2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物売り約定(ヤフー) »

2011年10月 2日 (日)

怖い考えになってしまった

先日のエントリ「核武装やむなしか?」の続き。というか散文失礼。

なぜ”核武装が必要”か?
国外の武力的圧力に対抗するため。容易に攻め込ませないための抑止力。国家としての見栄。
つまりは、戦争へとなだれ込まないために、見せつけるだけの力。決して振るってはいけない暴力。

爆弾とは何か?
膨大な化学的エネルギー、核物理学的エネルギーによって、資源(人的にも物質的にも)を使用できないように破壊するもの。
 同じ重量ならば、化学的エネルギーより核融合・核分裂エネルギーの方が膨大に大きい。
 重量さえあれば化学的エネルギーでも、核爆弾と同じ爆発力を得られる?
→核を使わず他のエネルギーで代用できないか?
 化学的エネルギー、運動エネルギー、重力、熱、光、音、電力(静電力)、磁力、電磁力
 うむ、核エネルギーに代わるほど強烈なものはないな・・・。
 質量兵器はすげーコストがかかりそうだし。ん、イカロス計画を使えばあるいは。
 時空破壊を考えるのは、厨二病レベルかな

→いや待て、なにも爆弾にこだわる必要はない。
 他に報復できる力が有ると見せつければうかつに攻め入られない。
 破壊ではなく、相手国の動きを止めることができれば。
→資源を使うのは人間なのだから、その人間が資源を使えないようにすれば、同じ結果が得られる。
 国は社会。経済や輸送・物流が必須。人が生きていく手段・方法を止めることができれば、物理的な破壊は不要。
 毒ガスとか細菌兵器とか・・・は、外道だから総スカンくらって孤立→自滅する。
 権力、組織力、経済力、独自の技術(パテント)や固有の資源とか
 コンピュータが根深く浸透している社会にとっては、コンピュータへのアタックも有効。
 経済とかコンピュータ・ネットワークなしには回らないし。

→なにも暴力を見せつけることはないのかもしれない。
 融和政策やら協調路線でリーダー的立場になるとか。
 でも、リーダーシップを取れるような人材が必要。これが一番難しい。
 リーダーとなれる人材がいなければ金、技術の提供とかメリットに頼らないと難しい。

結局、囚人のジレンマだよな。
理知的に行けばwin-winの関係をとるべきなのに、相手のことが分かんないから疑心暗鬼にとらわれる。というか、相手のことをわかろうとするには知恵が足りないのか。知恵がないから怖いから相手を卑下して、自分たちの精神の安定を図る。

人類全体のステージを上げ、理解しあえないとどうしようもないか。

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物売り約定(ヤフー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/42217928

この記事へのトラックバック一覧です: 怖い考えになってしまった:

« 今週届いた本 | トップページ | 株:現物売り約定(ヤフー) »

無料ブログはココログ