2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 新人教育の講師に行ってきたのだが | トップページ | 今週届いたもの »

2012年4月28日 (土)

読了「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)」「涼宮ハルヒの観測」

借り物。
でも酷評。

「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)」は、前作『分裂』からの続きもの。ハルヒの力をめぐって、SOS団メンバーと対立するグループが現れて、キョンの親友 佐々木にハルヒの力を委譲させたいとキョンに強引に迫る。
んで、同じ時間軸と思われる2つの話が進行するのが『驚愕』。これが今回のギミックなので何の説明もなく話が進行していって、読者をおいてきぼりでポカーン。そしてキョンの独白がうざい・・・。最後もなんでああなったのかいまいちわからんし。ハルヒの力で2つをまとめて敵さんの思惑を打ち消したってこと?
おいてきぼり感は、読み返せば内容が分かるのだろうけれど、未知感がなくなりますな。つまり楽しみがなくなると。

あと、最後に国木田の鶴屋さん好きコメントは何か意味があるのだろうか?
なんか、作者が書きたいこと書いてまとまりなくなっちゃった感しか残りませんでした。

「涼宮ハルヒの観測」は、公式ガイド。といってもあらすじとキャラ説明、作者インタビュー。見るべきところは作者インタビューのみですな、これ。

« 新人教育の講師に行ってきたのだが | トップページ | 今週届いたもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/45054437

この記事へのトラックバック一覧です: 読了「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)」「涼宮ハルヒの観測」:

« 新人教育の講師に行ってきたのだが | トップページ | 今週届いたもの »