2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

先週・今週届いたもの

先週は、インフルエンザにかかって大変だった。
十分回復しきっていないのに、仕事の2日分の遅れを回復しなければならないし・・・。

(1)ツマヌダ格闘街 13
ドラエさんがなぜミツルの前に現れ、明動流を伝授したのか。その理由が明らかになる・・・。
今回の顛末が終わったときのミツルの言葉「「生きる意味」は追いかけるものじゃなくて、笑って生きていればやってくるもの」。人事を尽くして天命を待っていれば、生きる意味が後から分かるということ。人によっては生きる意味を定めそれに邁進する強い方もいるかもしれないけれど、そうでない人も目的を持たずとも何か好きな事を極めようとすれば、意味が後から分かる・・・と言うことではないだろうか。


(2)勇午 台湾編(4)
台湾編完結。
なんか とんでも科学で超越したコンピュータが出てきたり、死によって世の中を救おうとしたり、明確な悪者がでてきたり、短絡的な描写があって、いつもの勇午らしくない感じ。

(3)エウレカセブンAO (1)
(4)エウレカセブンAO (2)
(5)エウレカセブンAO (3)
大体アニメのエウレカセブン AOに準拠しているって感じ。
なんというかアニメのエッセンスをなんとか抽出しているっていうレベルで、新たに謎が分かるとか、付け加えられているとかがなくて、正直、目新しいところはない。


(6)交響詩篇エウレカセブン ニュー・オーダー (1)
アニメのエウレカセブンは、もう忘れかけているけど、この漫画で描かれている部分ってあったか思い出せない。オリジナル?
スカブコーラルにエウレカの記憶を渡すことによって、スカブコーラルの目覚めを抑え”クダンの限界”を起こさないように、エウレカは月光号(レントン)から離れて一人旅立つ。



(7)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
今までは短編だったけれど、今回は長編。その割に読み応えが無いような気がするのはなぜだろう?
サブタイトルの”二つの顔”がキーワードかな。
人にはいろんな面があると。家族に見せている面、家の外で見せている面。
それを人は一面しか見ていないことに気付かないと。

今回、初めて栞子の母親が出てくる。流石の鬼畜っぷり。
でも、なんかフォローが入っていたりして、困惑。

(8)マージナル・オペレーション 03
まだ1巻目も読んでない・・・。


(9)彷徨える艦隊 8: 無敵戦艦インビンシブル
異星人との戦いの始まり。


(10)ゲームラボ 2013年 03月号
あの、特集が恥ずかしいです・・・。


(11)VIVO EN KYOTO!!/中路英明 オバタラ・セグンド
NHK-FMのセッション2013で放送されて、ワクワクするラテンジャズでツボだったので購入。
ライブもので、臨場感あり!

(12)Parallels Desktop 8 for Mac
評価版を入れていて期限が切れたのでアクティベーションだけすればイイのかと思ったら。Windowsが壊れてましたよ。
VMWareとか入れようとしたり、前にインストールしたParallels Desktopを削除したからか?
Bootcampから起動したら、ブルースクリーンになってしまったし・・・。復元のときに、キャンセルを押して、OPTIONキーを押しながら再起動で、MAC OSを選択できるようになったので、Windows 7をインストールしなおし。
とりあえず、メモリ8GByteの設定ができたのは確認したお。

2013年2月19日 (火)

インフルエンザから回復

2/15(金)の朝から体調がすぐれなくて、昼には食欲がなくお弁当を残してしまった。
それでも仕事は定時少し過ぎまでやったけど、その頃には気管支が痛くなって気力がなくなってしまった。咳やくしゃみはあまり出なかった。熱っぽい感じはあったけど。

思い起こせば、その前日2/14(木)(もしかしたらその前日も)には肩が凝ってしょうがなかった。座り仕事なので座席の高さが悪くてその所為かと思っていたのだが。
あと、鼻が詰まってしょうがなかったので、ホコリアレルギーだと思ってもいた。
昔、ホコリを吸いすぎて、気管支が痛くなり、熱が出てぶっ倒れたことがあったので・・・。

んで、2/15は一区切りついたので、少しの残業で帰ってさっさと寝たのだけれど、熱が出て課題夢を延々と見続けて、休めない・・・。
羽毛布団なので熱がでると保温されてしまい延々と熱い思いをするという。しかも汗が全くでない!
寒気がなかったので、さっさと布団を剥いでしまえばよかったのだろうけど。

2/16(土)も延々と寝続けたのだけれど、熱が朝38℃、16時に39℃とだんだん高くなってしまい、親がこりゃいかんと思ったのか土曜でもやっている医者を探して行かされた。そしてインフルエンザA型だと判明。
今は、鼻からのど近くに差し込んで粘膜を採取することで、すぐにインフルエンザか判定できてしまうのね。5分程度でわかっちまったよ。
そして、タミフルと鼻薬のどっち選ぶ?(値段は同じ)って訊かれたので、手軽な飲み薬であるタミフルを選択。あと、気管支炎のための消炎剤も処方してもらった。
んで、学校なら2/19までふつう休みにすることが決まっているんで、それくらい休んだほうがいいですよーって。熱が下がって2日くらい見ておかないとダメとのこと。
薬を17時くらいに飲んだらすぐに熱が下がって、寒気がしてきた。その代り、課題夢は見なくなって頭も体も休めた感じ。気管支はまだ痛かったけど。
次の日2/17は体が弱っていたけれど、ずっと眠らなくても大丈夫なくらいには回復してきた。
今日2/18は、まだ痰が出るようになって時々咳こんだけれど、これは回復まであと一歩ってことだなと、感覚的に分かった。
やっと風呂にはいれたし、完調まであと一歩って感じ。
あー、でも食欲は全くなし、金曜日は、残った弁当だけだったし、土曜日はプリン1個。日曜日は1日でおかゆを小ぶりな茶碗で2杯分を食したくらい。月曜はロールケーキを少し、うどんを少し、ご飯を少しって感じで腹5分目くらいだったか。
おかげで3Kg痩せました。

といわけで、現在に至る。
念のため、明日2/19も休む。

医者嫌いだったけれど、やっぱりいつもと違う体調不良のときは、さっさと見てもらえてよかったと思う。
でも、体調不良のときって体動かせないんだよな・・・。あと乗り物酔いがひどくなって吐き気がなー。

2013年2月16日 (土)

株:現物買い約定(富士フィルムホールディングス)

今ごろの株は、上がりきってしまっている感触があるので、なかなか手を出しにくいのだが・・・。

富士フィルムホールディングスを1764円で100株買い約定。
今日の値動きは、初値1,783円、高値1,794円、安値1,745円、終値1,773円。
現在の内訳は

・富士フィルム(4901):100株 損益 +700円
・タカラトミー(7867):100株 損益 -7,400円

・カプコン(9697):300株 損益 +19,800円
・NSD(9759):100株 損益 -35,300円

現状、含み損益-22,200円(-2.86%)となりました。

インフルなう

昨日の午後から調子がだんだん悪くなり、早めに帰って寝たのだけれど、全然回復しない。
具体的には気管支が痛くなっていて、ホコリアレルギーなオイラは、職場のホコリを吸い過ぎたと思っていたのだが。
しかし、朝、38℃だったのが16時には39℃に熱が上がってしまい、こりゃいかんと親が騒ぎ出し、寝てれば治るよーと思っていたのだけれど、押し切られて医者に行くことに。
そしたら、インフルエンザA型だってさー。

2/19まで休んだ方がいいぜ―ってさー。

2013年2月11日 (月)

先週買ってきたもの

休みに何かするのが面倒になってきた

(1)Panasonic BD-R LM-BR25MT5
FUJIITSU LIFEBOOK WA3/Jのリカバリディスクを作成するために購入。
50GB記録できる2層のBD-Rは持っているのだけれど、それだとかなり容量が余るので、わざわざ購入。DVD-Rだと6枚位必要だっていうし・・・。
ま、問題なく作成できましたよ。

(2)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を
最近、「ビブリア古書堂の事件手帖」とか「神様のメモ帳」とかに代表される心に傷を負った美人安楽椅子探偵物。
あまり難しくしないようにしており、それでいて謎を謎らしく成立させるするため、ミスリーディングを誘うような作りになっている。
面白かったけれど、そのミスリーディングが多いのが鼻についた。

2013年第1四半期開始アニメの感想

もう、中盤(6話)を過ぎようとしているころに、やっと全作品の大体を見終わった。
優良作が多い。
その代わり切りも多い。

-優良作-
●まおゆう魔王勇者    http://maoyu.jp/
これは、スゲーツボだわ。(原作未読)
オオカミと香辛料と同じ空気(スタッフが同じだし)で、戦争を世界を改善することでなくそうとする魔王(女)と勇者(男)が協力し合うという政治・経済モノ。
無知が粗暴を生み出す世界を知性で改善していくという、世界実験物とも言える。
最近、こういう知性が世界を変えられるかと言う話が多くていいね。架空戦記の一歩進んだ感じ?

●たまこまーけっと    http://tamakomarket.com/
京アニの風味たっぷりなちょっぴり不思議な女子中学生ライフ。
南の島の王子にお似合いな御嫁さんを探す旅をしている言葉を話す鳥デラ・モチマッヅィが餅屋の娘 北白川たまこと出会い居候になる。
そしてドタバタコメディが始まるという感じ?

●ささみさん@がんばらない    http://www.tbs.co.jp/anime/sasami/
3話から(いきなりささみの立ち位置の説明話から)
古くから(日本の)最高神の力を持った女子を産出する家に産まれた、(やはり最高神の力を持つ)ささみ。そして、そのお世話をするために存在する”兄”。
最高神に気に入られようと、ささみが思ったことを八百万の神が勝手に現実改変してしまう。
そんな境遇から逃れようと実家を出て、家に引きこもる・・・。
新房監督らしい奇妙な演出+テンポの良い作品。

-良作-
●僕は友達が少ないNEXT    http://www.tbs.co.jp/anime/haganai/
4話から。
前回から継続した高品質な安定作品。
でも、全員ハーレム状態ってのは、都合が良すぎるな~と思うけど。

●gdgd妖精s    http://gdgdfairy.com/
第二期ってことで、調子に乗ってパロディのりのり。
第一期の悪ノリ(房子とか)はリセットされて、また手探りみたいなところがあるけど、そんな感じもまたよし。

●俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる    http://www.oreshura.net/
原作未読。
元中二病+幼なじみ+猫っかぶり腹黒女ってありきたりなネタを組み合わせているけど、夏川の牽引力がこの物語の肝であり魅力。
最近、「何も考えず面白い事しよう」とか「巻き込まれた」とかいう話が多いから、なんか腹黒で面白おかしく弄るってのも新鮮か。

●ヤマノススメ    http://www.yamanosusume.com/
ほのぼのでも本格的な登山の啓蒙作品。(5分物)
登山と言っても初めは山登りレベルで、徐々に本格的になっていくと言う感じか。
こういう真面目な作品はイイね。

●THE UNLIMITED兵部京介    http://unlimited-zc.jp/
絶対可憐チルドレンは見てない。漫画は借りて見てる。
漫画では兵部京介の世界は少ししか描かれていなかったけれど、この作品で活躍(暗躍?)が痛快に描かれている。

●D.C.Ⅲ    http://www.hatsunejima.com/
いきなりハーレム状態ですか、そうですか。
だだ甘ですか・・・、良いですね。
芳野さくらが出てくるとなんか不穏な感じがするのは思いすごし?(2話目を見たところで予告にさくらが出てきたけれど、CVが違う!)
たしかゲーマガで読んだゲームの内容は、初音島と別のところの2編に分かれていたと記憶しているけど・・・。
どうなるのかな?

-及第点-
●ラブライブ!    http://www.lovelive-anime.jp/
学園アイドル物と言うべき?全国的に学園からアイドルを育て高校の売りとしている。
主人公たちの高校は歴史があるが、売りが無く新入生が減る一方で廃校となる。そこで友達と学園アイドルとして売り出して売りの一つとなろうとする。
「AKB0048 next stage」ばりな3Dキャラクターをふんだんに使い踊りを魅せるところが売りか。(バストアップ位の近くは3Dキャラクタではなく手書き)
でも、3Dキャラクタの動きや表情が硬過ぎて違和感を感じる。ニコ動のMMD作品レベルにも達していないかなと。

●AKB0048 next stage    http://akb0048.jp/
前作の続き。
内容は変わらない。
とりあえず見ていく方向。

●生徒会の一存 Lv.2    http://seitokai-no-ichizon.com/
制作会社変更、声優の一部変更により違和感。真冬はともかく知弦の変わりっぷり・・・。
中身のないグダグダ話でクオリティなんて関係ない思っていたけれど、正直劣化していると思う。

●ちはやふる2    http://www.ntv.co.jp/chihayafuru2/
前作の続き。
内容は変わらない。
ツボから外れているけれど、とりあえず見ていく方向。

●みなみけ ただいま    http://www.starchild.co.jp/special/minami-ke/4/
まあ、前作と同じような、ぐだぐだな感じ。
とりあえず切る必要がないので、とりあえず継続。

●GJ部    http://www.ntv.co.jp/gj/
上山通郎さんがイイと言っていたけど、うむぅ、キャラだけの作品で、内容的には平均点だな。
部員の中の男一人キョロをいじるというだけな話はなんかグダグダで面白みが無い。

●戦友。    http://senyu.tv/
4コマ物?漫画で見る分にはいいかもしれないけれど、アニメで見るようなものではない。

●石田とあさくら    http://www.yte.co.jp/program/ishiasa/
漫画の方は好きだけれど、アニメにする必要があるのかと思わせる内容。

●八犬伝 -東方八犬異聞-    http://hakken-den.com/
婦女子物特有のかっこいい設定先行、皆置いてきぼり。
とりあえず見て見るけど・・・。

-切り-
●AMNESIA    http://www.anime-amnesia.com/
なんか設定先行でそれに話がついて来ている感じ。
昔の不思議系少女マンガのまんま。
つかみどころがなくて面白くない。
もう少し何か見えるか(見せてくれるか)辛抱してみるとおもったけれど、2話あたりでもうダメ。

●琴浦さん    http://kotourasan.net/
いきなりダークな話から始まって、ラブコメ風になったと思ったら、ダークシリアスな話を垣間見せるってこの作風 Web漫画で見たことあるんだけど・・・。
#Web漫画て見た事あるってやつは、百合っぽい4コマ漫画で最後は自分のモノにならないから殺して食べてしまうっていうやつ・・・。
うーん、ちょっと受け付けないかな。

●問題児たちが異世界から来るそうですよ?    http://mondaiji.tv/
特殊能力を使ってバトルするって良くある話だけど、見せ方が悪過ぎて面白みがない。
箱庭世界ってのも狭っ苦しさしか感じないし、ゲームって形も凝り固まって小ささしか感じない。
2話まで見て切り。

●幕末義人伝 浪漫    http://roman-anime.com/
話の作りが古臭い。1話で切り。

●閃乱カグラ    http://senran.tv/
女子高校生バトル物。
おっぱいが主体。他になし。
切り。

●キューティクル探偵因幡    http://www.cdinaba.com/
少女マンガでありながらギャグ漫画・・・。
ネタはうむぅ・・・、オイラのツボから外れている。
切り。

●LINE OFFLINE~サラリーマン~    http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/line-anime/index2.html
サラリーマンネタのあるあ・・・ねーよ的な4コマ漫画くらいの小ネタを延ばして見せられてテンポ悪い。4話くらいまで聞いて切り。

■継続中
ジョジョの奇妙な冒険
さくら荘のペットな彼女
絶園のテンペスト
新世界より
PSYCHO-PASS
宇宙兄弟
リトルバスターズ!
ロボティクス・ノーツ

2013年2月 3日 (日)

2013年第4四半期終了のアニメの感想

仕事が忙しすぎて、擦り切れた。
楽しむ余力がまったく無くて今回は辛口。
でも、2クール続いている「JOJO」はかなりイイ。「サクラ荘のペットな彼女」も面白く見させてもらっているって感じ。

-優良作-
●ヨルムンガント PERFECT ORDER
第一部の方で小競り合いというか利権の衝突で戦いってなっていたのが、でっかい目標のため国と戦うってなって、うむぅ?と言う感じになった。
まあ、それでも武器とか戦い方とかリアル(風?)を魅せてくれていて良作だなと。

●ソードアート・オンライン
原作に愛を持って大切に画にしてくれたって感じ。
叩かれていたって話も聞くけれど、オイラは好きだ。

●中二病でも恋したい
恋仲になって中二病は必要じゃなくなったけど、なんか大切な宝をなくした感が切ない。
最後には中二病で、心が救われるってところは良かった。
世界の見方によって、幸せにも不幸せにもなるってことだよね。
流石、京アニです。

●ガールズ・パンツァー
なかなか胸熱な展開でイイねーとみていたけれど、まさかの打ち切り。総集編でお茶を濁して、放置かよ。
おまいはフジテレビか!
まあ、出来は良かったので後はTV局側の扱いか。
秋山ちゃんがタイプです。

-良作-
●神様はじめました
良作なコメディラブコメ。ちょっと終わりのころが中だるみっぽい印象があるけれど、テンポよかったので好きな作品。

●ぽよぽよ観察日記
一言で言うと面白かった。初めはまた4コマ漫画もので猫あるあるねたとかの単発ネタばかりかなと思っていたのは、正直スマン。
ぽよさんの男気に惚れたですよ。

●めだかボックス アブノーマル
13パーティとの戦いとかなんとか、ジャンプ的ななんか屁理屈付けたような超人能力を使った戦い・・・。
うむぅ、ありきたりな感じに収まってしまって、めだか以外が取ってつけたような正直居なくてもなんとかったんじゃないかって感じになってしまった。

●となりの怪物くん
乱暴というより他人との距離と接し方を知らないコミュ障なやつと、ちょっと関わってしまい意識してしまったクーデレな女子の青臭い話だよなー。
同じような感じで「好きっていいなよ」があったけれど、あっちのイケ面万歳とは違い、コメディ色もありのほのかな恋愛ありので、ありえねーと思わせるところが無かったのが○。

●てーきゅう
テニス全然関係ないよね?というツッコミが野暮になるほど、ハイスピード(おもにしゃべりで)なギャグでアッとされて終わってしまったという。
まあ、低予算みたいな荒いつくりだし、こういうやり方もありかなと。

-及第点-
●CODE:BREAKER
敵だと思っていた奴が実は死んでいった仲間を悼んでいた故の行動だったんだ―カンドーって、異能の力がなんであるのかとか全然ほっぽってあったり、桜小路桜の謎とかほっぽりぱなしだったり、なんかいろいろ謎から目を背けられて、あー、でっかい風呂敷畳めなかったんだーという印象。

●BTOOM!
1ゲーム会社が、人さらいして爆弾勝負させるって設定にめちゃ萎え。なに、そのバブリーな頃の設定。政治家を巻き込めばなんでもできるって陰謀論をこじらせすぎじゃないですか?
いろいろ残念な話・・・。

●緋色の欠片第二章
結局、2クールグダグダ引っ張った挙句、結果は剣を消し去ってお仕舞い。めでたしめでたし・・・、ってそりゃないよ。
生きるの死ぬのって話からあっさり手のひら返したようにしか見えないし。

●トータル・イクリプス
20話あたりから作画崩壊・・・。
メカの動きとか軍事モノとしてはクオリティが高かったのかもしれないけれど、なんかあんまり印象に残っていない。

●ひだまりスケッチ×ハニカム
定番のホノボノネタで、品質も内容も変化なし。ならば前作とか見てればいいんじゃないのと思ってしまう。
クォリティは高いけれど、ネタが固定なので、キャラ好きなファン向けになっている。

●うーさーのその日暮らし
なんとなく2chっぽい匂いがするポップンなキャラがエロの権化でそれで笑いを誘うってことなんだろうけど、なんだかね・・・。
CVがかっこいい宮野さんってことでギャップ狙いってのはまあ、そこはあたりかもしれないけれど、この手のコメディモノは食傷気味だな。

●K
途中で録画されなくなって、どういう話かわからんままだ。評価できん。

-切ったもの-
●好きっていいなよ
あー、なんだろ、イケ面万歳ですか、なにしてもいいですか。
そして惚れますか、そうですか。

●イクシオンササーガDT
仕事が忙しすぎて、レコーダーの容量がなく、まあこのノリはツボから外れているなということで切り。
容量があったら見ていたかも知れないくらいのボーダーライン

●ToLOVEるダークネス
1話だけでもういいやと思ってしまうほどのエロで押してきて中身がスカスカ。
結局さっさと切った。

●武装神姫、えびてん
ぜんぜんツボでもないし見てられなかったので、早々に1話で切った。

2013年2月 2日 (土)

なんか思いついたので書いておく

鶏肉は、ふとりにくい。
※:個人の体質によります。

Fisherman's compter。量子コンピュータ

お仕事のメモ

VICS FM多重放送の規格

構造体データのシリアライズ(直列化)の簡単な方法の一つ protocol buffers

続きを読む "お仕事のメモ" »

お誕生日おめでとう・・・あれ、次の日になって・・・、とにかくおめでとう

おめでとう、おいらー。
なんとか生き延びて41歳になったよー

もう、デスマーチなんかやりたくないよー
でも、今回も短期で仕事の契約取れてなくて、顧客が外国で分かってないって話だよー

駄目かもしれない・・・。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »