナスになり、結局、貧乏人が割を食うだけだよ・・・。法人税なり、所得税なりを高くするべき。
ま、塩漬け覚悟で。

そんななか、ファミリーマートを4,160円 200株を買い約定。

ファミリーマートの本日の値動きは、始値4,220円、高値4,220円、安値4,125円、終値4,140円。
現在の内訳は

・ハウス食品(2810):200株 損益 -7,600円
・クラレ(3405):200株 損益 +3,800円
・キャノン電子(7739):200株 損益 +5,600円
・ファミリーマート(8028):200株 損益 -4,000円
・NSD(9759):100株 損益 -19,700円

現状、含み損益-21,900円(-1.19%)となりました。

さっそく、ファミリーマートもマイナスになってしまった。
この状況が長く続かないことを祈る。

つぎ、旭ダイヤモンド工業を買い。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »