2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今日届いたCD | トップページ | コタツネコ »

2007年4月 4日 (水)

直感的なオイラの行動

オイラの行動は、直感的である。
特に気づくのは、複数あるエレベータを待っているときと、電車待ちのとき。
勤務地のエレベータは5基あるのだが、次に開くエレベータはどれか大体分かるようである。
電車待ちのときは、ボーっと立っているところが、ほぼピタリと乗車口になる。時々、電車の連結部分になることがあるけど。

そして、本を選ぶとき、プログラムを作るときも然り。
この2つは、失敗する方が多い。
本は、キャッチーな文句とか表紙絵とかで選んでしまうからなのだろう。出版社の思惑に乗ってしまうのだな。
プログラムは、やはり調査と設計・確認をちゃんとしないと、フィーリングだけでは抜けや過多な部分が出てしまう。
ここは、何とかしなければならないのだが・・・。

直感とは、意識レベルでは認識していない外的要因を、無意識レベルで認識・分析して、それを行動に結びつけることである。無意識レベルの認識なので、なぜその行動を選択したのか説明できない。(エレベータの開く所や電車の乗降口がピタリとあたるのも、何故なのかは説明できない。多分、音とか地面の磨り減りとか見ているのかもしれない)
そして、無意識レベルの認識・分析は、経験により鍛えることが出来る。なんとなく見覚えがあるぞ、っていうことがあるのだけど、これは以前どこかで見知ったものだからなのだ。デジャビュも意識的に記憶を取り出せないけれど、漠然とした記憶に似ているところがあると、その記憶や関連記憶が取り出される。やはりこの記憶は漠然としているので、説明ができるものではないのだ。

というわけで、いろんな経験や知識を幅広く得るのは、たとえ忘れても無駄ではないのだよ。若人よ!

« 今日届いたCD | トップページ | コタツネコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117572/5972698

この記事へのトラックバック一覧です: 直感的なオイラの行動:

« 今日届いたCD | トップページ | コタツネコ »